嘆きの壁からジュテームの壁まで、世界の壁を見に行こう!

アメリカでは、トランプ大統領がメキシコ国境の建設のために国家非常事態を宣言すると発表しました。果たしてアメリカに巨大な壁ができるのかどうかはわかりませんが、人類はこれまでにたくさんの壁を作ってきました。今回は歴史的に重要な意味を持つ壁や、くすっと笑ってしまうユニークな壁など、世界のさまざまな壁をご紹介します。

 

嘆きの壁(イスラエル)

パレスチナ自治区の聖地エルサレムの西側にある外壁跡。ユダヤ教徒が壁に額をつけ、神殿の荒廃を嘆き、その回復を祈る光景が見られます。祈りの場所は男女で分かれていて、左側は男性用、右側が女性用に。神に敬意を表すため、男性は「キッパ」と呼ばれる帽子のようなものをかぶらなければいけません。男性側の入口付近で無料で借りられます。

投稿者:Andreas B

投稿者:Fredy K

投稿者:Fang C

イスラエルで一番神聖な場所。チェックゲートを通って入ります。お祈りの場は男女別々ですが、どの人も真剣にお祈りしている姿に心打たれます。信仰心の深さ・一途さは、一つの神を信じる姿と多神信仰との違いを思います。Traveler815098さんの口コミ
ユダヤ教徒の悲しみが詰まった聖地。壁にあるへこみが歴史を物語る。頭を隠す帽子を借りられるので、訪問の際はお忘れなくyoshida55さんの口コミ
観光客に写真を撮られることを気にも留めない様子でひたすら壁に向かって祈り続ける信者を見ていると、自分たちと宗教に対する考え方が全く違うことを改めて思い知らされる。pogie9824さんの口コミ

ガムの壁(アメリカ)

離れたところから眺めるとカラフルでステキ! でも近づいてよーく見てみると……。噛み終わったガムで埋め尽くされたこの壁があるのは、シアトルの公設市場「パイクプレイス・マーケット」内。1990年代に、横にある劇場を訪れた客がくっつけたのをきっかけに、だんだんと増えていったのだとか。夏になると異臭を放ち、不衛生という声もあるので、近寄り過ぎないほうがよさそうです……。

投稿者:Daiz9

投稿者:Lisa G

投稿者:chepaddy

友人からこの場所のことを聞き、行ってみました、みなさんが噛み締めたガムが壁一面に貼り付けられています。”イロトリドリでキレイ!ほのかなフルーツの香り♬”と楽しめるのですが…床などにもガムがへばりついてるので踏みつけないように気をつけてくださいね。YsDonaldsさんの口コミ
訪れた時にはまさに掃除中。高圧洗浄機で煉瓦の壁を洗っています。しかし、せっかくの観光名所?ということでしょうか、アメリカのユーモアと言うか心の大きさでしょうか、なんとガムの一部をハート型に残したまま、残りを全部掃除してしまいました。これはこれでインスタスポットになりますよね。sikayaさんの口コミ
汚いと言えば汚いですが、ここまでくるとアートですね!自分も壁にガムつけるためにガムを噛んでましたが、つけるの忘れてました。ちょっと行くまでに迷いました。滞在時間は3分程度でよさそう。harukou2203さんの口コミ

ベルリンの壁記念碑(ドイツ)

第二次世界大戦後の1949~1961年まで東西に分断されていたドイツ。ただ、首都ベルリンだけは東と西のどちらへも自由に行き来することが可能でした。二国の経済格差が顕著になると、西ドイツへの亡命者が相次いだことから、1961年、一晩で高さ3mの壁を作ってしまいました。ベルリンの壁記念碑には、1989年に崩壊したあとの壁の残骸や記念碑があります。壁の出現によって、家族や友人と突然会えなくなってしまった当時の様子を知る手がかりになるでしょう。

投稿者:Kevin P

投稿者:WorldGlutton

投稿者:WorldGlutton

テラスからみえる、壁と緩衝地帯と監視塔を目当てに行ったのですが、中の展示が期待以上に素晴らしくて行ったかいがありました。パネル表示以外にも、大きい画面でコンパクトにまとめた映像や、PCで検索できる各犠牲者の情報など時間が足りなくなりました。mngrotmさんの口コミ
M10のトラムの停留所がすぐ前にありますから便利です。イーストサイドギャラリーやチェックポイントチャーリーとは異なった雰囲気ですが、壁が統一前の状態で残っているので、どれか一つに行くならこちらをお勧めします。展示を見ると考えさせられることが多いです。Akira1951Usagiさんの口コミ
同じ敗戦国の日本が高度成長期に突入した頃に、ここドイツでは皆を分断する壁が造られ、30年近くその壁が存在したなんて・・・ここ記念センターのテラスから壁と緩衝地帯を眺めながらドイツの過酷な歴史に思いを馳せました。Pioneer809633さんの口コミ

ジュテームの壁(フランス)

300以上の言語で「愛の言葉」が書かれているスポット。モンマルトルの丘へ向かう途中の、ジャン・リクテュス小公園に隣接するアパートの壁がそれです。現代美術家フレデリック・バロン氏の構想によって生まれたパリの新名所には、壁の前でキスをするカップルや、記念撮影のために訪れる観光客などで連日賑わっています。

投稿者:Coen G

投稿者:PIEROCALABRESE

投稿者:Daniel A

アベス駅の近くにある壁に世界中の言葉で「愛している」が書かれています。日本語もありましたが「愛しいます」「君が好だ」と書かれているところもあり、ちょっと笑ってしまいました。カップルが多かったですが、いろいろな人が見に来ていました。Escape806870さんの口コミ
様々な言語で愛の言葉が書かれています。私はいつも日本語で「大好き」と書かれているところで写真を撮ります。青い壁に白い文字がおしゃれで、写真スポットとしてはおすすめです。私が訪れた時には校外学習なのか、小学生が写真を撮ったりレポートを書いたりしていました。renny1280さんの口コミ
モンマルトルの公園の一角にあります。大きめの黒板ぐらいのサイズで意外と小さかったです。朝行きましたが公園の奥にあるので目的として行かないと見落とすぐらいでした。cloe888さんの口コミ

グレート・ジンバブエ遺跡の大囲壁(ジンバブエ)

首都ハラレから南におよそ300km。ジンバブエ高原内に、7~15世紀にかけてつくられたとされる石造建築遺跡があります。高さ10mに及ぶ、石を積み重ねて楕円を描くように囲われた「大囲壁(グレート・エンクロージャー)」は、この遺跡のハイライト。ほかにも、王の住居跡と考えられる「谷の遺跡」や、儀礼を行ったと推察される「アクロポリス」など見どころたくさんなので、歩きやすい靴で観光しましょう。

投稿者:tchikwetu

投稿者:Anne-marit P

投稿者:ThisAndThat Saf… T

石を積み上げて作られた、大規模な都市遺跡です。一見の価値あり。ただ、維持のための補修が行われているのか不明で、崩れているところもありました。なくなる前にみておきたいところです。夕陽時が特に美しいです。urarinさんの口コミ
手入れがされていて観光しやすい遺跡です。小さな博物館が遺跡内にあり、グレートジンバブエ遺跡の歴史を解説していました。ここでは鳥の彫刻を忘れずに見学して欲しいです。本物がここに展示されています。isekisanさんの口コミ
この遺跡について諸説あるようですが、14世紀ごろ?にこのような建造物が建てられ、今も残っているのはすごいと思います。マシンゴの町からコンビ(乗り合いバス)でも行けるようです。入り口でガイドをお願いするとより楽しめます。アクロポリスからの眺めは素晴らしいですよ。miru3さんの口コミ

ミューリヴァヘ通り(エストニア)

エストニアの首都、タリンは中世の建物がたくさん並ぶ、石畳と城壁が美しい古都です。通称「セーターの壁」と呼ばれるミューリヴァヘ通りにはハンドメイドの編み物を扱う屋台がずらりと並んでいて、セーターのほかにも手袋や靴下など、お土産にピッタリの品が揃います。

投稿者:polserg2

投稿者:etsuzo y

投稿者:生粋のパリジェンヌ

ギルドの門から少し入ったところにある有名な露店街です。手編みの手袋やニット製品などがたくさん売っています。どれもデザインが可愛くて実用で使うと言うよりもお土産に買って、タリンの思い出にするという方が良いかなと思います。etsuzoy1さんの口コミ
セーター壁と言われているところがあり、たくさんのニット製品をおばあちゃんが売っています。ご自分で編んだ物を販売している方もいれば、販売だけしている方もいました。伝統的なエストニアの柄のマフラーと帽子、カーディガンなどを旅行の記念に買いました。osamusiさんの口コミ
それぞれの店でデザインが違っていて、自分の好みのものをおばさんたちとお喋りしながら探すのはとっても楽しいですよ。旧市街の建物は本当に素晴らしいのですが、いまを生きているタリンの人々と接することでもっとこの街を好きになると思います。露店と侮るなかれ!クレジットカードが使用できますよ。Discover804346さんの口コミ

グリーン・ウォール(韓国)

全面ガラス張りのデザインが斬新だと、2012年の完成当初に大変話題になった「ソウル市庁(シチョン)」は、記念撮影のスポットとして人気です。建物内部の広大な吹き抜け空間には、幅100m、高さは7階建て相当の世界最大級の壁面緑化があり、こちらも見ごたえあり。近づいて見ると、細長いプランターでびっしり埋め尽くされているのがわかります。

投稿者:キャロットクラブ国際線旅客部

投稿者:Лилия М

ソウル市役所の中にあります。ガラス張りのソウル市役所新庁舎ですがガラス越しに緑がとてもきれいです。それは、市役所内にある緑の壁です。中に入ると壁一面が緑です。まるで森の中の緑の壁と言う感じですね、圧巻です。自然を取り入れた感じが良いですね!こちらは、一般フロアですから誰でも無料で見られます。Camper806523さんの口コミ
The vertical garden is planted inside the modern glass building, similar to Garden by the Bay in Singapore but this is in City Hall. The building closes on Sunday but you could still see it through the glass wall.
シンガポールのガーデン・バイ・ザ・ベイのようなガラスでできたモダンな建物の中に、植物の生えている垂直な庭がありますが、これは市役所なんです。ビル自体は日曜閉館ですが、ガラス越しであれば見ることができますよ。scalopagesさんの口コミ

グレートウォール/万里の長城(中国)

世界で一番有名な壁といえば、全長2万1,196kmに及ぶ人類史上最大の建造物「万里の長城」。日本の北海道から沖縄までの全長がおよそ3000kmであることを考えると、比較してその長大さがわかります。観光に人気なスポットの多くは東部にあり、中でも人気なのは北京からほど近い慕田峪長城と八達嶺長城の2つのスポット。トリップアドバイザーには、ツアーなども多数掲載され、サイト上から日本語で予約も可能です。

八達嶺長城、投稿者:John C

慕田峪長城、投稿者:Brian O

慕田峪長城、投稿者:Yingjian H

雑誌やガイドブックで「万里の長城」として掲載される写真はほとんどがこの八達嶺です。長城につくと左右に分かれており、左が急な坂道の男坂、右が女坂になっています。まずは左の男坂に挑戦、きつい登り坂が続くが眺望は非常にいいです。続いて女坂、人数が少なく、長城バックに記念写真が撮りやすく、のんびりできます。トリップアドバイザー・メンバーさんの八達嶺長城への口コミ
北京に行くたら一度は必ず見るべき万里の長城ですが、八達嶺長城は混雑が半端でない。こちらは比較的すいていますし、トイレやロープウェイもきちんと整備されています。一点注意すべきは、高速道路の慢性的渋滞です。2時間以上かかる場合があります。トリップアドバイザー・メンバーさんの慕田峪長城への口コミ

ただ表面を眺めるだけなら、一瞬で見終わってしまう壁。でもその成り立ちに思いをめぐらすと目が離せなくなってしまうかもしれません。世界の壁に会いにいく旅、オススメですよ。

この記事に関するタグ

話題の記事