スケール感ハンパないって! 世界の紅葉スポット8選

紅葉といえば、日本に勝るところはないと思っていませんか? 実は、海外にも紅葉で有名なスポットって結構あるんです。豊かな色合いと風情ではかなわなくても、スケールが大きいという点ではこちらに軍配が上がるかも? 広大な場所ばかりなので、紅葉見物の際、人が多すぎて身動きが取れない!なんてこともなく、ゆったり見られますよ。

ローレンシャン高原(カナダ)

海外の紅葉の名所といったら「メープル街道」を思う浮かべる方も多いのでは? カナダ第2の都市、モントリオールから車で約1時間。ローレンシャン高原の紅葉は、メープル街道随一の美しさと言われています。広大なメープルの林と湖沼のコントラストは、まるで絵画のよう。9月中旬から10月にかけて見頃を迎えます。

投稿者:Dominique R

投稿者:Dominique R

投稿者:117abbas

紅葉のローレシャンは素晴らしく美しく、湖のクルージングや、ケーブルカーでモントランブランの頂上からの景色は格別です。基之深さんの口コミ
9月の下旬ごろにこちらに行きました。ガイドブックでは、紅葉は9月下旬から10月上旬となっていますが、それでは早すぎる気がします。私が行ったときには紅葉は始まりかけで、ベストな風景は見られませんでしたが、街自体がかわいらしいし、のんびりできるので損はないです。arigatorippuさんの口コミ
私が行ったときは10月の初めで、高原の辺り一帯は通常通りだったのですが、山之上は一面の銀世界!
しかも温度差が相当にあったので、綺麗云々の話ではありませんでした。
とは言っても、ロープウェイ山麓駅で尋ねれば、山の上の天候・気温は分かりますし、気温が低い・雪が降っている と言う事なら上がらなければ済むことですからさほど気にされることは無いでしょう。Naoki Fさんの口コミ

ウェストンバート国立森林公園(イギリス)

美しい田園地帯が広がる、イングランド中央部のコッツウォルズ地方にある街、テッドベリー。ここには、3000種1万6000本の木々が植えられていて、なかにはヴィクトリア朝時代から大切に保護されてきた希少な種類もあるのだとか。10月中旬から11月中旬にかけては、紅葉見物の人がたくさんやってきます。ジャパニーズメープル(日本産のカエデ)を集めたエリアは、あたり一帯が鮮やかな赤い色に包まれて、とても美しいですよ。

投稿者:Brian G

投稿者:Margaret151151

投稿者:Kim W

秋の紅葉狩りにお薦めです。英国では真っ赤に色づく木々があまり(殆ど?)ないですが、ここは日本の品種を多数取り寄せてあり、赤の入り乱れた素晴らしい景色が楽しめます。園内も広大で、さまざまな風景が楽しめます。CQCQCQさんの口コミ
We stopped here to pass a couple of hours and really enjoyed it. The walk-way amongst the tree canopy is wonderful. The signage is interesting and thought provoking. A lovely place to wander around and get lost in the magnificence of nature. Would love to be there in the Autumn, especially for the Japanese maples.
ここで数時間を過ごそうと立ち寄りました。本当に楽しかったです。枝や生い茂った木々の中を歩く道は素晴らしいです。標識も面白くて、クスッとするものでした。
壮大な自然の中であちこち歩き回り、うろうろするのに最適な場所。秋には、モミジのために訪れるのもいいですよ。essexbunny456さんの口コミ

デナリ国立公園(アメリカ)

アラスカでもっとも有名な観光地、デナリ国立公園では、壮大なスケールの紅葉といっしょに野生動物の姿も! 1年のうち半分以上が雪に閉ざされるため、たった2週間だけの秋は大変貴重です。紅葉目的であれば、8月末から9月中旬のあいだに訪れるようにしましょう。

投稿者:Charles B

投稿者:Natalie S

投稿者:rajivsamvatsar

国立公園は8月末、州立公園は9月初めが、紅葉が綺麗な季節です。まだ日の出が6:30、日没が20時くらいなので、日が長く、どんどんトレッキングなどをつづけていると、とても疲れました。天候次第なので、余裕を持った日程を組んだほうがいいと思います。urarinさんの口コミ
8月の末に行きました。公園一面に広がる紅葉が圧倒的でした。天気が良ければ青空の下のくっきりとした紅葉のグラデーションが、雨が降れば小雨にけぶる紅葉と、雨上りの霧と紅葉が、どれも素晴らしく美しかったです。hukuhukurouさんの口コミ
公園内部には食べ物、水は売っていないので、用意して乗ってください。出発所のウィルダネスアクセスセンターでもサンドウィッチ等売っています。mimiko21さんの口コミ

プリトヴィツェ湖群国立公園(クロアチア)

エメラルドグリーンの湖と滝、緑豊かな森の織りなす絶景で人気沸騰中のプリトヴィツェ湖群国立公園。訪問するなら夏がベストシーズンと言われていますが、10月中旬から下旬にかけては見事な紅葉が広がります。雨が多くなる時期なので、天気予報のチェックと雨具の準備は忘れずに!

投稿者:Damien R

投稿者:Petra_BP

投稿者:ערן ק

紅葉の中の湖もとってもキレイでした!木々を映していなくても、水はとても澄んでおり、様々な青色で目を楽しませてくれました。落ち葉や紅葉が雰囲気があって、しっとりと歩くにはこの時期も素敵ですよ!nyanpokoさんの口コミ
ザグレブからの日帰りツアーで10月初旬に訪れました。天候も良く、紅葉が少し始まっていて、段差がある湖とそれらを繋ぐ滝の連なりが、ただただ美しく、世の中にこんなところがあるのかと感動しながら周りました。bessyoazさんの口コミ
天気が良ければ素晴らしい景色を堪能できます。ただ、公園内の500mlの水は11クーナと市価の倍ですので、事前に買って行った方が良いです。ビールも売ってませんので買って行くべきです。私は買って行って本当に良かったと思いました。nobus709さんの口コミ

プリトヴィチェ湖群

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:プリトヴィッツェ湖群国立公園の観光スポット44件中

アーホルンボーデン(オーストリア)

ドイツとの国境にほど近いチロル州のカーヴェンデル山群には、オーストリア屈指の絶景が待っています。標高約1300mの高地に広がる平らな土地には、約2000本に及ぶカエデが自生しています。なかには樹齢600年に及ぶ大木も。9月末~10月中旬頃に行けば、色づいた美しい木々と出会えるでしょう。

投稿者:Jörg B

投稿者:Jörg B

投稿者:Rot222

10月には、紅葉狩りに訪れる人たちで賑わうのだそうだが、普段は、物静かな奥地の山懐。山懐の正面には、グルーベン・カール・シュピッツェ(2663m)が立ちはだかり、人間の行く手を阻んでいる。弥太郎さまさんの口コミ
Eng Alm is a real hidden gem in the Austrian Karwendel Alps, First of all, even being in Innsbruck or any other part of Tirol you can only access it by driving the unique road through German territory, i.e. the Risstal Landesstrasse.
エングは、オーストリアのカーヴェンデル山麓にある真の隠された宝石です。インスブルックやチロルの別の場所にいたとしても、ドイツ側のRisstal Landesstrasseを通れば素晴らしい道を歩いてたどり着くことができます。DOBCHOさんの口コミ

ガヴァルニー圏谷(フランス)

フランスとスペインにまたがるピレネー山脈。そのフランス側にあるガヴァルニー圏谷は、10万年かけて、氷河が山を削り作り上げて出来上がりました。なんと、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」と「ピレネー山脈のペルデュ山」という、別々のカテゴリーで2度世界遺産に登録された、珍しいスポットなんです。オンシーズンは初夏の頃ですが、紅葉を狙うなら、黄色く色づき始める10月以降に訪れるのがいいでしょう。

投稿者:Aurore R

投稿者:traveltheplanet58

投稿者:Jan t

 さすがに絶景。でも日本では情報はほとんどない。
 ガバルニー単に往復だけで、2時間、更に滝壺まで行けば、プラス2時間。高所に上がって、絶景を楽しめば、プラス何時間。ローランドの裂け目を遠くに見ればさらに、、、。aizuonriiさんの口コミ
最初は平坦な道ですが、次第に岩のある坂道になっていきます。歩くにつれ、周りの高山植物の種類が変わり、楽しませてくれます。
折り返し地点のホテルに到着すると、目の前に巨大なカールと滝が広がり、自然の偉大さを感じました。ryobi11tさんの口コミ
ピレネー山脈でハイキングをするというツアーで、カヴァルニー渓谷に行きました。バスを降りて本当に平坦な道を歩いてすぐ遠くに落差422メートルといわれる大滝を見ることができました。9月末の天気の良い日、平坦な道路と透き通った水の流れる小川、草を食む牛たちを見ながらのんびりな気分を味わえた場でした。toyoshimayoukoさんの口コミ

エンガディン地方(スイス)

イタリアとオーストリア国境にほど近いエンガディン地方は、「これぞスイス!」という美しい山並みに囲まれた山岳リゾートエリア。標高1800mに位置するため、夏はハイカーが、冬はスキーヤーがたくさんやってきます。紅葉が始まるのは10月前半~後半まで。険しい山並みと青く澄んだ湖、そして黄色く色づいた木々のコントラストは、得も言われぬ美しさです。

投稿者:Urs H

投稿者:rinaldo28

投稿者:Christa_Hei

エンガディンはスイス東部の、クール、ダヴォス、サンモリッツ等の町がある地域です。私たちはサンモリッツにしか泊まりませんでしたが、ティラノからサンモリッツに至るベルニナ線、サンモリッツからツェルマットに向かう氷河急行からは、山、湖、氷河と、スイスの美しい風景が続けざまに見られます。おまかせたび人さんの口コミ
ツェルマットやグリンデルワルトと比べるとちょっとスケールが小さいが、その分観光客は少なくゆったりできる。またイタリアにも近いので料理もイタリア料理の要素が入り選択肢が広がってうれしい。ひぐま#1さんの口コミ
サンモリッツの多くのホテルでは、2泊以上すると、人数分・滞在期間中のエンガディン・カードという交通パスを貸してもらえます。このカードはとんでもないすぐれもの。エンガディン地方の鉄道・バス・ケーブルカー・ロープウェイ・リフトのほとんどに無料で乗ることができます。ふらりっとさんの口コミ

Engadine

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:サン モリッツの観光スポット37件中

雪岳山(ソラクサン)国立公園(韓国)

ソウルから車で3時間ほど東に行ったところにある国立公園です。岩壁や渓谷を眺めながら散策するのもよし、ケーブルカーに乗って気軽に風光明媚な景色を眺めるのもよし。四季折々の自然を楽しめるスポットですが、毎年11月初旬~中旬には紅葉が見頃を迎え、たくさんの観光客が訪れます。ちなみに、韓国でもっとも紅葉が早く始まるのだとか。

投稿者:kankan2015

投稿者:Nature_Trek2013

投稿者:Bill C

交通の便がよく、案内もしっかりしているので、気軽に登山や山岳観光ができる。晴れた日もいいが、霧が立つ景色も感動的なので、雨上りの日に行くのもいいかと思う。 zefferellisさんの口コミ
奇岩と大仏で有名な土地であり、奇岩の尾根を歩くトレッキングはその急峻さもあってアドベンチャラスでした。現地の人に交じり、外国人旅行者の姿も見られました。 aeolousさんの口コミ
10月29日に行きました。ソウルより高速バスターミナル駅からバスで約2時間半、束草駅に到着。駅前から大道り向こう側のバス停から市内バスに乗りかえ、20分ぐらいでしょうか『雪岳山入り口公園』まで乗ります。大勢の登山客でにぎやかです。ここまでくると見事な紅葉の山々が目の前です。それはそれは美しい紅葉でした。ちょうど見ごろに行けて何よりでした。ラブパリさんの口コミ

しっとりした風情を楽しむ日本の紅葉狩りとは異なり、雄大な自然とともに楽しめるのが、海外の紅葉の醍醐味ではないでしょうか。トリップアドバイザーの口コミや各国の政府観光局のサイトをチェックして、紅葉のシーズンを逃さないようにしてくださいね!

この記事に関するタグ

話題の記事