美しすぎる世界のサンドバンク(砂州の島)10選

全国のビーチマニアのみなさん、お待たせいたしました! 南国バカンスに欠かせない白砂ビーチのなかでも、特に美しいといわれるサンドバンクの特集です。
干潮になると海の中から姿を現す砂州は、大自然が造りだすアート。刻々と表情を変える、世界の絶景サンドバンク10選をお届けします。

ホワイトヘブンビーチ(オーストラリア/GBR)

世界最大のバリアリーフ、グレートバリアリーフ(GBR)で最も人気のビーチがホワイトヘブンビーチ。石英を含んだシリカサンドは、白磁器のような澄んだ白さを見せています。ヒル・インレットというエリアでは、入江にたまった砂が濃紺の海と交じり合った幻想的なマーブル模様を堪能できます。
近くにあるハミルトン島からのボートツアーや、ケアンズからワンデイクルーズで訪れるのが一般的ですが、セスナやヘリコプターで上空から眺めるのもおすすめです。

Ollie Oさんの投稿写真

マーブル模様の秘密は、潮流や地形によるものと言われています。

johnsakさんの投稿写真

ハミルトン島からヘリで10分で着きました。砂が今まで見たことないほど白く、水は透明でとても綺麗です。絶対行くべき場所です。あまりに綺麗だったので次の日もツアーを申し込みましたcentrair2005さんの口コミ

ハミルトン島から船に乗り、1時間弱で着きました。海が本当にきれいです。砂浜の砂はきめがこまやかで鳴き砂のため、歩くときゅっきゅっと音がなります。島には木陰もちゃんとあるので、そちらに荷物をおいたり休んだりできます。一緒に船の乗組員さんも島に上陸してくれて救護などしてくれるようです。kaoriy742さんの口コミ

ノカンウイ島(ニューカレドニア/イルデパン)

ニューカレドニアの島イルデパンからボートで30分ほど行くと、紺碧の海にポツンと浮かぶノカンウイ島が見えてきます。緑に覆われた小さな島から何倍もの長さのビーチが延び、潮の満ち引きによって姿を変えています。
ふかふかのパウダーサンドは、足跡ひとつないバージンロード♪ 浅瀬にいくつものサンドバンクが浮かび、干潮になるとひとつにつながります。

Zsolti Mさんの投稿写真

島側からの景色もきれいですが、砂州の先端からも絶景が!

Marco Gさんの投稿写真

この島に着くまでにも色とりどりの海の色を満喫してきましたが、ここに来たら景色が一変!得も言われぬ色で絶句しました。砂の白、浅瀬の水色、そして深場の青……このコントラストのすごさといったら!イルデパンでなにをするか?この島に来なくちゃだめでしょう。Shuji Iさんの口コミ

美しすぎる非日常的風景です。まさに地上にある天国のイメージ。天気がよかったので、ここまでのエメラルドブルーの海と白くて細かい砂は生まれてから見たことない!という絶景を見ることが出来て、ニューカレドニア旅行中一番たくさん写真を撮りました。ririko2015さんの口コミ

ナンユアン島(タイ/サムイ)

タイの東側に浮かぶサムイ島から、ボートで1時間30分ほどに浮かぶナンユアン島。3つの島が真っ白な砂の道でつながった、神秘的な光景が見られます。穏やかな海で遊ぶのも楽しいですが、砂州を見るなら島の上部にある展望スポットへ。美しい海のグラデーションと白砂ビーチをたっぷりと堪能できます

Terramd3さんの投稿写真

砂浜の両側に海が広がるとってもロマンチックなビーチです。

Alexhugobossさんの投稿写真

サムイ島からタオ島とナンユアン島に行く日帰りツアーに参加しました。ライフジャケットを着てシュノーケリングしましたが、珊瑚とカラフルなお魚のコラボは、まるでテレビでみる資料映像のような美しさでした。havetoosutudyさんの口コミ

タオ島からのデイツアーで訪れました。沢山のカラフルな魚が浅瀬にもいて、シュノーケリングでも大いに楽しめます。ビーチサンダルでも登れる島の頂上からの眺めは最高にキレイです。super0164さんの口コミ

はての浜(沖縄/久米島)

久米島の沖に延びるはての浜は、3つの砂州が約7kmにわたって延びるロングビーチ。盛り上がった砂の道が延々と続くドラマチックなシーンは感動的な美しさ。エメラルドグリーンから濃紺の水平線にかけて、美しいグラデーションを奏でる海も必見です! 映画やドラマの撮影にも使われる、日本を代表するサンドバンクをご堪能ください。

Nori Cさんの投稿写真

浅瀬ではキラキラ光る小魚が泳ぎ、南国ムードたっぷり。

sd8695さんの投稿写真

東洋一と言われているだけあって、本当に奇麗な場所です。浅瀬でも沢山魚がいるので、シュノーケリングがとても楽しかったです。運が良いと浜に向かう途中でカメにも会えます。すぐ太っちゃうさんの口コミ

久米島へ行かれる方は、絶対に行ってみてください。本当に素晴らしい場所です。果てしなく広がる美しい海を見てください。こんなきれいな海があるんだと感動しました。私は泳げないので、たまに海に入ったりぼけーっと景色を眺めたりしただけなのですが、それだけでも充分楽しめます。あゆみっこさんの口コミ

サンドバンク(フィジー/マナ島)

フィジーには極上ビーチに縁どられたリゾートアイランドがいっぱい。周辺には無人島も多く、なかには島とも呼べないようなサンドバンクがたくさんあります。日本人にも人気のマナ・アイランド・リゾート&スパからボートで数分のところにも、丸くてかわいいサンドバンクが。パラセーリングやシーカヤックで行くことができます。

sam_drew_lexさんの投稿写真

最終日のパラセーリングが素晴らしかった! スピードボートで小さなサンドバンクへ行き、そこからテイクオフするのですが、息を飲むほどの美しさ。波の中を小さなサメが群れる、見たこともない景観が広がっていました。 sam_drew…さんの口コミ

カーヨ・デ・アグア(ベネズエラ/ロスロケス)

ロスロケス諸島は、南米大陸の最北端に位置するベネズエラの小さな島々。カリブ海に囲まれた島々は国立公園に指定されており、ベネズエラきってのリゾートエリアとして知られています。ソーダ色の海に延びるカーヨ・デ・アグアは、波を割るように真っ白な砂の道が現れる、まるでモーゼの十戒のワンシーンのような絶景に感嘆させられます。

Joaquin79Aさんの投稿写真

上空からはラグーンに砂の島が連なる楽園風景が!

bat999さんの投稿写真

今まで訪れた中で、文句なしに一番美しいビーチです。真っ白な砂浜、温かい海、そして透明度抜群の海の中ではたくさんの魚が躍っています。小さなカニもかわいいですよ! DirioCand…さんの口コミ

楽園とはこういう場所のことを指すんだと心から感激しました。透明度の高い海と、真っ白な砂浜に囲まれたバカンス……夫婦で過ごした3日間は、想像以上に素晴らしい時間になりました。 Lucas Rさんの口コミ

カーヨ デ アグア

バブル評価 5 段階中 5.0
1位:ロス・ロケス国立公園の観光スポット13件中

ナクペンダ・ビーチ(タンザニア/ザンジバル)

アフリカ大陸の東側に浮かぶザンジバル諸島は、ヨーロッパからも観光客が訪れる、アフリカきってのリゾートエリア。モルディブやセイシェルなどと同じインド洋に浮かび、小さな島々は真っ白なビーチに囲まれています。砂でできたサンドバンクを訪れるボートツアーも盛んで、ビーチはバカンスを楽しむゲストでにぎわっています。

vega5さんの投稿写真

ソーダ色の海に囲まれて、こんもり盛り上がった砂の島……たまりません!

Enrica1961さんの投稿写真

ストーンタウンから船で約30分程度のところにあります。近くにあるプリズン島とこのサンドバンクで、現地の人と交渉して60000シリングで行けました。海もきれいで、適度に深さもあり泳ぐのにも適しています。ロドリゲスさんの口コミ

ザンジバルでは絶対に行くべき島。観光客は多いですが、とてもきれいです。グループツアーで行くと自分のタイミングで島を出られないので、ボートチャーターがおすすめです。Tamaram06さんの口コミ

サンドバンク(モルディブ/ナカチャフシ島)

花輪のように連なる26の環礁と、1190もの小さな島々でできたモルディブはサンドバンクの宝庫。サンドバンクの貸し切りやプライベートディナーをセッティングしてくれるホテルも多く、ロマンティックなビーチバカンスを過ごせます。
写真はフヴァフェンフシのサンドバンク。ラグーンに囲まれた砂の島を独占!

Sara Hさんの投稿写真

サンドバンクで爽やかにランチというのもよさそうですね。

trishpdさんの投稿写真

私たちは毎日、およそ1時間のジェットスキーを楽しみ、半径20km以内にあるサンドバンクを制覇しました! おかげで滞在中、8時間も海上で過ごしちゃいました。 Kiwi_SGさんの口コミ

カヤンゲルロングビーチ(パラオ)

パラオの首都コロールから車で2時間+ボートで1時間という超穴場ビーチ。限られた人数しかツアーに参加できないため、人が少なくプライベート感をたっぷり満喫できます。緩やかに弧を描くビーチは、淡青の海と融け合うように延びています。潮が引くと砂州の先にもサンドバンクが姿を現し、息を飲むような美しい景観を見せてくれます。

jyuliさんの投稿写真

どこまでも果てしなく青い海。雲の流れによって時おり海の色が変わりとても神秘的でした。海と空と砂浜が一体化して、涙がでいるほど美しい。この景色はパラオでしか体験できないと思います。kaji56さんの口コミ

島の人は温かく迎えてくれて、とても癒されました。コロールも田舎だと思っていたけど、カヤンゲルを訪れたら、コロールはかなり都会!って思いました。miexxさんの口コミ

スネークアイランド(フィリピン/パラワン)

フィリピンは大洋に浮かぶ7107の島々からなり、そのほとんどが無人島。砂だけでできた島もたくさんあって、サンドバンクツアーも定番のアクティビティです。
スネークアイランドは西のパラワン諸島にあり、正式名称はビガン島。干潮になるとヘビのような細い砂浜が浮かび上がることから、こんな名前で呼ばれています。

tommomelbourneさんの投稿写真

時間が限られている中、アイランドホッピングに2回も3回も行くよりはこのビーチに来ることをお勧めします。数キロもある白いビーチは人が非常に少なく(欧米人客くらい)、とても美しいビーチです。takuya0823さんの口コミ

ガイドもスネークアイランドの意味を説明しなかったので、蛇が一杯いるんだ、と思っていた人が多かったようです。実際は見晴台のある島を頭に見立て、白い砂洲が干潮時に対岸まで浮き上がり、蛇の胴体に見立てて付いた名前です。頂上からは海の美しさが際立って、干潮に至らなくても白い砂州も確認できます。また反対側の海も見てください。とても美しいです。カムさんの口コミ

日本を含めて、世界にはほかにもたくさんのサンドバンクがあります。みなさんのお気に入りサンドバンクはどこですか?

この記事に関するタグ

話題の記事