PR

定番から穴場まで! カタール航空で行く地中海の美しき島国マルタ

ブルーのグラデーションが続く海と、石灰岩でできたはちみつ色の建築物が並ぶ地中海の国、マルタ。面積が東京都の約半分という小さな国ですが、古代から要衝の地としてさまざまな民族が行き交い、激動の時代を歩んできました。歴史的建造物と絶景との調和が美しいマルタを旅するなら、2019年6月から首都ヴァレッタへの運航を開始したカタール航空を利用するのが便利で快適です。

カタール航空なら燃油サーチャージなしで世界160都市以上へ

カタール航空は羽田、成田から毎日運航。ヨーロッパだけでも55都市以上へアクセスが可能です。さらに、202046日より、関空線が新規就航いたします。日本からの3路線すべてが深夜につき、仕事を終えたその足で空港に向かって出発できるのが魅力ドーハ-マルタ線なら、着いたその日に観光できますよ。また、日本発の全路線で燃油サーチャージなし。追加支払がないから、お得に旅を楽しめます。

お得な運賃・キャンペーン情報はカタール航空公式サイトへ。

フライトスケジュール

【往路】
(QR807)成田 22:20発 → ドーハ 03:50(翌日)着
(QR813)羽田 00:01発 → ドーハ 06:00着
(QR803)関空 23:30発 → ドーハ 04:50(翌日)着(月、水、金、土、日)

(QR383)ドーハ 08:35発 → マルタ 13:25着(火、木、土)
(QR381)ドーハ 01:55発 → マルタ 06:45着(月、水、金、日)
【復路】
(QR382)マルタ 09:20発 → ドーハ 15:25着(月、水、金、日)
(QR384)マルタ 17:45発 → ドーハ 23:50着(火、木、土)

(QR806)ドーハ 02:55発 → 成田 18:40着
(QR812)ドーハ 06:45発 → 羽田 22:40着
(QR802)ドーハ 02:10発 → 関空 17:50着(月、水、金、土、日)

※2020年4月6日より週5便で運航開始、6月23日より毎日運航。

 

ベスト・ビジネスクラスに選出された「Qスイート」

カタール航空の新ビジネスクラス「Qスイート」は、長時間のフライトでも快適に過ごせると評判。ドア付きの完全個室型でプライバシーを確保し、機内食は好きなときに好きなものを食べられるアラカルトスタイル。おやすみの際にはフルフラットベッドでゆったりとくつろげます。プライバシーパーティションを利用すれば、2席をダブルベッドにできるほか、4名で向かい合って座れるプライベートスイートに変えることも。トリップアドバイザー「トラベラーズチョイスアワード」のベスト・ビジネスクラスに選ばれた上質な空間を、ぜひお試しください。

羽田空港からドーハ経由ローマに来ました
ドーハまでのQatar航空は最高
ホテルの部屋の様に仕切られ、食事は次から次へとおかわり自由
飲み物もフリー
ビデオは最新作品ばかり
あっという間の10時間の旅でしたFuku-topさんの口コミ
本当に最高の時間でした。Qスイートを経験すると、もう他社のビジネスには乗れなくなります。
トータル25時間のフライトでしたが、全く疲れませんでした。
食事も大変美味しいし、お酒も豊富、ベッドはフルフラットのマットレス付き。hypermaronさんの口コミ
エコノミークラスもゆったり快適

カタール航空のエコノミークラスのシートは足元ゆったり。前の座席との間隔も広く設計されています。また、アイマスクや歯磨きセット、リップクリームなどが入ったアメニティキットも用意。ゆっくりくつろいだあとは、4,000チャンネル以上の充実したエンターテインメント・プログラムをお楽しみください。
2019年10月より、エコノミークラスの新機内食「Quisine」が日本線に登場! 健康的な季節の食材を使用し、ボリュームもアップ。カヴァを含むドリンクメニューも一新します。

投稿者:Chris W

評判のいいカタール航空を初めて利用した。機内は清潔感があり、エコノミーのシートにストレスを感じるもことなく、食事もサービスも満足できるものだった。ほとんどの乗客はトランジットでドーハ空港を利用すると思うが、長時間待ちのフライト選んでドーハの街を観光することをお勧めしたい。虎洸 関さんの口コミ
CAの接客サービスがとてもよかったですし、エコノミークラスの椅子も広くて長い時間乗っていても他社と比べると疲れがだいぶ違いました。食事も和食を食べたのですが、お蕎麦がとても美味しかったです(機内食のレベルとしては)一番感心したのはトイレの掃除をよくしていて、いつも綺麗だったのがとてもうれしかったです。shojinakadaさんの口コミ
史跡めぐり

聖ヨハネ大聖堂(マルタ島・ヴァレッタ)

1113年、エルサレムへの巡礼者を保護するために創立された聖ヨハネ騎士団。それからしばらくはヨーロッパ各地を点々とし、1530年に神聖ローマ皇帝カール5世からマルタ島を譲渡されたことをきっかけに、マルタ騎士団と改称しました。聖ヨハネ大聖堂は、マルタ騎士団によって建てられたカトリック教会の聖堂で、簡素な外観からは想像もつかないほど、金銀で彩られた美しい内装が見どころ。付属の美術館には、イタリアバロック絵画最大の巨匠、カラヴァッジョの傑作「聖ヨハネの斬首」が展示されています。

投稿者:pantmouz

投稿者:Rob K

投稿者:PaoloRiccardoCarrara

日本語オーディオガイドも無料で借りられます。順路がわかりにくかったのですが、出口付近に二階のバルコニーに行ける階段があるのでバルコニーからの眺めはおススメです。katze2015さんの口コミ
カラバジョの絵を見るためにマルタに行きました。
その価値あります。
暗い部屋に見える絵画は息をのむすばらしさ。
また、日本語解説も入場料に含まれていて、全部聞いて回ると2時間以上かかります。samelejさんの口コミ
半ズボンはタンクトップの方は、入口で紙製のマントをもらってました。
扇風機の風でめくれますが、そこは気にならないのかもしれません。
どれもが見応え有りで、入った瞬間、回廊の素晴らしさに声が出ませんでした。
十字軍をほとんど知りませんでしたが、説明でしっかりと分かりました。lvyuさんの口コミ

聖パウロ難破教会(マルタ島・ヴァレッタ)

聖ヨハネ大聖堂の裏側にあるひっそりとたたずむ教会です。入口の狭いドアからは想像がつかないほど中は広々としていて、荘厳な空間が広がっています。西暦60年頃、政治的反逆者として捕らえられた聖パウロは、ローマに護送される際に船が難破してマルタ島に漂着。それからはマルタで布教活動を行いました。無料で見学可能なので、聖ヨハネ大聖堂といっしょに訪問するのがオススメです。

投稿者:Axel K

投稿者:markmosta

投稿者:ACM1899Pier

とても小さな地味な入り口です。ガヤガヤした通りにひっそりと存在しておりますがこの国の人々が最も崇拝する聖母マリアと並び好まれている聖パウロに由来する教会です。 決して華美ではありませんが、静謐が有り祈りの場である事がよくわかります。 バレッタの醍醐味は散策によりもたらされる部分が非常に多いので聖ヨハネ大聖堂、騎士団長の宮殿を見学されたら裏手にあるこちらの教会にも立ち寄られるのが良いでしょう。Paradise807684さんの口コミ
どこにあるのかわからず、周りをぐるぐる歩いていましたが、町並みが日本には無い景色ですので楽しいです。 周りは坂道が多いです。 皆さん口コミにあるように、外装とギャップのある豪勢な内装です。 中はとても静かで音が響きます。ヒールによっては靴音が響いてうるさいです。yonpomさんの口コミ
入口は小さいですが中は意外に広く、木組みで作られた内装がとても素敵でした。ほとんど人がいなく、案内パンフレットに沿ってゆっくりと見学できました。聖壇なども少し古めかしい様子がかえって感じるものがあるように思います。また聖パウロの腕(本物!!?)が安置されてあり、街の守護聖として崇められているのだなと実感しました。この教会に出会って本当に良かったです。earlgray990621さんの口コミ

ハジャール・イム神殿(マルタ島・レンディ)

マルタ島の南岸の丘の上に建つのは、紀元前2800年頃につくられたものと推測されるハジャール・イム神殿です。エジプトにあるギザのピラミッドよりも古く、人類最古の石造建築物と言われています。現在は風化が進んでいることから、外側はテントに覆われているものの、内部は見学可能。400メートルほど下ると、イムナイドラ神殿というもうひとつの神殿もあります。

投稿者:Peritoborgo

投稿者:Peritoborgo

投稿者:jul1407

マルタの世界遺産「巨石文化時代の神殿群」のうちの一つです。アクセスが良くないので、空港でレンタカーで行きました。ハジャー・イム神殿とイムナイドラ神殿は同じ場所にあります。遺跡保護のため白い天幕に覆われています。
入口にある博物館から見学をはじめ、まずはハジャー・イム神殿に向かいます。次に海を望む一本道を下って行くとイムナイドラ神殿に着きます。hide2004さんの口コミ
ハジャール・イム神殿と、隣接するイムナンドラ遺跡を一緒に見学をしました。 どちらもこじんまりとした遺跡ですが、これらが土に埋まっていたと想像するとワクワクします。 ハジャール・イムから、イムナンドラ遺跡までは、長い下り坂を5分行った先にあります。この坂道からの眺めは最高でしたので、ぜひ一度行かれることをお勧めします。yamaryu0625さんの口コミ
ハジャール神殿とこちらの遺跡は隣同士です。
両方の遺跡を女性の足でゆっくりまわって大体40~50分程度の所要時間でした。
途中に長い坂があり、またゴツゴツした岩場のようなところも歩くのでスニーカーなどの歩きやすい靴が良いと思います。
周りはトレイルコースにもなっているようで、天気の良い日には散歩も気持ち良いと思います。Experience809577さんの口コミ

聖エルモ砦(マルタ島・ヴァレッタ)

1552年、マルタ騎士団によって築かれた4つの角をもつ星型の砦です。1565年のマルタ包囲戦の際には、1カ月に渡って続いた攻撃にもちこたえ、騎士団は見事勝利を収めました。第二次世界大戦時には大部分が破壊されたものの、その後修復されて現在に至ります。毎週日曜になると、地元のボランティアが騎士団のパレードや戦いの様子を再現するイベントが開催されます。

投稿者:Nik R

投稿者:Piotr S

投稿者:walhe69

・Valettaチケットを買い、訪問。
含まれているmuseumの中で一番よかった
・BC時代から現代まで、マルタがどのように歩んできたか、1つ1つ丁寧に展示、説明されていて、とてもよくマルタを理解できる場所
・建物ごとに説明され、ルートもよく考えられているMeiko-meimeiさんの口コミ
海につきだしており、眺めの良さは折り紙付きです。 展示がいくつかの建物に分かれており、バレッタの歴史が分かりやすく展示されています。英語ができなくても、何とかなるレベルで。itudemodokodemoさんの口コミ
街歩き

マルサシュロック湾(マルタ島・マルサシュロック)

ルッツと呼ばれるカラフルな小舟がエメラルドブルーの海に浮かぶ光景が印象的なマルサシュロック湾は、マルタ島最大の漁村。首都ヴァレッタからバスに乗って40分ほどで着きます。ここで人気なのは日曜市。魚介類の屋台のほか、お土産として人気のはちみつや塩、ジャムを扱う屋台も並びます。

投稿者:Maria R

投稿者:Anne D

投稿者:よしめ

日曜日に行ったため、とても人が多かったです。
マルタ伝統のルッツ船がたくさん港にあり、景観が最高です。
湾に沿うようにシーフードレストランのテラス(パラソル?)席がずらーっと並んでいます。結構長い距離並んでおり店の数も多いです。
適当に選んで入店しましたが、ボリューム満点の海の幸でした。kei_5_24さんの口コミ
8時くらいのバレッタからのバスは空いているため、おすすめです。9時前にマルサシュロックに着きました。まだ混雑もしていなかったので、ぶらぶらと朝市を吟味し、写真ものんびりと撮影することができました。
朝市はお土産を買うのにおすすめ。塩やハチミツなどは、市街地で買うより10%くらい割安です。osugisan-yさんの口コミ
日曜日に訪問、湾に沿ってマーケットが開かれています。海にはカラフルな漁船が多数、”乗らない?”言う客引きも大勢いました。fr2011tokさんの口コミ

イムディーナ旧市街(マルタ島・イムディーナ)

マルタ島のほぼ中央部の街、イムディーナは、「マルタ・ストーン」と呼ばれるはちみつ色をした石灰岩の家々が続く美しい古都。かつては首都として栄え、貴族の館が並ぶにぎやかな街でしたが、ヴァレッタに遷都してからは300人ほどが暮らすのみ。路地に入ると日中でも驚くほど静かなため、「静寂の街」と呼ばれることもあります。中世にタイムスリップした気分を味わえること間違いなし!

投稿者:danroc76

投稿者:Kevin

投稿者:saloustar

私はここの街並みがとても気に入りました。気持ちが落ち着き、中世にタイムスリップしたような気持ちになります。マルタのどこよりも私が好きになった場所です。少し交通は不便ですが、足を伸ばしても損はありません。Navigate809388さんの口コミ
はちみつ色の城塞都市です。跳ね橋は今は使われていません。細い路地はモロッコの街を思わせるようでした。ガラス製品や、フィリグリー(銀製品)、ジェラートのお店などが軒を連ねていました。Happiness810220さんの口コミ
さほど大きな街ではないですが、雰囲気があってとても良い街です。
ゲーム・オブ・スローンズを見ていた方なら、シーズン1の舞台にもなっているので楽しみ倍増だと思います。特に街の入口はおすすめですよ。Akiko Iさんの口コミ

アッパー・バラッカ・ガーデン(マルタ島・ヴァレッタ)

マルタの騎士団が最初に築いた街、スリーシティーズが一望できる市民の憩いの場。もともとはイタリア出身の騎士団員たちのプライベートガーデンで、屋根が付いていたのだとか。今も1661年に建設された当時の柱廊が残されています。毎日正午と16時に発射される大砲をひと目見ようと、多くの観光客が集まります。

投稿者:VW49

投稿者:soso g

投稿者:Heather M

目の前に広がる海、爽やかな風、散策中に気分転換するにはうってつけの場所です。エルモ砦から徒歩で数分でした。eternaleyeさんの口コミ
ヴァレッタ旧市街で聖ヨハネ大聖堂の次に歩いて訪れました。無料です。対岸の建物と海のコントラストが美しいので、時間があったら写真を撮りに行くことをお勧めします。katze2015さんの口コミ
今回初めてこちらに訪れることが出来ました。
スリーシティーズを一望でき、その手前を巨大な豪華客船やフェリーが横切りました。
圧巻です️hirokuasakuさんの口コミ

ポパイ村(マルタ島・メリーハ)

1980年公開の映画『ポパイ』の実写版の撮影のためにつくられた場所が、今はテーマパークになっています。アニメの世界観そのままの街並みは、とにかくキュート! 写真映えすることから、SNSでも話題になりました。ポパイやオリーブに扮して撮影に参加できる「フィルムテイキング」は、1日に数回実施。衣装に着替えて演技をして、撮影に挑みます。終わったあとには上映会で自分が出演した映画を見ることができますよ。

投稿者:hatamail

投稿者:Theo

投稿者:Jon Foulkes

日本のガイドブックには情報が少ないので、どのような雰囲気か分かりませんでしたが、行ってみて大正解でした。みんな優しく接してくれましたし、ダンスショーも見られてとても楽しかったです!
いわゆるインスタ映え?なキレイでカラフルなセット(多少の古めかしさが雰囲気を更にupさせています)に加え、海のターコイズブルーがすごく映えていました。Tanicchiさんの口コミ
園内を全てまわるのにはおそらく1時間かからないです。
無料で絵葉書やワインが頂けたり、ボートに乗ることができるので嬉しいです。
周辺には他に観光地が無く、マルタの中心地から離れていてアクセスもそんなに良くないです。そのため、一日のスケジュールを立てる際は少し注意が必要です。
あと、訪れる前に映画を観て予習すると一層楽しめると思います。piooon-kさんの口コミ
村の廻りからの景色が素晴らしい。夕焼けを見に行きましたが、絶壁からの景観は素晴らしいものでした。マルタの必須ポイントです。kindon2016さんの口コミ
ビーチスポット

ブルーホール(ゴゾ島)

マルタ本島の北西に位置するゴゾ島は、美しい海が自慢のリゾート地です。島の最西端には、ぜひ訪れたいとっておきの天然のプールが。ブルーホールは岩で囲まれた幅5~10メートルほどの穴。平均水深が45メートルと深いため、ダイビングやシュノーケルのスポットとしても人気があります。崖の上から眺めると、青く澄んだ水の色が深さによって変化している様がよくわかるでしょう。

投稿者:Sedrik D

投稿者:Carlingo85

投稿者:Masjo71

ダイビングでしか潜れないのかと思いつつ、水着を持って行ったら大正解!本当に澄んだ海でした。バスは1時間に1本です。Uhyuuuさんの口コミ
岩場は少し歩きにくいですが、景色がとてもすばらしく、いつまでもたたずんでいたくなるところです。階段を降りるとブルーホールがあり、そこはダイビングスポットになっているようです。Experience807127さんの口コミ
行くまで知らなかったのですが、知らなくてもすぐに気づくほど綺麗な青さがそこにあります。岩に丸く囲まれていて深くそこから泡が出ていました。色も深い青色で上からしか見ませんでしたがとても綺麗でした。kanako3535さんの口コミ

Blue Hole

バブル評価 5 段階中 4.5
2位:サンローレンツの観光スポット11件中

ブルーラグーン(コミノ島)

マルタ島とゴゾ島のあいだにある、面積3.5平方キロメートルの小さな島、コミノ島。ここには「美しすぎるビーチ」と称される、透明度バツグンのブルーラグーンがあります。あまりにも透明度が高いため、ボートの影が海底に映って宙に浮いているように見える名物の光景は、ぜひとも写真に収めたいところ。ビーチ自体はこぢんまりとしていますが、飲食店の屋台が10軒ほど並んでいるので安心です。

投稿者:トリップアドバイザー チャイナの会員

投稿者:satoshun

投稿者:mpmail

ブルーラグーンは本当に美しかったです。貸しロッカーもありパラソル等はレンタルがありますが、岩場なので、どこもかしこも人だらけ。透明度の高い、エメラルドグリーン、ターコイズブルーの海、透明度も高く、波も穏やかで、泳ぎたい人にはお勧めです。koutakotaroさんの口コミ
パラソルとチェアを借りて、昼過ぎまでのんびりしました。
時間と共に少しずつ、海の色が変わっていきます。
まだ水が冷たい季節で、海に入っている人もいないので、見晴らしは良かった。
売店は10ユーロもあれば、ドリンクとお腹いっぱいになるくらいの食事がいただけますよ。Catseye_C8332WQさんの口コミ
透き通っていて本当にキレイな色。午前中の方が海が綺麗に見えるとの事です。また、午後は人が増えて、岸に人がいっぱいになります。海には入れますが、案外深い場所もあり、泳ぎに不安のある方は浅瀬でパシャパシャするのをおすすめします。Meander428008さんの口コミ

セント・ピーターズ・プール(マルタ島・マルサシュロック)

マルサシュロック湾を取り囲む半島の裏手に、波によって円形に浸食されたユニークな形のビーチが。波が穏やかで海水浴にピッタリの場所ですが、ここでのいちばん人気は崖からの飛び込み。いちばん高いところだと、6メートルもの高さがあるのだとか。バス利用だと停留所からかなり歩くため、レンタカーで向かうのがオススメです。

投稿者:bettyMaroc

投稿者:Cathy C

投稿者:Artemisa K

高いところからダイブするのと、海の水が美しいということで、お勧めの場所。車で行くことになるが、車一台分ほどの道を入り、あとは、歩いてビーチまで向かうことになります。簡単に行けないため、穴場的な場所。それゆえに皆が一度は行ってみたいと思うビーチです。ayuayu1123さんの口コミ
マルサシュロックから車で数分です。とても暑い日で、泳ぎに来ている人もたくさんいました。皆順番を守って危なくない様に飛び込んでいました。私は写真専門ですが、見ているだけで面白かったです。海の色もブルーグロットより綺麗かもしれません。sanomaruzukiさんの口コミ
飛び込みたいなら行こう。泳ぐ人、日光浴する人多数。私が行った時には、坂の上に飲み物が売っていましたが、ちょっとした物は持っていった方がいい気がします。Maps820278さんの口コミ

アユン・トゥーフィーハ・ベイ(マルタ島・メリーハ)

エリザベス女王がハネムーンで訪れたことで知られるゴールデン・ベイの隣にあるビーチです。海に向かうまでにトレッキングコースのような道を歩くためか、比較的人が少なく、のんびり過ごせると評判。約200段の階段を降りたら、そこにはマルタでは珍しい砂のビーチが広がっています。晴れていれば美しい夕日も見られるので、時間にゆとりを持って訪れるのをオススメします。

投稿者:EwiEwika

投稿者:Diciamolecosegiuste

投稿者:Andras

島内のバスで行く事ができる場所にあります。ほかの海岸から歩きながらの訪問でしたが、マルタの海はあおくてとてもキレイでした。地元の方も優しく、近隣の説明などもしてくれました。Seaside806512さんの口コミ
This beach has a lovely setting nestled under dramatic cliffs, with lovely golden beach and warm sea. It’s just everyone else on the island knows how nice it is so it’s completely rammed. There are quite a few steps down but we managed fine with a 5 and 3 year old in tow. ここはものすごい崖の下にある、黄金のように輝く砂浜とぬるめの水が心地よい、素晴らしいビーチです。島の誰もが知ってい場所につき、割と人が多くいます。階段をかなり下っていきますが、3歳と5歳の子どもを連れていても平気でした。 mikeyonholsさんの口コミ

アー・ラプシ(マルタ島・シッジーウイ)

観光客にはほとんど知られていない穴場ビーチのオススメといえば、マルタ島南部にあるアー・ラプシでしょう。地元の人にはよく知られているこのビーチは、ハジャール・イム神殿から車で約10分の距離。夏場に限り、109番の路線バスが延伸します。ゴツゴツした岩場のビーチですが、入り江になっているため波がほとんどなく穏やか。海へ続く道も雰囲気があっていいですよ。

投稿者:Roo1968

投稿者:811vincenzoi

投稿者:ashuach

Just amazing, the water is very deep yet extremely clear that you can see the bottom in 10 meters of water. There isn’t a big area to put your towel down or just sit around but there is a great traditional restaurant up the top of the area. とっても素晴らしい場所。水深はかなり深くて、10メートルぐらい下まで見えるほどの透明度です。タオルを敷いておけるような広いスペースはありませんが、ビーチの上のほうにいい感じのトラディショナルなレストランがあります。 Buzzie1さんの口コミ
Ghar Lapsi was very picturesque, swimming and snorkeling was just awesome, my kids loved it. Well worth a visit. アー・ラプシはとても絵になる場所でした。スイミングもシュノーケリングも満喫して、子どもたちも大いに楽しんでいました。訪れる価値ありです。Roo1968さんの口コミ

その他

マルタ・クラシックカー博物館(マルタ島・カウラ)

実はマルタ、クラシックカーで有名な島だということをご存知でしょうか。毎年10月に、1910~1960年代のスポーツカーやレーシングカーが一堂に会する「マルタ・クラシックカー・グランプリ」というレースが開催されていて、世界各国からヴィンテージカーのマニアが集まります。この時期にマルタ訪問が叶わないという方は、ぜひこの博物館へ。1930年代のクラシックカーを始め、ル・マンやミッレミリア、F1などの激戦を戦い抜いたレースカーが100台以上展示されています。

投稿者:Elaine G

投稿者:sicvic27

投稿者:Ogi0

クルマ好きにはたまらない博物館でした。世界遺産などばかり見て回っていましたがたまたまホテルにチラシがあり目に止まりゴゾ島帰りに寄ってみました。あまり期待していませんでしたが中に入ってビックリかなり広い空間でした。クラシックカーが沢山展示されており他の観光スポットより断トツで一番見学時間をかけました。trip6100さんの口コミ
My husband and I are both car enthusiasts so this is a must see for anyone like us! It’s much bigger than you might think, covering a couple of floors underground. It took me a while to work out how they get the cars in and out! There’s also a small area where you can see the restorations in progress. There’s lots of unusual and rare cars with detailed history as well as period clothes and furniture. 夫も私も車好き。そういう人にとっては必見のスポットです! 想像するよりはるかに大きな規模で、地下にも2フロア展示があります。ここにどうやって車を入出庫しているのか、わかるまでにだいぶ時間がかかりました! 現在修理中のエリアも小さいながらあります。歴史の詳細について、またその当時の洋服や家具といっしょにレアな車がたくさん展示されています。FinkyDinkさんの口コミ

ただいまカタール航空を利用してドーハ経由で旅行をされる方を対象に、23USドル~の価格で、カタール市内の4つ星または5つ星ホテルに宿泊できるキャンペーンを実施中です。
(2019年12月31日まで)
ドーハには、世界有数のイスラムアートのコレクションを誇る「イスラム美術館」や、伝統建築にモダンデザインを取り入れたカタール最大のイスラム教寺院「グランド・モスク」など、旅心を刺激するスポットが盛りだくさん。
マルタ旅行の際にはぜひドーハでストップオーバーして、2都市をお得に、快適に楽しみましょう!

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。