PR

九州で絶対食べたいご当地グルメ&人気名店 21選|県ごとに厳選

旅行の楽しみの一つといえば、本場のご当地グルメを味わうことではないでしょうか。近年では、東京や大阪などの大都市でも味わうことができるようになりましたが、その地域の歴史や文化、人々の暮らしの中から生まれてきたご当地グルメは、本場で食べるとひと味もふた味も違うものです。今回は、ANAが日本全国の魅力を発掘していく「Tastes of JAPAN by ANA」とトリップアドバイザーのコラボ企画として、九州にある7つの県のご当地グルメと各地の人気店を、の口コミをもとに紹介します。

Tastes of JAPAN by ANA

「Tastes of JAPAN by ANA」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2018年6月~11月は九州を特集します。その他九州の観光情報はこちらからご確認ください。
 

福岡県の人気ご当地グルメ

博多うどん

うどんは、麺の太さやコシの強さ、ツユの種類など、地方によってさまざまですが、その発祥は福岡県といわれています。福岡のうどんの特徴は、コシがなくてふんわりと柔らかい麺、トビウオやイリコなどを使ったすっきりとした味わいのツユにあります。また、ゴボウの天ぷら「ごぼ天」をトッピングするのが定番です。

口コミのおすすめ:うどん平

厨房内の機械で製麺したばかりのうどんをすぐに茹でて提供しています。ごぼ天と牛肉をトッピングした「肉ゴボウ」が人気メニューです。

投稿者:Kayc

投稿者:Jenny D

博多に出張で行ったら必ず開店前から並んで食べています。私のお勧めは肉ごぼう天うどんとえび天ですが、まず真っ先にえび天が売り切れるので、要注意です。私は肉ごぼう天をよく食べます。博多のやわらかな麺に優しいだしはとても美味しいですよ。かしわご飯もお勧めですよ。グルメ男さんの口コミ
博多ラーメン

豚骨を強火で長時間炊き上げて作る、白濁のこってりスープと、ストレートの極細麺が特徴のラーメンです。麺はボリュームが少ないのが一般的ですが、その代わりに、麺だけをおかわりする「替え玉」ができます。具は、チャーシューとネギが基本で、店によってキクラゲやノリなどが加わります。卓上にある白ごまや紅ショウガ、辛子高菜などを好みでトッピングしましょう。

口コミのおすすめ:博多 一双

ラーメン激戦区の博多で、行列ができる人気店です。こだわりの豚骨スープが評判で、濃厚でありながら臭みはなく、すっきりとした後味です。

投稿者:トリップアドバイザー チャイナの会員

投稿者:Atsuko Takagi S

味、場所どちらも最高にいいお店。博多駅からも近く行きやすかったです。お腹いっぱいでの訪問でしたが全く気にならず美味しく頂きました。替え玉したいぐらい美味しかったです。erimakimakiさんの口コミ
もつ鍋

牛や豚の内臓(モツ)をキャベツやニラなどの野菜と一緒に煮込んだ鍋料理です。福岡では、第二次世界大戦後に、モツとニラをアルミ鍋に入れて醤油味で煮たものがルーツだとか。現在では、醤油や味噌、塩味など多彩な味つけのもつ鍋を用意している店が多く、シメにちゃんぽん麺やご飯を入れるのが定番となっています。

口コミのおすすめ:博多もつ鍋 やま中 赤坂店

やま中は、もつ鍋専門店として高い人気を誇る名店。本店と赤坂店があり、赤坂店はホテルのような高級感あふれる店内で、高校生未満は入店不可です。

投稿者:goeunl2016

投稿者:Juliehaw

『もつ鍋』を提供するお店?と思うほど、高級感漂う店内でした。店員さんオススメの味噌もつ鍋を注文。
これが本当に絶品でした。モツの量も多く、とても満足です。酢モツも美味しかったです!bear918さんの口コミ

佐賀県の人気ご当地グルメ

呼子のイカ料理

佐賀県北部に位置する唐津市呼子は全国に知られる“イカの町”。玄界灘の荒波と黒潮に育まれた「ケンサキイカ」が名産で、その上品な甘みとコリっ、プリっとした食感は天下一。3~11月に呼子港で水揚げされ、朝市や料理店では透明度抜群の「活造り」をはじめ、いかしゅまいやいかげそ天、いかバーガーといった絶品イカ料理を味わうことができます。

口コミのおすすめ:河太郎

中州に本店を置く活造りの専門店です。漁港近くにある呼子店では、新鮮なイカを楽しめるよう店の中央に生簀を置き、鮮度をキープ。

投稿者:zuboradego

投稿者:hir0shij

運転さえなければこれほどいい肴はないでしょうに。何杯でも食べれます。刺身を頂いたあとの天ぷらがこれまた絶品。揚げたてってことも加味するでしょうが、塩で食べると、ありきたりな言い方ほっぺたが落ちてしまいます。うにあつさんの口コミ
温泉湯どうふ

温泉湯どうふとは、1300年以上の歴史をもつ嬉野温泉地区に古くから伝わる郷土食。一般的な湯豆腐とは異なり、豆腐を嬉野温泉水を使って炊き上げます。すると温泉成分によって豆腐の表面や角が溶け出し、とろけるような食感に。まさに大豆の名産地でもある佐賀独自の豆腐料理。シンプルに醤油を付けて食べるのが基本ですが、大豆の旨味が溶けた白濁スープに野菜や魚介を入れ、鍋のようにしていただくのが地元流です。

口コミのおすすめ:宗庵よこ長

嬉野温泉街にある温泉湯どうふ発祥の店。嬉野産大豆100%の自家製木綿豆腐を使用した温泉湯どうふを堪能できます。

投稿者:しちー

投稿者:Seulki L

温泉の力。とろとろと温泉に溶け出すお豆腐。角が取れ、穴が空き、次第に原型をとどめなくなっていく。湯豆腐は大好きで、寒い冬の間は毎日でも飽きないが、嬉野の温泉湯豆腐ならば夏場でもありだ。しちーさんの口コミ
シシリアンライス

昭和50年頃、佐賀市中心部にあった一軒の喫茶店から生まれたご当地グルメ。お皿に温かいライスを敷き、その上に炒めた肉と生野菜サラダを盛り付けて、最後にマヨネーズをかけるというハイカラな一品で、今では市内のカフェやレストランで気軽にお腹を満たせるワンプレートメニューとして定着。温泉玉子をのせたり、オリジナルソースをかけたりと、店によってさまざまなアレンジを楽しめます。

口コミのおすすめ:さがんれすとらん志乃県庁店

佐賀県庁の最上階にある展望レストラン。地元産の新鮮野菜を米が隠れてしまうほど盛り付けたシシリアンライスが人気です。

投稿者:アキラ88

投稿者:pyoncibita

名物メニューはシシリアンライス1080円です。初めていただきましたが、ご飯の上に佐賀牛(ソテー)と温泉卵。さらにサラダのような各種野菜を乗せてあります。マヨネーズソースでいただくことになります。マヨネーズソースがおとなしい味付けで、あっさりした感じです。よく混ぜていただくと、意外に美味しいものでした。joey931213さんの口コミ

長崎県の人気ご当地グルメ

長崎ちゃんぽん

明治時代から親しまれてきた長崎のソウルフード。長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」が全国展開されていることもあり、一度は口にしたことがある人も多いはず。基本のレシピは、鶏ガラや豚骨から出汁をとったスープに、たっぷりの野菜やエビ、豚肉、ピンクのかまぼこなどを炒めた具材、そして唐灰汁というかん水を使用した独特の中太ストレート麺、この3大要素を文字通り“ちゃんぽん(混ぜ合わせ)”したものです。

口コミのおすすめ:四海樓

創業明治32年、長崎ちゃんぽん発祥の中華料理店。店舗2階には四海樓とちゃんぽんの歴史がわかる資料館も併設しています。

投稿者:kapio_machan

投稿者:amichama

ANAクラウンプラザに宿泊したところ、目の前に立派なビルがそびえていて、四海楼さんでした。言わずと知れた人気店のため、平日の開店すぐに行ったのにかなりの列ができていました。お味も眺めもいいですが、列が途切れないのでゆっくりはできないと思います。シャム猫さんの口コミ
佐世保バーガー

長崎県北部の港町に位置する佐世保市は、戦後、米海軍基地の街として栄えてきました。そのとき駐留していた米軍が自国のソウルフードであるハンバーガーのレシピを伝えたのが発祥とされています。地元食材をふんだんに使用した佐世保バーガーはいわば、日本のご当地バーガー界の金字塔であり、ボリューム感や出来たての美味しさにもこだわった“グルメバーガー”ブームの先駆け的料理です。

口コミのおすすめ:佐世保バーガー ビッグマン 佐世保京町本店

名物は自家製ベーコンと長崎ブランド「太陽卵」をはさんだ元祖ベーコンエッグバーガー。佐世保バーガー提供店の中で不動の人気を誇ります。

投稿者:FoolishSenpai

投稿者:みっなり

初めて佐世保バーガーを食べました!店内は満席、テイクアウトも並んでいるくらい人気のお店でした!1番ノーマルのものを頼んだのですが、十分大きく食べ応えがありました!!美味しかったです!トリップアドバイザー・メンバーさんの口コミ
カステラ

長崎みやげの大定番。16世紀にスペイン・ポルトガルから伝来してきたカステラは、長崎で進化を遂げ、日本全国に広まりました。卵、砂糖、小麦粉、水あめを混ぜて焼き上げただけのシンプルなお菓子ですが、ふくよかな卵の香りにしっとりとした生地、底にたまったザラメの食感など、伝統の味を受け継ぐ本場のカステラは、貰って嬉しい、食べて美味しい逸品です。

口コミのおすすめ:福砂屋 長崎本店

1624年(寛永元年)創業のカステラの老舗。きめ細やかな生地と上品な甘さが特徴で、職人が毎日丹精込めて手作りしています。

投稿者:sarrouel

投稿者:erikamix

市内には数多くのカステラの店がありますが、長崎県民が必ず手土産として選ぶのが福砂屋のカステラです。中でも本店のカステラは本店内で焼き上げるので、焼きたてのしっとりとして濃厚なお味です。hiro4220さんの口コミ

熊本県の人気ご当地グルメ

馬刺し

日本には馬肉を生で食べる習慣が伝わる地域が数カ所あります。その一つが日本一の馬肉生産量を誇る熊本県。馬肉専門店も数多く、鮮度抜群の馬刺しを味わうことができます。牛肉と同じように馬肉にも部位があり、コラーゲンたっぷりのコウネ(タテガミ)や、コリコリとした歯触りのフタエゴなど、馬肉特有の部位も馬刺しでいただけます。

口コミのおすすめ:馬肉料理 菅乃屋上通店

阿蘇に自社牧場を有し、馬肉の鮮度と品質の高さは折り紙つき。馬刺しの盛り合わせをはじめ、寿司やしゃぶしゃぶなど、多彩な馬肉料理を楽しめます。

投稿者:ひろりーん

投稿者:bucchin

せっかくの熊本旅行なので、馬肉料理をいただきました。コースを注文。前菜、馬刺し、煮物、鉄板焼、握りのすべて美味しかった。刺身と鉄板焼は盛り合わせで複数の部位を食べ比べできます。713mikanさんの口コミ
太平燕

太平燕(タイピーエン)は、ジャガイモや緑豆のデンプンから作った春雨を使った麺料理です。中国の福建省から九州に渡ってきた華僑の人が営む中華料理店のまかないとして誕生したといわれています。キャベツやイカ、エビ、タケノコ、キクラゲなどの具材もふんだんに加わり、栄養バランスが良く、カロリーも低い料理です。

口コミのおすすめ:紅蘭亭 下通本店

80年以上続く老舗中華料理店です。下通にある本店は現在工事中ですが、上通にあるこちらの店で太平燕を食べられます。豚骨と鶏ガラのダブルスープが特徴です。

投稿者:gotrip2018

投稿者:2ji3

色々と美味しそうな中華料理がありましたが、今回の目的は「大平燕」です。店員さんのおススメで牡蠣入りをオーダーしました。春雨の麺はツルッツルでサッパリです。でもスープが色の割にはしっかりとした味付けで飽きません。healloydさんの口コミ
いきなり団子

いきなり団子は、サツマイモとあんこを小麦粉で作った生地や餅に包んで蒸したお菓子です。近年では、生地にヨモギやムラサキイモを加えたものや、冷やして食べるものなど、変わりダネも登場しています。「いきなり」という名前には、熊本の方言で「そのまま」や「簡単に」といった意味があります。また、急な来客の際に、手近な材料で団子を作ったことから名付けられたという説もあります。

口コミのおすすめ:いきなりやわたなべ 本店

ひとつひとつ手作りしているいきなり団子を販売。厚切りしたサツマイモと粒あんを、ほんのり塩味をきかせたモチモチの生地で包んでいます。

投稿者:ヤエヤマホタル

黄色いさつま芋餡に小豆のつぶ餡の甘さが加わり、されど和菓子ならではのしつこくない甘さだけに何個でも食べられるのが特徴です。お店で食べるアツアツの団子はお土産用とは別格の旨さですが、冷凍保存してからラップをかけて電子レンジで温めても遜色なく食べられます。レンジの前に水を潜らせるのがお店の方から教えて頂いた秘訣です。へぼ獣医さんの口コミ

大分県の人気ご当地グルメ

琉球丼

沖縄料理のように思われがちな「琉球丼」ですが、れっきとした大分の郷土料理。大分名産の新鮮なアジやサバ、ブリなどの刺身を、醤油にゴマやショウガなどを加えたタレに漬け込み、ご飯の上にのせたものです。名前の由来には諸説ありますが、ゴマを使った調理法である「利久和え(りきゅうあえ)」から名付けられたという説も。

口コミのおすすめ:二代目与一

厳選した素材を使った和食の店。新鮮なアジに醤油ベースのタレがしみ込んだ琉球丼は、口の中で旨みとシソの風味が広がります。

投稿者:tsuyokam

投稿者:TripperBAKI

ガイドブックを見て一目惚れ、吉幾三の豆腐の歌ではありませんが、夢にみる前に食べられてよかったぁ。しかもこれがとびきり美味しい!!難を言うなら量が上品、2つ食べたい位美味しい後ろ髪を引かれる思いでお店を後に。お店から徒歩圏内の宿泊だったとしたら、間違いなく夜も足を運んでいたと思うくらい琉球丼が美味しかった!ナミキさんの口コミ
とり天

大分で半世紀以上も愛されている「とり天」は、まさに大分県民のソウルフード。基本的なとり天は、下味をつけた鶏肉に衣をつけて揚げ、酢醤油と練りからしのタレで食べます。見た目はから揚げのようですが、衣の食感は、フワッとしていたりカラッとしていたり、お店によってバリエーションはさまざまです。

口コミのおすすめ:レストラン東洋軒

とり天発祥の店。定番の酢醤油はもちろん、タレを付けずにそのまま食べてもおいしく、ご飯にもビールのおつまみにもぴったり。

投稿者:別府

投稿者:あれクス

とり天発祥の地と言われていて、15時前に行ってもすごい行列でした。とり天定食を注文しました。唐揚げよりもあっさりとしていて、味がしっかり染み込んだとり天がとても美味しかったです。トリップアドバイザー・メンバーさんの口コミ
日田焼きそば

大分県日田市のご当地グルメ。豚肉、モヤシ、ネギなどの具を炒め、ソースを絡めますが、普通の焼きそばと違うのは、その焼き方。熱々の鉄板の上で、麺の一部がこんがりきつね色になるほど、硬めに焼き上げます。パリパリの食感とソースの香ばしさは、一度食べればやみつきになるほどのおいしさです。

口コミのおすすめ:みくま飯店

日田焼きそばの人気店。生麺を使用しているため、強火で焼き上げると外はカリカリ、中はモチモチ。モヤシもたっぷり入っています。

投稿者:wai w

投稿者:トリップアドバイザー・メンバー

パリパリの麺とシャキシャキのもやし、濃厚なソースの焼そばです!11時オープンと同時に行列が出来る人気の日田やきそばのお店です。美味しかった!トリップアドバイザー・メンバーさんの口コミ

宮崎県の人気ご当地グルメ

チキン南蛮

“宮崎といえば鶏”を代表する郷土料理の一つがチキン南蛮。鶏肉の唐揚げと甘酢のコラボが絶妙なチキン南蛮は、酒の肴にもご飯のお供にもピッタリで、その人気はもはや全国区。宮崎には「チキン南蛮といえばココ!」といわれる店が2件ありますが、違いはタルタルソースの有無。いずれもチキン南蛮発祥の店といわれているので、ぜひその味を堪能してみてはいかがでしょうか。

口コミのおすすめ:おぐら本店

タルタルソース掛けのチキン南蛮を考案したといわれる老舗。具だくさんでマイルドな自家製タルタルソースの味は絶品です。

投稿者:duo d

投稿者:kaori-1984

チキン南蛮をきちんと食べたことはなかったので、サクサクに揚がった唐揚げにタルタルソースがかかった物だと勝手に思い込んでいたら全然違いました! 揚げたチキンをタレにしっかりと漬けているのかチキンはしっとりふわふわ。見た目は濃そうに感じましたが飽きることなく頂けました。amAchocoさんの口コミ

口コミのおすすめ:直ちゃん

チキン南蛮の元祖の一つ。甘酢だれをからめたチキンカツのようなチキン南蛮は、サクサクの食感がクセになります。

投稿者:Lena K

投稿者:ryohemi

まず驚いたのはチキン南蛮といえば定番のタルタルソースが掛かっていないんです。運ばれてきたときは付け忘れかとも思っちゃいましたが、そうでないみたいです。タルタルの無いチキン南蛮もありです。決して他店では味わえない物だけに思わず2日連続で足を運んでしまいました。寝ても覚めてもまさまささんの口コミ
もも焼き

数々のメニューが自慢の宮崎の地鶏料理のなかでも、調理法も見た目も特に豪快なのがもも焼きです。ブロック状にカットした鶏肉を炭火で焼くもも焼きは、煤のついた黒っぽいビジュアルが特徴。立ちのぼる煙にいぶされた炭の香ばしさ、歯ごたえのある食感、見た目からの想像を裏切るジューシーな味わいが真骨頂の名物料理です。肉と相性抜群の柚子胡椒をお供に召し上がれ。

口コミのおすすめ:元祖焼鳥 丸万本店

もも焼きの元祖といわれる名店で、切り込みを入れた骨付きの鶏もも肉を備長炭で一気に焼き上げた、ワイルドな見た目が印象的です。

投稿者:雄大 渋

有名店ということで行ってみました。店は狭く、満員で入れない人も。メニューはもも焼き、たたきを注文しましたが、今まで食べた鶏のなかで一番おいしかったです。erika.y_11さんの口コミ
冷汁

具がたっぷり入った冷たい味噌汁をご飯にかけた冷汁は、宮崎県から全国に広まったといわれます。忙しい時でも簡単に作ることができ、塩分や水分を適度に取れ、さらに栄養満点の冷汁は、暑くて食欲のない夏を乗り切るには欠かせない郷土料理。それぞれの家庭で趣向を凝らした独自の味がありますが、飲食店はもちろん、ホテルの朝食ビュッフェでも定番です。

口コミのおすすめ:ぐんけい隠蔵

名物の地鶏を中心に、宮崎の郷土料理全般を味わえる居酒屋です。食事の〆を飾るならさっぱりした冷汁がおすすめです。

投稿者:tskbntravel

投稿者:koji k

初めての宮崎で、到着した夜にお邪魔しました。もちろん、もも焼きも初めてで柚子胡椒との相性も抜群でおかわりをしました!他にも、チキン南蛮・つくね・たたき・とりの刺身等全て美味しかったです!〆の冷汁は最高でした。kaeshin1さんの口コミ

鹿児島県の人気ご当地グルメ

鹿児島ラーメン

九州のラーメンといえば、豚骨白濁のスープが特徴的ですが、「鹿児島ラーメン」は、九州のラーメン界においては異端児。豚骨ベースのスープですが、豚骨に鶏ガラや野菜などの旨みも加わり、意外にあっさりしています。お店によって個性豊かなアレンジが加わるので、いろいろな店で食べ比べるのもおすすめです。

口コミのおすすめ:豚とろ ラーメン

「豚とろラーメン」が看板メニュー。中太の麺に豚骨ベースのスープが絡みます。特に、口の中でとろけるチャーシューは絶品。

投稿者:ohlucky

投稿者:chabose55

濃い豚骨によくある後に残る臭みはなく、食べやすい。また、小盛もあるので観光で食べ過ぎのお腹でも食べられます。もう何回か食べてみたい味でした。豚の角煮さんの口コミ
黒豚しゃぶ

全国的にも知名度の高い銘柄豚「かごしま黒豚」。黒豚を使った料理のなかでも、しゃぶしゃぶは地元で大人気。時間をかけてじっくり育てられたかごしま黒豚の肉質はやわらかく、旨みがたっぷり。ダシにさっとくぐらせて、好みのタレでいただきます。しゃぶしゃぶすれば余分な脂もとれるので、いくらでも食べられそう。

口コミのおすすめ:黒豚料理 あぢもり

黒豚料理専門店で、黒豚しゃぶの元祖。黒豚のおいしいさを生かすためタレは使わず、スープにくぐらせ、生卵に絡めて食べます。

投稿者:FancyGlobeTrotter

投稿者:chabose55

こちらのしゃぶしゃぶは溶き卵につけて出汁の味でいただきます。食べる前はゴマだれやポン酢もあればと思っていたのですが、卵と出汁の味が絶妙で最後まで美味しくいただけました。NBasicさんの口コミ
しろくま

かき氷の上に練乳をかけ、たっぷりのフルーツや小豆などをトッピングした、鹿児島生まれの氷菓子です。いまや全国のコンビニやスーパーでも見かける夏の定番アイスですが、ぜひ発祥の地、鹿児島で本場の「しろくま」を味わってみたいもの。

口コミのおすすめ:天文館むじゃき

プリンやヨーグルト、チョコレートやストロベリーソースがのったものなど、本家しろくまならではの、豊富なメニューが揃っています。

投稿者:kaporingo

投稿者:PiggyC9

白熊を名乗るかき氷はたくさんあると思いますし、正直そんなに違いもないだろうと思っていたのですが。それが大違い!甘すぎず、どんどん食べ進められる味。氷もちょうどいい食感。かき氷の一つの頂点を味わった気がしました。冬だろうが男一人だろうが絶対に外してはいけない、そんな一品です。豚の角煮さんの口コミ

 

Tastes of JAPAN by ANA

「Tastes of JAPAN by ANA」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2018年6月~11月は九州を特集します。その他九州の観光情報はこちらからご確認ください。

 

九州の7つの県のご当地グルメをご紹介しましたが、いかがでしょうか。全国区のものから、これからブームの予感がするものまで、実にバラエティ豊か。九州にお出かけの際には、ぜひ本場の味を堪能してみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事