お知らせ: 旅行者の安全に関する取り組みについて

本日、トリップアドバイザーは、口コミに寄せられた「安全に関する情報」を確認できる2つの新機能を発表しました。本件について、トリップアドバイザーのプラットフォームやブランドを統括する部門、コア・エクスペリエンスの代表であるリンジー・ネルソン(Lindsay Nelson)よりご紹介させていただきます。

▲リンジー・ネルソン(Lindsay Nelson)

皆さん、こんにちは。私はオレゴン州の小さな街で育ち、アメリカの中流階級の人々と同じような生活を送っていました。 旅行といえばほとんどが親戚を訪ねる際、移動の合間に観光する程度で、「もっと広い世界を見てみたい!」と思い、17歳のときにバックパッカーとしてコスタリカを横断しました。ホステルに泊まったり、タマリンドのほこりっぽい道に露店を出していた外国人から部屋を借りたりもしました。そこで私が出会った人たちは皆、外から来ていた人ばかりで、ガイドブックを片手にコスタリカに立ち寄るだけの人もいれば、そのまま定住するような人もいました。

これまで15年以上に渡り、私は世界中を旅してきました。一人で旅をしたことも、無一文になったこともあります。お金に余裕がある時は景色の見える部屋を予約したり、他の時には寝台列車の中で立ったまま寝たこともあります。そして、32か国を旅して周った経験から、時間、お金、そして安全がどんな旅にも共通する3つの重要なポイントであることに気が付きました。

数年たった今、私は世界最大の旅行情報プラットフォームの一部を運営するという重大な責任を担っています。そして、様々な人々からなるグローバルなチームをリードし、旅行をより良いものとするための商品やサービスの開発に努めています。 旅行者が安心して旅行を続けることができるよう、安全に関する情報を提供することでトリップアドバイザーのコミュニティを強化することが私たちの義務であると感じています。

これまで約20年間に渡り、トリップアドバイザーの口コミは多く旅行者のために行き先やそこで何をするか、またどこに宿泊するかを決めるのに役立ってきました。 今後は、安全に関する情報の提供も口コミの重要な役割となってきます。

旅行中に安全に関する情報をすぐ入手できることは、これまで以上に重要となっています。リアルタイムでニュースが配信される今の時代、事実と虚実の情報を区別することはますます難しくなっています。一方で特定の地域や企業の安全に関する情報は、オンラインでは見つける事が難しい、もしくは一切掲載されていないことがあります。 多くの場合、悲劇的な事件が起こった後でようやく旅行者の安全に関する議論が始まりますが、これでは手遅れです。

最近の調査によると、67%の旅行者が旅先での「安全と安心」が最も重要だと回答しています。 多くの女性やLGBTQコミュニティに属する人々、そしてバリアフリー環境を必要としている人々にとって、旅先の安全に関する情報を入手できるかどうかが、生死に関わる事もあります。

すべての旅行者が安心して旅行を楽しめるよう、トリップアドバイザーは旅行者に対し安全に関する重要な情報を提供することに努め、安全性を懸念する情報を含む口コミを簡単に確認できる新機能を導入しました。また、トリップアドバイザーを利用する世界中の旅行者、施設、そして観光都市と協力し、旅先での安全な滞在に関する重要な情報や分析を共有してまいります。

それでは、本日より加わった安全に関する情報を確認できる新機能についてご紹介します。

旅行者の安全に関する口コミのフィルター機能

安全に関する口コミのフィルター機能は、トリップアドバイザーが対応する28の言語で利用でき、以下のような口コミを確認できます。

  • 施設の従業員による性的暴行および性的不祥事について、過去1年間に投稿された口コミやその他の安全カテゴリーに関する口コミ(順次追加)
  • 性的暴行、死亡、麻薬乱用、売春目的の人身売買、武装強盗、身体的暴行を含む、安全上の問題に関するすべての新しい口コミ

▲口コミ分布表の下の「安全に関する口コミを確認」(赤枠参照)から関連口コミを確認

安全に関する情報を含むすべての口コミでの通知表示

安全に関する情報を含む口コミには、本文の前に通知が表示されます。これにより、他の口コミと見分けやすくなります。

▲「口コミには安全に関する情報を含む可能性があります」
とかかれた通知が口コミのトップに表示される

トリップアドバイザーのプラットフォームでは、旅行者の実体験に基づく口コミを共有できる一方で、これに対し施設側から返信ができるようになっています。 口コミに安全性に対する懸念が記載された場合、施設管理者が問題解決のために対策を取ったかどうかについて、旅行者は知りたいと思っています。トリップアドバイザーは施設管理者に対し、問題解決のための対策について口コミへの返信機能を活用し、開示することをお勧めしています。

本日発表した新機能は、トリップアドバイザーの安全に関する情報を明確にするという取り組みの始まりにすぎません。今後数か月の間、旅行者にとってどんな機能が最も役立つか、利用者を対象に広範囲に調査を実施する予定です。(例えば、ホテルが24時間体制のセキュリティサービスを提供しているかどうか、あるいは夜間に周辺を散策することは安全かどうかなど)。さらに、安全が旅行者にとって当たり前の要求であることをきちんと認識するよう、今後も旅行業界との連携を深めていきます。 

そして、絶えず高まる旅行者の安全性に対する要求を理解し、これに合わせトリップアドバイザーのプラットフォームも進化させていきます。そして、今後も利用者からのフィードバックを元に、必要に応じて随時変更・改善を行っていきます。

今でも、私はよく一人旅に出かけます。 夜に出かけ見知らぬ人と会話したり、長期的に治安が不安定な地域にも旅行することがあります。安全性に関する情報を得るということは、行動を制限することでなく、潜在的な危険を知ることで、事前に回避できるということです。トリップアドバイザーは、今後何十年も旅行者が安心かつ自由な旅を体験できるよう、旅行者同士が安心して旅行をするための情報交換ができるプラットフォーム作りに注力してまいります。

※英文でのブログはこちらよりご覧いただけます。

この記事に関するタグ

話題の記事