もはやアート!? ウユニ塩湖で撮られたトリック写真がステキすぎる

南米ボリビアのウユニ塩湖といえば、一度は行きたい絶景スポットとしてブレイクした世界遺産。真っ白な塩原が広がり、特に湖面に水がたまった雨季の景観は幻想的です。

そんな白一色の世界では、湖面の反射写真や遠近感の狂いを利用したトリック写真が定番。個性的な作品も多く、アイデア次第で芸術的にも。ということで、アートにもなり得るウユニ塩湖の写真を集めてみました。

1. 湖面の反射を使った雨季の定番フォト

TokyoNoriさんの投稿写真

mitakentaさんの投稿写真

雨季の条件が揃ったときにだけ見られる、鏡張りと呼ばれる現象。言葉どおり湖面が鏡のようになります。定番は人文字でアルファベットのUYUNIを表現。湖面に映すため、文字は逆さになります。あと、長い単語だと人数が足りなくなるので注意!

2. 小物を使ってワザありのトリック写真

Gabotemさんの投稿写真

Kristian Fさんの投稿写真

CeciRC22さんの投稿写真

Guillaume Rさんの投稿写真

どんなものでも、少し離れれば上に立っているような写真が撮れます。もう少し遊び心を加えると、人形との絡み写真も。お気に入りの人形をもっていくとよいですね。

3.相手との打ち合わせが重要!? アイデアフォト

Mariliafefeさんの投稿写真

mitakentaさんの投稿写真

きっちり打ち合わせをすれば、動きのある写真も撮れちゃいます。進撃の巨人を思わせるお食事写真が定番なんですね。写真だけでなく動画も面白いですよ。でも撮影者の技術も必要になってきそうです。

真っ白な塩原で撮るトリック写真。アイデア次第で楽しい作品が作れそうです。みなさんも、ウユニ塩湖では、いろいろ仕込んでいっちゃってください。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。