機械学習テクノロジーを駆使して写真を自動選択する新機能を導入のお知らせ

このような写真を見たことはありませんか?
少しぼやけている宿泊客のセルフィ―写真、バスルームの蛇口のアップ写真、宿泊施設の外でどの場所かも分からないような写真・・・もし、宿泊施設のオーナーが自ら写真を選択し掲載していない場合、このような写真が宿泊施設のメイン写真として施設ページのトップを飾ってしまいます。

ユーザーから寄せられるこれらの写真の多くは、旅行者にとって役立つものでもありますが、メイン写真として施設を表現しているとは限らず、またオーナーの皆さんにとっても施設を最も良く表現している写真として、自慢したくなるものではないでしょう。

施設のメイン写真は、旅行者が最初に目にする画像であり、強い第一印象を与える最も大事な要素です。そして写真から施設のイメージが描ければ、そのまま宿泊先として選ばれる可能性が高いことになります。

この度トリップアドバイザーでは、最先端の機械学習テクノロジーを使用して、プロの写真と旅行者の写真の両方から、宿泊施設の最適なメイン写真を分析して自動選択する、新たな機能を導入しました。この自動選択ツールは、ユーザーテストによって実証された、写真のエンゲージメント、画像の解像度、向き、明瞭性、写真に人が写っていないかなど、様々な要素を分析します。 これにより、旅行者からより高いエンゲイジメントを促す写真を選択することが分かっており、施設の印象が良くなる質の高い写真を選択するサポートをします。

宿泊施設のオーナーは、施設の管理者として登録(無料)をすれば、いつでもメイン写真を自ら選択することがでます。 公式の写真を掲載することもできますし、旅行者から投稿された写真を選ぶこともできます。 メイン写真を手動で選択したい場合は、管理画面より新しい自動選択機能をオフにして、メイン写真を選択するだけでOKです。

B2Bホテルプロダクト&マーケティング ヴァイスプレジデントのマーティン・ヴェルドン・ローは次にようにコメントしています。「良い写真は新規のゲストを魅了する重要な要素であると言えます。 弊社の調査によると、宿泊客の79%が宿泊施設を予約する際に写真が重要であると答えています*。また、パートナーとの最近の調査においても、最適化された写真の選択によってユーザーのクリック率**が伸びることがわかりました。この度導入したこのエキサイティングな新機能は、何百万人ものプロと旅行者の写真から得た洞察を用いる機械学習の強みを存分に活用し、世界中の旅行者に施設の素晴らしい第一印象を与えられるツールになっています」

メイン写真の自動選択機能についての詳細は、こちらよりご覧いただけます。

*TripBarometer survey 2016
** TripAdvisor internal data Q2 2018

この記事に関するタグ

話題の記事