本好き必見!東京都内の個性的な本屋&図書館7選

都内には、本好きの心をくすぐる書店がいっぱい。「もっともっと、新しい作家やジャンルとの出会いが欲しい!」と感じている人も多いことでしょう。今回はそんな方におすすめしたい、個性的なスポットをご紹介します。古書店からミュージアム、進化系書店まで、1日どっぷり滞在して新たな世界への扉を開きましょう!

カウブックス 中目黒(目黒区)

おしゃれなカフェや雑貨店、アパレルショップが並ぶ目黒川沿いの一角に立っています。雑誌『暮らしの手帖』の前編集長、松浦弥太郎氏が経営しており、読み物を中心とした書棚のセレクトが秀逸です。一般的な古書店とは一線を画し、外観も内観も、とにかくオシャレ。ショップオリジナルの雑貨も販売しています。コーヒーを飲みながら過ごせる読書スペースもありますよ。

投稿者:Talskidoo

投稿者:Talskidoo

目黒川沿いの中目黒にある古書を扱うお店。おしゃれな雰囲気でちょっと立ち寄ってみよう、と思わせる店構え。店内は広くないですが、ゆったりとした時間が流れているので、つい本を手に取って長居してしまいました。ロゴマークが入っている雑貨も少し置いてあり可愛いです。P-Moominさんの口コミ

中目黒沿いにあり、物語に出てきそうな素敵でかわいらしい本屋さんです。古本のラインンアップは、豊富というよりは厳選された感じで、値段は結構高めな気がします。しかしとりあえず行って眺めるだけでも発見はあるかもしれません。
オリジナルグッズもあるので、買いたい本がないときはお土産にいいかも。vaseline01234さんの口コミ

京都・河原町三条の名店「六曜社珈琲店」の豆を使用したコーヒーが店内で本を読みながら飲めます。
テイクアウトのみのオーダーも可。300円(税別)。
混んでいたので今日はテイクアウトで。空いてる時にはコーヒーを飲みながら本をゆっくり選び過ごしたいです。miwatomoさんの口コミ

ツタヤ ブック アパートメント(新宿区)

個室やシャワールームも備える24時間営業の有料ラウンジ。グランピングをイメージした男女共用エリアや女性専用エリア、コンセントを備えたコワーキングスペースがあり、バラエティ豊かな本に囲まれて過ごせます。〝人間をダメにする〟ビーズソファ「Yogibo」が空いていたら、ぜひ確保を。至福のリラックスタイムが約束されること、請け合いです。

管理者提供の写真

管理者提供の写真

新宿、紀伊国屋書店の向かいにあるTSUTAYAが経営している漫画喫茶です。
1時間500円強。当方、海外から深夜フライトで早朝に到着したものでチェックインまでまだ5時間ほどあったところ利用しました。
若干、初回登録作業に時間がかかりますね。シャワーも利用して+500円。
アメニティもあり、歯ブラシ、ひげそりがあり助かりました。Inspire810411さんの口コミ

本はマンガ、雑誌、実用書、旅行本、絵本まであらゆるジャンルのものがあります。また、女性専用フロアもあるので、安心して過ごせます。寝てる方もいたし、仕事をしてる方もいました。フリードリンクも充実していて、新宿のど真ん中にこんなところがあったのかと思いました。aimooo74さんの口コミ

休みの日に集中して仕事をしたいけど家だとだらけてしまうけど喫茶店だと話し声がきになるし長居できない。図書館は電源がない。
ここは、そういういろんなちょっと足りないものが全て揃ってて、有料ではありますが充実した時間を過ごせることは間違いなし、です。natto_man_0715さんの口コミ

星と森と絵本の家(三鷹市)

国立天文台の敷地にある森の中に建つ大正時代の官舎を利用して、三鷹市が運営する施設。木造建築ならではの温かみある空間で、約2500冊の絵本や木のおもちゃ、自然科学に関する展示などに触れることができます。秘密基地のような建物に、子どもだけでなく大人もワクワク感が止まりません。広い庭では、竹馬やハンモックなど体を使った遊び体験も。入場は無料です。

投稿者:七重 牛

投稿者:debuusa

国立天文台を見学した際にこちらの施設もあったので利用しました。休日は子供づれが多く昔の遊びなども体験が外やお庭でできます。古民家の中はリノベーションされており宇宙系の絵本や図鑑などたくさん揃ってます。子供も大人も遊べる楽しい場所です。takenoko5さんの口コミ

国立天文台に行った際にたまたまよったのですが、国立天文台よりもこっちの方が魅力的でした。古民家を改修して中を絵本の図書館にしています。日本の古い家を学べると共に、親子で天文の絵本を読んでゆっくりできる場所だと思いますtaskfullさんの口コミ

国立天文台の広い敷地の端に同居している三鷹市の施設。子どもの心をはぐくむようなとても温かな感じのする場所です。展示室や休憩室の建物は大正時代に天文台の官舎として使われていた建物だそうです。シニアの私にとっては生家が思い出されました。Stream2018さんの口コミ

Books&Cafe Bousingot(文京区)

千駄木、不忍通り沿いに立つブックカフェ。フランス文学やアート、音楽、歴史や文化、風俗など、さまざまなジャンルの古本約2000冊が揃い、こだわりのワインやコーヒーを飲みながら読書が楽しめます。本は購入も可能。オープンは夕方からですが、開店時間が不定期なので、事前にTwitterを確認しておくと安心です。

投稿者:Starcluster

投稿者:Mister_Katanoi

本屋なのか、カフェなのか、謎の空間です。今回はカフェで利用しましたが、ザザっと本棚を見ると、え、この本が? というような本も並んでいて、とても面白そうな本のセレクション。カフェの名前の通り、フランスともご縁がありそうなお店です。お店の方のこだわりがあちこちに感じられる、心地の良い空間ですsarutoinuさんの口コミ

本の揃えも通り一遍のものではなく、この店の雰囲気が気に入る人なら
読みたいものが必ず見つかる(とおもう)。
もちろんコーヒーは本格派。好みはあるだろうけど長居するにはいい
満足感のある一杯が味わえる。
雨の降る日は一日中こもって好きな本を探して読みふけりたい、
そんないい雰囲気を持った店。Starclusterさんの口コミ

Kaido Books & Coffee(品川区)

かつて「東海道五十三次」の第一宿として栄えた「品川宿」の街道沿いに立つ、旅と街道をテーマにしたブックカフェ。海外や国内の紀行書や歴史書、小説、地図、雑誌など、ディープな旅好きに向けた選りすぐりの蔵書が揃います。店内は学校の図書館のような落ち着いた雰囲気。コーヒースタンドも併設されており、軽食も楽しめます。

管理者提供の写真

投稿者:CoastalLivingSA

投稿者:Mary T

非常に落ち着いた雰囲気でくつろげるお店です。
たくさんの本が並んだ店内は、まるで図書館のような雰囲気です。
2階は予約もできるので、イベントにも対応します。
近所にあれば通いたいお店です。japan-getさんの口コミ

旧東海道沿いにある、小さな喫茶店。喫茶店ですが、本もいっぱい置いてあって、読書も楽しめます。読書できる喫茶店て、なかなかないかと思います。mettyanさんの口コミ

図書館のような喫茶店です。月曜日が定休日のようです。テレビで紹介されていたので今回で2回目の訪問ですが、非常に目立たない店です。1階はスペースが狭いのですが、2階は広々としてミーティングなどにも使えます。今回は8人で利用しましたが、とても心地よくのんびりと過ごせました。naratamakoさんの口コミ

東洋文庫ミュージアム(文京区)

日本最大かつ世界で5本の指に入る規模の東洋学研究図書館。国宝5点、重要文化財7点を含む、約100万冊の蔵書を収容しています。目玉は〝日本一美しい本棚〟と言われる「モリソン書庫」。東洋文庫の創設者、岩崎久彌氏がモリソン博士から買い上げた貴重なコレクション約2万4000冊が並びます。ミュージアムと館内レストランをつなぐ「知恵の小径」や中庭も素敵。

投稿者:12maaaya30

投稿者:Baron de Richebourg

投稿者:Baron de Richebourg

貴重な本がぎっしり詰まっている天井までの本棚「モリソン書庫」が、圧巻です。ちょうどよく見える場所にソファがあり、そこに座っていつまででも見ていたいほど迫力と美しさに満ちています。
マルコ・ポーロ『東方見聞録』など貴重な本が展示されていて、感激します。wakaba8さんの口コミ

展示室はさほど大きくないというより、かなり狭い。しかし、24000冊と言われる古く格調の高い蔵書を一望できる書棚は一見の価値がある。そしてそれら蔵書の貴重でかつ歴史的遺産価値の高さに驚く。私設ミュージアムでありながら国宝まで持っているのは驚きである。oranger03さんの口コミ

まず一階で東洋文庫の成り立ちをスライドショーなどで学びます。訪れた時はちょうどインドのガンジー150年という企画の展示もあったので、それにまつわる歴史的な図書の解説もありました。二階に上がると、蔵書で綺麗に埋まった部屋があり、その中のいくつかはミュージアム風に本を開いた状態で展示されていました。その先にはインドの歴史と本の展示があり、なかなか見応えがあったので、全部まわるのに2時間くらいかかりました。Maps809705さんの口コミ

文喫(港区)

人文科学や自然科学、アートなど、多彩なジャンルの書籍を販売する〝入場料のある本屋〟です。注目は、希望のテーマやジャンル、好みに合わせてスタッフが本を選んでくれる「選書」サービス(来店3日前までに要申し込み)。自分では見つけられない一冊との出会いを期待しつつ、利用してみましょう。閲覧室のほか、複数人で利用できる研究室や喫茶室もあり、一日過ごせます。

投稿者:独歩行

投稿者:独歩行

3日前に電話で選書の予約をしてから行きました。
高い入場料を支払う価値はあると思います。
夜の時間帯に行きましたが、入場規制も解除されていたようで、待たずに入場。
煎茶をいただき、選書していただいた本を読んだり、店内の本棚をみたり。
自分の好きなように過ごせました。jptrip2017さんの口コミ

ラジオでこの本屋さんの存在を知り、早速訪れました。入場料1500円(税抜)で、約30000冊の本の中で過ごせます。コーヒーと煎茶は無料で飲めます。自分の好きな場所を見つけて、どっぷり読書に没頭できて、良い時間を過ごせました。Ilovechu2i3さんの口コミ

2018年に青山ブックセンターから変わったという。
経営的にも変わったらしいし、出版流通的にも変わったらしい。
とにかく入場料1.500円が必要になった。本のマ―ジンが二三割として粗利益が計算できる。図書館、書店、ネット書店の三すくみみたいな捉え方ではないようにも思う。情報の価値だろうか、いくらのお金を出しても欲しい情報。Departure809482さんの口コミ

〝一冊の本との出会いが、人生を変えた〟なんてロマンチックな出来事が起こるかどうかは、あなた次第。素敵な本との出会いを求めて、初めての場所に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。「文喫」や「ツタヤ ブック アパートメント」は、混みあう週末に入場規制がかかることもあるので、事前に状況を確認しておくとベストです。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。