PR

歴史の宝庫!東海・北信越地方の名城18選

戦国武将たちにより築城された数々の名城が残る東海・北信越地方。お城は、地形や役割、城主の趣向などにより、さまざまな形に造られています。今回は、ANAが日本全国の魅力を発掘していく「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the Regions-」とトリップアドバイザーのコラボ企画として、東海・北信越地方9県(新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)の人気のお城を紹介します。

Tastes of JAPAN by ANA -Explore the Regions-

「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the Regions-」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2019年6月〜11月は東海・北信越エリアを特集します。その他東海・北信越の観光情報はこちらからご確認ください。

新潟県の城

新発田城(新発田市)

1598年に築城し、1668年に大火災で焼失した城です。石が隙間なく積まれた「切込はぎ」という石垣の積み方の技法と、雪国ならではの白いなまこ壁が特徴です。

投稿者:うつくん

この城は、交通の便利さから平地に建てられ、堀や石垣に囲まれています。かつては11棟の櫓と5棟の門が並んでいました。天守閣の代わりとされた三層櫓も独特で、3匹の鯱が配置されているのは、全国でもここだけ。

投稿者:かねやまクラブ

新潟県の桜を巡り立寄ったのが新発田城址公園市内のど真ん中にあり重要文化財の表門、隅櫓が出迎えてくれた。内部は公開しており当時の急な階段や刀傷など大変重要な建築物を無料で拝観出来ます、場内はそれ程広大では無く高齢の方でもゆっくり一周でき価値ある江戸時代の素晴らしい光景が見られます。又、お堀越に桜とお城コンパクトにまとまった撮影ポイントがあったと感動しました。Meander767454さんの口コミ

春日山城 (春日山城跡)(上越市)

戦国時代の武将・上杉謙信の居城として知られる山城で、複雑な自然の地形を利用した城塞は「難攻不落の名城」といわれました。現在も土塁や大井戸など、山城の特徴が残っています。

投稿者:しちー

標高180mにある本丸跡からは、日本海や山並みを一望できます。山の中腹には、上杉謙信の銅像と春日山神社があります。

投稿者:黒ひょう

高田の100万人観桜会に行く途中に立ち寄りました。神社下の無料駐車場に車を止めて、急な階段を上がると春日山神社です。春日山神社の横から春日山城跡に行けます。山の上に向かって整備された道があり、本丸まで歩けます。上杉武者の方がいて観光客と写真を撮ってました。高くて眺めも良い場所です。春日山城史跡広場の上には、上杉謙信公像があります。dozen117さんの口コミ
富山県の城

富山城(富山市)

戦国時代に築城され、有力武将らが攻防を繰り返しました。天守閣は1954年に建てられたもので、堀や石垣は当時のまま残っています。城内は歴史博物館になっており、400年以上にわたる城の歴史を模型や映像で紹介しています。高さが140㎝もある兜は必見です。

投稿者:かめちゃ

城跡は緑豊かな公園として整備されています。春にはお濠に満開の桜が咲き誇り、花見スポットとしても人気です。お濠越しに見る城は格別です。

投稿者:Max S

続日本100名城に選ばれた富山城。富山の市街地にあり、お堀や石垣がよく残っています。模擬天守が当時の姿ではなく残念ですが、石垣は見事なものが残っています。場内は公園になっていて、庭園もよく整備され、散策できます。城門も移築されています。Venture806823さんの口コミ

高岡城跡(高岡市)

加賀藩の初代藩主である前田利長が築いた城です。1615年に廃城となりましたが、明治以降、約21㎡の広大な城跡公園として開放されています。公園全体の面積の3分の1を占めるのが、ほぼ築城時のまま残された3つの水濠です。

投稿者:待兼山

園内には桜や楓など多くの樹木が植わり、池にはコイやフナなどが生息しています。特に、桜の名所として市民に親しまれています。

投稿者:namatrip1

今は、高岡古城公園として親しまれています。 敷地内には博物館や動物園がありどれも無料で開放されていました。 広い敷地内には、銅器の街「高岡」らしくたくさんの銅像が建っていました。 散策にお勧めです。takayamaryuuzanさんの口コミ
石川県の城

金沢城(金沢市)

戦国大名・前田利家が入城し、本格的な城郭を造営したのがはじまり。城内にある石川門、河北門、橋爪門の3つの門は特に重要とされています。河北門と橋爪門は近年復元され、石川門は1788年に再建されたものが現存しています。

投稿者:Umash

城内には、武器などを保管する倉庫と城壁の機能を備えた2階建ての建物が再現されており、木の梁や木組みなどを見ることができます。鉄の釘は使われておらず、凹凸を作って組み合わせ、木製のクサビ(V字型の道具)で外れないようにしています。

投稿者:erikamix

金沢城は、兼六園のすぐ向かいにあります。兼六園側から、桜越しに見るお城は本当に綺麗でした。現在では、中は公園になっていますが、以前は金沢大学があったそうで、かなり広いです。 兼六園とセットで観光出来るので便利です。Ambassador727427さんの口コミ

七尾城跡(七尾市)

七尾城は、戦国時代に能登国の守護・畠山氏が築城し、居城していた城です。山上から山麓までの自然の地形を生かし、「七尾」の地名の由来となった七つの尾根筋を中心に屋敷地が連なり、山麓には城下町が形成されました。

投稿者:yunyunchan

城域は、南北約2.5km、東西約1km、面積約252.6haにも及びます。標高305mの本丸跡からは、七尾湾や能登半島を一望できます。

投稿者:大澤2014

山城ではかなり有名だと聞いていたのですが、思っていた以上に素敵でした。山の中を歩いていると目の前に苔むした石垣が現れ、見とれます。歩道も手入れの行き届いていて歩きやすかったです。BackPacker703173さんの口コミ
福井県の城

丸岡城(坂井市)

現存する天守閣の中で、最古の建築様式をもつ城です。戦国時代に起こった一向一揆(仏教信徒たちが起こした権力に対する抵抗運動)の備えとして、織田信長が築城を命じました。

投稿者:yusta2016

内部は3階建てになっており、綱につかまりながら急な階段を登ります。戦乱の最中に築かれたため、天守の石垣を登ってくる真下の敵を石で攻撃するための「石落とし」や、弓や鉄砲を撃つための小窓など、戦のための仕掛けを見ることができます。

投稿者:ponkan-suki

大阪城や姫路城のような雄大さや派手さはありませんが、とても綺麗な姿をしていると思います。最上階に上がるまでに、二度急な階段をロープを伝って登らなくてはならないので、ご高齢者や足腰の調子がすぐれない方には厳しそうです。お城ファンには、欠かせないお城だと思います。hirobuさんの口コミ

越前大野城(大野市)

標高249mの亀山にそびえる城。山麓に広がる城下町が雲海に包まれると、亀山だけが浮かんで見えることから、「天空の城」としても有名です。雲海は10月から4月末(11月頃の発生率が高い)の明け方から午前9時頃までが発生しやすいといわれています。

投稿者:Mathilde

この城は、1575年に金森長近が築城し、初代城主を務めました。以降、江戸時代の名門家系の松平氏や土井氏などが城主になりました。城内には歴代城主の遺品が展示されています。

投稿者: Akira I

越前大野の小山の上に建っているお城。続日本100名城に選定されたお城です。麓からお城までは、散策路が整備されており、なだらかな坂を20分ほど歩くとお城につきます。石垣がよく残っていて、天守台の上に天守閣が再建されています。天守閣の中は資料館になっていて、旧藩主の大名道具や鎧兜などが展示されています。天守閣最上階からの風景はとてもいいです。越前大野の街並みが一望できます。Venture806823さんの口コミ
長野県の城

松本城(松本市)

城の壁面の上部は白漆喰、下部には黒漆塗りの下見板を張り、白と黒の美しい対比を生み出しています。戦乱の世が落ち着いた時代には、朱色の手すりを備えた月見櫓(月を見るための櫓)が増築されました。

投稿者:越智小保礼

外観は五重、内部は六階の天守の中では現存する日本最古のもので、国宝に指定されています。石垣の内部には土台を支える16本の柱があり、さらに1階から3階までは柱の数が多く、下層は骨組みがしっかり造られています。

投稿者:Ringel-Huang

郷里が松本の近くなので、子供の頃から何回も行っています。とても美しい城ですが、何故美しいのかと言ったら、遠くに雄大な山々が見えるロケーションも勿論ですが、城そのものにも美しい理由があります。真っ黒な烏城は、松本城の他にもありますが、松本城が他と違う一つは、松本城の場合は『漆塗り』であることです。流石、漆器で有名な木曽が近いだけのことはある!evainjpさんの口コミ

上田城(上田市)

1583年、戦国武将・真田昌幸が築城しました。徳川の大軍を2度にわたり撃退した、難攻不落の城として知られています。関ヶ原の戦いのあと、城は取り壊されましたが、江戸時代初期に仙石氏により再建されました。

投稿者:2ji3

現在は城跡公園として整備されており、江戸時代から現存している建物「西櫓」や、高さ約2.5m、幅約3mの伝説の巨石「真田石」、抜け穴になっていると伝わる「真田井戸」などの見どころがあります。

投稿者:Nyamara

朝一番に訪れました。北櫓前の枝垂れ桜が満開で素晴らしかったです。園内は桜祭りの真最中で、たくさんの屋台が出てにぎわっていました。お濠に沿った桜並木や駐車場のある芝生広場の桜も満開で、桜を満喫できました。眞田神社に参拝する方も多く、御朱印をもらう人たちの行列ができていました。_trip_coz_さんの口コミ
岐阜県の城

岩村城址(恵那市)

1185年に築城された岩村城は、1873年に解体されるまで、700年間にも及ぶ長い歴史を持っています。この城は、江戸時代で最も高いといわれる標高717mの小高い山の頂に築かれました。

投稿者:une-deux

昔のままの石垣が残っており、高低差180mの地形を利用した、外敵に対する備えが固い山城ならではの遺構が見どころです。霧が出やすい地形も城造りに活かされたことから、別名「霧ヶ城」とも呼ばれています。

投稿者:龍RON

有名な六段壁を味わいに行ってきました。途中まではほぼ登りっぱなしの道が続き、途中から枡形、虎口を通るとほぼ平坦な曲輪が見えてきます。有名な六段壁は岩村城の最奥にあります。六段壁は、不安定な石垣を何度も補強していくうちにこの形になったそう。その上にある本丸から見る景色の美しいこと。特に秋に行くと紅葉と相まって絶景です。Gonzo_tsuribitoさんの口コミ

岐阜城 (稲葉山城)(岐阜市)

金華山の山頂に立つ岐阜城は、かつては稲葉山城と呼ばれていました。戦国時代に一帯を治めた斎藤道三の居城で、のちに織田信長がこの城を攻略し、天下統一のための本拠地としました。

投稿者:みやっち

現在の城は1956年に復元されたもので、城内は史料展示室、楼上は展望台になっています。展望台からは市内を流れる長良川や周囲の山々を一望できます。山頂までは、徒歩またはロープウェーで登ることができます。

投稿者:gnaixwh

復元天守ではありますが、日本全国で訪ねておきたいトップクラスのお城。山城なので、標高329mの金華山を徒歩もしくはロープウェーで登るのですが、眼下に長良川や濃尾平野を見渡せて気分爽快。わずか10年ではあるものの織田信長が居城として天下統一の足掛かりにした要所であることが眺望からも実感できます。313hideyukiyさんの口コミ
静岡県の城

掛川城(掛川市)

戦国大名の今川氏が家臣に築城させたのが掛川城のはじまり。その後、山内一豊が入城し、天守閣や大手門を建設するなど大規模な改修を行い、「東海の名城」といわれるようになりました。

投稿者:Tiehirai

幕末の混乱の中、城は取り壊されましたが、1994年に木造の天守閣が復元されました。城内は4階からなり、甲冑などが展示されています。周辺には多くの桜が植えられており、春には天守閣から桜を一望できます。

投稿者:akio9jp

立派な天守閣もですが、御殿がとても良かったです。風通しの良い御殿、茶室でのお茶も良かったです。 天守閣、御殿、茶室、美術館の周遊券がお茶とお菓子もついていて、900円とお得だと思いました。jun639さんの口コミ

浜松城(浜松市)

江戸幕府を開いた徳川家康が、戦国大名・武田信玄を倒すために築いた城です。家康がこの城で17年間を過ごして去ったあとも、幕府の有力な大名が城主となり、その後、要職に就いたことから、「出世城」と呼ばれるようになりました。

投稿者:HIRO5711

天守台の東に位置する巨大な天守門は、浜松城の特徴的な存在です。門の上にある櫓には武器や食料を保管し、ここから敵を弓矢や鉄砲で迎え撃てるようになっていました。

投稿者:Noriaki K

浜松市の中心部にある浜松城。駐車場は係りの方が入庫、出庫をみてくださるのに料金は無料!天守閣の中に入るのは高校生以上は¥200かかりますが、兜や刀、薙刀、陣羽織など貴重な品が展示されています。また、展示ケースのガラスをとても丁寧にお掃除されていて、気持ちよかったです。takenorisuzukiさんの口コミ
愛知県の城

名古屋城(名古屋市)

戦国時代に天下人となった徳川家康が、大坂の豊臣方への重要拠点として築城を命じた城です。徳川家の権力を世に示すため、絢爛豪華な本丸御殿、広大な二之丸庭園、高い石垣などを備えています。

投稿者:127yukon

天守閣に頂く金の鯱は、その象徴です。鯱の起源は中国の伝説上の海獣で、水を吐くことから火除けの守り神として飾られました。日本最大の画派である、狩野派の絵師たちが描いた本丸御殿の襖絵や天井板絵も見事です。

※2019年5月現在、天守閣は閉館中。

投稿者:Michael C

以前訪れた時は天守閣は入れましたが今回は耐震の問題もあり入れなかったです。そこは残念でしたが以前来た時になかった本丸御殿が完成して内覧できたので良かったです。金シャチ横丁もできていて名古屋めしのテナントも入っていてランチもできて良かったです。K5801KY_さんの口コミ

犬山城(犬山市)

国宝5城のうちのひとつで、1537年に建てられました。断崖絶壁に建ち、戦略上の重要地点に位置したことから、戦国時代に天下を統一へ導いた3人の武将(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)たちが奪い合いました。天守は木造で、現存する最古の様式といわれています。

投稿者:Freetraveler194

木曽川の南岸の標高80mの小山の上に建ち、天守最上階からはすばらしい景色を眺められます。城の周辺にも見どころが多く、城下町を散策するのも楽しいです。

投稿者:Masahiko O

現存12天守のひとつで、天守は現存する日本最古の様式です。雰囲気のある、オーラを感じるお城でした。GW真っ只中に訪れたため、開門時間前からすでに100人以上の行列。人気の高さを感じます。連休の際は混雑することを想定した方が良いと思います。ellie_181031さんの口コミ
三重県の城

上野城(伊賀市)

“築城の名手”といわれた藤堂高虎が手掛けた城で、白い三層の美しい城郭から、「白鳳城」とも呼ばれています。現在の天守閣は1935年に建てられましたが、城内には戦国時代の雰囲気が残されています。

投稿者:jazzy0083

高さ約30mの内堀の石垣は、1585年に築城された当時のもの。その高さは日本随一ともいわれ、数々の映画のロケ地としても使用されています。

投稿者:jazzy0083

高石垣の上ギリギリからお堀を見下ろせます。石垣が有名ですが、城内には見ごたえのある貴重な展示物が沢山あり、近くで見られます。Explorer829925さんの口コミ

松坂城跡(松阪公園)(松坂市)

1588年に松坂の礎を築いた戦国武将・蒲生氏郷が築城し、かつては三層からなる天守がありました。天守や櫓は台風などの被害で倒壊してしまいましたが、自然石をほぼそのままの形で積み上げた壮大な石垣が残っています。

投稿者:LTB511

現在は城址公園となっており、桜や藤の名所として知られています。園内には江戸時代の国学者・本居宣長の旧宅や、日本最大規模の武家屋敷、歴史民俗資料館などがあります。

投稿者:アジロウ

松阪駅から南西方向に徒歩約20分、小高い丘に松坂城址があります。天守閣などの建物はありませんが、石垣が残っており、古城の雰囲気に浸ることができます。城址からは城下町の面影を残す町並みが一望できます。Inspire806822さんの口コミ

三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)をはじめ、戦国武将ゆかりの地も多い東海・北信越地方。激動の時代の舞台となったお城をめぐり、歴史ロマンにふれてみませんか。

Tastes of JAPAN by ANA -Explore the Regions-

「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the Regions-」とは、地域とともに、まだ知らない日本の魅力を国内外へ発信する、ANAの地域活性化プロジェクトです。2019年6月〜11月は東海・北信越エリアを特集します。その他東海・北信越の観光情報はこちらからご確認ください。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。