おしゃれでリーズナブル! 値段以上の価値がある台北のホステルは?

ちょっと汚い安宿のイメージも今は昔。ホステル事情はどんどん進化していて、身軽にリーズナブルに泊まりたい、おしゃれでフォトジェニックなところに泊まりたい、が両方かなえられる素敵なホステルが増えています。中でも台北はホステル先進都市。広々とした共用スペース、充実した設備、いわゆるドミトリーだけでなく、シャワーやトイレのついたシングルルームや女子旅にぴったりのファミリールームなど豊富な部屋タイプを揃えたホステルがどんどん誕生しています。しかも価格は一般ホテルよりもぐっと抑えめ。そんな台北にある評判のホステルをご紹介しましょう。

スターホステル 台北駅 (信星旅館)

台北のホステルといえば、こちらを外すわけにはいきません。人気、知名度ともにNo.1 のスターホステルは、広くお洒落な共用スペースとシンプルで機能的な客室、という現在の人気ホステルのお手本のような存在。台北駅から徒歩10分。2017年に開通した、桃園空港とを結ぶ桃園MRTの台北駅からは徒歩5分の近さです。

ビルの複数フロアをリノベーションしているのですが、エントランスに入ってすぐに目にするのがゲスト絶賛のラウンジ。2フロア分が吹き抜けになっており、都心のビルの中とは思えないほど、開放感たっぷり。植物が多く配置され、同ホステルのコンセプト「木のぬくもり」がそのまま感じられる居心地のよい空間になっています。

投稿者:KSOY

ラウンジ内には古民家風の小屋もあります。子供の頃作った秘密基地風でわくわく。

投稿者:BobPeeradon

ホステル内は土足禁止。カードキーを受け取ったら、入口の下駄箱に靴を入れ、専用スリッパに履き替えてホステルへと進みます。館内の移動にいちいち靴をはかずともよく、館内のホコリや匂いを避けられて衛生面でも◎。

投稿者:GLOUNG

パン、サラダ、フルーツが盛られたワンプレートの朝食が付きます。朝食をとるスペースは、どこから切り取っても街中のおしゃれなカフェにしか見えません。

投稿者:Robert M

個室タイプの客室は、木材をふんだんに使った家具と白いファブリック、壁がマッチしたナチュラルな雰囲気です。そして窓。小さくても窓があるだけで開放感が違いますよね。こんなに設備が充実しているのに、個室タイプならシングルルームが一泊TWD1400(約5040円)~。ベーシックタイプのドミトリー(女性専用)TWD580(約2100円)~、スタンダードタイプ(女性専用、男女混合)がTWD620(約2230円)~とリーズナブルな価格設定なのは驚き。予約がすぐ埋まってしまうというのも納得です。

投稿者:BobPeeradon

6人部屋のドミトリーに一泊。ドミトリーというと、セキュリティやプライバシーの問題で、ちゃんと眠れるかが不安になる。が、ここはとても快適だった。カードキーで部屋のドア、ロッカーが管理できてセキュリティは安心だし、部屋が広くて一人あたりのスペースにゆとりが持てる。スタッフや共有スペースの雰囲気も良かった。何より、清潔感があって良い。208yuichiiさんの口コミ
全てがシステマティックにクールにできています。 最初の大きな木の扉が開くところは、秘密基地のようで楽しいですね。 朝食は男性には量が足りないかなと思えますが、外で沢山食べることを考えれば適量かと。 maricobabylonさんの口コミ
2度目の宿泊。夜中にチェックインが可能。受付に夜中も警備員がいるので、パスポートを見せてカードキーをもらう。朝になったら受付に行ってチェックインを済ます。ドミに宿泊したがベッドがきしまないし、ライトもコンセントもある。遮光カーテンのおかげで夜中でもベッドのライトをつけても周りを気にしないで済むし、男女混合のドミだったが、着替えもできる。hiromit219さんの口コミ

夾腳拖的家 – 長安122 Flip Flop Hostel – Garden

国鉄台北駅周辺は、長距離バスの発着所もあり、桃園空港や台湾の地方都市へのアクセスがよく、旅行者には便利なエリア。台北駅から北にMRTでひと駅の中山駅はデパートや各種ショップが立ち並ぶショッピング街です。小さなおしゃれ雑貨店やカフェが増えている人気の赤峰街もこのエリア。そんな中山駅から徒歩5分、台北駅からも徒歩10分のこちらのホステルは、ちょうど向かいに台北當代藝術館(現代美術館)があり、とても見つけやすいのがポイントです。

集合住宅だったビル2棟をまるごと改築して、ホステルとして使用しているこちら。2棟の建物が囲む間に中庭スペースがあって、何とも雰囲気があるんです。

投稿者:hclojacky

建物の手すりはアールが特徴的で、下から見上げるとガウディ風。全体的に余白のある造り、デザイン性の高さがこのホステルの何よりの魅力です。

投稿者:AshforMiles

共用スペースには絵画やオブジェがさりげなく飾られ、アートギャラリーのような雰囲気が漂います。

投稿者:3qverymuch

長安西路に面したスペースはソファや椅子が置かれ、ゲストのコミュニティスペースに。イベントスペースとして貸し出されることもあり、新人作家の展示なども行われているそう。

投稿者:factoryxii

ドミトリー、シングルベッドの1人部屋、ダブルベッドの2人部屋など部屋タイプは11種類と豊富。ドミトリータイプはカーテンで仕切られ、プライベート空間は確保されています。気になる価格は、ドミトリータイプ(男女混合、女子専用)がTWD525(約1890円)~、個室タイプではシングルがTWD1088(約3917円)~から揃っています。すべてのプランで朝食付き。

管理者提供の写真

一人で3泊しました。20年ぶりにドミトリーに泊まりましたが非常に良かったです。清潔感、スタッフ、ロケーション、パブリックスペース、どこをとっても素晴らしいです。アクセスは台北駅と中山駅の中間でしょうか。どちらからでも歩いて5分くらいです。宿泊しているのは若い女性が多い気がしました。ドミトリー慣れしていない人でもここなら大丈夫だと思いますよ!ayakai2015さんの口コミ
シングルルーム共用バスルームに宿泊。 台北駅と中山駅から近くて、バス停が近くに複数あり移動に便利です。 室内も清潔感が有り、コンセントが多くて、エアコンが自分でコントロール出来て良いですね。 ただ、バスタオルが滞在中に一枚しか無く、交換はオプションで一枚30元でした。ayakai2015さんの口コミ

台北北門窩泊旅 Beimen Wow Poshtel

台北駅とMRT中山駅からいずれも徒歩10分ほどの場所に位置するベイメンWOWポッシュテル。駅からは若干歩きますが、寧夏夜市や人気の赤峰街も徒歩圏内で、旅の基点とするには便利な場所です。

こちらのホステルの魅力はレトロ感。そしてノスタルジックなウォールアートです。エントランスを入ったところから、チェックインカウンターのウォールアートがお出迎えしてくれます。

投稿者:Amanda B

本当のカウンターはこちら。レトロ感のある小物が多く飾られ、賑やかな雰囲気です。

投稿者:alexandmadie

建物の壁面に描かれたウォールアートはかつての台湾の日常風景がテーマになっています。どれも生き生きとしていて、つい絵と一緒に撮影したくなること間違いなし。館内にもフォトスポットがたくさんあるのでお見逃しなく。

投稿者:Amanda B

地下の広いワンフロアが共用スペースになっています。あえてバラバラのテイストのソファや椅子がかなり多めに配置され、学生時代の部室のような雰囲気でリラックスできます。ダーツやボードゲームも用意されていて、初対面のゲスト同士で盛り上がることもあるそう。全プランに付いている朝食もこのスペースで提供されます。

投稿者:Pattme

ドミトリーに加え、ダブルルーム、ツインルーム、シングルルームがあります。ドミトリー(男女混合、女性専用)がTWD540(約1944円)~、シングルルームがTWD1290(約4644円)~。ダブルルームの室内は、コンクリート打ちっぱなしの無骨な感じがブルックリン風ですね。

投稿者:alexandmadie

ドミトリーのベッドがカーテンできちんと仕切られているので、カプセルみたいなもんです。台北の安いシングルルームの1/3以下の値段です。地下のダイニングとロビーが広く、かなり使えます。Tomoki Mさんの口コミ
桃園メトロ台北駅や台北地下街Y區からも近いので、 空港行きの前泊として宿泊しました。 周囲は雑貨や文房具の問屋さんが並んでいます。 建物前の路地も駅の風景を描いたアートで飾ってあります。 フロントスタッフは英語堪能で、チェックインの際日本語の案内を見せて 施設の説明をしてくれたのも安心できました。 Tomoki Mさんの口コミ

ブティ シティ カプセル イン Bouti Capsule Inn 

台北駅から南へ徒歩7分ほどのこちら。台北駅南側のZ地下街とアーケードの下を通ってくれば、ほぼ屋根の下を歩いて宿まで到着できるというアクセスのよさ。

古いオフィスビルをリノベーションしているこちらのホステル。ロビー部分は吹き抜けになっていて、とても広々としており、イメージはクラシカルな銀行ロビーといったところ。

投稿者:Catsi C

共用スペースにはガイドブックなどの本も準備されていて、日本語の書籍もけっこう置かれています。吹き抜けの2階部分には、デザイナーズホステルらしいこんな椅子も。ちょっと座りにくそうですけれども…。

投稿者:icypopsies

ドミトリーの客室。日本のカプセルホテルに発想を得て作られたという同ホステルですが、まさにカプセル型。二段ベッドではなく個室型のベッドスペースが並びます。スクリーンカーテンでぴっちりと閉められ、灯りがもれにくいのも安心できます。グループで泊まれる3人部屋、4人部屋などもありますが、造りはドミトリーと同じようにカプセルタイプのベッドが並ぶレイアウト。ドミトリーがTWD650(約2340円)~、3人部屋がTWD2100(約7560円)~の価格設定になっています。

投稿者:ElzieChang

 
MRT空港線の台北駅から徒歩3分程度、大通りを少し歩くだけでした。夜便だったので、最終列車で台北駅に着きましたが、女性一人でも特に不安はありませんでした。stknskiさんの口コミ
台北駅から程よく近く、さらにおしゃれなドミトリー。個室もあるみたい。 24時間対応のフロントが嬉しい。何せ、ホテルに到着したのが午前4時半過ぎですから。 ドミトリーはカーテンで仕切ることができるので、プライバシーは守られるかな。 カードキー対応のロッカーもあり、便利。 さらには、スリッパや歯ブラシなどのアメニティもあり、タオルもデポジットを出せばレンタル可能。 朝ごはんもついて、とっても便利です。NoriyukiNagayamaさんの口コミ
 

タイワン ユース ホステル & カプセル ホテル Taiwan Youth Hostel & Capsule Hotel

同じく台北駅南側に位置しますが、こちらはMRTの台北駅寄り、M8出口からすぐのところにあります。MRTは台北市内を縦横に走っており、市内観光には欠かせない足。街歩きをめいっぱい楽しみたい人におすすめのホステルです。

ビルの地下フロアを使っており、階段を下りてエントランスに入ると、想像以上に広々とした空間に驚かされます。ロビーと共用スペースとして使われており、片隅にはギターが置かれていたり、とてもアクティブな雰囲気。

 

投稿者:Yongyongtong

エントランスのドアにある猫のイラストは、ゲストとして泊まったイラストレーターが描いていったものだとか。旅をする人同士の交流を楽しむゲストが多いのもこのホステルの魅力です。

投稿者:รัชภรณ์ ม

名前の通り、カプセルタイプのドミトリーがこちらの特徴。でもただのカプセルではありません。広さは日本のカプセルホテルより一回り大きく、独立したベッドが箱の中に置かれているイメージといったらよいでしょうか。ほぼ個室感覚で使えます。シングルベッドタイプのドミトリー(女性専用、男女混合)がTWD650(約2340円)~、2人で使えるダブルベッドタイプのドミトリー(女性専用、男女混合)TWD1100(約3960円)~もあります。2人用の個室タイプはTWD1500(約5400円)~です。

投稿者:584summer

 
台湾で初のカプセルホテルでした。 と言っても、ドミトリーの二段ベッドを縦にした感じで、窮屈さは無く、空間にかなりゆとりがありました。 ベッド周りは必要なコンセント類や、ロックのかかる棚があったりとアイディア満載で痒いところに手が届く感じです。 人気宿ゆえ、人の往来が多いので雑音が気になって眠れない人には向かないかもしれませんが、この旅人達の活気ある感じは好きです。mingchee080808さんの口コミ
台北駅のM8出口からでて、徒歩3分程で到着できます。2016年11月オープンで、施設がとても綺麗。モダンなインテリア。男女別の浴室があり、トイレはウォシュレット付き。浴室やトイレの数はそれぞれ10以上ありました。 自由に調理できるキッチンもあり、朝食用にパンやお茶やコーヒー、ジュースが無料でした。 一番の魅力はスタッフがとても明るくフレンドリーで日本語も堪能なことです。youママ2015さんの口コミ

ウィ カム ホステル We Come Hostel

MRTで台北から西にひと駅。北門駅から徒歩6分ほどの迪化街は、ドライマンゴーやからすみなど乾物の問屋街として知られるエリア。レトロな街並みで人気の観光スポットでもあります。迪化街から歩いてすぐ、台北駅からも15分と徒歩圏内で、街歩きにも便利なこちらのホステルも人気です。

共用スペースは、むき出しの配線がインダストリアルですが、色味が適度に加えられ、温かみのあるインテリアに仕上がっています。ここにゲストが集まり、フレンドリーなスタッフと談笑する姿もよく見られるそう。

投稿者:Johann C

すべて個室仕様になっているシャワールームは清潔で使いやすさ抜群。しっかりと仕切られているので、隣の人を気にすることなくシャワーできるのは嬉しいですね。

管理者提供の写真

部屋タイプはドミトリーに加え、シングル、ダブル、ツインの個室タイプ、さらに2段ベッドが2つ入ったファミリータイプなどが揃っています。バスルームが部屋内にあるタイプは完全にプライベートが守られますね。ドミトリー(男女混合)がTWD509(約1832円)~、ダブルベッドの2人用個室がTWD1180(約4248円)~とかなりリーズナブルな価格設定です。

投稿者:Rex C

 
まず立地が迪化街、寧夏夜市に近い点。部屋、バス、トイレが清潔で個数が多い。トイレの紙流せます!また雰囲気のある共有スペースは広く交流目的も一人読書や勉強どっちも可。何よりスタッフが最高でした。lp020477995さんの口コミ
個室に宿泊。お部屋や共有リビングは清潔できれい。スタッフのみなさんもフレンドリーで親切です。ホステルですが騒がしくなく、年齢層も幅広いのでとても過ごしやすかったです。Quadrophenia516さんの口コミ

公寓十樓 Apartment 10F

桃園MRTの台北駅から徒歩5分、北門駅からは徒歩7分ほど、もとは衣類倉庫だったというビルの中にあるこちらのホステル。名前の通り、10階という高層階からの眺めを楽しめるのが人気の秘密。

投稿者:Aileen H

共用スペースは打ちっぱなしのロフト風。窓からの夜景と相まって、かなりおしゃれな雰囲気!スタイリッシュながらも、変に作りこまれた感がなく、誰かの家に泊まったときのようにくつろげるのは小規模ホステルならではです。

 

投稿者:Oyster

部屋タイプは、窓付きで夜景が楽しめるシティビューの個室からドミトリーまで揃っています。ドミトリーはいわゆるカプセルタイプで、しっかりと区切られているのでプライベートは確保。室内はファブリックからすべて白で統一され、清潔感があります。ドミトリー(女性専用、男女混合)がTWD500(約1800円)~、ダブル、ツインの個室タイプはTWD1780(約6408円)~です。

投稿者:Oyster

台北駅地下の出口が目の前だけどMRTを利用するなら北門駅が便利。桃園空港線がとても近い。玄関先で靴を脱ぐので、フロア全体が綺麗。掃除がとにかく徹底していてスリッパも毎日消毒していた。TUKINOWAさんの口コミ
古いビルの10Fにあるホステルですが、中に入ってみるとしっかりリノベーションされていて清潔で快適。 規模の小さいホステルだからお客さん同士濃い付き合いが出来ると思います。 MRT桃園空港線の台北駅の目の前にあるので移動にも便利!TUKINOWAさんの口コミ

ミアンダー タイペイ ホステル (台北漫步青年旅店)Meander Taipei Hostel 

最後にご紹介するのは、台北の原宿と言われる西門町にあるホステル。台北駅からMRTで一駅の西門は、台北駅周辺と並んでリーズナブルな宿泊施設が多いエリア。パワースポットで知られる龍山寺にも近いですよ。ホステルは西門駅からは7分の距離ですが、6番出口を出て成都路ひたすら直線を進むという、非常にわかりやすいロケーションなので迷いません。日夜通して活気のある街の雰囲気を楽しみながら、ホステルを目指しましょう。

さて、足を踏み入れて驚くのがロビー兼の共用スペースの奥行き。ちょっとしたホテルのロビーより広いです。

 

投稿者:sal10120 18

 

投稿者:kellepa

ダブルルーム、トリプルルーム、ファミリールームといった個室タイプのほか、ドミトリータイプももちろん完備。かなり部屋数が多いですが、管理はきちんとしています。ドミトリー(女性専用、男女混合)はTWD550(約1980円)~。グループで旅行するなら、カプセルタイプのベッドが配置されたコンフォートルームTWD1380(4968円)~もおすすめです。

 

投稿者:Oyster

 
台湾の渋谷、西門町駅から徒歩7分程度とどこからでもアクセスが良く、西門町が十二分に楽しめます。ホステル自体は繁華街の端にある為外が特にうるさいという事はありません。 このホステルでは頻繁にフリーツアーなどを開催しており実際に参加しましたがとても楽しめました。Yamada Mさんの口コミ
友達3人旅でしたので4人部屋に2泊滞在しました。西門駅から少し歩きますが、道沿いに歩いたらまっすぐなので簡単に行けました。土足厳禁なので、玄関でスリッパに履き替えて靴箱にいれます。部屋まで行くのにいくつか鍵を開けていくのでセキュリティはしっかりしています。yukik820さんの口コミ

いかがでしたでしょうか?台北のホステルは、どんどん誕生し、そして日々進化し続けています。次の台湾旅行では、ぜひ進化系ホステルでのステイを楽しんでみてください。

※文中の金額は、1TWD=3.62円(8月26日現在)で計算しています。 

この記事に関するタグ

話題の記事