PR

ハワイ島ってどんなとこ?雄大な自然に包まれ、ここにしかない絶景とグルメを満喫!

Sponsored by ハワイ州観光局

日本はもとより、世界中から多くの観光客が訪れるハワイ諸島。観光のメインはホノルルのあるオアフ島ですが、ほかにも個性的な島々が連なります。なかでも今、最も注目されているのが、地球の鼓動が伝わるハワイ島。自然の神秘とダイナミズムを感じさせる、唯一無二の島を紹介します。

■関連記事
火山!ビーチ!絶景!ハワイ島の魅力を肌で感じられる観光スポット
海で!森で!ハワイ島の休日が何倍も楽しくなるアクティビティ&文化体験

まずは、ハワイの主要6島をおさらい!

ハワイ諸島は 約132の島々からなり、観光客が訪問できる主な島は6島。北からカウアイ島、オアフ島、モロカイ島、マウイ島、ラナイ島、ハワイ島の順番で並んでいます。

「いつ来てもかわらない。いつ来てもあたらしい」オアフ島

オアフ島は言わずと知れたハワイ観光の中心。多様な民族から構成されるハワイの人口の大半が集まる「集いの島(The Gathering Place)」で、温暖な気候と美しい自然、充実したショッピングやレジャーを求めて多くの観光客が訪れます。日本からの直行便が多くアクセスしやすいのも、人気の理由といえます。

投稿者:マグナ

「自然の力を、私の力へ」ハワイ島

日本からの直行便は、オアフ島以外にハワイ島にも飛んでいます。ハワイ島はハワイ諸島最大の島で、最も新しい島(といっても約50~60万年以上前ですが…)。2 つの活火山を擁するハワイ火山国立公園が観光の目玉です。

投稿者:Gibsoninpa

「夢かと思う景色がある」マウイ島

投稿者:JTF_1977

ハワイで2番目に大きなマウイ島は、イアオ渓谷州立公園、ハレアカラ国立公園などの雄大な自然に恵まれた「渓谷の島(The Valley Island)」。冬になるとザトウクジラが北の海からやってくるため、ホエールウォッチングが盛んに行われます。

「はじめてなのに、どうして懐かしいのか」カウアイ島

ハワイ諸島の北西端に位置するカウアイ島。地質学的にハワイで最も歴史の古い島で、太古の森が広がる様相はまさに映画『ジュラシック・パーク』の世界そのもの。雄大なワイメア渓谷や風光明媚なナパリ・コーストなど、地球の鼓動を感じさせる絶景が広がっています。

投稿者:jon v

「つくられていない、という上質」ラナイ島

かつてパイナップル産業で栄えたことから、「パイナップルアイランド」という愛らしいニックネームをもつラナイ島。農園閉鎖後はハワイ屈指の高級ホテルが進出し、VIPがお忍びで訪れるリゾートアイランドとなりました。

投稿者:okmac

「手つかずの自然が生きている」モロカイ島

モロカイ島はハワイ先住民の血を引く人々が多く住む島。フラの発祥の地といわれるなど、ハワイの文化や風習が大切に守り続けられています。はるか昔から変わらない 手つかずの自然と美しいビーチが広がる島には、今も昔もゆったりとした時間が流れています。

投稿者:Don Anderson

ハワイ島の、ここがスゴイ!

ハワイ島は前述のとおりハワイ諸島最大の島です。物理的なスケールも大きければ、ビッグな驚きにも満ちています。

他の島がすべてすっぽり入ってしまうほど広大!

ハワイ島の面積は 10,432.5 ㎢。これは東京都(島嶼部を除く)の約 5 倍、四国の約半分に相当する広さで、ハワイ諸島全体の半分近い規模を誇ります。ちなみにハワイ島の周囲は 150 ㎞以上。車で走り続けても 島を1 周するのに約 6 時間はかかります。

生きている島、ハワイ島

ハワイ諸島は海底噴火によって生まれた島々で構成されています。最も古いカウアイ島が誕生したのが約600 万年前といわれていますが、それと比べるとハワイ島は50~60 万年前にできた若い島です。今も活動を続ける火山活動を最も間近に感じられるのが 「ハワイ火山国立公園」。13万3,200ヘクタールという広大な保護区内には、 マウナロアとキラウエアのふたつの活火山があり、世界遺産にも指定されています。

投稿者:KICon

世界の17の気候区分のうち10がある!

ドイツの気象学者ケッペンが考案した気候区分によると、世界中の 17 の気候区分のうちハワイ諸島には 15 の気候帯があるといわれ、そのうちハワイ島には 10 の気候帯が当てはまります。

投稿者:Inspiration144820

北東部のヒロは全米で最も雨量の多い熱帯湿潤地域なのに対し、西岸部のワイコロアはほとんど雨が降らない高温砂漠の地域。さらに標高の高い山岳部には、なんと氷雪地帯もあります。同じ島であっても標高差が大きく、地域ごとに気候や植生も異なるのはハワイ島最大の特徴といえるでしょう。

ハワイ固有の植物が多い!

ハワイ諸島は太平洋に浮かぶ絶海の孤島。在来動物のほとんどが固有種で、ハワイ島にも厳しい環境のなか生き抜いた動植物が多く見られます。

投稿者:DudefrmAK

とりわけ1島でさまざまな気候に区分されるハワイ島の植生はバリエーション豊か。雨が多い熱帯雨林に咲くトロピカルなものから、オヒアレフア(写真)のように溶岩が流れた不毛の地に根ざすものまで、多種多様な植物を観察することができます。

王家ゆかりのスポットが多い!

ハワイ島西部の商業・観光の中心カイルア・コナは、19世紀にハワイ王国の王族たちの静養地として発展した場所。それゆえ、王家にゆかりのある歴史的に貴重な史跡が数多く保存されています。

なかでもカイルア湾の岸辺は「カマカホヌ」と呼ばれる神聖な土地。カメハメハ大王が晩年をここで過ごし、生涯を終えたといいます。海辺に突き出すようにして建つ草葺きの神殿「アフエナ・ヘイアウ」も彼が再建しました(現存するヘイアウは1970年代に復元)。

投稿者:KLE2013

コナのシンボル的な場所です。ヘイアウなので、中までは入れません。ビーチに面していますが、ホテルから入りハワイ王朝の歴史を感じてみるのも良いと思います。hookani24さんの口コミ

ハワイ王族の別荘として利用された「フリヘエ・パレス」も現存しています。1885年にカラカウア王によって欧米様式への建て替えが行われ、現在はハワイ王国時代の調度品や工芸品を常設展示する博物館になっています。

投稿者:MixedNut999

コナのアリイドライブから近い歴史的な建物で興味深く見物しましたが、古いハワイの歴史を感じる場所です。Hawaii-goodさんの口コミ

カメハメハ大王像が2体立っている!

意外と知られていませんが、カメハメハ大王像はハワイに3体現存し、そのうち2体がハワイ島にあります。カメハメハ大王の生誕地に近い小さな町、カパアウに設置されているのがオリジナルです。

投稿者:sorcerer_mickey

このノース・コハラに建つ大王像は、1900年初めに難破した像を修復したもので、現在は金色と赤がまぶしいくらいにきれいに修復されています。像の後ろには海から引き上げられた状態からの修復過程が写真で記録され、見ることができます。akaka0711さんの口コミ
ポロル渓谷にいく途中の道沿いにあり道からも丸見えです。後ろの集会所の裏に駐車場もあります。何度か色を塗り替えたそうで、今の色が当時の衣装の色に近いそうです。Paradise804276さんの口コミ

もう1体はヒロ国際空港のすぐ近く、ワイロア川州立リクリエーションエリアにあります。

投稿者:gldnpupper27

大王像の周りも含め人があまりおらず地元の方がゆっくり休憩されているだけののんびりした公園です。大王像を見るだけに訪れましたがゆったりのんびりランチをしたりしても、よかったと思います。kaasan2014さんの口コミ

ロコモコ発祥の地がある!

ハワイ島東部に位置するヒロは、古き良きハワイが感じられるローカルタウン。ハワイ島最大の町で、建物の多くが国家歴史登録財に指定されています。

日系人も多く暮らすヒロには、日本人の口に合う料理を提供するレストランが数多くあります。なかでも、もはや観光スポットと化しているのが”ハワイのソウルフード”ロコモコ発祥の地と言われる「カフェ100」。1946年創業のノスタルジックな店でいただくロコモコはコスパ抜群で、ロコと観光客双方の胃袋を支えています。

投稿者:Yu.m

色々なロコモコが最近はありますが、昔ながらのロコモコが食べられるお店です。普通のロコモコ、安いので他のお店だったらミニサイズかな。それでもご飯が多くて1人での完食は無理でした。sorcerer_mickeyさんの口コミ
正直、味には期待していなかったのですが、予想に反しておいしい!ハンバーグの周りがカリッとしていて、肉の味、良し。たまごは半熟で、ご飯の固さも悪くない。ソースは、見た目に反してマイルドな味でGood!haijitokuraraさんの口コミ

ハワイを代表する地ビールが飲める

ハワイはもちろん、最近は日本でもよく見かけるゲッコー(ヤモリ)マークのビール。コナ・ブリューイング・カンパニーは、ハワイ産ビールの有名ブランドです。コナの中心地にあるレストランでは、10種類以上のクラフトビールを用意。入れたての生ビールは最高!

投稿者:sorcerer_mickey

併設の醸造所では、見学ツアーも開催されています。試飲もあるので、食事の前に参加するとよりビールを楽しめそうです。

ハワイに行くと必ずスーパーで買って飲んでいたビール。初めて工場直営に伺いました。ピザと一緒にビールを飲んだら格別でした!!
今度行く際は、飲み比べを飲もうと思います。hittonyさんの口コミ
出来立てのローカルビールが飲めるのでいつも賑わっています。たくさんは飲めないのでテイスティングセットを頼んで、いろんな味を楽しみました。
ライブ後演奏があって、その前で踊ってる人がいたり、動画撮る人がいたり、それぞれ思い思いに楽しんでる自由な感じが良いです。ma_tabinoさんの口コミ
ハワイ島だから体感できる、自然の魅力

人間が小さな存在に思えるほど、壮大なスケールの自然に出合えるハワイ島。地球が創り出した造形美とそこに息づく生命の神秘に、感動を覚えずにはいられません。

地球の鼓動が伝わる火山

ハワイ島の自然を語るうえで外せないのが火山。ハワイ島には富士山よりも高いマウナ・ケア(標高 4,205m)とマウナ・ロア(標高 4,169m)がそびえ、さらにフアラライ山(標高 2,521m)とコハラ山(標高 1,670m)、キラウエア火山(標高 1,248m)の、計5つの火山があります。

キラウエア火山のあるハワイ火山国立公園は、世界遺産にも登録されている場所。ハワイアンの聖地である噴火口周辺を通るハイキングコースが整備され、貴重なペトログリフも見ることができます。

投稿者:ivy_05

今は流れる溶岩を眺めることは出来ませんが、広大な自然を感じることはできます。地面から出る暖かい蒸気によって、流れる溶岩を見ることは出来なくても地中で活動が行われていることがわかります。ハイキングや自然が好きな方には良いと思います。haine1983さんの口コミ
とにかくどこもかしこも絶景。自然の凄さを目の当たりに出来ます。場所によって色や草木の生え方が違い、その違いは噴火した年代によって違いがあるようで、その説明は各所にあります。そんな見方をするとまた違った見方が出来ますし、溶岩がどこを通ったのががすぐ分かります。1日、又は数日かけてゆっくり見て回るといいと思います。kei_sunpeiさんの口コミ

生き物たちが集まる雄大な海

ハワイ島周辺の海ではダイバーの憧れともいわれるマンタを高い確率で見ることができるほか、冬には北の海から訪れるザトウクジラに遭遇することも。ウミガメに会えるビーチもあり、海の生き物たちが身近に感じられます。
ハワイでは海洋動物保護のため、一定の推奨距離を保って観察することが義務付けられています。

透明度抜群の海で知られるケアラケクア湾は、カイルア・コナから約19 ㎞南に位置する海洋保護区域。スノーケリングやスキューバダイビングなどのツアーに使われることが多く、ときには湾内でイルカが見られることもあるとか。

投稿者:Anthony P

透明度が高くて、沢山のカラフルなお魚を見ることが出来ました。波は穏やかで安心してスノーケリングを楽しめる場所だと思いました。水はとても冷たいと感じました。Guide802998さんの口コミ
行くにはハードルが高い分、自然が残されているので、サンゴや魚がいっぱいです。亀に会える確率も30%くらいあるのではないでしょうか。確かにイルカに会える確率は少ないようですが、時間帯とか季節によっても違うと思います。Passport803403さんの口コミ

歴史的にも重要な渓谷

ハマクア・コースト北部に広がるワイピオ渓谷は、カメハメハ大王が幼少期を過ごした場所。別名「王の谷」とも呼ばれ、ハワイ文明の歴史を語るうえで重要な聖地です。谷へ下りるならツアーへの参加がおすすめですが、海沿いのワイピオ渓谷展望台から眺めるだけでも壮観。晴天率の高い午前中を狙って行きましょう。

投稿者:Jdp107

展望台からの景観はまさに「絶景」そのもの。「マナ」が宿っているので過去の津波でも犠牲者が出なかったと言われるほどのパワースポットの1つです。この辺りからヒロ方面は雨の多い地域ですが、午前中に訪れると比較的お天気が良いようです。Tourist804428さんの口コミ
海も空も青くて、癒される場所。かならず天気が良い日に行って下さい。リラックスできますよ。かなりお気に入りのスポットです。SummerE63さんの口コミ

水量豊かな滝

ハワイ島の東側は雨量が多く、マイナスイオンが浴びられる天然の癒しスポットに恵まれています。ワイルク・リバー州立公園内の「レインボーフォールズ」もそのひとつ。太陽の光によって滝の水に虹がかかるチャンスがあるので、その名が付いています。

投稿者:DavidGatzka

天気の良い日の午前中に虹が見えると聞いて、行ってみました。写真ではちょっとしか写らないけど、肉眼ではしっかり見えました。ヒロの街からも近いし、駐車場からあまり歩かずに滝を見られるので、お勧めの場所です。Relax803475さんの口コミ
雨が続くと滝の水量が増してとても迫力があります。晴れると時間によっては虹を期待できます。なので、雨が続いてぴかっと晴れたというタイミングに合うと迫力のある滝とそれに架かる虹を堪能できます。niyan91さんの口コミ

アカカ・フォールズ州立公園では落差約134mのアカカの滝と、小さいながらも美しいカフナの滝を見ることができます。滝までの道のりはゆったりとした上り坂ですが、舗装されているので比較的歩きやすいハイキングコースになっています。道中、緑の濃い熱帯雨林が生い茂り、公園全体が生命力に満ち溢れています。

投稿者:niyan912018

滝まで階段を降りて約5分程度歩きます。そのまま戻らずにぐるっと森の中を歩くとプラス15分ほどでしょうか。珍しく花や木、ゲッコーなども顔をだし、滝のみの往復でなくプラスの散歩がオススメです。mahalo-akiさんの口コミ
アカカの滝は落差が大きいので遠くからみるだけになるが、そこに行くまでの様々な熱帯植物もじっくり見る価値がある。鳥も何種類か声は聞こえたが、姿は見えなかった。eastendmiddleさんの口コミ
話題沸騰中! ハワイ島のグルメみやげをチェック

1)コナ・コーヒー

赤道の南北緯度25度以内にある地帯はコーヒー豆栽培に適した「コーヒーベルト」と呼ばれ、ハワイ島は雨量、日照時間、気温、土壌など諸条件が揃った絶好の島。なかでもコナ地区が世界的に知名度が高く、農園が密集する地域は「コナ・コーヒーベルト」の名で親しまれています。生産量は世界のコーヒー生産量の 1%以下という希少なコナ・コーヒー。ハワイ州政府による厳しい品質管理のもと、常にハイクオリティの商品が出荷されています。

投稿者:Hitoshi

「UCCハワイコナコーヒー エステート」は、UCC上島珈琲の直営農園。コナ地区フアラライ山の裾野に位置しており、総面積16ヘクタール、およそ1万8千本ものコーヒーの木が栽培されています。農園では無料の見学ツアーと有料の焙煎体験ツアーのほか、季節限定で収穫体験ツアーも用意されています。特に生豆の状態から自分好みにローストできる焙煎体験ツアーはリピーターにも人気です。

投稿者:mmirodori

厳しい品質管理がされた上島コーヒー農園。見学は無料で、試飲・直売所での購入もできるとあって、コーヒー好きにはたまらない。残念ながら収穫時期は終了していましたが、日本語で説明も聞け、農園も散歩させていただきました。コーヒー豆のチョコレート菓子も美味しかったです。Trail806447さんの口コミ
ネット予約して、朝一番の焙煎体験&農園見学ツアーに参加しました。あいにく小雨が降っていたのですが、コナコーヒーの価値や樹木のことを丁寧に解説いただいた後で焙煎体験。焙煎工程は火が伴うので大人の作業でしたが、焙煎後の冷却や袋詰めは6歳と4歳の子供達ができたので、親子揃って楽しめました。BURNABYSUさんの口コミ
 

UCCと並んで、日本人になじみあるのが「ドトールコーヒー ハワイ農園 マウカ・メドウズ」。海側の「マウカ・メドウズ・オーシャン」と山側の「マウカ・メドウズ・マウンテン」を合わせると、東京ドーム16個分に相当する広大なコーヒー・プランテーションをドトールが所有しています。

投稿者:satoru61

単なるコーヒー農園ではなく、ここはボタニカルガーデンの要素も併せもっています。南国らしい花々が咲き乱れ、なかには自由に食べられるフルーツも。ガーデン散策後は、見られる絶景とともに自慢のコーヒーを味わいましょう。

投稿者:michan0609

道から入ると直ぐに駐車場が有り、坂を下りながら果樹園の中を散策します。コーヒーの木の他に、バナナ、アセロラ、ライチ、グレープフルーツ、パパイヤ、スターフルーツなどが有り、季節に応じて食べられます。最後に綺麗な海が見られる場所でコナコーヒーの試飲ができます。コナコーヒーはあっさりとした味です。そこではコナコーヒーを購入する事も出来ます。最後は車で駐車場まで送ってくれますよ!Sunshine684937さんの口コミ
あまり長い時間はとらないので、ちょっと空いた時間に行けると思います。ただ、午後は雨が降りやすいそうなので、行くなら午前中がお勧めです。TakeruS10さんの口コミ
 

大きな商業農園とは一線を画す、家族で経営しているアットホームな農園もおすすめです。「村松小農園(英語ではPine Village Small Farm)」は日本人がオーナー。ひとつひとつ手摘みで収穫された豆を使用したオーガニックコーヒーは格別です。予約制のファームツアーの後に、まるでカフェのようなテラス席で至極の一杯味わうことができます。

投稿者:king_smurf

プライベートツアーで連れて行ってもらった日本人のご夫婦が営むコーヒー農園。街中の気温や湿度とは少し違っていて緑の中で飲むコーヒーとほろ苦いチョコレートは格別でした。ハワイ島のここでしか買えないそう。日本に帰って大切に飲んでいます。ccdenwaさんの口コミ
日本人が経営してる小さなコーヒー農園です。全てオーガニックで栽培されているらしく、量に限りがあるので、お土産に買って帰る方は事前に予約した方が良いです。4oz 8ozの袋と、oneドリップパックが有ります。私はコンドミニアムに宿泊するので、初日に空港から直行!滞在中用も購入して、毎朝美味しいコーヒーを飲んで過ごします!コーヒー農園でも、美味しいコーヒーを頂けます!Keiko Sさんの口コミ

2)カウ・コーヒー

コナ地区以外にも、ハワイ島ではコーヒー豆栽培が行われています。近年、脚光を浴びるようになったのがマウナ・ロアの東側に位置するカウ地区。同じ島ではあるものの、コナと地質が違うため、まったく味わいの異なる豆ができるのだそう。

知名度の高いカウ・コーヒーのひとつが「カウ・コーヒー・ミル」。直営のショップを訪れるだけでなく、1日3回開催される無料の農園ツアーで、カウで栽培されるコーヒーの知識を深めることができます。

管理者提供の写真

日曜日もオープンしていて、売っているコーヒー豆全部が試飲できる嬉しいショップでした。色々なコーヒーを飲み比べて、自分好みのコーヒー豆を買う事が出来ました。試飲用とは別に、テイクアウト用の大きいカップも売っていてドライブ中に飲む分も買えました。農園を見ながらコーヒーを飲めるスペースも有り、至れり尽くせりなコーヒー農園でした。hiro_jp19さんの口コミ
最初に訪れた頃はパッケージにデザインもない袋でした。徐々に展開しており、今では、ツアーの中に入っていたり、コナコーヒーの横に置かれているお店が増えました。カウのウォシュド(焙煎前に洗っている)は、より澄んだ感じを味わえると思います。Freedom810062さんの口コミ

3)マカダミアナッツ

ハワイのおみやげの超定番といえばマカダミアナッツ。なかでもハワイ島産100%の上質なナッツにこだわっているのが、コハラコーストの「ハマクア・マカダミアナッツ・カンパニー」です。

シンプルな塩味はもちろん、お酒がすすむわさび味やしょうゆ味、ハワイらしいスパム味などフレーバーがとにかく豊富なので、試食をしながらお気に入りの一品を探してみましょう。

投稿者:ctm7944

直売所限定のお楽しみ、マカダミアナッツ味のアイスクリームも忘れずに!

投稿者:sorcerer_mickey

マカダミアナッツの加工品が豊富なナッツ工場です。工場見学もガラス越しにできます。試食できるナッツ類も豊富。コーヒーもいただけます。駐車場横のナッツの空の山がすごい!M Tさんの口コミ
アイスクリームはシングルで$3.95でしたが、ワッフルコーンの先っちょまでアイスクリームがぎゅうぎゅうに詰まってて(詰めてくれて…?)シングルとは思えないボリューム!マカダミアンナッツのアイスクリームを注文しましたが、すさまじい量のマカダミアンナッツが入ってました。今まで食べたことのある倍と言っても過言ではない!ハワイ島に行ったらまた食べに行きます!coron4さんの口コミ

4)はちみつ

養蜂が盛んなハワイ島では、はちみつも特産品のひとつ。無添加のオーガニックはちみつを生産している「ビッグアイランド・ビーズ」は、ハワイ通の間でよく知られたブランドです。西海岸キャプテン・クックにある工房にて、島の原生種であるオヒアレフアをはじめ、全種類のはちみつを試食することができます。非加熱&無ろ過のはちみつは、おみやげにも最適です。

投稿者:RoundWeGo2NFro

蜂蜜ができる工程を見せて頂けます。蜂蜜は全種類のフレーバーを説明を受けながら試食できます。4つの大きさがあり、一番小さいのは、ホテルのbreakfastに使うようなサイズです。空港や他のお店でも置いてありますが、私が見た限りではここで買うのが安いです。Freedom810062さんの口コミ
 
以前からお土産として買ってた蜂蜜工房が気になって行って見ました。入ってすぐスタッフが全て味見をさせてくれて、日本語を混じえながら店内の説明もしてくれました。スタッフがとても優しくフレンドリー(押売り感も全く無し)。全て美味しい蜂蜜でしたが、個人的なお気入りはハニー&シナモン!蜂蜜好き、お土産に困ってるなどあれば是非行ってみて欲しいお店です。k705さんの口コミ

Big Island Bees

バブル評価 5 段階中 5.0
1位:キャプテン クックのショッピング10件中

5)ビッグアイランド・キャンディーズのショートブレッド

今やオアフ島でも買えるようになりましたが、「ビッグアイランド・キャンディーズ」はリピーターにも根強い人気があります。バターをふんだんに使用したショートブレッドは万人に受ける定番商品。さらに季節ごとに限定パッケージが登場するので、つい買いすぎてしまう人も続出だとか。ヒロの本店では工場見学もできるので、丁寧な手作業で作られる現場をぜひ見ていきましょう。

投稿者:lovesmicronesia

ハワイ島を訪れる際必ず伺います。試食もさせていただけるので帰って失敗した!ということがないので安心して購入できます。個人的にはホノルルクッキーよりすきです。hittonyさんの口コミ
ハワイ島のお土産といえば、間違いなくここのショートブレッドです。種類も豊富ですし、気になるものがあれば試食できます。バターの味がしっかりして、さっくり美味しいです。特に私が好きなのが、レモンのショートブレッドです。さっぱりしていて夏におススメです。ショートブレッドの中にはチョコレートがディップしてある種類もありますが、溶けてしまうので夏のお土産には不向きです。kabochanonitsukeさんの口コミ

6)アワビ

ワイキキのファーマーズマーケットにも出店している人気のアワビの養殖場「ビッグアイランド・アバロニ」は、ハワイ島のコナにあります。活アワビや缶詰めの直売のほか、試食付きの養殖場見学ツアーも催行しています。コンドミニアムに滞在する旅行者は、ここで買い物をしてから宿へ向かう人も多いようです。

管理者提供の写真

空港近くなのでコンドミニアム行く前に立ち寄って購入します。宿泊先の庭でBBQ風にして食べたり刺身でもコリコリしていて本当に美味しいアワビです。料金も安くはないが日本と比べればリーズナブル。スタッフも日本の方なので購入しやすいです。tubutubu723さんの口コミ
 
大きさで料金が異なるようで大きすぎず、小さすぎずの手頃な大きさの$4のアワビを5個購入しました。シンプルにホイル焼きにしました。身が柔らかく美味しい上に驚いたのは何の味付けをしなくても十分に美味しかったことです。ハワイ島に行ったらまた買いに行きます!Mutsuko620さんの口コミ
 

7)バニラ製品

通なおみやげを探したい人は、ハワイ島産のバニラはいかがでしょうか?ハマクア・コーストの「ハワイアン・バニラ・カンパニー」は、アメリカで唯一のバニラ農園。併設されたギフトショップではお菓子作りに欠かせないバニラエッセンスはもちろん、バニラを使った菓子やフレーバーティー、バニラの香りのコスメなどが購入可能です。予約制でランチ付きのファームツアーも開催されています。

投稿者:dahlia8

レンタカーで行ってきました。建物、お店の中もとても可愛らしいお店でした。バニラの紅茶、コーヒー、バニラエッセンス、リップ、ボディーローションなど女性が好きそうなアイテムが揃っています。レストランも併設されていて、バニラをつかったお料理が食べられます。ただ、とても山奥というか、かなり不便な場所で、カーナビがあったとはいえ、雨も降ってきて、かなり心細くなりました。Storyteller807245さんの口コミ

いかがでしたか?雄大なハワイ島は無限大の魅力を秘めています。まずは実際に足を運んで、スケールの大きな自然を体感してみてください。

■もっとハワイ島について知りたい方はハワイ州観光局公式ポータルサイトallhawaii.jpへ!

この記事に関するタグ

話題の記事