創業100年以上!伝統の味を伝える老舗グルメ(東京編)

歴史ある老舗料理店が目白押しの東京。その中でも、江戸や明治の頃に創業し、江戸っ子たちに愛されてきた店舗を集めました。伝統息づく老舗の味に舌鼓を打ちましょう。

駒形どぜう(東京都台東区)

江戸時代の商家造りが、そのまま残っている建物は必見。特に1階の入れ込み座敷は風情たっぷりです。テーブルはなく、板の上に鍋を置く江戸っ子スタイルで「どぜうなべ」が食べられます。臭みがぬけ、骨までやわらかくなったどじょうに、たっぷりネギを載せていただきましょう。

ひさのこさんの投稿写真

kinshigadaiさんの投稿写真

tomociさんの投稿写真

この店の持つレトロな雰囲気がなんとも言えない。 ドジョウは全く臭みを感じさせないもの。
まずは、ドジョウの骨せんべいでビールを一杯。ドジョウ鍋はネギを山盛りにして煮立ってきたら山椒を振りかけてハフハフ言いながら頂きましょう。 シンナリした深谷ネギの甘みと山椒のヒリヒリもなんとも美味です。ご飯と柳川鍋をオーダーしたらドジョウ汁もお忘れなく。 トロッとした白味噌仕立てのやや甘みのある汁が、まぁご飯によく合うこと。 まいぺんらいさんの口コミ
浅草と言えばどじょう鍋、柳川鍋かなと思い初めて訪問しました。
関東の味付けであうあわないがあると思いますが、観光にはもってこいです。見る人が見れば、気持ち悪いと感じてしまうかもしれません。
店内は昔の情緒溢れる造りで、非常に楽しめます。洋介 向さんの口コミ

1階は座敷、2階はテーブル席のどちらか選択できましたのでテーブル席を選択。座敷は地べたの板の上に鍋などを置いて食べる独特なスタイルのようです。テーブル席は階段を昇り、畳の上にセッティングされており座席も低めで心地良かったです。meeeeeg_izuさんの口コミ

玉ひで(東京都中央区)

江戸時代から、しゃも鍋の名店として有名でした。さらに明治期になり生まれた、しゃも鍋を卵でとじる様子にアイデアを得た「親子丼」が、一躍人気メニューに。ランチでは、ベーシックな親子丼のほか、希少な白レバや、炙り熟成軍鶏ささみを添えたものなど、4種の親子丼が味わえます。もちろん、絶品のしゃも鍋を味わえるコース料理もあり。極上の鶏料理を求めて、いつも行列が絶えません。

WhaleCruiserさんの投稿写真

asm_xoxoさんの投稿写真

密林黒兵衛さんの投稿写真

元祖親子丼は、胸肉とモモ肉の2つの部位の食感を楽しめる。下味をしっかりつけているので、味わい深い。
最初に出てくる鶏白湯スープも美味しい。ma316ma316さんの口コミ

歴史のあるお店ということでしたが、お料理がとにかく素晴らしかったです。
元祖親子丼とはまた異なるスペシャル親子丼という品が締めで出てくる軍鶏コースを頂きました。一品一品が新鮮で心に残る味でした。
また是非行きたいです。WhaleCruiserさんの口コミ

川千家(東京都葛飾区)

下町風情漂う柴又帝釈天の門前参道で安永年間(1770年代)から親しまれてきた、鰻や鯉などの川魚料理がいただける老舗です。「うな重定」「天重」などの定食メニュー、「蒲焼」「鯉あらい」といった単品料理、座敷のみでいただけるコース料理まで、幅広いラインナップ。

ruosunさんの投稿写真

srainbow1972さんの投稿写真

srainbow1972さんの投稿写真

帝釈天に行くならウナギを食べなきゃと決めて行ったお店。期待をうらぎらず、参道の真ん中で間口が広くていかめしいお店にはワクワク。賑わっています。ウナギは大きさで松竹梅。うな丼はなくうな重のみ。鯉のあらいも名物です。ruosunさんの口コミ

寅さんでもおなじみの柴又帝釈天の参道にある歴史あるお店。注文してから少し時間が掛かります。うな重の竹を頼みましたが十分な大きさで甘くなく上品な味でした。dandanyoさんの口コミ

かんだやぶそば(東京都千代田区)

1880(明治13)年創業のそば店。江戸三大蕎麦のひとつ、藪系の代表的な店で、作家の池波正太郎が通っていたことでも有名です。辛めのつゆを、緑色のそばの先にちょこっとつけてすするのが、江戸っ子流。建物は2013年に火災で焼失しましたが、2014(平成26)年10月にリニューアルオープン!

yakkun2014さんの投稿写真

ichirotjmrさんの投稿写真

ichirotjmrさんの投稿写真

旧本店が火災に遭い、名物の伝統のつゆから作り直しという創業以来最大の危機を乗り越えたやぶそばの店です。せいろを一枚注文。九州人にはちょっと塩辛いくらいの濃いつゆに、薬味を少しつけて一気に啜ると、鼻からスーッと鰹の香りが。量の割りにやや高い印象があるものの、女給さんの掛け声響く、昔ながらの雰囲気漂う場所代と思えば十分納得いきます。お蕎麦はもちろん、美味しくいただきました。MHFUKさんの口コミ

更級堀井(東京都港区)

そばの実の芯の粉で打つ白いそば、「さらしな」が看板メニュー。1789(寛政元)年の創業以来、変わらぬ製法で打ち続けています。「さらしな」には、口当たりのやわらかな甘口のつゆを。「もりそば」には、きりっと締まった辛口のつゆが添えられます。

amethkさんの投稿写真

amethkさんの投稿写真

amethkさんの投稿写真

amethkさんの投稿写真

江戸時代から続いている老舗で、蕎麦の実の中の白いところだけを使う更科蕎麦で有名です。店は広くテーブル席と畳の座敷があり昼夜問わずお客さんで混雑しています。店内に入ると、小上がりに案内される。腰を下ろして卵焼き・お酒・かき揚げ・更科蕎麦を注文。更科蕎麦は艶があり細身で喉越しがいい。ここは季節限定の変わり蕎麦もあるそうです。大人の空間でしたね。やすごんさんの口コミ
麻布十番にある創業220年の老舗蕎麦屋さん。蕎麦だけでなく、一品料理もオススメだ、卵焼き、鴨焼き、カキの酢の物、メニューも豊富だ。店長の堀井さんの人柄か、いつも満員、行列のできるお店。amethkさんの口コミ
蕎麦屋に求めるイメージの全てが揃っています。落ち着いた店内、しなやかなそば、軽く仕上げられた天ぷら、厳選されたサイドメニュー。どれも足りなくもなく、過ぎてもいない丁度いいのです。aomedakaさんの口コミ

こちらは、江戸三大蕎麦、更科の系統です。先出の藪系「かんだやぶそば」、大阪発祥の砂場系と合わせて、江戸の蕎麦めぐりもオススメです。

伊豆栄 本店(東京都台東区)

上野の不忍池を見下ろす、江戸中期創業のうなぎ割烹です。伝統の「焼き」の技術を受け継いだ職人たちによって、ふっくら香ばしい蒲焼が提供されます。うな重やうな丼はもちろん、うなぎの会席コースもあります。平日1日20食限定の伊豆栄サービスランチが人気です。うな重、香の物、お吸い物がセットで、伊豆栄の中では比較的リーズナブルに食べられます。

mirekoroさんの投稿写真

docmedkaさんの投稿写真

肉厚で柔らかいのに味は繊細で後引く美味しさです。
たれも、流石に専門店!  絶対に家庭では出せないタレ! 思わず白ご飯をお替りして
タレを、残すことなく食べました。
食後に上野公園を散策でき最高の花見とウナギでした。yumihime54さんの口コミ

見晴らしがとても良いです。割烹らしくお給仕の方は和服に身を包み、東京の下町情緒あふれる雰囲気です。
幾つかある鰻重や鰻丼のうち鰻重の真ん中を注文しましたが、柔らかくてタレの味も甘過ぎず、飽きずに最後までいただけました。
テーブルには山椒のほかタレも置いてあり、好みを加減できます。mirekoroさんの口コミ

笹巻けぬきすし本舗(東京都千代田区)

江戸にぎり寿司のルーツともいわれる、「毛抜鮓」が味わえる、1702(元禄15)年創業の店。殺菌作用のある笹で巻いた寿司で、鯛の小骨を毛抜きで丁寧に抜いたことから名づけられました。寿司ダネは、鯛のほかに光り物、白身、海老、おぼろ、たまご、海苔巻の7種類が基本です。持ち帰り用の折詰もあります。

todo965さんの投稿写真

todo965さんの投稿写真

ランチがあったのでそれを注文しました。煮物、笹巻きずし、漬物、吸い物、小丼がつきます。
小丼には漬けまぐろ、ねぎとろ、煮穴子がのっています。この煮穴子がふっくらとしていてとても
おいしかったです。ご飯の上には刻みのり、三つ葉がのっていてとても丁寧な仕事をされています。
笹巻きずしは干瓢と卵巻きです。甘くないので男性にも食べやすいお味です。todo965さんの口コミ

メニューだけでなく、お店の設えも風情の残るものばかりでしたね。行列必至の名店揃いです。並ぶのもまた一興と、楽しんでみては。

この記事に関するタグ

話題の記事