PR

シンガポール航空で行く、知られざるオーストラリアの大自然に出会う旅

ダイナミックな自然スポットの宝庫、オーストラリアは、日本の約20倍の面積を有する広大な国。東西に約4,000kmもあるため、東と西とでは雰囲気がガラリと変わります。今回は、主要都市が集中する東海岸を飛び越えて、オーストラリア通に絶大な人気を誇る西海岸のパース、及び北の玄関口、ダーウィンの観光スポットをご紹介。日本からのフライトは、最新鋭の機材と豊富な便数、そしてオーストラリアへのネットワークが充実しているシンガポール航空の利用が断然オススメです。

世界でもっとも居心地の良い街、パース

オーストラリア西海岸でいちばん大きな都市でありながら、居心地がよく治安も良好。古い建物と近代的なビルが見事に調和した市街地は、散策するのが楽しいと評判です。また、日帰りも可能な郊外まで足を延ばせば、大自然の素晴らしさを感じられるスポットにたくさん出会えます。

エリザベス・キー

2016年完成のおしゃれなウォーターフロント。目の前にはスワン・リバー、背後にはパースのビル群が広がる人気の撮影スポットです。スワン・リバー沿いには遊歩道と人道橋が延びていて、のんびり散策を楽しむカップルや家族連れの姿が。夜になると風景は一変。色とりどりのネオンが輝き、ロマンチックなムードが漂います。

投稿者:bizcoach27

投稿者:Jewlzcee

投稿者:laraluvsU2

市内の散策コースの一部です。ここだけではなくどの公園もきれいに整備されているのですが、高層ビルを背景に写真をとると大変綺麗な写真がとれます。Joey_Tribbiani_SGさんの口コミ
ロンドンコートから坂を下って行くとあります。スワン川に面していますが、その途中に歩く人用の橋があり、そこから市内側を見ると、すごく綺麗です。白い輪っかがいくつか重なっているモニュメントの前で多くの人が写真を撮ってました。Roving806660さんの口コミ
この場所自体がパースを見る名所ですが、高層ビルが近すぎて、いまひとつピンときません。15~20分毎に行き来する渡し舟に乗って、South Perthまで渡ってからQuayを振り返りましょう。旅行パンフでよく見る景色がそこにあります。ToruN41さんの口コミ

ロンドンコート

中世ヨーロッパの雰囲気を感じるアーケード街です。レンガ造りの建物内に、さまざまなショップが入っています。市の中心部を貫く歩行者天国のショッピング通り、ヘイ・ストリートから、1ブロック南のセント・ジョージズ・テラスに抜けるクラシカルなアーケードが目印です。

投稿者:Nashitah

投稿者:shcizmo

投稿者:Jiunny

中世様式の建物で、周りの建物とは、ちょっと趣きの違う雰囲気。中世の騎士のレリーフが頭上の壁にあったり、ヨーロッパにいるような感じもする。雰囲気を楽しむのにぴったりな場所。TripperKoMさんの口コミ
小さな店がたくさんならび定番のオーストラリア土産もこの路地で見つかりました。Hay St沿いには観光客用の土産屋がないと思うので、帰国用の土産探しに困ったらロンドンコートをうろつくのもありかと思いました。k1s1s1さんの口コミ
観光客をはじめ多くの人で賑わうストリートにある、人気のスポット。 チャイムが鳴る時刻には、目を楽しませるからくり時計のような仕掛けもあります。 カメラを向ける人が多くいました。Life_with_Beerさんの口コミ

キングス・パーク

市街地からバスで約10分。パースの街が一望できる高台にある公園です。約400ヘクタールの広大な敷地には植物園や戦争記念碑のほか、カフェやレストランがあり、休日ともなるとたくさんの人が思い思いに過ごす姿を見かけるでしょう。毎年9月にワイルドフラワー・フェスティバルが開催され、西オーストラリア州各地から3,000以上ものワイルドフラワーが集められます。

投稿者:Samantha B

投稿者:toroppe

投稿者:sitkalvr

キングスパークはとても広いですが戦争記念碑とその後方のスワン川&パース市街地の景色は必見だと思います。私はパース中心部からUberで記念碑の200メートルほど手前まで来ました。YacchanAmaroneさんの口コミ
入り口に一見無造作に大きな花壇がありましたが、ガイドさんに色々と教えていただき実に様々な植物=花があることを感じました。普段見慣れているのとは大きく違う花もあり興味深いです。Climber585526さんの口コミ
パース市民の憩いの場。歴史のある植物園には、きれいで珍しい花や樹木がたくさん。池の周りのベンチに座って休憩したり、芝に寝そべったりするも良し。無料ガイドツアー(英語)に参加すると、効率よく見どころを回れる。Road377207さんの口コミ

コテスロー・ビーチ

コテスロー・ビーチは市街地から車でも電車でも20分とアクセス良好。サラサラの白い砂浜と穏やかな波で、海水浴にピッタリです。ビーチの白い建物にはライフセーバーが常駐し、無料のシャワーやトイレ、更衣室も完備。2階にはレストランがあります。インド洋に沈む夕日が素晴らしく、サンセットを目当てにやってくる人も多いですよ。

投稿者:Berney B

投稿者:Faysy

投稿者:DerekSer

パースとフリーマントルの間にあるビーチです。
観光客がいないので、穴場ですが、地元の人には有名です。
RingIslandさんの口コミ
フリーマントルラインのコテスロー駅から歩いて10分ほどのところにあります。道は駅から真っ直ぐの一本道なので迷うことがありません。ビーチからの夕日はとても綺麗です。近くのカフェで海を眺めながらお茶するのも最高です。Travel806707さんの口コミ
毎年、Sculpture by the Seaと銘打って芸術展を2~3月に開催。日本人も参加し魅力的です。ビーチは老若男女問わず楽しめます展示会開催中は駅から無料の送迎バスも運行します128perthさんの口コミ

カバシャム・ワイルドライフパーク

パースの北、車で約30分の場所にある個人経営の動物園で、オーストラリア固有の動物200種、2,000頭の動物に出会うことができます。コアラやカンガルー、ウォンバットといった動物を、檻越しではなくすぐ間近で見られると評判。カンガルーの餌付けや羊の毛刈りショーなどの多彩なプログラムがあるので、事前に公式サイトをチェックしましょう。

投稿者:Lella C

投稿者:Francesca

投稿者:Nicolasss

開園から閉園までまるっと1日いましたが、存分に楽しめました。オーストラリアに生息する動物がメインなので、キリンやゾウなどはいませんが、コアラやカンガルーはとってもたくさんいます。動物園よりマニアックで、ふれあい牧場より種類が多く広大です。kaede93さんの口コミ
パースから個人で公共乗り物利用は不便で、タクシー利用が正解です。
オーストラリア固有種の動物が沢山いて、触ったり一緒に写真を撮ったり一般的動物園と違って身近に接することができます。飼育の仕方が優しいのか動物もみなリラックスしている感じで癒されます。seichan2016さんの口コミ
ピナクルズに行くツアーの最初の立寄り場所でした。入口で案内人が出迎えてくれ、主な見どころを回ります。コアラは一般の入場者と別だったので、意外に時間をかけて写真が取れました。ウォンバットのコーナーには、かわいいゴールデンポッサムもいました。ToruN41さんの口コミ

スワンバレー

パース市内から北東へ車で30分のところにあるのが、西オーストラリア州最古の歴史あるワイン産地、スワンバレー。80ほどのワイナリーがありますが、中にはレストランやカフェを併設しているところも。パース発のワインクルーズでは、スワン川をクルーズしながらワインの試飲やワイナリー巡りが楽しめるので、ワイン愛好家にはうってつけです。

投稿者:doug12415

投稿者:Chris3166

管理者提供の写真

ツアーは効率よく3つのワイナリーとビール工場、チョコレート工場への訪問が出来るように時間設定がされていました。小さい子供が一緒でしたが、フレンドリーなガイドさんとツアー参加者のお蔭で、ワインのテイスティングもしっかり楽しむ事が出来ました。Quest723692さんの口コミ
帰りのスワン川クルーズではゆっくり進み、景色も楽しめます。ワインやコーラも飲み放題。
始めは音楽が流れていましたが、そのうち従業員の女性が歌を歌い始め、皆さんワインの酔いもありダンスが始まり合唱しながら盛り上がりました。Trek803303さんの口コミ
女性のガイドの方が自分で運転して、ワイナリーを回りました。とても親切な方で、英語をゆっくり話してくれるなど、とても気を使って頂き、楽しく回れました。ツアーの他の参加者の方も皆さんフレンドリーでとても楽しかったです!mizuhotkumaさんの口コミ
美しき港町、フリーマントル

パースから電車で30分のインド洋に面した人気の港町フリーマントルは、地元の人からは「フレオ」の愛称で親しまれています。19世紀前半、イギリス人が入植した当時の面影を残した建造物を見物しながら、街歩きに出かけましょう。

フリーマントルマーケット

街のシンボル、タウンホール近くにあるフリーマントルマーケットは、週末のみオープン(金・土・日曜日)。食料品から骨董品まで、140以上の露店が並びます。お土産を買うのに最適なこのマーケットで、もうひとつ見逃せないものが大道芸。ダンスや手品といった驚愕のパフォーマンスを披露してくれます。

投稿者:Lukajoreb

投稿者:YacchanAmarone

投稿者:沖縄たびんちゅ

お土産からフルーツまで、いろんなものが売っています。フルーツは安くて美味しそうでした。
イートインができる場所もありますが、かなり混み合ってます。
マヌカハニーやユーカリを使った石鹸をお土産に買いましたが、友人に大好評でした。
お土産も買えるし、ちょっと立ち寄るだけでも楽しい思います。RikakoNOさんの口コミ
フリーマントル駅からマーケットストリート、サウステラスと続いている道を進んでいくと10分くらいで左手に見えました。手頃な広さと適度な混み具合だったので、のんびり楽しめました。Happiness808742さんの口コミ

リトル・クリーチャーズ

西オーストラリア州を代表する、クラフトビールの醸造所とレストランです。創業は2000年とまだ新しいのですが、ビール好きにはよく知られた存在となっています。とくに人気なのが、薫り高いホップを使用したペールエール。なお、毎日開催される工場見学ツアー(15オーストラリアドル)に参加すると、ここで製造される10種類のビールを無料でテイスティングできますよ。

投稿者:Jeff C

投稿者:161AnnM

投稿者:Yeweng W

西オーストラリアを代表するマイクロブリュワリーで、フリーマントルにあります。ビール工場にバーが併設されており、そこでドラフトビールが飲めます。また工場では、普段あまり見かけない工場限定のビールも販売されており、購入することができます。korro18さんの口コミ
WA Shipwrecks Museumから少し歩いてミューズロードに出て南東に数分で着きました。パースにもマイクロブリュワリーがありましたが、フリーマントルにもありました。Happiness808742さんの口コミ
“世界一幸せな動物”とセルフィーを! ロットネスト島

パース沖合19kmにあるA級自然保護指定国立公園。この島に生息するワラビーの仲間、有袋類のクオッカと撮るセルフィーがSNSで人気です!

ロットネスト島ビジターセンター

環境保護のため、一般自動車の乗り入れを禁止しているロットネスト島。そのため、島内を回るには循環バスを利用するか、レンタル自転車を借りることになります。ビジターセンターではサイクリングマップの配布、またバスの1日乗車券やお土産を販売。フェリーで到着したら、最初に寄ることをオススメします。運がよければ、ここでクオッカと会えるかも!?

投稿者:MorganTWR

投稿者:Addy_gooner

投稿者:Navita S

桟橋を降りて、まっすぐ行くとビジターセンターで、クオッカの居場所を聞いたら、すぐ裏手にいることを教えてくださいました。
一緒に写真を撮るには、草とか何か食べている時がベストタイミング。そっと近づいて膝を折って、スマホを向ければ、たいてい一緒に写ってくれます。ご機嫌もあるので、上手くいかないときは他のクオッカのところに行けば大丈夫。okiwideさんの口コミ
日帰りでのロットネス島でしたが、次回は中のホテルを予約して宿泊で来たいと思いました。
自然が守られていて、本当に素晴らしい場所です。
またロットネス島のマーケットにしかぬいぐるみは売ってませんので、欲しい方は忘れずにそちらで購入しましょう。Namioto-Lumiさんの口コミ
ビジターセンターにいくつかガラスケースがあり、地元のアーティストが監修したセンスの良い絵ハガキやマグネットなどがあり、購入することができます。行きだけでなく帰りにもちゃんと立ち寄ってお土産をゲットしましょう。utaibito_mitchさんの口コミ

Rottnest Island Visitor Centre

バブル評価 5 段階中 4.5
3位:ロットネスト アイランドの観光スポット39件中

ザ・ベイスン

ロットネスト島内には63ものビーチがあります。そのうちのひとつ、島の北側にあるザ・ベイスンは「くぼ地」という意味の、海の中にプールがあるような不思議なビーチ。小高い岩山に登ると、サンライズもサンセットも楽しめる穴場スポットがあるので、ぜひ行ってみてください。

投稿者:Ollie W

投稿者:Emma B

投稿者:Blueaerodynamique

ビジターセンターから一番近い絶景はここ。
クオッカもよく出現します。
よって人が多いです。
夏は海水浴やシュノーケリング、
冬は日光浴などくつろぐ人で賑わいます。
冬でも泳いでいる人も居ましたが、普通の日本人では考えられない冷たい海水でした。yusuketaketaさんの口コミ
トイレが近くにあり、観光客が多いビーチ。船着場から近いのでアクセスはしやすいです。徒歩でも10分強。海は砂地で少しアマモが茂っていますが、シュノーケリングなどはしやすいです。Ykom1226さんの口コミ
水着を持っていなかったので足だけつかりましたが水温は低めでした。海の透明度が高くきれかったです。足だけでも十分楽しめました。トイレとシャワーが道路の向こう側にあるので便利でした。P-Moominさんの口コミ

The Basin

バブル評価 5 段階中 4.5
2位:ロットネスト アイランドの観光スポット39件中

サーモンベイ

島の南側にあるのは、サーファーにとって良い波がやってくることで有名なサーモンベイ。シュノーケリング目当てでこのビーチを目指す人もいます。ここにもクオッカがひょっこり遊びにくることが。隣にはリトルサーモンベイという、こぢんまりとした隠れ家ビーチもあり、そちらもオススメです。

投稿者:KBlakeNZ

投稿者:Travelbarista

投稿者:Matteo S

ロットネスト島の島内一周バスで回りました。ロットネスト島のビーチはどこも本当に美しいですが、島内では一番長いビーチで、日本のテレビのコマーシャルでも使われたそうです。日帰りツアーでは慌ただしく過ぎてしまいましたが、時間が許せば1日いたかったと思います。yasu39さんの口コミ
レンタル自転車で最初にたどり着いたビーチで、その美しさにしばしボーっと眺めていたほど。レンタル自転車じゃなく島内バスを利用して来てる方や歩いてきてる方も見かけました。
12月末でしたが気温は36度、なのに水温は低めで子供らは早々に水からあがっていました。yamatto nさんの口コミ
レンタサイクルで島を回りましたが、パーカーポイントからリトルサーモンベイ、サーモンベイと海の透明さ含め絶景の連続です。景色を見ながら、ゆっくり自転車で回るのが最高です。Sightsee806907さんの口コミ

Salmon Bay

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:ロットネスト アイランドの観光スポット39件中
パース周辺にも絶景が! 時間に余裕があれば行きたいスポット

パースの街を飛び出すと、そこは壮大な風景の連続! オーストラリアならではの大自然を全身で体感することのできる、素晴らしいスポットが満載です。ぜひ連泊して味わい尽くしましょう。

ウエーブロック

パースから車で4時間。高さ15m、幅110 mもある、まるで波が覆いかぶさるかのような形がユニークな一枚岩です。花崗岩でできたこの岩は、もともと垂直に立っていましたが、この1,000年ほどのあいだに雨や風、そして風が運ぶ砂などによって侵食されたと考えられています。ウエーブロックの上に登った先からの眺めも見事です。

投稿者:HKcarcar

投稿者:huys25

投稿者:Mark A

風によって浸食されたと言われている高さ15メートル幅100mの1枚岩です。
太陽光線のあたり具合によってはサーフィンに最適な巨大な波のようにも見えます。
右側の階段からロックの上にも登れ、広大なあたりの景色を眺められます。
淵にそって5~50センチの高さの壁のようなものが続いており、落下防止の手すりかと思いましたが、水が貴重なオーストラリアで雨水を有効利用するための柵でした。trnmnwndrgrlsさんの口コミ
ツアーバスで4時間あまり、途中は牧草地や乾いた大地の中をひたすら走ってやっとたどり着きました。ネイティブの方々の聖地でもあるので、整った環境でした。1枚の花崗岩の岩との事ですが、本当に大きく、驚きました。上に登ったら、広大な大地が広がっていました。borero2015さんの口コミ
Yorkに前泊して、Wave Rockへ行った。
私が行った時期は日中はかなり暑かった。
最初に目に入ってくるのが、あのWaveで、皆、いろいろなポーズで写真を撮っている。
Waveの上に登ると、また格別で、四方が見渡せ、いろいろな奇岩もあるので、期待以上だった。msifakaさんの口コミ

ピナクルズ

別名「荒野の墓標」と呼ばれる奇岩群があるのは、パースの北250kmのナンバン国立公園の一角。数万年前、このあたりが海だった頃、貝殻が堆積して石灰岩層が出来上がり、その後、長い年月をかけて海風にさらされて、このような柱状の岩が多数残りました。パースからの日帰りツアーもあります。

投稿者:SILVIA B.

投稿者:Edlileung

投稿者:VVPoh

写真などから想像していたのを裏切られ非常に雄大でかつ珍しい風景でした。自由に歩けますし、1周するダートですが車用の道もありますので色々なピナクルを真横で見られます。ユーカリの根や木そのものが石灰岩に取り込まれ化石のようになったものも簡単に見つけられますし、大小何千ものピナクルズの広がりも素晴らしいです。Climber585526さんの口コミ
ツアーで昼に行きました。ピナクルズの入り口の近くに、「Discovery Centre」というピナクルズの歴史を知れる小さな博物館とお土産屋があります。多少、歴史的背景を知ってから行くほうが良いので、このDiscovery Centreに寄ってからピナクルズに行くことをオススメします。ピナクルズについては、砂漠の上にいくつもの岩が立っていて、皆触ったり影に入って写真を撮っていました。(岩に登るのは禁止と注意書きがあるので行わないよう注意が必要です。)Ayrton1240さんの口コミ

Zベンド/ザ・ループ

パースの北550kmにある、川が溶岩台地を切り開いてできあがった大渓谷がカルバリー国立公園です。4億年という長い年月をかけて堆積した地層が織りなすマーブル模様の岩肌を前に、きっと言葉を失うことでしょう。高さ150mの断崖絶壁が広がるZベンドや、公園の景観を眺めるのに最適な渓谷、ザ・ループは、カルバリーのダイナミックさを体感できる絶景スポットです。

投稿者:Stella G

投稿者:Jens C

投稿者:StepikCh

駐車場から少し歩けばすぐにビュースポットに到着します。
駐車場は整備されていますが、カルバリー国立公園内の道路は舗装されていないのでちょっと大変かも。
川が削った峡谷のすばらしい景色が堪能できます。よくもまぁ、まっすぐではなくこんな形に削れたなぁと驚きです。Yupwupさんの口コミ
Roop&Z-Bendを周りましたがどちらも景観が素晴らしかったです。5歳の子供と一緒に参加しましたがどちらも駐車場所から20分程度歩くけば着きますので子連れでも問題なかったです。もう少し長いトレッキングや渓谷下りなどハードなルートもありましたので大人のみでしたらそちらのルートで歩いたほうがよりダイナミックな景観が楽しめるかもしれません。GoPlaces803316さんの口コミ
地平線がどこまでも続き、緩やかに流れる川はまさにオーストラリア版グランドキャニオン!今でも恐竜に出会えそうな不思議な感覚になる場所でした。makoli1989さんの口コミ

The Loop and Z Bend Gorge

バブル評価 5 段階中 4.5
2位:カルバリ ナショナルパークの観光スポット26件中

ネイチャーズ・ウインドウ

カルバリー国立公園の、ザ・ループの突端にある大きな窓のような奇岩です。風雨で削られた岩の中心から覗くと、パノラマビューとはまた違った風情を感じられることでしょう。ここから約8kmのウォーキングトレイルに沿って、峡谷を下ることもできます。

投稿者:Kangu33

投稿者:SandyFord16

投稿者:akshaymay2981

駐車場から15分ほど歩くと到着です。アーチ上になっている岩から反対側の景色がのぞけます。
すばらしい景色!カルバリーに来たら絶対に見に行ってみてください!
マーチソン川と峡谷の景色がすばらしいです。Yupwupさんの口コミ
本当に絶景でした!!
たどり着くまでも景色が綺麗で感動しましたが、ネイチャーズウィンドウは形も神秘的であいた穴から見る景色も最高でした!!
写真映えもするし、一度は行く価値がある場所だと思います!!tripmistyさんの口コミ
60代の両親と1歳半の子供を連れて行きました。時期は12月上旬、オーストラリアは南半球に位置するため夏の時期になります。朝9時ごろ行きましたがすでに日差しが強く、少し歩くと汗ばむような陽気でした。15分程歩きますがNatural Windowのすぐ近くまで道が舗装されているのでベビーカーもらくらく使えました。makoli1989さんの口コミ

Nature’s Window

バブル評価 5 段階中 4.5
3位:カルバリ ナショナルパークの観光スポット26件中

ハット・ラグーン

パースから北へ約600km。“ピンク・レイク”とも呼ばれるハット・ラグーンは、南北14km、東西2kmほどの細長い湖です。水中に生息する藻類やバクテリアがこの色を作り出していると考えられているのだとか。甘くておいしそうなピンク色の湖は、SNS映え必至です。

投稿者:alittlebirdytoldme

投稿者:Cordy

投稿者:Ayin.H

天気も快晴だったので、本当に綺麗なピンクで感動しました!!
普段、湖と言えばブルーですが、ここは見渡す一面湖がピンク色なので、一度は見てみる価値があると思います☆☆tripmistyさんの口コミ
街の道を車で走っていると突然にピンク色の湖がでてきます。大きな湖から小さいのとたくさんあります。天気は晴れていると半袖で十分です。ピンクだけだと写真ではなかなかわからないので、ピンクと青の境をとればいいかもしれないですannkoroさんの口コミ
googlemapのpink lake lookout側から見ることを勧めます。こちら側の方が駐車場があり岸にも降りやすくゆっくりピンクレイクを見ることができました。
8月半ばでしたがハエはいませんでした。午前中の晴天時の訪問で湖はピンクに見えました。k1s1s1さんの口コミ

モンキー・マイア

パースから北に880km。世界遺産に登録されている西オーストラリア州最西端のシャークベイには、野生のバンドウイルカがビーチに現れるモンキー・マイアがあります。早朝から午後にかけてが、イルカがやってくるチャンス。レンジャーの指示に従いながら、餌付けしたり、おなかのあたりを触ったりできます。

投稿者:Joe E

投稿者:UkAlwaystravelling

投稿者:Klair Bayley

もともと魚が集まる場所だそうで、イルカの餌付けをしています。午前中一日3回が餌付けタイムですが、一番最初の回は待ち構えた人たちでいっぱいなので、2回目以降にしたほうがいいと思います。餌付けタイムでなくても魚を追ってきたイルカが時々ビーチに入ってきます。BoardingPass805261さんの口コミ
モンキー・マイアはパースの北800Km程のところにある、海岸です。軽飛行機のツアーなら、日帰りができます。早朝空港に行き、帰りはもう夕闇のなかパースに帰ってきます。現地滞在時間は4時間ほど長いようですが、本当にあっという間に過ぎてしまいます。
ここは非常に極端な遠浅の海岸で、はるか水平線のかなたまで歩いてゆけそうな浅瀬が続いています。海底はあくまで白く、美しい砂が広がっています。Wild_Platypusさんの口コミ

ラッキーベイ

パースの南東720kmにあるエスペランスの街から約50kmに位置するケープ・ル・グラン国立公園。ここにある美しい海と白砂のビーチが印象的なラッキーベイは、野生のカンガルーが遊びにくることでも有名です。人目を気にせず、砂浜で寝そべっていたり、ぴょんぴょん跳んでいたりする姿には、思わず笑みがこぼれます。

投稿者:Anastasia L

投稿者:lily0622

投稿者:T Dog

四輪駆動車はビーチに乗り入れが許可されているので数台の車は走ったり停車しています。エスペランスを紹介する上で最も取り上げられているのが『きれいなビーチと横たわっているカンガルー』ですが、それがここでは見られます。常にではありませんが、カンガルーがコロニーとしていて集まってきます。gangabutterflyさんの口コミ
Beautiful beach. The kids loved playing around. Pity it wasn’t just a bit warmer. The kangaroos were super friendly and did rounds of the beach so everyone could get photos with them. Must visit this place!
美しいビーチです。 子どもたちは気に入って遊び回っていました。それほど暖かくなかったのだけが残念でした。カンガルーはものすごくフレンドリーで、ビーチを動き回っていたので、皆でいっしょに写真を撮ることができました。ぜひここを訪れてください!ja83keさんの口コミ
オーストラリアの北端、トップエンドにあるダーウィンは大自然の玄関口!

オーストラリアの都市の中でもっともアジアに近く、熱帯の植物があちこちに生い茂るダーウィンの街。多彩な文化が息づく常夏の港町は、市街地がきっちりと区画整理されていて、観光客にもわかりやすいと評判です。

ミンディル・ビーチ

ダーウィン南西部のファニーベイに面した一帯には、さまざまなビーチがあります。そのうちのひとつ、ミンディル・ビーチはもっとも南に位置する夕日の名所。「オーストラリアでいちばん美しい夕焼け」が見られるスポットと言われるのも納得です。刻一刻と変化するその美しい色合いには、誰もが魅了されるはず。日中、あちこち観光したら、暗くなる前にこのビーチを目指して、砂浜でのんびりくつろいで待ちましょう。

投稿者:Adventure771934

投稿者:Maryanne M

投稿者:Rachel W

ダーウィンの中心から40分ほど歩けば到着です。ちょうど西側なので海に沈む夕日が見られます。
乾季には週に二回マーケットが開かれていろいろな食べ物が食べられます。Yupwupさんの口コミ
砂浜の奥に水平線が続いており、その先に沈んでいく夕陽はとても見ごたえがあります。乾季のマーケットが開催されている時期にはものすごい人数が砂浜におりて夕陽を眺めるのですが、その光景も圧巻です。Passport804061さんの口コミ
夕焼けとマーケットを見に行きました!夕焼けは本当に大きく、美しかったですし、マーケットも色んな種類の食べ物やお店もあり、楽しかったです!ダーウィンで訪問する場所の一つかと思います。Yosshie1234さんの口コミ

イーストポイント・リザーブ

ファニーベイの北側にあるイーストポイント・リザーブは、200ヘクタールを超える大きな公園です。市民の憩いの場になっていて、オーストラリア人には欠かせないバーベキューの設備も完備。早朝や夕方には野生のワラビーがふらりとやってくることもありますよ。ここから眺める夕日もまた素晴らしく、先述のミンディル・ビーチと併せて訪れたいサンセットポイントです。

投稿者:Linda A

投稿者:Damien S

投稿者:Damien S

Defence of Darwin Experienceへ行く途中にあります。
行きは引き潮、帰りは満ち潮で、普段目にしない自然の変化を楽しむことができました。
家族連れなどがノンビリと過ごしていました。isekisanさんの口コミ
ミリタリーミュージアムには行っていないけどイーストポイントからみるサンセットは格別です。
ダーウィンに来たらこのサンセットを観にEAST POINTに行く価値はあり!Hiroyuki Nさんの口コミ

ミンディルビーチ・マーケット

ミンディル・ビーチでは、乾季のみ開かれるマーケットがあります。5月から10月の木曜・日曜に開催のミンディルビーチ・マーケットは、洋服や民芸品の屋台が300以上、グルメ屋台は60以上が出店。先住民アボリジニの伝統楽器、ディジュリドゥのライブ演奏や大道芸も見られるとあって、たくさんの人で賑わいます。

投稿者:RobGymeaBay

投稿者:pauljoem

投稿者:Rita_G_64

週に二回乾季の時期に開かれるマーケットです。アジア料理、欧州料理、エスニック料理などいろいろな屋台が出ていて食事もかなりのボリュームです。日本人なら一人分で二人はお腹いっぱいになるほど。
スムージーのお店やお土産屋さんなどもいっぱい出ているので滞在中に行ってみるといいと思います。Yupwupさんの口コミ
乾季の間、週2日だけ開かれるマーケットです。海岸沿いではありますがコンクリートの道に屋台がでるので歩きにくいことはありません。たくさんの食事の屋台、お土産物の屋台などが出ており、地元の人と観光客でにぎわいます。広場ではファイアーパフォーマンスがあったり、子供が遊べる遊具が少し出たりして、遊ぶことも可能です。Passport804061さんの口コミ
程よい活気があるマーケットで、まるで夏祭りみたいです!演奏や大道芸があったり、食べる場所も移動式ATMやトイレもきちんと用意されてるので特に困ることはありません。
パンケーキ的なやつとパエリアを食べましたが美味しかったです。Yosshie1234さんの口コミ

ダーウィン・ウォーターフロント

ダーウィン・ハーバーに面するウォーターフロント地区は、洗練された雰囲気が魅力。海辺の遊歩道沿いにはデザイナーズホテルやレストラン、ショップが集まっています。屋外に展示されたアート作品を眺めながら散策したり、人工のビーチや公園で遊んだりと、多様な過ごし方ができますよ。

投稿者:jonotennis

投稿者:KGB777

投稿者:Maurice C

リゾート感満点です。
おしゃれなカフェやレストランもあるのでちょっとした休憩にも良い感じです。
ダーウィンの中心地もすぐに歩いていけるので、お散歩がてらいってみると良いかと思います。Yupwupさんの口コミ
とてもオシャレで、道も広々としています。
ダウンタウンとは雰囲気も違うので、気分転換にもってこいです。
オシャレなカフェもあるので海風に当たりながらノンビリするのに最高です。isekisanさんの口コミ

デッキチェア・シネマ

4月から11月の、乾季のシーズンのみ開催される野外映画館です。上映はあたりが薄暗くなってからですが、18時にはバーがオープンするので、海沿いのウッドデッキエリアでワインやビールを飲みながら待つのもオススメ。デッキチェアに寝転んで、映画だけでなく夕日や星空も堪能できるなんて贅沢ですよね。

投稿者:Pauline S

投稿者:RyanYell

投稿者:Natasha P

Deckchairでなくても、後方の売店近くに円いテーブル付の席もあります。
食べ物・飲み物持ち込みOK(迷惑にならない程度に懐中電灯もあれば良いと思います。)
ふと上を見上げると、自分の近所じゃ到底みれない、綺麗な星空☆ 心地よい夜風~
ここはDARWINだーと実感させられます。ykyk2014さんの口コミ
What a great little place to watch a movie with the ocean only metres away. Grab dinner and a beer al fresco before the movie here too.
海からちょっと離れただけのところで映画を見られる素晴らしい場所です。映画の前に、軽くつまんだり、ビールを一杯やるのもオススメです。Nigel Cさんの口コミ

クロコザウルス・コーブ

ダーウィン中心部にあるこちらの施設のウリは、巨大な水槽内に設置されたアクリル製のケージに入って、目の前でイリエワニを観察できるアトラクション。その名も「死のケージ(Cage of Death)」! ワニが大きな口を開けて迫ってくる体験は鳥肌モノです。ワニの餌付けショーや、子ワニを抱いての記念撮影も人気です。

投稿者:Byron S

投稿者:Michael B

投稿者:Darren H

「ダーウィン?ワニしかいない街だよ?」
と言われて訪れたのがここ、クロコザイルス・コーブ。
要するにワニ園です。郊外にあるのかと思いきや
街の中心部にあるのが驚き。
日本では見られないような巨大なワニが鑑賞でき、
なかなか迫力があります。RingIslandさんの口コミ
クロコダイルに会いたいならココですね!まさにクロコダイルの水族館とも言えるでしょう!
餌やりショーなど自然では、見られないクロコダイルの姿を見られます。人工的と言われてしまいそうですがこれは、ここだけかなとも言えますね!(日本では、絶対に見れないですからおすすめですよ!)Camper806523さんの口コミ
園内は日本でなかなか目にすることのできない爬虫類であふれています。そしてここの魅力はなんといっても巨大ワニです。想像以上に大きく迫力がありました。餌を勢いよく食べる瞬間をカメラに収めることができたのでよかったです。ymgtさんの口コミ
先住民アボリジニの文化に触れるカカドゥ国立公園

四国とほぼ同じ大きさを誇るオーストラリア最大の国立公園です。先住民アボリジニの文化と、手つかずの大自然との両面から貴重とされる世界複合遺産のひとつで、野鳥の楽園としても知られています。

ノーランジー・ロック

アボリジニに伝わる伝説の生き物、神といったモチーフが岩に描かれているノーランジー・ロック。とくに「ナマルゴン」と呼ばれる雷男とその妻を描いた壁画は、ここでしか見られない貴重なものです。約6000年前のものとは思えない保存状態の良さに、きっと驚くはず。岩山の上にある見晴らし台からは、カカドゥ国立公園の雄大な景色が一望できます。

投稿者:PerryTan

投稿者:GabyVM

投稿者:Cameron S

カカドゥを訪問したら必ず案内される場所のひとつです。古代に描かれたアボリジニの壁画を見ることができる場所です。ライトニングマン(雷男)と妻のバラギンジ。他にも蛇の姿で表わされた虹や、狩りをする男など、様々なものをみることができます。Cyclone_mk2さんの口コミ
岩屋の所々に先住民アボリジニが描いた壁画が残るところ。
物語になってるとのこと。
展望台まで行くと壮大な風景が待ってくれています
お土産物のデザインの原点を垣間見えた感じです。PULIUSUさんの口コミ

Nourlangie

バブル評価 5 段階中 4.5
5位:カカドゥ国立公園の観光スポット31件中

ウビア

カカドゥ国立公園の東端にある岩場、ウビアはアボリジニの壁画がたくさん残されているところ。壁画の多くは、人間や動物の骨が透けて見えるような「X線画法」という手法で描かれています。古いものだと、2万年以上前に描かれたものもあるのだとか。そして、ウビアを訪れたなら、展望台から眺めるサンセットもお忘れなく。地平線に沈む夕日に、はっと息を呑むことでしょう。

投稿者:GabyVM

投稿者:Pauline S

投稿者:Oliver T

ノーランジー・ロックと同様、アボリジニ・アートが残るサイトですが、ここは景色の方が凄かった。岩山の上に登ると、イースト・アリゲーター・リバーが作り出した大湿原が、眼下に広がるのです。今まで見た中で、ここまで雄大さを感じた風景は、ほかにはグランド・キャニオンくらいでしょうか。感動的でした。wakiabcさんの口コミ
赤土の中を歩いて行くと、アボリジニの壁画が描かれたアートサイトがありました。全部で4箇所くらいです。2歳4歳の子連れでも手軽に見て回れました。
そして、何と言っても岩山を登り上からの眺めが素晴らしかったです。アーネムランドに広がる草原は、別世界のように感じました。Departure808870さんの口コミ
風が強いので帽子などゴム付きがいいと思います。小学生ぐらいの子供たちも沢山いました。360度見渡せる景色が圧巻です。サンセットを見るために行ったので、ある程度写真を撮ったあと、岩に座って夕陽を眺めてました。夕陽が沈むと辺りは真っ暗で電球もないので、真っ暗になる前に駐車場へ向かって下さい。gojogging55さんの口コミ

ウビルー

バブル評価 5 段階中 5.0
1位:カカドゥ国立公園の観光スポット31件中

イエローウォーター・クルーズ

カカドゥ国立公園の中心部に位置する湿地帯を進むクルーズでは、イリエワニやバッファロー、ワラビーといった動物と出会えます。野生動物をたくさん見たいなら早朝に、湿地帯が真っ赤に染まる夕景を堪能したいなら夕方に出航するのがオススメ。ウミワシやカササギガンなどの水鳥や渡り鳥もたくさん見られます。

投稿者:AuntyMia

投稿者:Trudy N

投稿者:Barry Q

日の出前から出航。ワニや水鳥、水牛が動き始めます。水平線から上がる太陽とはるかな地平線。広い大地を実感できます。動物は朝ご飯の時間が忙しいようで、よく動くので見つけやすいですよ! ガイドさんと大騒ぎしましょう。kanatarohさんの口コミ
We took the early morning cruise to avoid the heat in January and see the wildlife at dawn. In the dry the crocodiles are more plentiful but a 4m was swimming right beside the boat for 10 minutes just patrolling his area. My grandson was excited, happy and a little frightened.
1月の暑さを避けるために早朝のクルーズに参加し、夜明けに野生動物を見ました。乾季だとワニがもっとたくさんいるのでしょうが、それでも体長4mのがボートのすぐ横を10分ほど泳いでいました。私の孫は、ちょっと怖かったようですが、興奮して楽しそうにしていました。 mcab26さんの口コミ

Yellow Water

バブル評価 5 段階中 5.0
4位:カカドゥ国立公園の観光スポット31件中
シンガポール航空なら快適、便利!

日本(東京・名古屋・大阪・福岡・広島)からシンガポールを経由して、オーストラリア9都市(アデレード、シドニー、パース、ブリスベン、ゴールドコースト、メルボルン、ダーウィン、ケアンズ、キャンベラ)へアクセス可能なシンガポール航空。

パースへは毎日4便運航しています。
また、ダーウィンへは現在週6便を運航していますが、7月6日からは週7便に増便して、さらに乗り継ぎが便利になります。
(広島-シンガポール間、シンガポール-ダーウィンおよびケアンズ間はシルクエアーによる運航。シンガポール-ゴールドコースト間はスクートによる運航)

4月28日からは総2階建ての飛行機、エアバスA380が成田に就航。最新鋭の翼で、快適な空の旅を!

投稿者:Fadzillah A

投稿者:Gianni R

投稿者:Orla N

B787機材になってから、初めての利用でした。
ビジネスクラスの席は、スタッガードシートで、フルフラットにするとあっという間に眠れます。happy_michelinさんの口コミ
機内エンターテイメントも沢山の映画があり、退屈すること全くなかったです。
CAさんの制服も最高!
とても素敵です。
タイミングが合うならずっとSQばかり使いたいと思いますwNOBU_MIYAさんの口コミ
スナックと飲み物が配られ
飛び立って3時間後くらいに機内食でした
味は良かったです
ハーゲンダッツも嬉しかったです
タイガービールやシンガポールスリングを飲みました
エンタメも映画2作楽しんで見れました Traveler817242さんの口コミ
チャンギ空港はこんなに楽しい!

乗り継ぎの際は、旅行者から絶大に支持されているシンガポールのチャンギ空港で、スムーズに快適に過ごせます。
伝統的なシンガポール料理を堪能できるフードコートやカフェ、バーなどイートスペースが充実。無料映画館や無料LANゲーム、無料Wi-Fiも利用可能です。
ほかにも驚きの施設がたくさん!
ターミナル2の「オーキッドガーデン」は、錦鯉が泳ぐ池の周りに咲き乱れる蘭の花が印象的。また、ターミナル3の「バタフライガーデン」では、温室内を飛び交う数十種類の蝶と熱帯植物のあいだをのんびり散策できます。

そして、今年2019年には新しい複合施設「ジュエル」がオープンします。地上5階、地下5階建ての建物の中には、屋内庭園や高さ40mの人工の滝も!

ますます快適に、魅力的に変わりつつあるチャンギ空港で、次の搭乗までゆっくりとお過ごしください。

日本人観光客に人気のオーストラリア。東海岸の観光スポットを旅したことのある方は多いかもしれませんが、今回ご紹介した西海岸のパースや、北部のダーウィンへ足を延ばす方はまだあまり多くはありません。それだけに、穴場の名所がもりだくさん! シンガポール航空のフライトで、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

関連記事

シドニーハーバーを一望!夜景も素敵な人気のレストラン&バー 7選

シドニーの観光の拠点となるサーキュラー・キー(Circular Quay)。シドニーの象徴とも言える、オペラハウスとハーバーブリッジの間に広がるエリアで、フェリ...

今年こそ行きたい!オーストラリアの実力派ワイナリー巡り

ワイナリー巡りといえば、フランスやイタリアなど伝統的なワイン生産国への訪問が思い浮かびます。しかし、今、注目されているのは、ワイン新興国・オーストラリアへの旅。...

西オーストラリアで
かわい~い野生動物に会いたい!

貴重な野生動物の宝庫として知られるオーストラリアですが、なかでもパースを州都とする西オーストラリアは、手軽に海の野生動物に出会え、実際に触れ合うことができる場所...

この記事に関するタグ

話題の記事