新しいトリップアドバイザーが公開!記者発表会を開催しました

本日(11月14日)、全世界で新しくなったトリップアドバイザーを公開し、東京都渋谷区で記者発表会を開催しました。新たにソーシャル機能が加わり、よりオープンな旅情報サイトに生まれ変わった新サービスについての紹介、そしてご参画いただいているパートナー様をご紹介させていただきました。

プレスリリースはこちらからご覧いただけます。

「新トリップアドバイザーの紹介」代表取締役 牧野友衛

2008年、口コミ情報サイトとして日本でサービス提供を開始したトリップアドバイザーは、新たにソーシャル機能を追加し、また信頼性のあるメディアやインフルエンサーにより投稿が可能となり、オープンな旅行情報プラットフォームになりました。これにより、これまで分散されていた情報から必要な旅情報を収取するスタイルから、旅に必要な情報がワンストップで発見、共有、保存できる便利なプラットフォームになったと説明。

「新機能の説明」ローカリゼーションマネジャー 間庭直樹

新トリップアドバイザーにログインすると、画面に知人や友人、さらに信頼できるメディア、ブランド、インフルエンサーなど、フォローした人や検索エリアの情報を元にパーソナライズされた口コミや情報が自動表示されようになります。これにより、インスピレーションが沸く画像、動画、記事などの旅情報をワンストップで発見できるようになり、お気に入りの情報を保存し、リストを作成できるようになりました。リストは非公開することも、グループ内で公開、共有することも可能で、旅行計画にお使いいただけます。

「参画パートナーの紹介」シニアマーケティングマネージャー 三橋竜二

新サービスでは、信頼性のある一時情報を提供するメディアやブランドがパートナーとして、エキスパート目線の投稿をしています。現時点で40以上のパートナーに参画いただいており、今後もパートナーを増やしていく予定です。本会見では、ご参画いただいたパートナー様の中から株式会社小学館「和樂」編集長・高木史郎様、株式会社JTBパブリッシング「るるぶ&more. 」編集長・竹地里加子様、株式会社ダイヤモンド・ビッグ社「地球の歩き方」事業本部本部長・奥健様より、新トリップアドバザーとのパートナーシップについてお話いただきました。

左から弊社牧野友衛、高木史郎様、竹地里加子様、奥健様

オープンに、便利になった新トリップアドバイザーをぜひこちらからご体験ください

アプリダウンロードはこちらから
iOS(Apple Store)  
Android(Google Play)

この記事に関するタグ

話題の記事