冬の台湾は鍋で決まり!台北で食べたい鍋の人気店6選

秋冬になると、台湾は鍋の季節に突入します。台湾人は鍋料理が大好きなので、現地で食べられる鍋のバリエーションは実にさまざま。今回は旅行者でもトライしやすくて日本人の舌にもなじむ、台北で人気の鍋屋さんをご紹介します。ぜひお好みの鍋を見つけてみてください!

女性受け抜群の通称”若返り鍋”「無老鍋(ウーラオグゥオ)」

中山駅ほど近くにある「無老鍋」は、クオリティの高い火鍋と、日本人でも満足できる行き届いたサービス、清潔でおしゃれな店内で人気の鍋屋さん。店名通りお肌や身体に良い漢方がたっぷり入っているのが特徴的で、食べた翌日にはお肌がぷるぷるになっていると評判です。台北には中山のほか、新生店、市民店もあります。人気店のため予約がおすすめ。90分の時間制限があります。

投稿者:Ngo T

投稿者:G9523DRvickyc

初めは高めのお店という印象でしたが、この味とこの満腹感で5000円未満は激安だと思います。店内は清潔、店員さんは礼儀正しい、食後には桃のシャーベットも出てきて大満足でした。nemutaiyukiさんの口コミ

鍋の〆にうどんもあるが、僕らは熱々ご飯に豆乳鍋のスープをかけてお茶漬けのようにしていただく。これがまた美味い。結局、スープの最後の一滴まで飲み干してしまった。食材もいい物を使っているし、盛り付けも洗練されていて、女子はきっと気に入るだろうと思いました。今回の台湾旅行でいちばん美味しかった料理です。tongchaisanさんの口コミ

辛いもの好きなら必食!「鼎王(ディンワン)」

上記「無老鍋」と同じグループの鍋屋さん。こちらは特に麻辣(辛いスープ)が美味しいと評判です。日本ではなかなか味わえない旨味あふれるスープや具材をぜひ味わってみてください。光復店のほか、長安店、桃園にも店舗があります。予約がおすすめなのと、90分の時間制限があるのは無老鍋と同じです。

投稿者:Zoehang

投稿者:Ellen T

2014年度、台湾全土の鍋屋で一番売り上げが高かった人気店で、台北在住の我が家の行きつけのお店です。週末や食事の時間帯は予約が取れなかった人が大勢店の前で並んでいます。麻辣鍋と酸菜鍋の両方が味わえる鴛鴦鍋がおススメで、あらかじめ入っている具材はスープと一緒に足してもらえるので、それだけでも結構お腹がふくれます。BackPacker804427さんの口コミ

鍋は麻辣鍋、東北酸菜鍋、鴛鴦鍋の3タイプで、鴛鴦鍋は両方の味が楽しめる。麻辣鍋は一見辛そうな色をしているのだが、辛さは後に残らず、旨みエキスがぎゅっと凝縮されたような上品な味だ。肉は別にオーダーするのだが、具とスープは少なくなるとすぐ足してくれる。BackPacker804427さんの口コミ

日本にはない”すっぱ鍋”を体験するならここ!「圍爐(ルーウェイ)」

中国東北地方の料理「酸菜白肉火鍋」は、酸っぱい白菜をふんだんに入れたスープに具合を入れて楽しむ鍋のこと。台湾ではポピュラーですが、初めて食するなら鍋やタレのクオリティはもちろん、店内が清潔で、サービスもそこそこ満足できるレベルの「圍爐」がおすすめです。ランチもディナーも予約がおすすめ。

投稿者:Hiroko_Italia

投稿者:Hiroko_Italia

漬物、まして酸味のある漬物を鍋だなんてと思っていましたが、箸が止まらず白菜漬物と肉をおかわり。自分の予定していた以上に食べてしまいました。酸っぱい漬物鍋が細胞レベルで記憶に染み込んでしまい、これを食べにまた台湾に行きたいと思う、五感に訴える恐ろしい鍋です。banbi-chubaさんの口コミ

美味しい。本当に美味しくて帰国後自宅でも真似してみましたが酸っぱさが足りない。酸っぱいと言っても、深みのある発酵…かな、違うかな、という複雑な味で、それと豚肉やら他の具材が素晴らしく合うこと!次に台湾へ行ったら、滞在中2度は食べに行きたいです。Hiroko_Italiaさんの口コミ

ローカルな”すっぱ鍋”を体験するなら「チャンバイ レストラン」

「酸菜白肉火鍋」を上品に味わうなら「圍爐」ですが、もし何度も食べていて、ローカルなお店にチャレンジしてみたいならこちらの「チャンバイ レストラン」がおすすめ。お店の片隅でお肉をスライスしているようなローカル感いっぱいのお店で、リーズナブルに本格的な「酸菜白肉火鍋」が味わえます。人気店なので予約がおすすめ。

投稿者:健 中

投稿者:zunchi

やみつきになる酸っぱい鍋。台北訪問時の夕食は毎度まずここに、というほどはまっています。鍋には最初から豚肉がセットされており、追加の肉は豚肉、牛肉、羊肉から選ぶシステム。サイドメニューもありますが、2人で2人用の鍋を食べるとかなりお腹いっぱいになるので、鍋に集中するの方がよさそうです。penquin2015さんの口コミ

地下と地上の2フロアーです。お客はローカル7割、観光客3割です。ガイドブックにもよくお勧めされてますが、味も雰囲気も地元風です。料金も3-4人用の火鍋で1200元くらいです。ビールや飲み物はセルフサービス、たれも自分で調合します。Azusatogo1009さんの口コミ

疲れた身体に薬膳が染み渡る「天香回味(テンシャンフェイウェイ)」

日本にも出店し人気のモンゴルの薬膳鍋のお店「天香回味」。台湾でも同じく漢方たっぷりのお鍋がリーズナブルに味わえます。お店は中山や林森北路のホテル街からもほど近く、林森の向かいあたりにあります。席数が多いので予約なしでも入れますが、週末など込み合う時は予約がおすすめです。

投稿者:久子 本

投稿者:hamuchan0918

訪台したら必ず行くモンゴル鍋のレストランです。東京にも出店されています。蒸し暑い台湾で疲れた体と気力がなんとなく回復する気がしますね。店の前からカレーの匂いがすごくします。具材も日本には無いものがいっぱいありますよ!RI Tさんの口コミ

銀座や日本橋にもお店があります。お勧めは2色のスープを頼み、好みに応じて、取り皿に麻辣のスープと辛くないスープを混ぜて、好みの味にして、このスープに付けて食べることです。値段は日本よりも安く、私の感覚では約半値です。繁 糸さんの口コミ

鶏コラーゲンがたっぷり!「驥園川菜餐廳(チーユェンツヮンツァイツァンティン)」

台北市の中心部から少しだけ入ったところにある鶏スープの名店。家族の集まり、接待などで普段からたくさんの台湾人が訪れる。名物の鶏スープは厳選した地鶏をまるごと3羽使い、12時間以上煮込んで作られるそう。ディナーでいただける鍋の種類は大鍋のみなので、大人数でないと食べきれないことに。3人以下の場合は簡易的になりますが、ランチの一人鍋セットがおすすめです。

投稿者:zat15752

投稿者:士杰 王

料理はどれも美味しく特に鳥鍋は鍋に鳥が一羽入った豪快な料理です。スープはトロミがあり、コラーゲンがたっぷり、食べた翌日は友人6人ともに顔がツヤツヤする程です。鳥本来の味が凝縮された味で独特の風味があります。6人で食べましたが、腹一杯。でも、最後は麺を注文して美味しく頂きました。zat15752さんの口コミ

夫婦2人旅なので無理かな~と思ったのですが平日ランチなら一人鍋セットがあるとのことなので行ってきました。
鶏のスープが小さな土鍋で運ばれてきますが本当に美味しい!濃厚だけれどくどくなく上品です。選べるおかずもどれも美味しかったです。次回も必ず訪れたいです。tomo0101さんの口コミ

以上、台北で必食の鍋屋さんをお届けしました。ちなみにほとんどのお店で鍋のスープは持ち帰ることが可能です。旅行者にはあまり縁がないかもしれませんが、それほど台湾人にとって馴染みの深い鍋文化。寒い季節に台湾に行くなら絶対に食しておきたいですね。

この記事に関するタグ

話題の記事