PR

シンガポール航空で行く週末完璧プラン! 魅力溢れる伝統×モダンのシンガポールへ

日曜日

東西の文化が融合したおしゃれカフェで朝食

ホテルに大きな荷物は預かってもらって、さっそく街歩きに出発です。

まずは朝ごはん。チャイナタウンの隣にあるテロック・エア駅に向かいます。テロック・エア周辺は、古い建物を改装したカフェやレストラン、雑貨店などが注目を浴びているエリア。診療所をリノベーションしたマイ・オーサム・カフェ(My Awesome Café)も、おしゃれ古医院カフェとして人気を集めています。店がまえは診療所だった頃のまま。

投稿者:AleksUverski

店内はフランス人オーナーによる、独特の世界観に満ちています。レトロモダンなインテリアは思わず写真に撮りたくなる「気になる」仕掛けがいっぱい。
店内から外を見ると、これまたレトロな建物が並びノスタルジックな気分に。

投稿者:jhinotagle

野菜をたっぷり使ったヘルシーサラダから、スープやサンドイッチ、パテなど、美しいプレゼンテーションと味に定評がある料理も楽しみです。

投稿者:Patrick N

歴史ある病院をリノベーションして作ったというユニークでおしゃれなカフェ。シアンホッケン寺院の並びにあります。わいわいガヤガヤと欧米人が多くて、とにかくすごい活気です。アルコールのほかにヘルシーなドリンクも充実。私はお店おすすめのチアシード入りココナッツジュースをいただきました。hiromiishimoriさんの口コミ

パステルカラーの家並みが印象的なカトンへ

街歩き派におすすめなのが、プラナカン文化が息づく街カトン。プラナカンとは中国系またはインド系の男性と、現地のマレー系またはインドネシア系の女性との婚姻による子孫のこと。彼らが紡いできた文化には、さまざまな文化の影響が見てとれます。
カトンではパステルカラーの家や花柄タイルの壁など、華やかなプラナカン文化の影響を垣間見られます。
特にクーン・セン・ロードは美しい装飾の家が並びフォトジェニック。柱の細かい彫刻や窓の華やかなレリーフなど、プラナカン様式と呼ばれる建築スタイルの見どころは豊富です。

投稿者:SAMURAIABC

周辺には雑貨やお菓子などを売っている店が点在。プラナカン料理(ニョニャ料理)の総菜が売られていることもあります。ニョニャとはプラナカンの女性のこと。スパイスやココナッツミルクを使った風味豊かなニョニャ料理は、マレー料理のなかでも独特の地位を築いています。パンダンリーフで香りや色をつけたお菓子はおみやげにもよさそうです。

投稿者:tabisuki

カトンはMRTの駅から少し離れるので、時間がないときはタクシーを利用するのがベターです。

パヤレバ駅から歩くつもりが、あまりの暑さで断念し、タクシーに乗り現地まで向かいました。10分かからないくらいでしたが、タクシーを利用して正解でした!
かわいい雑貨屋さんや街並みをぷらりと楽しみ、地元のスーパーに寄り買い物もして、滞在時間は1時間くらいだったような…。パステルカラーのお家が並ぶ街並みは、まさにインスタ映え?お写真を撮る方々でいっぱい︎でした。fwpc4311さんの口コミ
プラナカン建築のカラフルでかわいらしいお宅を見る為、ベイエリア付近からバスで行きました。暑くならないうちに、行くのがいいです。Koon Seng Roadは特に、かわいらしく、プラナカンタイルがきれいでした。一般の住宅地なので、騒がないように注意が必要だと思いました。East Coast Rodeのお店(Rumah Bebe)付近もカラフルな建物がありました。amedioMMさんの口コミ

ランチは激戦区のラクサに挑戦

せっかくカトンに来たら、シンガポール名物のラクサを食べずには帰れません。ラクサとはシンガポールやマレーシアで食べられている麺料理のこと。同じラクサでも国やエリアによってレシピが異なり、シンガポールではココナッツミルクに魚介の出汁を合わせた、旨味の強いスープが特徴です。
カトンはそんなシンガポールラクサの激戦区。地元客で賑わう328カトン・ラクサ(328 Katong Laksa)に向かいます。

投稿者:まめたらう

お目当てのラクサは、濃厚なココナッツミルクに魚介(特にエビ)の出汁が溶け込んだスープが絶品。短い麺をレンゲですくっていただきます。後からじわじわと辛さが効いてきてくるタイプ。スープ好きなら間違いなくハマる味です。

投稿者:pickypocky

シンガポール人の友人に、ラクサが食べたいと言ったら、この店へ。ラクサもラーメンと同じでその店の味があるようで。カトンラクサのスタンダードはこの店だそうです。昼の1時すぎで、店内のお客もまばら。大小の大きさがあるが、小でも満腹になる。スープはじわじわ辛さが広がってくる。美味かった。masakawaさんの口コミ
今回の旅行でラクサにはまりました。中でもこの店の濃厚スープ、あと何回か食べておけばよかったと後悔しています。確かに辛いのですが、エビのだしのうまみ、プリプリのアサリのむき身、汗が噴き出てくるのも構わず、気づいたら完食していました。冷たいライムジュースと一緒にいただくとサッパリしますよ。Hiroko Pさんの口コミ

チームラボのデジタルアートを体験

マリーナ地区に戻って、マリーナ・ベイ・サンズの前に立つアート・サイエンス・ミュージアムに入ります。10本の指をモチーフにしたという建築デザインは斬新。目指すは常設展のフューチャー・ワールドです。日本のチームラボが手掛けた、デジタルアートを体験できる展示が人気を集めています。

投稿者:SurfingWild

フューチャー・ワールドは、混雑緩和のため1日6回の入場時間が決められています。今回は13時に入場。ウェブサイトなどで事前にチケットを購入しておけば並ばずに入場できます。
テーマごとに4つのゾーンに分けられた館内で、15のデジタルアートを体験。見て、聞いて、触って…と、光と音の体験型アートを楽しめます。

ネイチャーゾーンでは、花と人をテーマにした展示が。人の動きに合わせて花畑が現れたり、蝶が飛び去ったり。

投稿者:Chris F

タウンゾーンのスクリーンにはシンガポールの街が描かれ、自分で描いた車や電車を走らせることも。アートを体験することの楽しさを実感できます。

投稿者:scubamom1234

日本で行きそびれてたのでチームラボの常設すごく嬉しかったです!混むと聞いていたのですが平日の17時過ぎ、そんなには混んでませんでした。子供も大人も夢中になって楽しめる、楽しかったー。Ayyyyaaさんの口コミ
Future world に行ってきました。大人も子供も楽しめます。チケットは混雑しないように時間指定チケットになっていて行く前にオンラインで買いました。ひとつひとつの展示物が凝っていて2時間は過ごしました。Traveler817070さんの口コミ

特典あり 紅茶とお菓子で優雅なハイティー

ランチを食べてからあまり時間がたっていませんが、休憩がてらハイティーを味わうことに。シンガポールはイギリスの植民地だったことから、アフタヌーンティーやハイティーを楽しめるレストランがいくつもあります。
今回はグランド・パーク・シティ・ホール・ホテルのレストラン、テーブル・スケープのハイティーをいただくことにします。モダンなインテリアのレストランは居心地のよさ抜群!

管理者提供の写真

ハイティーはケーキやサンドイッチ、スコーンなどがバランスよく盛られ満足度が高い内容。レーズン入りのスコーンが香り高い紅茶と合います♪
こちらのハイティーは「行っトク!シンガポール」の特典を利用すると、50%オフになります(2人からの利用)。

特典あり 早めに空港へ向かい話題のジュエルへ

羽田行きの飛行機は22時50分の出発ですが、早めに空港へ向かいます。その理由はチャンギ国際空港に隣接した複合施設、ジュエル・チャンギ空港。2019年4月にオープンした施設は、館内に庭園やアトラクション、ショッピングモール、レストランなどが入りテーマパークのよう。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを思わせる庭園やアトラクションは、シンガポールらしい近未来的デザイン。担当したのはマリーナ・ベイ・サンズを手掛けた建築家サフディ氏です。

空港に荷物を預けたら、まずは植物園の資生堂フォレストバレーへ。巨大なドームの中に造られた庭園はシンガポール最大級!

投稿者:imaami

資生堂フォレストバレーの中心に流れ落ちるのが、ジュエル・チャンギ空港の象徴ともいうべき世界最大の人口滝、ウォーターフォールです。
空港内をめぐるスカイトレインからも、間近に見られる巨大な滝。こんなものを空港隣接の施設に造ってしまうとは…シンガポールの勢いを感じさせます。

投稿者:imaami

資生堂フォレストバレーは無料ですが、有料の体験型の施設も充実しています。キャノピー・ブリッジは、滝を目の前に望む高さ23mの橋。一部足元が透明なガラス張りになっていてスリリング!
「行っトク!シンガポール」の特典を利用すると、キャノピー・ブリッジと鏡の迷路ミラー・メイズの入場料が無料になります。

投稿者:WKC

マニュライフ・スカイ・ネットは、網(ネット)を使ったアトラクション。マニュライフ・スカイ・ネット・ウォーキングでは、高さ25mに張られたネットの上を歩きます。弾力があるネットなのですが、下がスカスカですから…こちらもなかなかのスリル。「行っトク!シンガポール」の特典が利用でき、低木の迷路ヘッジ・メイズと合わせて入場料がセットで無料になります。

投稿者:Visit Singapore

マニュライフ・スカイ・ネットには、バウンシングというアトラクションもあります。これはトランポリンのように跳ねて遊べるネット。このアトラクションも「行っトク!シンガポール」の特典で入場料が無料になります。

投稿者:TravelWithEarlyTeens

ほかにもアトラクションやショッピングモール、レストラン、カフェなどが充実したジュエル・チャンギ空港。時間がいくらあっても足りません。庭園のウォーターフォールは夜になるとライトアップされ、色を変化させる幻想的な滝も一見の価値ありです。

最初に心から発された言葉が、なんだこれ。圧巻です。30年前に単身赴任で乗り込んだこの空港、ターミナルは1つしかありませんでした。いまは4つもある。中央にあった路上駐車場を廃止、このびっくりする景観を持つJewel。シンガポールの豊かさの象徴。susume724さんの口コミ
想像以上の迫力で驚きました。各ターミナルから簡単にアクセスできます。夜の光のショーも綺麗でした。帰国前にぜひとも見学することをおすすめします。周りにはレストランやお店もたくさんあり便利です。Relax807674さんの口コミ
聞いてはいたがやはり凄い施設。世界のハブ空港へ更なる飛躍を遂げた感じ。滝に注目されるが、周りの植栽の配置も素晴らしい。テナントはありきたりではあるが、大抵のものは揃うから市内で買い物は最早不要かと。RoshHCMCさんの口コミ

早めの空港チェックインでのんびり過ごす

上で紹介したジュエル・チャンギ空港に注目が集まっていますが、もともとチャンギ国際空港はレストランやショップが充実した「快適に過ごせる空港」として知られています。「行っトク!シンガポール」には、3時間のラウンジ利用が無料になる特典も。早めにチェックインをして空港で過ごすというのもよさそうです。

特典あり アンバサダー・トランジット・ラウンジ

シンガポール航空が発着する第3ターミナルにあるラウンジ。「行っトク!シンガポール」の特典を利用すると3時間無料で過ごせます。シャワーブースも完備しているので、朝から観光してきた体には嬉しい限り。

投稿者:Glads26

飲み物はもちろん、食事もホットミールから軽食まで揃っています。

投稿者:Travel Food and Leisure

こちらのラウンジを何度か利用していますが、他のラウンジと比べてデザートが豊富だと思います。sasasanosasasaさんの口コミ
朝利用しました。目的はシャワーの利用です。シャワーも混んでなく、ラウンジ内も好いていて居心地がよかったです。SEKAINOMADOさんの口コミ

特典あり SATSプレミア・ラウンジ

第3ターミナルにあるシックな内装のラウンジ。シャワーブースはもちろん、マッサージ機も備わり、搭乗までの時間を快適に過ごせます。こちらも「行っトク!シンガポール」の特典利用で、3時間無料になります。

投稿者:sam l

ドリンクは各種揃っており、ホットミールの種類も豊富。セルフサービスで、シンガポール名物のラクサも食べられます。

投稿者:ScribblingGeek

日本行きSQ利用で使うラウンジです。広々として他のターミナルよりも新しいだけあって、古い印象は受けません。食事は自分で温めるラクサがよかったです。ayanepoohさんの口コミ
インドカレーを食べましたが、期待していなかったのもあり、なかなか美味しかったです。あまり混雑していなかったので、ゆっくりと過ごせました。ビールの種類が多いとより魅力的だと思いました。rockets39さんの口コミ
月曜日

空港でひと休みして、出社&出勤

シンガポール航空のSQ636便を利用した場合、羽田空港に到着するのは6時45分。機内でしっかり休めば、そのまま出社ということも可能です。ちょっとハードではありますが、週末利用で会社や学校を休むことなくシンガポール旅行を楽しめますね。

今回は新旧シンガポールの魅力ということで見どころをピックアップしましたが、もっと「食」を楽しんだり、「アート」を追求したり、「アクティビティ」を満喫したり、シンガポールの楽しみ方は多岐にわたります。知れば知るほど楽しめるシンガポールの奥深い魅力に触れてください。

特典あり
シンガポール航空で行くと、
お得な特典「行っトク! シンガポール」をプレゼント

シンガポール航空でシンガポールへ行くと、シンガポールの旅をもっとお得に楽しめる「行っトク!シンガポール」の特典をご利用いただけます。以下✅がついている選りすぐりの13の特典の中から、お一人様につき1つ、お好きな特典をお選びいただけます。

人気アトラクションが50%割引
✅ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、リバーサファリ・シンガポールおよびシンガポール・フライヤー
話題の展望台が入場無料
✅サンズ・スカイパーク展望デッキ
市内の人気施設が50%割引
✅ロングバー・バイ・ラッフルズ シンガポールスリングが50%OFF
✅テーブルスケープ・アット・グランドパークシティホール アフタヌーン・ハイ・ティーが50%OFF
ジュエル・チャンギ空港のアトラクションやラウンジが無料
✅キャノピー・ブリッジ、ミラー・メイズ、ヘッジ・メイズ、マニュライフ・スカイ・ネットウォーキング、マニュライフ・スカイネット・バウンシング、ラウンジ3時間利用
チャンギ空港
✅アンバサダー・トランジット・ラウンジ3時間無料
✅SATSプレミアラウンジ3時間無料
✅ターミナル2、3のTWG店舗で特別特典
マイル
✅3,200クリスフライヤーマイル

ご利用方法
「行っトク!シンガポール」の特典お申し込みサイトで、ご出発便、お名前とEメールアドレスを入力すると、特典をご利用いただける2次元コードが発行されます。
詳しい情報はこちらから。

この記事に関するタグ

話題の記事