PR

中国地方で絶対に食べたい、ご当地グルメ&名店15選

日本海側の山陰と瀬戸内海側の山陽からなる中国地方は、地域によって地形や気候が大きく変わり、食材もバラエティに富んでいます。今回は、ANAが日本全国の魅力を発掘していく「Tastes of JAPAN by ANA」とトリップアドバイザーのコラボ企画として、中国地方5県(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)のご当地グルメと各地の人気店を、口コミをもとに紹介します。

 

Tastes of JAPAN by ANA

「Tastes of JAPAN by ANA」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2018年12月~2019年5月は中国・四国地方を特集します。その他の観光情報はこちらからご確認ください。

鳥取県の人気ご当地グルメ

牛骨ラーメン

古くから畜産が盛んだった鳥取県の中西部では、入手するのが簡単だった牛骨でダシをとったラーメンを提供する店が60年以上前からあったそうです。今では「鳥取牛骨ラーメン」の名で、広く知られるようになりました。

口コミのおすすめ:ラーメン幸雅(倉吉市)

牛骨を20時間以上煮込んで、コクとうまみを引き出したスープと特製ダレを使った、なつかしくて旨い「なつ旨ラーメン」が名物です。

投稿者:MayMayMay7

投稿者:養生館

見た目はアッサリして見えるが、味はコクがあって、かつ、しつこくない。値段のリーズナブルで、牛骨ラーメンにハマりそう。yut352さんの口コミ
松葉がに(ズワイガニ)

鳥取県の冬の味覚の王様といわれるのが、松葉がにです。松葉がには、成長したズワイガニの雄の山陰地方での呼び名で、雌は親がにと言われます。松葉ガニの漁期は11月上旬から3月で、茹でても焼いても食べ応え抜群です。

口コミのおすすめ:味暦あんべ(鳥取市)

ズワイガニの雌の「親がに」は、11月上旬から12月末までしか獲れない希少な食材。その身、内子、外子などをたっぷり使った「親がに丼」を求めて、行列ができます。

投稿者:rensuke

投稿者:しちー

親蟹丼3500円は約8枚分の親蟹のむき身、内子、外子、みそがご飯の上に乗っていました。親蟹の味噌汁はお代わり自由のサービスは嬉しい。身を取り出す手間を考えてもコスパは高いと思います。旬の時期に鳥取に行ったら親蟹丼はお勧めの逸品です。rensukeさんの口コミ
モサエビ

水深200~250mの深海にいるエビで、鮮度が落ちやすいため「幻のエビ」とも呼ばれていました。新鮮なものは刺身が絶品で、甘エビよりおいしいという人もいます。モサエビの旬は9月~翌5月です。

口コミのおすすめ:お食事処 峰(境港市)

その日の朝に境港港に水揚げされた新鮮な魚を食べられる食事処。定番人気の海鮮丼をはじめ、メニューが豊富に揃い、地元客も多い人気店です。

投稿者:babumanabu

投稿者:tsunglin2017

店内への案内は、1時間待ちがザラですが、広いお席に案内して頂け、お料理の提供もスムーズです。モサエビを初めて食しましたが、甘エビより甘みが強く 濃厚なお味でした。hirokosakamotoさんの口コミ

島根県の人気ご当地グルメ

出雲そば

出雲地方の代表的なグルメである出雲そばは、わんこそば、戸隠そばとならぶ日本三大そばの一つ。そばの実を殻ごと製粉するために見た目が濃く、香りが高いのが特徴で、「釜あげそば」と呼ばれる独特の食べ方が有名です。

口コミのおすすめ:献上そば 羽根屋 本店(出雲市)

江戸時代末期に創業した老舗で、大正天皇が好まれたことから「献上そば」の名で知られる名店です。割子(わりご)と呼ばれる朱塗りの丸い器を重ねて提供されるのが特徴です。

投稿者:penguin_p2p

投稿者:eightman0314

出雲市のそばといえばここだと思います。行く度に行ってますが、夏場の蕎麦の味が落ちる季節でもしっかりと美味しく、また、新そばの季節は特に美味しいですTravel813685さんの口コミ
宍道湖七珍料理

島根県東北部の宍道湖は、淡水と海水が混じり合う汽水湖で、魚介類の宝庫。一般的にスズキ、シラウオ、コイ、ウナギ、モロゲエビ、アマサギ、シジミの7種類の魚介を用いた“宍道湖七珍”は、豊かな湖が育んだ独特な味覚です。

口コミのおすすめ:川京(松江市)

宍道湖七珍はもちろん松江の郷土料理が、10種以上そろえた島根の地酒とともに、リーズナブルに味わえます。

投稿者:sugapapa

スズキの奉書焼き/投稿者:sugapapa

投稿者:待兼山

店の雰囲気も女将さんの対応も楽しく、最高の晩餐になりました。しかもリーズナブル。ひとりのお客さんには半量にしてくれるメニューもある。松江に行ったらぜひお立ち寄りを!sugapapaさんの口コミ
出雲ぜんざい

出雲地方の祭りで振る舞われた「神在餅」に由来するといわれるぜんざいは、いまでは出雲を代表するスイーツです。紅白の白玉団子が入った基本的な出雲ぜんざいのほか、抹茶ぜんざいや冷製ぜんざいなど、多くの種類があります。

口コミのおすすめ:日本ぜんざい学会 壱号店(出雲市)

出雲大社前に店を構えるぜんざい専門店で、古民家風の建物はレトロな雰囲気。「縁結びぜんざい」など、ユニークなメニューが人気です。

投稿者:yo_ul_jp

投稿者:mat_mak

お餅が香ばしく、小豆が大粒で、甘過ぎずとてもすきな味でした。もっとトロトロしたぜんざいが好きなのですが、こちらのはサラサラでしること言ってもいい感じでしたがとても美味しかったです。また出雲に来たら食べたいと思いました。mogu0687さんの口コミ

岡山県の人気ご当地グルメ

津山ホルモンうどん

農耕牛の飼育が盛んな津山地区で古くから食べられてきた、ホルモン入りの焼きうどん。味噌や醤油をベースとしたタレで、食べ応えある一品に仕上げています。各店、新鮮なホルモンを入手できるため、臭みやクセも気になりません。

口コミのおすすめ:橋野食堂(津山市)

創業以来受け継がれる秘伝のタレを使った味噌味のホルモンうどんは、市内50軒以上ある提供店の中でも特に人気。少し辛めで、酒のアテにもぴったりです。

投稿者:DA-GO-DA-NE

投稿者:ちかぼ

津山のB級グルメといえばホルモンうどん。その老舗の一番人気といえばこの橋野食堂です。休日には行列必死なので、少し時間をずらすといいでしょう。甘辛いたれとホルモンがうどんとしっかりからんでとてもおいしいです♪kojizmさんの口コ
おかやまデミカツ丼

揚げたてのとんかつと、洋風デミグラスソースがマッチしたご当地グルメ。歴史は古く、岡山市では、食堂やめん処の定番メニューとして85年以上親しまれてきました。カツをソースにくぐらせたり、キャベツを敷いたりと、店ごとに工夫もさまざま。

口コミのおすすめ:味司 野村(岡山市)

デミカツ丼の元祖。茹でキャベツを敷いたヒレカツもしくはロースカツに、初代店主考案の “ドミグラスソース”をかけた、伝統の味がいただけます。

投稿者:ykyk2014

投稿者:豚の角煮

ドミグラスソースカツ丼(ロース)を注文。カツがサクッと揚げられており、濃厚な味わいのドミグラスソースとマッチして、とても美味しくいただきました。また、ご飯とカツの間に茹でキャベツが敷かれており、ひと工夫されていると感じました。これが良いアクセントとなりご飯が進みます。Pioneer810630さんの口コミ
カキオコ

牡蠣が入ったお好み焼き「カキオコ」は、真牡蠣の養殖で知られる備前市日生の冬の名物です。水揚げ時期(10月下旬~3月頃)だけの限定メニューですが、冷凍牡蠣を仕入れる店なら夏でも食べることができます。

口コミのおすすめ:タマちゃん(備前市)

日生の牡蠣を約250ℊも使用した贅沢なカキオコが食べられる人気店。表面はカリッと香ばしく、中はジューシーな牡蠣がごろごろ入っています。

投稿者:SASABARA

投稿者:インテリげんちゃん

備前名物の「カキオコ」を食べられるお店です。カキオコはカキのお好み焼きで、地元で採れた新鮮なカキがたっぷりとお好み焼きに入っていて食べ応えがあります。カキはプリプリの食感で、とても美味しく頂きました。Venture803217さんの口コミ

広島県の人気ご当地グルメ

お好み焼き

小麦粉と具を混ぜて焼く関西風とは異なり、鉄板上にのばした生地の上に具材を重ねていく「重ね焼き」が、広島風お好み焼きの基本。大量のキャベツと中華麺が入っており、ボリュームはたっぷりです。

口コミのおすすめ:お好み焼 長田屋(広島市)

オタフクソースと共同開発した特製ソース、手作りの生麺など素材にこだわり、一枚一枚ていねいに焼き上げます。

投稿者:Seng Chia H

投稿者:its_CHANG

とても美味しくて、ボリュームたっぷりです!広島に行った時は、お好み焼き屋巡りをよくしますが、個人的に一番美味しいです。平和公園の横で、外国のお客さんも多く、楽しい雰囲気のお店です♪Wanderer652412さんの口コミ
尾道ラーメン

尾道ラーメンは、豚の背脂を浮かせたやや濃い目の醤油ベースのスープと、平打ち麺を使用し、ネギ、チャーシュー、メンマなどを乗せたシンプルな中華そば。瀬戸内ならではの海産物を使用するなど、店ごとに個性のある味が楽しめます。

口コミのおすすめ:朱華園(尾道市)

尾道ラーメンの元祖ともいわれる、尾道を代表する中華そばの名店。素朴ながら滋味深い尾道ラーメンの基本形が味わえます。

投稿者:あぁちゃん

投稿者:Anuvat C

東京から、ラーメン好きの義理の息子と行ってきました。平日にもかかわらず行列ができているのには、驚きました。昔ながらの中華そばという感じで素朴で懐かしい味でした。なんとなく癖になるラーメンですね。Compass810094さんの口コミ
あなごめし

うな丼のあなごバージョンともいえるあなごめしは、漁師めしの「あなごどんぶり」がルーツだとか。明治時代に「うえの」が宮島駅の駅弁として売り出して以後、宮島の人気グルメになりました。ご飯を覆い尽くすあなごの蒲焼の香りが、食欲をそそります。

口コミのおすすめ:うえの(廿日市市)

創業100年以上の老舗で、店内でいただく「あなごめし」はもちろん、お土産にも最適な「あなごめし弁当」も絶品です。

投稿者:koume2005_0621

投稿者:DollyLingLing

初めてあなごめしを食べました。ウナギとは違う美味しさがあった!毎年宮島に来ているのに、今まで食べていなかったことに反省!食べず嫌いは、やっぱり損しちゃうね!Tour668991さんの口コミ

山口県の人気ご当地グルメ

ふく料理(ふぐ料理)

山口県を代表する冬の味覚のふぐ料理には、刺し身の「てっさ」や、鍋料理の「てっちり」、さらに「ひれ酒」など多くの調理法があります。本場の下関市内では、高級といわれるふぐ料理を安くおいしく食べられる名店が軒を連ねます。

口コミのおすすめ:市場食堂 よし(下関市)

ふぐの市場として有名な唐戸市場の2階にある食堂です。ふぐをはじめ、水揚げ直後の鮮度抜群な海鮮料理が味わえます。

投稿者:猫旅2014

投稿者:nontaro

やっぱり、ここはフグでしょう。フグ定食を注文。目の前の市場から仕入れたフグ刺し、フグのから揚げ、フグの煮つけなど並び、とても美味しい。Pathfinder806617さんの口コミ
岩国寿司

岩国寿司は、名産のれんこんや穴子、錦糸卵などの具と寿飯を交互に重ね、人力で踏み固めて作ったもの。ちらし寿司で作った押し寿司のようで、見た目が華やか。江戸時代に岩国藩主に献上されたことから、「殿様寿司」とも呼ばれています。

口コミのおすすめ:平清(岩国市)

江戸時代に創業した老舗。錦帯橋の目の前にあり、食事をしながら錦帯橋はもちろん、背後の高台にそびえる岩国城をも望めます。

投稿者:Rikucchi

投稿者:Yumiko I

暮れなずみ時間からライトアップされていく錦帯橋、岩国城も見えるベストロケーションなお店でした。お料理は鰻料理、岩国寿司、ほか非常に豪華で景色とのマッチングが非常によかったです。岩国に来たらぜひ寄るべきお店ではと思いました。seapartsさんの口コミ
瓦そば

川棚温泉の名物「瓦そば」は、熱した瓦の上に、茶そばとともに牛肉や錦糸卵などの具材をのせ、つゆでいただく一風変わったそば。西南戦争時の戦場で、兵士たちが瓦の上で肉などを焼いていたという話からヒントを得たといわれています。

口コミのおすすめ:元祖瓦そば たかせ 本館・南本館・東本館(下関市)

瓦そばを考案したお店です。高級宇治茶を使用した茶そばは、瓦に接した部分がパリパリに焼けて、さまざまな食感が楽しめます。

投稿者:sugapapa

投稿者:akaka0711

瓦そばうな茶セットをオーダーし、待つことしばし…、熱々の瓦に茶そばがのせられてやってきました。蕎麦は淡白な味わいですが、もちもちして甘めのタレに合います。瓦に接している蕎麦はパリパリになるので、別の食感も味わえました。jw60さんの口コミ

日本海と瀬戸内海、関門海峡に囲まれ、どの県も海に面した中国地方は、一見地味ながらも美食の宝庫。ぜひ、自分好みの味を探してみてください。

Tastes of JAPAN by ANA

「Tastes of JAPAN by ANA」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2018年12月~2019年5月は中国・四国地方を特集します。その他の観光情報はこちらからご確認ください。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。