日本最大のサンゴ礁群「八重干瀬」で遊ぼう

一年に一度だけしか姿を現さない「幻の大陸」が、この世に存在するとしたら? ――そんなドラマチックな話はフィクションの世界だけのように聞こえますが、実際にあるんです。しかもこの国、ニッポンに!

「幻の大陸」の正体は、巨大なサンゴ礁群

幻の大陸の正体は、沖縄・宮古島の北、池間島の沖合約5~22㎞に位置する八重干瀬(やびじ)。南北17㎞、東西6.5㎞にもおよぶ日本最大の大サンゴ礁群で、2013年には国の名勝・天然記念物にも指定されています。

八重干瀬の名前の由来は「幾重にも重なった干瀬だから」「8つの干瀬から成るから」など諸説あり。漁師にとってはいい漁場であることから、「海の畑」を意味するインヌパリとも呼ばれています。さらに大小100を超えるリーフのほとんどに現地の方言で名前が付いています。このことから、地元の生活とどれだけ密着した場所かが分かります。

八重干瀬の大サンゴ礁群を育んでいるのは他でもない、美しい海。周辺の海域は格段に鮮やかな色をしています。宮古島から北、池間島方面へ船を走らせていくにつれ、海の色はますますクリアに。まるで絵画のような海の青に圧倒されます。

ろこモンキーさんの投稿写真

ちなみに、茶色く見えている個所はすべてサンゴの群生。潮位が下がると海面から顔を出します。これが「幻の大陸」と呼ばれる所以。年に数回ある干満の差が激しい時期にはサンゴの根全体が海の上に出現し、まるで広大な陸地のようです。

大関浩司さんの投稿写真

海の中から八重干瀬を見るとこんな感じ。小さなサンゴが寄り集まって、海の底をビッシリ覆っているのがわかります。

sypanda2014さんの投稿写真

新城、吉野でシュノーケリングを体験した後にツアーで八重干瀬を訪問。魚の多さは新城、吉野と同等程度だが海の水の青さは比べものにならないくらい美しい。べーかずさんの口コミ

砂地の浅瀬のところがアクアブルーのきらきらした海の色で、絵葉書のようです。 hayuhayuさんの口コミ

世界に類を見ないほど、サンゴがイキイキ!

一見、ただの石のような塊に見えるサンゴですが、れっきとした生き物。八重干瀬のサンゴは発育が良く、ひとつの個体も大きいのが特徴です。しかも1種類だけでなく、木の枝のようなエダサンゴ、卓状に広がるテーブルサンゴなど、さまざまな形・色をした種類が密集しています。

生きているサンゴはこんなにもカラフル。大規模な群生を間近で見られる海は、世界的にも貴重で珍しいのです。

Pochi_111さんの投稿写真

イキイキとしたサンゴは魚たちを外敵から守るシェルターの役割を担います。そのため、小さな魚の群れがよく見られます。

takashi714さんの投稿写真

サンゴの間にはイソギンチャクなど別の生き物がすみつくことが多いので、それらと共生するクマノミも常連です。まさに天然の水族館!

정현 송さんの投稿写真

今まで見た中で一番サンゴが綺麗でした。妻とアジアの綺麗な海を見つけようと色々なところを見て回りました、マレーシアのレダン、タイのリぺ島、タオ島などなど…。しかし、今までで一番綺麗なサンゴが日本にありました。しゅんぼうさんの口コミ
クマノミやデバスズメダイなどカラフルな魚たちやカメさんにも出会えてとっても幸せ! ツアーでないと行けないポイントですが、宮古島へ行くなら是非1度は訪れる事をオススメします!はなちゃんのママさんの口コミ

八重干瀬の楽しみ方 その1)シュノーケリング

cyobi28さんの投稿写真

そんな八重干瀬を誰でも手軽に楽しめるのが、マスク・シュノーケル・フィンを装着して海を泳ぐ「シュノーケリング」。顔を海に浸けたままプカプカ浮いていられるので、泳ぎに自信がない人でもチャレンジしやすいマリンアクティビティです。

八重干瀬ではいくつかのスポットを転々と回るシュノーケリングトリップが一般的。場所によってはウミガメが見られるところもあるとか。初めは恐る恐る浮いていた人も、後半には慣れてきて、最後は少し潜ってみたりと楽しむ余裕が出てくるはずです。

Pochi_111さんの投稿写真

海外も含め、色々な場所でスノーケリングしていますが、私の中で八重干瀬でのスノーケリングが今までで一番でした。重なり合うテーブルサンゴ、その間をカラフルなお魚が泳ぎ、遠くにはカメの姿も。太陽の光が入った海中の美しさは思い出してもうっとりしてしまいます。kona57さんの口コミ
話には聞いていたが、とにかくスゴイ竜宮城だった。池間島で八重干瀬を熟知したボートを探していくと良い。何日も泊まって、毎日違ったポイントに連れて行ってもらうというのは、最高の贅沢だろう…。zukumさんの口コミ
外海のため、状況によっては波が高いこともあります。サンゴに囲まれているエリアはそれほど波が高くないにせよ、スノーケリングが初めての方には、少し難しいかもしれません。ただ、それに勝る光景があるため、魚好きな方は、一度は訪れた方が良い場所かと思います。heroheroponさんの口コミ

八重干瀬の楽しみ方 その2)スクーバダイビング

静2013さんの投稿写真

ダイビングのCカードを所持している人は、ぜひ八重干瀬でダイビングを楽しみましょう。平均深度が浅いので、光が差し込むと海中はたちまちキラキラ明るい雰囲気に。魚の群れとサンゴは恰好の被写体になってくれること、間違いなしです。

沖縄本島、石垣島でも潜っていますが、宮古島のココ、八重干瀬は見たことない珊瑚礁の海でした。お魚もたくさんいるのですが、何より珊瑚礁の綺麗さに感動します。sypanda2014さんの口コミ
毎年ダイビングで宮古島に行きますが、八重干瀬はとても好きなポイントです。ガウディなどの洞窟や地形も好きですが、何と言っても八重干瀬の珊瑚は素晴らしいです。珊瑚の種類も多く一面の珊瑚礁には、圧倒されます。天気のいい日は、太陽の光がシャワーのように降り注ぎ、珊瑚礁も反射されて、より一層綺麗に見えます。ヒロ0604さんの口コミ

八重干瀬の楽しみ方 その3)グラスボート

みんとくんさんの投稿写真

通常、宮古島から八重干瀬へは片道1時間以上かけてボートで向かいます。朝出発し夕方に戻るワンデイトリップが主流で、海況によっては揺れが生じるため、乗り物に弱い人にとって悩みの種になることも。そんな人におすすめなのが、宮古島と橋でつながる池間島からのボートトリップ。船の底がガラス張りになった観光船を利用すれば、船の上から海の中を覗くことができます。所要時間は片道30分程度なので、半日でプラッと海へ出られるのもうれしいかぎり。泳ぎに自信のない人や家族連れにおすすめです。

グラスボートに乗るために行きました。静かな島の時間の流れを感じられました。珊瑚が青かったり、黄色かったり。グラスボートで船底を観ながら寝ちゃった娘を抱いて少し船酔いしましたが、景色が最高でした‼ keikom124さんの口コミ

池間大橋を渡って、左側に降りた池間漁港にある、池間島海底観光というところで、グラスボートに乗せていただきました。宮古島はだんだん開発などで、海が荒れつつあるのですが、船長さんが美しい自然のままの珊瑚礁へと案内してくれます。まるで森のような珊瑚の美しい姿に感動してしまいました。青い珊瑚や魚がとてもきれいでした。運がよければ、ウミガメも見ることができます。SnowPoppyさんの口コミ

八重干瀬は池間島の北方沖に位置するので、ボートでしか行くことができません。しかも、北寄りの風が強くなる冬場は船の出られない日が増えます。10月ごろになると水温も徐々に低くなっていくので、まさに今がベストシーズン。今年の夏は、きれいなサンゴの海を満喫してみませんか?

旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。