今が見ごろ!田んぼアートが想像以上にかっこいい!

さまざまな色の稲で描かれる田んぼアート。現代米や古代米など品種の異なる稲を、色ごとに植えることで作られています。20年ほど前、青森県で作られたのをきっかけに全国各地へと広まっていき、現在ではいろんな場所で見られるようになりました。

そんな田んぼアートの見ごろは、7月中旬~8月頃。まさに今、シーズン真っ只中なんです! 今回は、田んぼアートが一体どんなものなのか、旅行者の口コミとともにご紹介したいと思います。

田舎館村(青森県)

田んぼアート発祥の地、田舎館村。1993年に村おこしの一環として始められ、もう20年以上も作り続けられています。当初は毎年同じ絵柄で作られていたのですが、10年ほど前から遠近法などが取り入れられ、細部まで忠実に再現した作品が作られるようになりました。

こちらは2014年の作品。下から見ると、何の絵かさっぱり分かりません。

okimameさんの投稿写真

上から見るとこの通り! 田んぼアートは展望台から見るように作られています。

pygmy_blue_whaleさんの投稿写真

さすがは田んぼアート発祥の地。すばらしいアートが目の前に広がります。

Hiro910さんの投稿写真

2014年より前にはこんな作品がありました。

こちらは2013年の作品であるマリリン・モンロー。

pygmy_blue_whaleさんの投稿写真

花魁。着物の柄の細かさには脱帽です。

pygmy_blue_whaleさんの投稿写真

ウルトラマンも怪獣たちも忠実に再現されています。

ZRX大津市さんの投稿写真

七福神の表情まで表現されているのには驚き!

あ~~~~~~~さんさんの投稿写真

古代米を使った大がかりな田んぼアートが見られます。こちらは第2会場になっており、今年(2015年)は「STAR WARS」がテーマです。200円かかりますが、展望台から見るとその精巧なアートに驚かされます。周辺は弥生時代の稲作北限の定説を覆した「垂柳遺跡」があります。第1会場は村役場前にあり、そちらは「風と共に去りぬ」がテーマです。kazu150さんの口コミ
田んぼアートが素晴らしかったです。エレベーターで全体を見渡すまでは下からでは何が題材なのか全くわからなかったのですが上から見るとサザエさん一家でした。道の駅内は産直野菜や地元の製品を使ったお土産などたくさん置いてありました。右京さんの口コミ
田舎館村の田んぼアートは村役場と道の駅の2か所で見ることができます。どちらも有料の展望台に上らないと全景を見ることができません。2014年は羽衣伝説とサザエさんでした。村役場は混むことで有名ですが、8時半から開場しているので、できるだけ早く到着すればあまり並ばなくて済むと思います。masakomasakoさんの口コミ

旭川市(北海道)

旭川市の田んぼアートは、農業に興味を持ってもらいたいとJAが中心となって始められました。旭川市では数年前から動物をテーマにしたアートを作っており、10周年を迎える今年は、地元旭山動物園の人気の動物たちを取り上げているそう。

yuka861さんの投稿写真

この年は、田んぼにいる生き物たちがテーマ。

佳子 鈴さんの投稿写真

黒・黄緑・緑の三色の稲で旭山の動物たちが描かれています。7月の終わりに見た時は、風が吹くたびに稲の葉もゆらゆら揺らいで、本当のシロクマの毛がゆらゆらしているみたいで、とてもかわいらしかったです。ぴよりんさんの口コミ
看板も立っており迷わず行けました。駐車場もあり、観覧場所も整備されていました。工事現場用(?)の足場なので若干揺れましたが、無料設備なのでご愛嬌ですね。観覧場所ですが、折角のアートがカメラに収まりません(汗)もう少し離した方がいいかと思います。大雪連邦も望めて絶景です。見る価値は「有り」です。Javelin4630さんの口コミ

北秋田市(秋田県)

秋田内陸線沿線にある田んぼアートは、電車の中から楽しめます。車窓から田んぼアートが一番きれいに見えるように計算されているんです。田んぼアートをより楽しんでほしいとのことから、作品の前を通過するときに、車掌さんがスピードダウンしてくれる特別電車もあるそう(時間が決まっています)。

2015年の田んぼアートは「秋田」がテーマ。阿仁合~小渕駅間、前田南~阿仁前田駅間、角館~羽後太田駅間の3区間で、6作品が楽しめるとのことです。

こちらは2014年の作品。テーマは日本昔話。

次男大さんの投稿写真

この時は途中でちょうど田んぼアートを見られる時期で、田んぼに描かれたかぐや姫などを、速度を落としてゆっくりみせてもらいました。ゆるゆるさんの口コミ

行田市(埼玉県)

7年前より田んぼアートに取り組んでいる行田市。世界最大の田んぼアートとして、平成25年からギネス世界記録を狙っています。毎年ギネス申請をしているそうですが、残念ながら稲の生育不良が原因で達成できていないそう。研究を重ねた今年こそは、と期待が高まります。

AspergillusOryzaeさんの投稿写真

古代蓮の里の内にある“古代蓮会館”の展望タワーから見る、田んぼアートがお勧めです。稲穂が実り色付く初秋の頃が特に綺麗。高さ50mからの景色も素晴らしかったです。忍城やスカイツリーも見えます。AspergillusOryzaeさんの口コミ
時期になると,公園に隣接する水田で田んぼのアートが出現します。公園内の展望台から俯瞰できますが,恐らく想像よりも大きいことに驚かれると思います。売店もあるし,家族や子供との訪問に良い場所ですね。かもめ太郎さんの口コミ

いかがでしたか? どの場所の作品も年々精巧さを増し、現在では多くの観光客が田んぼアート目的で訪れています。

田んぼアートは時期によって、作品の色が変わるのも魅力のひとつ。夏には青々として生命力溢れるアート、9~10月頃には稲が実り黄金色に輝くアートが楽しめます。季節ごとに訪れてみるのも楽しそうですね!

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。