旅して応援!「西日本豪雨」被災地の観光支援情報まとめ

この度の西日本豪雨にて被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

トリップアドバイザー日本オフィスでは、被災地域の復興支援に関して何かお手伝いできることはないかと考え、被災地域にある観光地の正しい情報を発信する特設ページを開設することといたしました。この特設ページは、西日本豪雨の被害を受けた地域の観光地が、安全に営業中であることを周知するためのものです。掲載エリアは順次拡大してく予定です。
7/26 下呂温泉、道後温泉 掲載
8/10 倉敷、尾道、呉、宮島 追加
8/30 神石高原、竹原、岩国、岡山、牛窓、湯原温泉、三次 追加
9/12 大田、湯郷温泉、鞆の浦、久留米、江津、世羅 追加
9/21 大洲、鬼北、宇和島、今治、松野、西予、白川郷

大洲市(愛媛)

投稿者:L6636YOjeffh

市内を縦断するように肱川(ひじかわ)が流れ、その岸に立つ大洲城がシンボルの大洲市。「伊予の小京都」とも呼ばれ、大洲城から東へ徒歩約15分の「明治の家並み」エリアには、武家屋敷や蔵などが残っており、特にその趣が感じられます。昭和30年代の街を再現した「ポコペン横丁」や、エメラルドグリーンの水が美しい肱川の景勝地「臥龍淵」を望む「臥龍山荘」など、大洲城周辺は散歩に最適です。市の中心部以外も見所は満載。崖にせり出した参籠殿(さんろうでん)が迫力満点の「少彦名神社(すくひこなじんじゃ)」や、1935(昭和10)年竣工で日本に現存する最古の跳ね上げ式可動橋「長浜大橋」、猫島として話題になった「青島」は人気スポットです。

大洲市では豪雨の影響で肱川が氾濫し、多くの住宅が浸水するなど甚大な被害が出ました。しかし現在は、松山自動車の上下線が復旧し、一般道路も一部迂回等あるものの、ほとんど通行可能です。「大洲城」や「臥龍山荘」「長浜大橋」など、主要な観光スポットも通常通り巡ることができます。10月中旬までは肱川の河原で、大洲の秋の恒例イベント「いもたき」を行っています。「いもたき」とは、河原で里芋を鶏肉などと一緒に煮込み、地域の人との親睦を深めるという、江戸時代からの行事。事前に予約すれば、登録店舗が河原で料理を提供してくれるので、地元の人でなくとも楽しめます。詳細はこちら

臥龍淵を眼下に見る臥龍山荘の「不老案」

投稿者:玉井東水

長浜大橋は毎週日曜日の13時に開閉されます(荒天時などを除く)

投稿者:Tmt001

鬼北町(愛媛)

投稿者:k_matsu132

四方を山々に囲まれ、町内をいくつもの川が流れる鬼北町は、愛媛県南東部に位置し、高知県に接しています。「鬼」の字が名前に入る自治体は、全国でもここだけ。鬼ヶ城山の北に広がっているので、「鬼北町」という名になりました。自然豊かなこの町を象徴するスポットといえば、町の西端部、奈良川の上流にある「成川渓谷」。約3kmに渡って、清々しい空気と渓谷美が堪能できます。歩き疲れたら、「成川渓谷休養センター」の温泉で一休み。こちらは宿泊も可能です。町内に2つある道の駅は、一風変わったフォトジェニックなスポット。なんと、巨大な鬼の像が設置されているのです。今や町の新たな観光名所として、インスタグラマーやブロガーの間でも人気です。

豪雨では町内各所で建物半壊や土砂災害など大きな被害がありましたが、復旧が進んでいます。隣接する宇和島市や松野町へと続くJR予土線も運行を再開しました。鬼北町の秋を彩るイベントといえば、「でちこんか」ですが、今年も10月13日(土)・14日(日)に開催予定。「でちこんか」とは、鬼北町の方言で「出てきませんか」という意味で、イベントは毎年10月に鬼北町役場横の河川敷行で開催されています。13日には入場無料の和太鼓ライブがあり、14日にはステージショーや鮎のつかみ取りが行われます。さらにジャンボきじ鍋も振舞われるので、出かけてみてはいかがでしょう。

道の駅「広見森の三角ぼうし」の鬼王丸(きおうまる)。名物のキジ料理にちなみ、肩にはキジ

投稿者:DaySuper7

道の駅「日吉夢産地」の柚鬼媛(ゆきひめ)はセクシーな女性鬼。思わず魅入るクオリティ

投稿者:星の王子様

宇和島市(愛媛)

投稿者:yamagara7588

宇和島市は、松山から車で1時間半、電車なら特急・宇和海で約1時間半の愛媛県南部の中心都市。日本に12カ所にしかない現存天守の一つ「宇和島城」がシンボルです。宇和海で獲れる魚介も絶品で、小魚をミンチにして油で揚げた「じゃこ天」や、真鯛の刺身に醤油味のタレをかけた丼「鯛めし」などが楽しめます。景観も見事で、幾重にも織り成す「遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑」の絶景は、国の重要文化的景観に選ばれています。また宇和島の伝統行事といえば闘牛。17世紀にオランダから贈られた2頭の牛同士がたまたま戦いを始めたことに端を発しているのだとか。多様な技を繰り出しながらツノをぶつけ合う姿を目の当たりにすれば、興奮間違いなしです。

宇和島市内では、幸いにも豪雨による大きな被害はありませんでした。「宇和島城」など主要な観光スポットへのアクセスにも影響はなく、以前と変わらず観光を楽しむことができます。「日本農村百景」といわれる段々畑「遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑」でも、以前と変わりない風景を見ることができます。10月28日(日)には、「うわじま定期闘牛大会」も。牛が互いのツノをぶつけ合い、逃げ出した方が負けという非常にシンプルなルールなので、観光客も十分に楽しめます。11月3日には、被害の大きかった吉田町の八幡神社祭礼「吉田町秋祭り」が例年通り開催されることに。江戸時代から続く祭りは、人形山車や牛鬼、鹿踊などが町を巡る「おねり」が名物で、県無形民俗文化財にも指定されています。また、宇和島市は真鯛・真珠の生産量日本一。11月10日(土)に行われる「パール婚式(真珠婚)」では、「30年目のラブレター」に応募して選ばれた結婚30周年を迎える夫婦を宇和島でたっぷりお祝い。日本一真珠の養殖が盛んな、宇和島市ならではの催しです。

「宇和島城」の天守閣は1671(寛文11)年に建設されました。三重三層の総塗籠

投稿者:柴犬クッキー

「道の駅みなとオアシスうわじま きさいや広場」では、写真の鯛めしやじゃこ天など宇和島名物が味わえます

投稿者:Evagundam

「吉田町秋祭り」のおねりの様子

写真:宇和島市

今治市(愛媛)

投稿者:kaz0132

瀬戸内屈指のドライブ&サイクリングスポット「瀬戸内しまなみ海道」。その四国側半分が、今治市です。本州から四国まで橋でつながる自動車道の今治エリアで一番の名所が、世界初の三連吊り橋である「来島海峡大橋」の絶景。潮風に吹かれながら、美しい島々の景観を横目に走り抜ける爽快さは、しまなみ海道ならではです。しまなみ海道以外にも、市内には個性あふれる観光地が目白押し。1604(慶長9)年に、城造りの名人・藤堂高虎が築いた「今治城」。「伊予三湯」とも呼ばれ、江戸時代には今治藩の湯治場として栄えた「鈍川(にぶかわ)温泉」。特産品・今治タオルにまつわる「タオル美術館」。地元の人が愛するソウルフード、「焼豚玉子飯」も忘れずに食べて帰りましょう。

今治市では、大島、伯方島、大三島などの島々に豪雨の被害がでました。現在は、しまなみ海道や島内の外周道路などで、一部片側通行の道路もありますが、概ね復旧しています。今治観光に便利な自転車も、JR今治駅周辺でレンタル可能。秋が祭りの季節なのは今治市も同様。大三島では、9月22日(土)、23日(日)には「上浦町地方祭り」、9月29日(土)には「宮浦・台地区秋祭り」と、さまざまな祭りが行われます。なかでも、一年中で最も島が盛り上がるとされるのが9月30日(日)の五穀豊穣を祝う「大山祇神社産須奈大祭」。獅子舞や、踊り子を引き連れただんじりが笛・太鼓の音に合わせて練り歩きます。「お旅」と呼ばれるメインイベントでは、肩に乗せられた獅子がそれぞれに芸を披露。街全体にちょうちんが灯る幻想的な光景に胸が躍ります。

「タオル美術館」では9月26日(水)までプロジェクションマッピングを用いた企画展を開催中

投稿者:cosmic7

今治市のご当地グルメである「焼き豚玉子飯」。もともとはまかないから生まれたのだとか

投稿者:やまだやまお

松野町(愛媛)

全町域の84%を森林が占める松野町。松山から松野町まではJR予讃線とJR予土線を乗り継いで3時間弱と、愛媛県内でも中心部から遠く離れた地だけに、自然がとにかく豊か。「森の国」のキャッチフレーズを持ち、天然ウナギと川ガニが有名です。大自然を体感したい人は、「滑床(なめとこ)渓谷」へ。キャニオニングに参加して、天然のウォータースライダーを満喫しましょう。特産品では、なんといってもトマトに要注目。「森の国ファーム」では、一年を通してあま~いトマト・通称「桃トマト」を堪能することができます。都会の喧騒を離れ、リフレッシュしたり、のんびり過ごすのにはぴったりの町です。

松野町では豪雨の影響のため、現在は常滑渓谷への道路が不通。9月末頃の復旧を予定しています。常滑渓谷のキャニオニングツアーは従来通り行われているので、復旧までは電車などの公共機関を利用して訪れましょう。荒天で中止になったり、事前予約が必要な場合もあるので現地へ訪問する前に確認しておくとベター。キャニオニングのシーズンは11月ごろまで。11月中旬〜12月上旬には、紅葉が見頃となります。

「常滑渓谷」でのキャニオニングはスリル満点。子供はもちろん大人もはしゃげます

管理者提供の写真

JR松丸駅から徒歩3分の「虹の森公園 おさかな館」では、カワウソやペンギンに餌やりもできます

投稿者:藤田 周

西予市(愛媛)

愛媛県の南西部に位置する西予市は、市内での最大標高差がなんと1400m! 「海」「里」「山」の幅広い魅力が揃っています。愛媛県の特産品であるミカンのほか、魚介類、米など、四国でも随一の多品目生産の地でもあります。1928(昭和3)年に建設された旧宇和町小学校校舎を移築改修し、1991(平成3)年に開館した「宇和米博物館」には、宇和盆地の米作りの歴史が分かる資料や約80種類の稲の実物標本がズラリ。標高1000mの高原に広がるのが牧場「四国カルスト大野ヶ原」。風力発電用の白い風車が、青空のもとでゆうゆうと佇んでいます。牧場で搾られた牛乳を使ったチーズケーキやアイスクリームが評判の、カフェ「もみの木」も人気です。大自然のゆったりとした時間の中で、心も体も癒されることでしょう。

西日本豪雨の影響で、大規模な土砂崩れや宇和川の氾濫が発生し、大きな被害が出ました。現在も、桂川渓谷や三滝渓谷などは立ち入り禁止となっています。しかし、海沿いのエリアや市街地は観光に支障なく、人気スポット「四国カルスト大野ヶ原」にも影響はありません。10月後半からは、大野ヶ原でも紅葉が見頃となります。江戸時代から続く「乙亥(おとい)大相撲」は、プロもアマチュアも入り混じり戦う珍しい大会で、今年で第167回目。今回の豪雨を受け、11月27日(火)には「復興乙亥大相撲」という名称で「市野村公会堂」にて開催される予定です。入場無料なので、伝統の相撲を見に行くのも一興です。

雄大な四国の山々が広がる「大野ケ原カルスト」では、牛たちものびのびと草を食んでいます

投稿者:IchiZen

 

「宇和米博物館」の109mの木造廊下は長さ日本一。200円払えば誰でも雑巾掛け体験にチャレンジできる

投稿者:Koji M

白川郷(岐阜)

投稿者:おさるNo1

1995(平成7)に、世界文化遺産に登録された「白川郷合掌造り集落」。世界的にも有数の豪雪地帯である飛騨や富山南部だからこそ、雪が屋根に降り積もっても耐えられるよう、傾斜の大きな屋根を持つ「合掌造り」という建築方式が生まれました。現在も、およそ60棟の合掌造り集落が現存しており、住居として利用されている建物も多くあります。地域名物の飛騨牛コロッケを楽しめるお店や、記念撮影スポットも点在。宿泊できる合掌造りの家屋もあるので、せっかくなら泊まりで訪れるのもいいですね。わらぞうり作りやそば打ちの体験も充実しており、日本の原風景の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

白川郷では幸いなことに大きな災害はなく、通常通りの観光を楽しむことができます。白川郷までは、車なら飛騨の中心地・高山市街から約40分、名古屋から3時間弱。国道156号の白川村地内では、土砂崩れがあった影響で、現在も通行止めとなっています。代替措置として、9月末頃までは東海北陸自動車道の飛騨清見IC~白川郷IC間は通行料金が無料。紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬までとなっているので、雪に包まれる前、草木が秋色に染まった色鮮やかな時期に訪れてはいかがでしょうか。

250年続く旧家「長瀬家」は、合掌造りの中を見学できるスポット。本物の囲炉裏で暖をとることもできます

投稿者:さいさいさい

「萩町城跡展望台」から白川郷合掌造り集落を見下ろすと、まるでミニチュアのような絶景が広がります

投稿者:LucyKate

大田市(島根)

投稿者:Jerry T

東西に細長い島根県のほぼ中央部に位置する大田市。もっとも有名なスポットは世界遺産にも登録されている「石見銀山」でしょう。
「石見銀山」は戦国〜江戸時代にかけて最盛期を迎えました。当時、世界の産出銀の約3分の1が日本産、そのほとんどが石見の銀だったとも言われています。日本の産業の発展だけでなく、世界的に重要な経済・文化交流を生み出した石見銀山は、今も人の暮らしの中にあります。
町並みには、銀山によって栄えた豪商の旧家「熊谷家住宅」や武家、社寺など、歴史ある建物が残り、おだやかさと賑わいが共存しています。石見銀山の他にも、港町にある「温泉津温泉」や国立公園三瓶山の麓の「三瓶温泉」といった温泉も人気です。日本海の海の幸も絶品の味。大田市で”味わいのある旅”をしませんか。

大田市では豪雨による直接的な被害はほとんどなかったものの、JR伯備線が一時不通になりました。現在は復旧し、「石見銀山世界遺産センター」などの主要な観光施設も通常通り営業しています。秋のイベントにも注目。9月15日(土)〜9月30日(日)の「三瓶そばの花まつり」では、参加店がメニューの割引を行ったり、おみやげをサービスしてくれます。また、毎年4月・10月に温泉津温泉で開催される「やきもの祭り」は毎回好評。2019年も開催予定で、日本最大級の登り窯からの窯出しや即売会が行われます。

「石見銀山」で常時一般公開されている坑道跡、「龍源寺間歩」投稿者:globomy

「観世音寺」から眺める石見銀山の町並み投稿者:11holic11

湯郷温泉(岡山)

投稿者:pagetaka

湯原温泉、奥津温泉とともに、「美作三湯」のひとつに数えられる岡山県内陸部の名湯。平安時代に、慈覚大師・円仁が、白鷺に導かれて発見したことから別名「白鷺の湯」とも呼ばれます。温泉宿や足湯施設のほか、木製玩具や世界のオルゴールを展示する「現代玩具博物館・オルゴール夢館」や、大規模な鉄道模型のジオラマがある「てつどう模型館&レトロおもちゃ館」などミュージアムが充実。また周辺にある絶景スポット「上山の棚田」では、日本らしい田園風景に心癒されます。

湯郷温泉へ電車でアクセスする場合は、JR姫路駅から姫新線で約1時間40分(乗り換え時間含まない)の林野駅で下車。林野駅からはタクシーで8分ほどです。豪雨直後は、JR姫新線が一時不通になっていましたが、現在は復旧しました。秋の見どころは、温泉街から車で10分ほどの「大山展望台」。湯郷の街や吉野川、岡山最高峰の後山などを見渡すことができますが、晩秋〜冬にかけては雲海が見頃。雲海は早朝に現れやすいので、温泉宿で1泊して訪れたいスポットです。

「現代玩具博物館・オルゴール夢館」の店前。レトロなおもちゃには大人がハマってしまいそう投稿者:jinfuji

日中の「大山展望台」。遠くには津山盆地の先の山々まで見渡せます投稿者:崇森

鞆の浦(広島)

投稿者:yokomaku_toshinori

広島県福山市の瀬戸内海を望む港町。ジブリ映画『崖の上のポニョ』やヒュー・ジャックマン主演映画『ウルヴァリン・SAMURAI』、TBS系ドラマ『流星ワゴン』など、多くの映像作品のロケ地となった街です。シンボルは夕暮れに明かりの灯る石造りの常夜燈。沖から来る船と港の人々を160年間見守ってきました。160年の間には、坂本龍馬率いる海援隊の船「いろは丸」と、紀州藩の軍艦が衝突する事件も。街歩きだけでも充分楽しめますが、「いろは丸」から引き上げられた物品などを展示する「いろは丸展示館」や古民家を改装した美術館「鞆の津ミュージアム」などの展示施設への立ち寄りもおすすめ。また、フェリーで5分の仙酔島では、青・赤・黄・白・黒色の岩が連なった「五色岩」が見られます。

鞆の浦・仙酔島ともに、豪雨による大きな被害は特になく、これまで通り観光を楽しむことができます。鞆の浦へのアクセスはバスがおすすめですが、バスも通常通り運行。JR福山駅から鞆鉄バス「鞆の浦行き」または「鞆港行き」で約30分ほどです。鞆の浦~仙酔島を結ぶフェリーも通常運行しています。9月16日(日)には沼名前神社で渡守神社例祭が行われます。また、9月30日(日)~10月21日(日)には、街全体を舞台に現代アートを展示する「鞆の浦 de ART」を開催。福山市在住のアーティストや、福山大学の学生らが創作した作品が、街のそこかしこを彩ります。芸術の秋は、街自体も絵になる鞆の浦で、現代アートを堪能してみてはいかがでしょうか。

古い建物や石畳の道が風情ある街並み。みやげもの屋や食事処、喫茶店などがあります投稿者:ikemiizuo

仙酔島のパワースポット「五色岩」。遊歩道を歩きながら色の変化が楽しめます投稿者:Gmd17132

久留米(福岡)

投稿者:moromakokuro

福岡県南西部、江戸時代は城下町として栄えた久留米市。明治以降は商業の街として発展しました。タイヤメーカーの「ブリヂストン」が生まれた地でもあります。ブリヂストンの創業者である石橋正二郎氏が1956(昭和36)年に寄贈した石橋文化センターは広大な庭園を有し、美術館や音楽ホール等を備える複合文化施設です。宝良山の高台に立つ「高良大社」は、市内きってのビュースポット。阿蘇山を水源とした筑後川を中心に、緑と街が交わる様はまさに絶景。神社建築としては九州最大の大きさを誇る社殿も見どころです。とんこつラーメンの元祖ともいわれる久留米ラーメンは、訪れたらぜひいただきたい一品です。

久留米市では西日本豪雨の影響で、1675戸が浸水する大きな被害が出ましたが、主要観光施設へのアクセスには支障ありません。市内では、秋のイベントも目白押し。10月6日(土)〜10月7日(日)には、久留米市シティプラザ六角堂広場で「筑後SAKEフェスタ2018」を開催。筑後地域20社の酒類を飲み比べできます。10月13日(土)~10月14日(日)には、「第33回久留米市コスモスフェスティバル」も開催されます。「コスモス街道」と呼ばれる、陣屋川の堤防沿いの道に咲くコスモスを目当てに、遠方からも観光客が訪れます。また、10月20日(土)〜11月18日(日)には、石橋文化センターで「秋の薔薇フェア2018」も開催されます。400酒類2600株のバラが彩る園内をお楽しみください。

「久留米市美術館」では展覧会やワークショップ、ミュージアムコンサートも開催されます投稿者:happy_trip_725

とんこつラーメンは、昭和12年に久留米市の南京千両という屋台でうまれました 投稿者:ふるいちば

江津(島根)

投稿者:Vanessa K

中国地方随一の大河「江の川」の河口にあたる江津市では、土地の伝統が現代まで色濃く引き継がれています。その一つである石見神楽は、県西部の石見地方に伝わる伝統芸能。代名詞ともいうべき「大蛇(おろち)」は、大迫力の演目です。1763(宝暦13)年に江津に伝来したといわれる「石見焼」は、島根を代表する伝統工芸品です。高温で焼きあげられた陶器は耐久性抜群。色彩豊かな花瓶、食器が人々に愛されています。「有福温泉」は、煉瓦造りが特徴的な御前湯を筆頭に、木の香り豊かな木造のさつき湯、ぬるめのお湯のやよい湯など3つの外湯があり、市を代表する観光地となっています。

江津市では、江の川流域で浸水被害が発生したものの、観光は通常通り楽しめます。行事も予定通り開催予定です。11月4日(日)に桜江中学校体育館で行われるのは、「第41回桜江神楽共演大会」。出演するのは、江津市内外の神楽団、神楽社中に加え、広島県の神楽団など10団体。11月25日(日)には、石見神楽の祭典である「第24回江津市石見神楽大会」が江津市総合市民センターで開催。ゆったりとした六調子からアップテンポな八調子の囃子にのせた舞は迫力満点。朝から夕方まで1日たっぷり神楽を楽しんでいただけます。

穏やかで広大な「江の川」。雄大な眺めに心和みます投稿者:赤色の吟遊詩人

「有福温泉」の外湯の一つである御前湯は、泉質とともに和洋折衷のたたずまいも魅力投稿者:ちーちゃん66

世羅町(広島)

投稿者:Shino M

広島県の中央に位置し、のどかな田園風景が広がる世羅町。マツタケのような見た目と香りで話題の「松きのこ」や、ブドウ・ナシをはじめとするフルーツ、米などの一大産地です。 観光農園や販売所も多く、8~10月まではナシやブドウ狩りのベストシーズン。家族連れにもおすすめです。昔ながらの水田や森林が多く残っており、ギフチョウ・ヒョウキンモドキ・ダルマガエルなどの絶滅危惧種も数多く生息しています。いずれも空気や水がきれいな場所でしか姿を見ることができない生き物です。

西日本豪雨の影響により、世羅町へのアクセスはJR福塩線の府中~塩町間が不通となっており、復旧の目処は立っていません。電車で訪れる場合はJR福山駅から山陽本線に乗車。三原駅もしくは尾道駅で下車し、三原駅・尾道駅ともに駅からは中国バスの甲山行きで約1時間です。甲山営業所バス停が最寄りです。9月8日(土)~10月21日(日)に「世羅高原農場」で行われる「秋のダリア祭り」は毎年の恒例行事で、秋になると赤・ピンク・白など色彩豊かなダリアが咲き誇ります。「世羅ゆり園」では9月8日(土)~11月上旬まで「秋の花まつり」が開催され、珍しい秋のユリを見ることができます。世羅町のイベントは花づくし。華やかな花の世界をたっぷりと堪能できます。

「世羅ゆり園」の秋の丘を染めるケイトウとセルビア投稿者:turara

「世羅ゆり園」のビニールハウスに入ると、ユリの上品な香りに包まれます投稿者:turara

神石高原町(広島)

投稿者:Evagundam

381平方kmの広大な森林に囲まれた高原の町、神石高原町。標高約500mの中国山地に位置しており、大自然の中のスポットが人気です。日本百景の一つである「帝釈峡」をはじめ、まるで水墨画のような「塚ヶ峠」の雲海や、澄んだ空気の中でアウトドアが楽しめる「星居山森林公園」など自然いっぱいの景観に心が落ち着くようなひと時を過ごすことができます。その他、トマトやブドウなどの農作物や、ブランド牛・神石牛など、特産品もバラエティ豊富。食の魅力もぜひ、現地に訪れたら外せないポイントです。

今回の豪雨での影響を受け、一時は落石の影響で道路の通行止めなどもあったものの、現在観光関連施設は問題なく営業しています。自然いっぱいの体験を堪能することができますよ。また、9月24日(月)まで、家族や友人と楽しめるリアル謎解きゲーム「星降る街〜381k㎡から脱出せよ!」を開催しています。ストーリーに従って、車やバイクで神石高原町全域をドライブしながら謎解きをするイベントで、参加にはキットの購入が必要。販売所など詳しくは、こちらをご覧ください。クリアには1日以上かかることが想定されているので、ぜひ泊まりで挑みたいですね。

帝釈峡の名勝「鬼の唐門」。高さ約8mの洞はくぐることができます投稿者:密林黒兵衛

道の駅「神石高原町さんわ182ステーション」。新鮮な野菜の販売のほか、自然食レストランも投稿者:秀樹春

竹原市(広島)

投稿者:しし丸

趣ある古い町並みから「安芸の小京都」の呼び名で知られる竹原。特に「竹原町並み保存地区」は、そぞろ歩きを楽しみたい場所。江戸時代後期より、塩田(えんでん)と酒造で栄えました。通りの中でも重厚な雰囲気を醸し出す竹鶴酒造は、NHK連続テレビ小説『マッサン』で知られる、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝の生家です。竹原市といえば、近年話題になっている大久野島も外せません。戦時中に毒ガス製造を行っていたという過去がありますが、野生のウサギが増え、今ではすっかり〝ウサギの楽園〟に。女性に人気のスポットとなっています。

多くの建物が浸水や半壊等の被害に遭いましたが、現在、市街地の観光施設やお店は営業を再開しています。JRの呉線が一部不通となっていますが、代替バスが運行中。大久野島へのフェリーは営業しています。ただし、大久野島内では、山頂の展望台への道が通行止めとなっています。外周道路は復旧して通行可能。大久野島の詳しい状況については、ひろしま竹原観光ナビでご確認ください。「竹原町並み保存地区」の秋の恒例イベント「たけはら憧憬の路」は今年も開催予定です。10月27日(土)と10月28日(日)の2日間、17時から21時まで、夜の町を竹灯篭の優しい灯りが包みます。幻想的な町へ散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

「竹原町並み保存地区」の奥にある蓮照寺は桜が咲くといっそう趣が増します投稿者:iwaida

大久野島のウサギは人懐こく、エサを見ると集まってきます

広島市内から山陽道本郷ICを下り、途中で豪雨災害のつめ跡を横目に交互通行もなく忠海港まで到着。平日午前中のフェリーも混まずにすんなり島に着きました。うさぎに囲まれ、子供たちも楽しく過ごしていました。
休暇村の職員さんによると、7/6の災害の影響で観光客が半減しているそうで、外周は歩いてまわれますが、展望台までは立ち入り禁止になっていました。
ただ、その他は海もプール全て営業しているので、人が少ない今年は逆に穴場ではないでしょうか。餌をあげる人が少ない分だけ昼間でも案外食べに寄ってきますよ。master vさんの口コミ

 

岩国市(山口)

投稿者:fugui

錦川に架かる五連の木造橋「錦帯橋」がシンボルの岩国。城下町として栄え、歴史ある建物が今も数多く残っています。岩国藩初代藩主・吉川広家(きっかわひろいえ)によって建てられた桃山風南蛮造りの「岩国城」は、山上からの眺めが抜群で、錦帯橋も眼下に。また、女流作家の原点、「宇野千代生家」の庭は、春には桜、秋には紅葉が臨める情緒あふれるスポットです。清らかな水が生み出す岩国の地酒や、通常のレンコンよりも穴が一つ多い「岩国れんこん」など、味わい豊かな岩国の特産品は全国的にも人気があり、一度食せば虜になること間違いなし。

岩国市では、豪雨による被害が大きく、護岸崩落や道路陥没などの被害もありましたが、現在は「錦帯橋」をはじめ、主要観光施設は通常通り営業しています。「錦帯橋」は河原の駐車場も使用可能となっています。ただし一部アクセスには注意が必要。2018年8月現在、錦川鉄道錦川清流線の一部区間については、列車本数を減らす、定期路線バスの代替運転などの対応を行っています。最新の情報は錦川鉄道株式会社ホームページでご確認ください。

8月28日ロープウェイが再開し「岩国城」も開館しました投稿者:ETflyer

緑がいっぱいの「吉香公園」からははるか山上に岩国城も見えます投稿者:fugui

岩国市の観光中、錦帯橋の橋の下で一休み。錦川に涼をとる方も沢山いました。風も通り、涼しい場所でした。地元の方に、豪雨で水かさが増した錦川を見せてもらいました。また、河川敷にクレーンで工事をしていて、心が痛みました。春は桜並木がきれいで、おすすめだそうです。AJIGOさんの口コミ

岡山市(岡山)

投稿者:Eduardo R

旭川と吉井川が瀬戸内海に注ぐ岡山平野の中央に位置し、南部は肥沃な平野、北部は吉備高原につながる山並みが広がっています。白桃をはじめ、ブドウやメロンなどの農産物が有名な「フルーツ王国」としての面を持つ一方、おとぎ話『桃太郎』にまつわる場所である「吉備津神社」や、その漆黒の姿から「烏(う)城」と呼ばれた岡山城、藩主が作った庭「後楽園」など、歴史を今に伝える名所も数多くあります。

今回の西日本豪雨で、岡山市では7600棟を超える住宅の浸水被害が生じ、平成に入ってから最大の被害となりました。しかし、幸いなことに旭川下流の岡山市中心部は浸水することはありませんでした。現在も市の北区エリアを中心に一部区間で道路が通行止めとなっている地域もありますが、観光での一般的なアクセスは通常は問題ありません。日本三名園の一つである「後楽園」や、黒い外観から烏城とも呼ばれる「岡山城」など、岡山に来たら一度は訪れたい主要な場所には問題なく観光できます。

黒漆を塗った様相がからすの羽を彷彿とさせる「岡山城」投稿者:釋安住

桃太郎のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)が祀られる「吉備津神社」投稿者:クマ兄さん

牛窓(岡山)

投稿者:ミーティア

瀬戸内市の南部に位置し、前島・黄島などの島々も含む牛窓は、「日本のエーゲ海」といわれるほど、海と丘の景観が美しいことで知られます。また、香川県小豆島と並ぶ、オリーブの産地でもあります。潮がよく引く日にだけ現れる、島と島をつなぐ「黒島ヴィーナスロード」や、丘の上からの景色が見事な「牛窓オリーブ園」、江戸時代~昭和中期頃の港町の面影が残る「しおまち唐琴通り」など、海沿いならではのスポットが点在します。

牛窓では豪雨による被害はほとんどなかったため、問題なく観光することができます。一時岡山ブルーラインが通行止めとなりましたが、7月18日には復旧し、アクセスにも問題はありません。9月1日(土)~9月4日(火)には、第9回目の「牛窓八朔ひなかざり」を開催。旧暦の8月1日に女の子の初節句を祝う牛窓の風習で、「しおまち唐琴通り」周辺の民家や商家などにひな人形が飾られます。9月28日(金)~9月30日(日)には同じく「しおまち唐琴通り」で「牛窓しおまちアート」を開催。古民家などに陶芸や木工、ガラスアートなどが展示されます。今年の観光客数は、例年の6~7割程度にとどまっているため、ゆったり観光ができそうです。

うっそうとした木立を超えると見えてくる「牛窓神社」投稿者:インテリげんちゃん

縁結びスポット「黒島ヴィーナスロード」。島のハートの石に触れると願いが叶うのだとか。投稿者:koji0229

湯原温泉(岡山)

湯原温泉には15の源泉が点在しており、古くから湯治場として人々に利用されてきました。源泉掛け流しの温泉宿が立ち並ぶ、ひなびた湯治場の風情を今も残しています。湯原ダムのすぐ近くの河原に造られた「砂湯」は、ぜひ立ち寄りたいスポット。24時間無料で入浴可能な巨大露天風呂の源泉は、なんと湯船の底。砂を吹きながらこんこんと湧き出しています。また、この地域は古代より「たたら製鉄」が盛んだったため、製鉄後の屑を積んだ山や、作業場の跡地などが残っています。

湯原温泉街には、幸いなことに大雨での大きな被害はありませんでした。今回露天風呂番付で西の横綱に選ばれた「砂湯」は、豪雨直後は水没してしまっていましたが、すでに復旧済み。被災前と変わりなくお湯を楽しむことができます。湯原温泉は高地にあるため涼しく、夏でも過ごしやすい場所。ぜひ、避暑に足を運んではいかがでしょうか。

湯原温泉は「たたら場」の労働者たちが疲れを癒すために利用したのが始まりといわれています

「砂湯」のそばには湯原ダムがたたずみます。堤防を見上げながら楽しむの温泉も乙なもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月の豪雨で数日間使えなかったそうですが復活していましたダムの放流が行われると東屋や更衣室撤去されるからです女性はちょっと敷居が高いですがバスタオルや観光案内所旅館で湯浴み着を借りれば大丈夫です大自然を満喫できるこの砂湯は湯原の名物だと思いますtabiasobiさんの口コミ

三次市(広島)

投稿者:康夫 川

中国山地のまっただ中に位置する広島県三次市。東西に延びる中国自動車道と南北に延びる中国やまなみ街道の2つの高速道路が交わり、山陽・山陰双方からのアクセスがよい町です。中国地方最大の川・江の川沿いの「江の川カヌー公園さくぎ」では、カヌーやキャンプなどが楽しめます。12ヘクタールもの広大な敷地にイチゴ・ブドウ・桃など13の果樹園がある「平田観光農園」や復元された古代住居がある「広島県立みよし風土記の丘」など、ファミリーで楽しめるスポットが多数揃っています。

三次市は、今回の大雨で被害を受けた地域の一つですが、イベント等を再開するまでに復旧。夜の川でかがり火を灯しながら、鵜を使って鮎を獲る、三次の夏の風物詩「鵜飼」は、8月9日(木)に再開。今年は例年より期間を延長して9月20日まで実施されます。9月23日(日)朝6時には、高谷山展望台で「霧の海」を見るイベント「霧の海開き」を開催予定。運が良ければ霧の中から昇る朝日が見られます。10月20日(土)には、豪雨により延期されていた「みよし市民納涼花火まつり」が「みよし市民復興祈念花火まつり」の名称で開催されます。秋はイベントが目白押しの三次に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「平田観光農園」で甘いイチゴに舌鼓投稿者:高橋 淳

「広島県立みよし風土記の丘」に復元されたリアルな古代住居投稿者:Arnaud D

倉敷(岡山)

投稿者:junhuy

古き良き情緒や文化と、新しさが混じり合う倉敷。「倉敷美観地区」や「下津井町並み保存地区」に代表される古い街並みや、旧倉敷紡績倉敷工場を再開発した「倉敷アイビースクエア」、国産ジーンズ発祥の地として知られる「児島ジーンズストリート」など、幅広い世代に人気のエリアです。

市内では真備町などを中心に大きな被害を受けたエリアもありますが、観光の中心となる美観地区などは、問題なく観光が可能です。週末には早い時間に売り切れることも多い「倉敷美観地区」の「川舟流し」も、今年はやや余裕があるよう。川面からの街並みを楽しんだ後は「大原美術館」や「倉敷民芸館」で、いつもよりゆったりとアートを堪能してはいかがでしょう? また、倉敷といえば昼間だけでなく夕景や夜景も隠れた名物。美しくライトアップされた「倉敷美観地区」や鷲羽山展望台から眺める瀬戸大橋の夕日など、ぜひ泊まりで訪れてほしいエリアです。

地元ジーンズメーカーのショップが連なる児島ジーンズストリート

投稿者:望都

鷲羽山から眺める瀬戸内海と瀬戸大橋。夕景や夜景もおすすめ

投稿者:jameshuang

以前と変わらず美しい街並みでした。風評被害のせいか、猛暑のせいか人は少なかったように思います。大きな災害がほんの10数キロのところで起こったばかりなのに不謹慎と思う方もおられるでしょうが、観光地で働くみなさんも頑張ってるので岡山、広島方面旅行をお考えの方は情報確認した上でぜひお出かけください。m345tさんの口コミ

関連記事:
まるで別世界! 市街地で川散歩が楽しめる遊覧船6選
最注目される日常の美、民芸館へ出かけませんか?
みんなで乗れば怖くな…くない! 絶叫系ライドのあるテーマパーク

尾道(広島)

投稿者:旅と酒を愛するサラリーマン

坂の町、寺の町、映画の町、猫の町……さまざまな枕詞が冠せられる尾道は、一言で表すことのできない魅力に溢れています。海沿いから続く入り組んだ地形に縫うように細い階段や路地が張り巡らされ、いくつもの古刹や個性的な美術館、居心地のいいカフェ、アットホームなレストランが点在し、訪れるたびに新たな発見があります。また最近は向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島の6つの島を7本の橋で結び、愛媛県今治市へと至る、日本初の海峡を横断する自転車道「しまなみ海道」の起点としても人気で、サイクリストの聖地として、国内外から注目されています。

今回の豪雨では、市のほぼ全域で断水の被害を受け、一時は観光施設やレストランなども休業を余儀なくされましたが、現在は復旧。ほとんどの施設が営業を再開しています。一部に運休区間のある山陽本線も、尾道駅を含む区間には問題なく、新幹線と組み合わせた一般的なアクセスに支障はありません。「しまなみ海道」も自転車道のごく一部に片側通行などの箇所があるものの、全線通行可能でサイクリングには支障がありません。尾道をはじめとする沿線のエリアでは、旅行者やサイクリング客を心待ちにしているとのことです。

画家の園山春二氏の作った「福石猫」がいたるところに住み着いている「猫の細道」

投稿者:SinoSze

自転車で島と橋を走り抜ける「しまなみ海道」

投稿者:lorneinvan

関連記事:
尾道観光でノスタルジックに街歩き
しまなみ海道で島巡りサイクリングへ
旅行者が選んだ!2016 日本のロープウェイランキング Top20

呉(広島)

投稿者:Joy_Sinha

造船と海軍の町として発展してきた、広島県の呉市。数々の物語の舞台として知られ、最近では大ヒットしたアニメやテレビドラマにもなった『この世界の片隅に』(こうの史代さん作)の舞台としても注目を浴び、そのロケ地めぐりも人気となっています。呉には現在も海上自衛隊の基地や海上保安大学校などが立地しており、「海上自衛隊呉史料館」や「大和ミュージアム (呉市海事歴史科学館)」、潜水艦や護衛艦を間近で見ることができる「アレイからすこじま」など、他の港町とは異なるユニークな見所も数多いエリアです。

呉市に関しては豪雨被害が大きく報道されましたが、観光施設がある市街地エリアや周辺の島々には大きな被害はなく、ほとんどの宿泊施設や観光施設が問題なく営業中。ただしアクセスには注意が必要で、2018年8月現在、JRの呉線が不通となっており、基本はマイカーや路線バスでのアクセス、もしくは広島、松山からフェリーでのアクセスとなります。最新の情報は呉市の観光に関するウェブサイトでご確認ください。

人気の大和ミュージアムも今なら混雑なしで楽しめます

投稿者:Gotton

「アレイからすこじま」からは、普段見られない潜水艦の姿も

投稿者:Gotton

関連記事:
広島のお土産はコレに決まり!口コミ大絶賛の銘菓・グルメ・逸品10選
ちくわパンにサラダパン…全国「ご当地パン」いくつ知ってる?
旅好きが選ぶ!無料観光スポット ランキング 2017

宮島(広島)

投稿者:Amy B

古くから島そのものが信仰の対象とされていた広島県の宮島。海の中に佇む16mの大鳥居の神秘的な光景は、ソーシャルメディアなどを通じて今や世界中の旅行者から注目を集めています。清盛通りとも呼ばれる賑やかな表参道を通って厳島神社に参拝するだけでも十分に楽しめる宮島ですが、自然たっぷりの島内を散策したり、標高535m弥山からの絶景を堪能するには、やはり泊まりがオススメ。日帰り客が帰った後の静かな島の雰囲気や、早朝の厳かな空気を感じられるのも泊まり客だけの特権です。

宮島では島内で豪雨による大きな被害はなく、観光関連の施設も通常通り営業しています。また広島駅からの交通機関も問題なく運航されています。残念ながら臨時列車等の関係で8月25日に予定されていた「宮島水中花火大会」は中止になりましたが、8月17−18日の「宮島踊りの夕べ」、9月7−9日の「宮島ローソクまつり 萬燈会」など、夏のイベントも目白押しです。ぜひこの機会に宮島を旅してみてはいかがでしょう?

平安時代の寝殿造りの粋を極めた社殿

旅行者の投稿

弥山からの見事な眺め

投稿者:janjanip

広島の災害があったためか、外国人観光客が多く、日本人は少なく感じた。厳島神社は被害無く普通に安心して行けました。Masanori Wさんの口コミ

関連記事:
幻想的な空気に包まれる 夕暮れ時の厳島神社・大鳥居の楽しみ方
水平線や夕陽に映える!! 海や湖にたたずむ鳥居9選
広島のお土産はコレに決まり!口コミ大絶賛の銘菓・グルメ・逸品10選

下呂温泉(岐阜県)

投稿者:kimitakas

草津温泉、有馬温泉と合わせて 日本三名泉の一つと称される「下呂温泉」。平安時代中期の天暦年間(947~957年)に源泉が発見された伝えられる1,000年以上の歴史を持つ温泉です。泉質は、無色透明でほんのりとした湯の香りがある単純温泉(アルカリ性単純温泉)、湯上りにお肌がつるつるとするいわゆる美肌の湯として知られています。

今回の豪雨では、周辺エリアに被害があったものの幸いにも温泉街には直接的な被害はなかったそうです。アクセスに関しても、JR高山線の飛騨金山-下呂駅間の運転を見合わせていますが(現在はバスが代替輸送中。8月半ばには再開予定)、主要な国道は通行に問題ありません。下呂温泉では、8月25日までの毎週土曜に「いでゆ夜市」が開催されるほか、8月1日には龍神火まつり、3日に花火ミュージカル夏公演などのイベントが予定されています。例年ならすでに予約がいっぱいの夏休み時期も、予約に余裕があるそう。川沿いの温泉街は夏の温泉旅行にぴったりです。

飛騨川の川沿いにある墳泉地。囲いは一切なく、下呂温泉の源泉を堪能できます

投稿者:nori.304

「湯めぐり手形」を購入すれば、手形加盟旅館の中から3軒のお風呂に入浴可能に

投稿者:hckok77

下呂温泉に関連する記事:
旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の旅館 ランキング 2017
日本の冬の贅沢、雪見露天風呂があるおすすめ温泉30選
行ってよかった!外国人に人気の日本の旅館 ランキング 2015

道後温泉(愛媛県)

投稿者:ケイ60

日本三古湯の一つとして、『万葉集』『日本書紀』にも登場し、厩戸皇子(後の聖徳太子)も来湯したといわれる由緒あふれる道後温泉。そのシンボルと言えば明治27年(1894)に建造された「道後温泉本館」です。小説『坊っちゃん』に「住田温泉」の名で登場するほか、『千と千尋の神隠し』のモデルとも言われる木造三層楼の建物は、その後も3度の増改築を経て、築100年を迎えた平成6年(1994年)には国の重要文化財にも指定されています。

豪雨により、愛媛県では大洲市を流れる肱川が氾濫するなど大きな被害が出ていますが、道後温泉周辺のエリアでは大きな被害はありませんでした。温泉街は問題なく通常営業をしていますが、報道によれば、風評被害による予約のキャンセルが相次いでいるとのこと。実は「道後温泉本館」は、文化財的価値を将来の世代に受け継いでいくための保存修理工事が予定されており、今のところ2019年1月15日からは、休憩室がある2階以上は休館となる予定。今年は改修前の「道後温泉本館」に入れる最後のチャンスと言えます。

モダンな道後温泉駅。松山駅との間は明治期の機関車をモデルにした「坊っちゃん列車」も往復

投稿者:igawa2015

道後温泉駅から道後温泉本館を結ぶ道後ハイカラ通り。お土産探しや買い食いも楽しい

投稿者:インテリげんちゃん

関連記事:
温泉好きが選んだ、外国人におすすめしたい温泉地5選
あの作家も訪れた!? 文豪たちが愛した老舗宿
行ってよかった!日帰り温泉&スパ ランキング 2015
『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所へ行きたい!

当特設ページの掲載にあたっては、災害救助法適用市町村がある都道府県の観光協会・組合等の対象団体を窓口として、希望される観光地からのご要望により順次情報を掲載しております。なお掲載のお申し込みは、8月20日で締め切らせていただきました。

 

この記事に関するタグ

話題の記事