スリルある景色にドキドキ! 日本のアブない絶景7選

簡単に見られる絶景では物足りない! という人にオススメ。山を越え、谷を越え、時には命の危険さえも感じるほどのスリルがもれなくついてくる絶景。ちょっぴり勇気がいるけれど、そこには、普通の絶景スポットでは得られない、達成感が待っているはずです。

三原山(東京都大島町)

大島の中央に位置する三原山は標高758m。1986年の噴火以来、静けさを保っていますが、数十年周期で噴火を繰り返す活火山です。吹き上がる火柱や火映は古来から御神火(ごじんか)様とあがめられてきました。噴火口を間近に見下ろせる遊歩道が整備されています。

ケロピンさんの投稿写真

ともこちさんの投稿写真

大島に行ったら三原山には必ず行くと言って良いくらいのメジャースポットです。 三原山展望台からはまだ煙の出ている箇所や、過去の溶岩流が固まった場所が見られ、火山博物館と一緒に見ると興味深いスポットです。Dnoahさんの口コミ
1986年にも大噴火を起こしており、流れ出た溶岩の跡が生々しく残っている。路線バスで頂上近くまで行くことが可能。894nさんの口コミ
三原山を初めて見た時は思わず口が開いてしまうくらい驚きました!記憶を消してもう一度登りたいです笑日本盤エアーズロックです^ ^959kentauさんの口コミ

鋸山(千葉県鋸南町、富津市)

標高330mの鋸山はその名の通り、鋸の歯のような険しい稜線が続きます。山頂からは東京湾浦賀水道、三浦半島、富士山、伊豆天城連峰までも望めます。地獄のぞき、百尺観音、石仏、千五百羅漢など、見どころも満載。

moroboshi-ataruさんの投稿写真

moroboshi-ataruさんの投稿写真

見所が結構あり下りた分登らないといけないので、全部見ようと思ったら2時間程度かかります。諸事情で見所だけ急いで廻りましたが1時間近くかかりました。頂上の景観と仏像や地蔵には当然ですが、石切場跡にもある種の感動を覚えましたAtushi Uさんの口コミ
ロープウエーからの景色は感動ものです。もちろん頂上からの眺めも最高!この日は天気も良かったので横浜付近まで良く見えました。メインの地獄のぞきは日本寺の敷地内にあり別料金が発生します。拝観料は大人600円。拝観コースもいくつかありましたがとにかく地獄のぞきだけに絞って歩きました。ロープウエー山頂~日本寺~地獄のぞきまでアップダウンが激しく想像以上にきつかったです。運動不足の方要注意!地獄のぞきは上からの眺めより下から眺めたほうが恐怖感は強いような気がしました。 景色は文句なし!moroboshi-ataruさんの口コミ

青木ヶ原(山梨県)

西湖の東、標高1000m付近に、約30平方kmにもおよぶ原生林が広がります。富士の寄生火山、長尾山の噴火によって流れた溶岩流上に、長い年月を経て形成された樹林は、特異な様相。多様な動植物と出会うことができます。

LanaLutsenkoさんの投稿写真

PublioFさんの投稿写真

まさに、樹の海という雰囲気です。12月だったので寒さを覚悟してましたが、今年は暖かいようです。ネイチャーガイドをお願いしましたので、樹海の生い立ちや、樹の名前をたくさん教えてもらいました。自分たちでまわると、見て終わりになってしまいますが、ガイドを頼むと親切に教えてくれますのでオススメです。道に迷ったらたいへんですしね!rtmamoさんの口コミ
樹海って東京のひとからすると結構イメージがあまり良くないと思うのですが来てみたら凄い落ち着きます‼ 何処までも続く森は癒しですね~ でも奥の方を見るとちょっと恐いかな 迷いそうで… たまにはこういうところも良いですね 都会に疲れたかたにお薦めです藤原 未さんの口コミ
すごく神秘的な世界です「もののけ姫」のこだまの森はここではないかと思えます。 あと霊感の強い方は少し注意が必要ですk-swadaさんの口コミ

東尋坊(福井県坂井市)

日本海に突き出した柱状の断崖が約1kmも続きます。東尋坊大池や千畳敷、ライオン岩といった深淵や奇岩などが壮大な景観を展開。断崖絶壁に日本海の荒波が打ち寄せるさまは、ダイナミックで迫力満点。国の名勝・天然記念物に指定されています。

メイプル九州さんの投稿写真

pico1204さんの投稿写真

冬の荒れ狂う日本海を眼下に一望でき、あまり崖に近づき過ぎると吸い込まれそうになります!足元が悪いので、ヒール系では危険です!また時雨て足元が濡れてる時などは、滑って危険なので注意が必要です。y-westhouseさんの口コミ
文字通りの断崖絶壁は圧巻です。そそりたった絶壁に打ちつける波の激しさに、しばし時を忘れてしまいます。風もきつく、寒い季節にはなかなか厳しい所です。自殺が多いというのもうなずけるような、恐ろしい気がするのに引き込まれそうです。足場の悪い場所があるので、運動靴で行くことをお勧めします。轟く波の音と、ぶちあたるような風・・全身で東尋坊の自然を感じて下さい。pandalyn2015さんの口コミ
はじめて訪れましたが、高所恐怖症の私は先っぽまで行くのは無理でした。自然が作りだした造形ってほんとにすごいなと思いました。人間なんか小さい存在ですね。風景はどっかで見た事あるような。。そうです、サスペンスドラマによく使われてますね。ワインキングさんの口コミ

三徳山三佛寺投入堂(鳥取県三朝町)

標高900mの三徳山に境内を持つ山岳寺院。その奥院である投入堂は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた国宝。投入堂を間近で見るためには、往復約1時間40分かかる、厳しい山道を辿らなければ行けません。ふもとの「投入堂遙拝所」から望遠鏡で投入堂を見ることもできます。

ぴろぴろ555さんの投稿写真

jazz須磨さんの投稿写真

参詣するのが一番難しいお寺とされている三仏寺。一般の旅行者にははっきり言ってお堂まで到達することは無理です。下の道路に遥拝用に望遠鏡が備わっていますからこれを利用するのが精一杯です。それにしても、創建時の苦労は想像を絶するものがありますね。星さんぞうさんの口コミ
入山前に靴のチェックがあるとのことでしたのでスニーカーを履いていきましたが、履いていた靴は滑りやすいとのことで草鞋を購入しました。約一時間半登って投げ入れ堂に着きました。草鞋の歩きやすさに驚きました。景色がきれいなところもありましたが、滑落事故の看板が立っていたり、危険なところも多かったです。6099さんの口コミ
日本一危険な国宝です。悪天候や冬期は閉鎖されます。服装や靴のチェックがあり、気軽には行けません。あくまでも修行の場所だそうです。木の根や岩山、鎖の断崖などあり、ちょっとしたロッククライミング気分を味わえます。1人での登山も出来ず、2人以上での入山となります。入りと出の時間と住所・氏名を受付けで記入します。川師さんの口コミ

石鎚山(愛媛県西条市、久万高原町)

日本七霊山に数えられる、西日本最高峰。標高1982mの天狗岳を主峰とし、山岳信仰の象徴となる天狗岳、石鎚神社の山頂社がある弥山を含みます。山頂からは瀬戸内海や中国、九州の山々を一望。険しい鎖場には巻き道(迂回路)もあります。

bfgjd316さんの投稿写真

mugimamedoさんの投稿写真

四国一の標高で、西日本一の標高です。山頂からの眺めは最高です。登山道は階段が多く、かなり整備されています。また、修験者や一般の体験者向けに鎖場が4か所あります。千葉の舞ちゃんさんの口コミ
ロープウェイを利用して登山しました。鎖場が合計4箇所ありますが、何れも混雑して、一本の鎖に何人もの人が数珠繋ぎ状態でした。山登りの常識から言うと、一人か滑落すれば巻き込まれる状態です。非常に危ないので、すべて巻き道を利用しました。山頂まではゆっくり目で2時間あまりでしょう。頂上も満員で、天狗に行くには順番待ちという状態でした。所謂行楽シーズンは避けないと、危険度が増します。arattmさんの口コミ
紅葉の石鎚山、登山道から鎖場に入る。第二の鎖の入り口は明瞭。ダイナミックな岩場に大きな鎖がつけてある急登に挑戦。鎖に頼らずとも岩のホールドを使って登れる。登頂後の達成感は大なり。第三の鎖場は閉鎖中。第二の鎖場も登りと下りとルートは分けてある。本コースは、岩場の経験がまったくない人にはちょっと困難です。tsurugidakeさんの口コミ

祖谷のかずら橋(徳島県三好市)

野生のシラクチカズラを使って編んだ吊橋。水面からの高さ14m、長さ45m、幅2mで、日本三奇橋のひとつに数えられています。約800年前に平家の落人たちが追手から逃げるとき、すぐ切り落とせるようにカズラを使ったと言われています。足元から見える川面はスリル満点です。

miyach23sさんの投稿写真

moromakokuroさんの投稿写真

思っていたよりはるかに怖かったです。お金を払ってスリル体験している気分になりました。その時はあまり観光客の方がいませんでしたが1度は渡ってみても良いかもしれません圭 大さんの口コミ
怖い!思っていたより怖いです!もっと高いところの長い吊り橋も渡ったことがありましたが、そこは下に金網がはってあったり。こちらは、なんというかスカスカで、かずらで編んだ間の隙間が10センチほどあいていて、そこに足を入れてしまいそうで怖い! 橋の縁から手を離せませんでした。lemon201503さんの口コミ
ギシギシ揺れるし、下は隙間が空いていて丸見えで(結構怖いです)掴まりながらでないと渡れません、皆んな右手にカメラを持っているせいか左側を歩く人が多くその為だかやたらに揺れます、高所恐怖症の方はチョット厳しいかもしれません。隙間から見える下の川の流れはキレイなブルーで、とても澄んでいて素晴しいのですが私には楽しんでいる余裕がありませんでした。渡るだけで550円は高い気がしました、しかし渡り終えた先の琵琶の滝はマイナスイオンたっぷりで素晴らしかったです。あっくん770さんの口コミ
険しい山、切り立った断崖、ゆれる吊橋……写真で見ているだけでもスリルがありますね。ぜひ現地に出向いて、実際にこの絶景を見てみましょう。 旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。