冬の沖縄本島を満喫するおすすめスポット7選

「沖縄=南国。やっぱり行くなら夏でしょ!」と思っている人も多いかもしれませんが、冬だって魅力がいっぱい。沖縄本島の1〜2月の平均気温はおよそ17℃と、東京の4〜5月くらいの過ごしやすい気候。加えてオフシーズンだから観光客が少なく、人気のスポットもゆっくり楽しめるんです。それでは、冬の沖縄本島のおすすめスポットを紹介します!

青の洞窟(国頭郡恩納村真栄田)

太陽光線の反射によって洞窟全体が青く輝いて見える場所。シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気で、海に潜るとたくさんの熱帯魚や珊瑚礁を見ることができます。沖縄は一番寒い2月でも海水温は20℃前後とあたたか。ウェットスーツをしっかり着れば、あまり寒さは感じません。混雑が少ない時期に、ゆったりと洞窟内を満喫しましょう。

投稿者:伸也 丸

投稿者:圭 田

1月の終わり、曇天の最終時間帯15:30~でした。時間帯のせいか滞在中はほとんど貸切状態。水温が高くウェットスーツを着ていればスノーケル中もボートで移動中も全く寒くありません。洞窟の外は珊瑚が群生しているので魚が多く、餌付けするとあっという間に囲まれます。泳ぎに自信があれば自分で道具を持ってきて眞栄田岬から階段を下りてエントリーするのも有りだと思います。Pathfinder809004さんの口コミ

冬場でもウェットスーツを着るので大丈夫です。冬場でしかみえない小魚?稚魚?がいてそれもきれいでした。岸からのアプローチよりも船でのアプローチのほうが楽ですがどちらもたのしいとおもいます。(泳げるならば。)子供もビビらなければ1年生でも行けます。TokyoTGさんの口コミ

与儀公園(那覇市)

那覇では2月ごろから桜が見頃を迎えます。与儀公園は、濃いピンク色の花弁が特徴のカンヒザクラの名所として知られています。約400本が咲き乱れ、2月20〜24日には「なはさくらまつり 2019」が開催されます。園内に植えられたガジュマルやヤシの木と一緒に桜を楽しめるのも、沖縄ならではの光景です。

投稿者:DeroverTW

投稿者:342osamuy

ちょうど桜のシーズンでしたので見てきました。まだちょっと早かったか?川沿いに桜が五分咲き程度ですが、きれいでした。工事をしているようでこれから整備されてより楽しめる公園になりそうです。342osamuyさんの口コミ

訪ねたのが桜まつりのとき。結構人が出ていましたが、本土のような人ごみはありません。桜も開花、二か月早い花見をさせてもらいました。街の真ん中に、こんな公園があるのはすてきです。近くには、県立図書館もあり、そぞろ歩きの後よせてもらいました。とても充実しています。fwit4091さんの口コミ

がじまんろー(国頭郡大宜味村大宜味)

沖縄きってのシークヮ-サー生産量を誇る大宜味村の喫茶店。「手しぼりシークヮーサー」はお店の前に広がる畑で収穫した実を、注文を受けてから手絞りするので新鮮! 10〜1月までは、シークヮーサー狩り体験もできます。ちなみに2019年1月は、台風の影響もあり残念ながら開催中止。天候に左右されることもあるので、出かける際には事前のお問い合わせがおすすめです。

投稿者:RyuQ_8121

投稿者:あづ あ

雄大な山の中腹の集落にあります。周りはたくさんのシークヮーサーの果樹園も。そういうこともあって私はシークヮーサージュースをオーダーしましたが、香りがほんとに心地よくて美味しかったです。縁側のテーブルでのんびり過ごせるので、時間がゆっくり過ぎていきます。お庭の橋にハイジのブランコみたいに長いロープのブランコがあって、漕ぐとほんとに空に飛んでいきそうでした!ぜひやってみてくださいhappytropicalbirdさんの口コミ

メニューは少なめですが、県産の材料を使ったお料理は軽食としてはおすすめです。
また、時期によってはシークヮーサー狩りも出来、1kg300円で持ち帰る事が出来ます。
海だけではない沖縄の魅力を堪能する事が出来るため、おすすめしたいカフェです。kmi445さんの口コミ

辺戸岬(国頭郡国頭村辺戸)

沖縄本島最北端に位置する岬。天気の良い日は北の方角に与論島や沖永良部島を望む景勝地として知られています。冬は、北風が強く海のうねりが高くなり、荒々しい波が岩にぶつかる光景は迫力満点。周辺は灯りがほとんどないため、星空観察に絶好の環境。空気が澄んだ冬は、水平線近くまで瞬く満天の星が見られます。

投稿者:MMB206

投稿者:まさるる

沖縄に住んでいる人でも行ったことがない場所の一つ。沖縄本島最北部の岬です。晴れてさえいれば絶景が見れます。青い海、絶壁に打ち寄せる波、白い波しぶき、これらをジッと見ているだけで良い気分になれます。Exploration1792563さんの口コミ

沖縄最北端の辺戸岬。駐車場から少し歩いて写真スポット。冬の間はクジラが見えることもあるそぅです。風強め。kuumomiさんの口コミ

沖縄カヤックイーズ(中頭郡嘉手納町)

沖縄カヤックイーズでは、カヤックで比謝川(ひじゃがわ)の河口付近のマングローブの群生地を進みます。夏のようにジリジリとした太陽に照りつけられることがないので、それだけでもゆっくりと楽しむことができますよ。ただし、北風が吹きつけることもあるので体感温度は低めかもしれません。撥水加工がされた暖かい服装がおすすめです。

投稿者:soara2017

投稿者:ママチャリさん

はじめての沖縄ではじめてのカヤックをしました!!年中体験できて最高です。サンセットが見れなくて残念でしたが、また再チャレンジします!!a900doさんの口コミ

子連れ家族で行きました。冬なので泳げる気温でないけれど、自然を楽しみたく、那覇から移動距離の少ないイーズさんにお世話になりました。ガイドさんの楽しいトークとトントンミー、オカヤドカリ、水鳥たちにも会え、マングローブについての説明やガジュマル、他、気になった植物についてもなんでも説明してくださり、本当に楽しい時間でした。今度は海へカヤック参加したいです。ariariariari12さんの口コミ

ガンガラーの谷(南城市)

数十万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れてできた谷。見学するには専任のガイドと一緒に歩く有料ツアーのみとなり、前日までの予約が必要です。女性を意味する「イグナ洞」と、男性を意味する「イキガ洞」を歩いたり、巨大に成長した「大主(ウフシュ)ガジュマル」を見ることもできます。夏は虫が多いですが、冬はあまり虫の心配がありません。約1時間20分のツアーなので歩きやすい格好がベスト。風を通さないウインドブレーカーもおすすめ。

投稿者:dai3smile

投稿者:SQKrisflyer

ただ歩いただけじゃ、ただの森林浴ですが、ガイドさんの説明でこの地区の遺跡や歴史を感じながら歩くので、俄然興味が湧いてきます。のんびり歩くのでしんどくないです。ツアー時間が80分なので時間に余裕がある方にはお勧めです。tomopi223さんの口コミ

要予約のガイド付きツアーのみとのことに当初は疑問を感じましたが、実際に体験してみて納得。本当に貴重であろう植物群、沖縄石灰の崖や鍾乳洞、そして古代人も発掘されたという史跡を「手を触れることが出来る距離」で見て回るのですから、万が一のことがあっては大変でしょう。小雨の中、ガイドさんの説明を聞き、悠久の時間の流れを感じることのできる素敵な体験でした。pingsong726さんの口コミ

慶良間諸島(渡嘉敷村・座間味村)

那覇から西へ約40kmの海上に浮かぶ慶良間諸島。周辺海域には冬にザトウクジラが出産や子育てのためにやって来るため、1月下旬〜3月中旬頃にホエールウォッチングが開催されます。那覇や中部(北谷・読谷)、北部(本部)からボートで出発するツアーがあるので、沖縄本島ステイでも楽しめるのが嬉しいところ。大迫力の野生のクジラを見に行ってみませんか。

投稿者:be1910

投稿者:omii3

ホエールウオッチングでこの島を訪れました。海は少々荒れていましたが、乗った船もクルーザータイプの船で安心でした。ちなみに船にはトイレもついていたので安心です。島のガイドさんもクジラの知識も豊富でした。irukujigogo5さんの口コミ

沖縄の田舎の原風景があります、スキューバダイビングやシュノーケリングには最高の場所です。ウミガメやクジラを観たいかた海好きなら感動して頂けると思います。海の透明度、サンゴの海、個人的には台風の過ぎた6月後半か2月中が一番の時期だと思います。302kazuyatさんの口コミ

座間味島

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:座間味村 (ケラマ諸島)の観光スポット39件中

沖縄の冬は温暖で過ごしやすく、飛行機などの旅行代金も安いシーズン。それでいて、満開を迎えるカンヒザクラやダイナミックなクジラなど、シーンズンものの魅力がたくさん。ぜひ一度、冬の沖縄本島へ遊びに行ってみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事