台湾3大観光地、絵画のような日月潭(リーユエタン)へ小旅行

台湾を代表する美しい湖、日月潭(リーユエタン)。標高約700メートルにあり比較的涼しく、避暑地としても知られ、台湾の大自然を感じられる貴重なスポットです。今回はそんな日月潭を200%満喫する秘訣をご紹介します。

アクセス

その前にまずはアクセスを簡単にご紹介。台北車站の向かいにあるバスターミナル(台北轉運站)から直行バスが出ており所要時間は4〜6時間。または台北から高鉄(新幹線)で高鉄台中駅まで行き、そこからバスに乗れば、料金はやや割高ですが所用時間は約2時間半と時間短縮に。

台北や台中からの日帰りツアーも数多くあり、ホテルなどで予約するのが便利です。台北からの日月潭ツアーの情報はここをクリック。

その1、レンタサイクルで絶景を巡る

日月潭は以前からサイクリングでの観光を推奨しており、「向山自行車道 Siang Shan Bikeway」など、自転車道が整備されています。バスターミナル付近には多くのレンタサイクル店があり手頃な価格で借りることが出来ますます。自転車のほか、最近人気なのは電動自転車。少し割高ですが日月潭は坂道も多く、電動自転車なら免許はいらないのでおすすめです。

Arnaud Mさんの投稿写真

湖を間近に感じながらのサイクリングは最高なはず!

Jung Chan Tさんの投稿写真

とても良く整備されたサイクリングロードで景色も良く、比較的平坦なので快適にサイクリングが出来ます。hide2004さんの口コミ
値段は、だいたい100TWDから200TWDです(終日)。自分は200TWDで借りましたが、荷物等をすべてみてもらいました。終点までいかなくても向山ビジターセンター、またその少し先にある展望台は本当に綺麗です。Tagawa Sさんの口コミ

その2、日本人が設計したビジターセンターを訪れる

2011年にオープンした「向山ビジターセンター Xiangshan Visitor Center」は、日本人建築家の團紀彦氏が建築デザインを手掛けたことでも知られています。流線的な建物はとても美しく、台湾建築賞を受賞しています。日月潭を借景に日月潭特産の紅茶やコーヒーなどを楽しむことができます。また、日月潭の紅茶で作った茶葉蛋(卵)もこちらの名物ですのでぜひ味わってみてくださいね。

b0renkさんの投稿写真

日月潭特産の紅茶で煮た卵はビジターセンターの名物です

Lilian2338さんの投稿写真

台中からのバスが到着する水社からは自転車でサイクリングロードを通ってくると比較的平坦で景色もいいです。hide2004さんの口コミ
併設のカフェでは、日月潭を眺めながらエッグタルトやケーキ、その他軽食が楽しめます。eseMisteryHunterさんの口コミ

その3、ロープウェーで日月潭を上から眺める

日月潭と九族文化村を結ぶ全長1,877mのロープウェイ「日月潭纜車 Sun Moon Lake Ropeway」。所要時間は20分で、もっとも高い場所は日月潭の湖面より280mほど高い位置まで登るため、日月潭全体を一望することができます。

管理者提供の写真

子供たちも喜びそう!

jui-chen Hさんの投稿写真

九族文化村に入場すれば日月潭行きのロープウェイ代も含まれるので、入場してすぐに日月潭に向かいました。かなり長いロープウェイで眺めが良く、日月潭が見えてきた時にはワクワクしました。taro2015さんの口コミ
九族文化村に入園しないで往復するだけでも日月潭を上から見られて素晴らしいです。Tintin0219さんの口コミ

その4、原住民の文化に触れる

「日月潭纜車」の先にあるのが「九族文化村 Formosan Aboriginal Culture Village」。台湾にはエリアによって多種多様な原住民文化が根付いており、そんな原住民の文化に触れられるテーマパークです。旅行者に人気の原住民ショーのほか、アトラクション性の高いテーマパークとしても楽しめます。

Danaiya Tさんの投稿写真

Vincent Cさんの投稿写真

原住民公演が素晴らしいです。色んな衣装を着て踊りを見せてもらえるので3歳の子供は何度も見たがっていました。Sono47さんの口コミ
台湾の原住民族の暮らしと歴史に関する資料展示と、ウォータスライダーなどのアトラクション施設が一体化したテーマパーク。セデック族と霧社事件の展示は詳しく勉強になった。NAOYA307さんの口コミ
台中から往復バス&日月潭周遊船&ロープウェイ&文化村入場券等々セットの券があるので、それでいくのがお得です。みみみーやさんの口コミ

その5、遊覧船に乗って日月潭をクルーズする

湖をクルーズする遊覧船も頻繁に出ています。お子様やお年寄りと一緒の場合には気軽に湖をぐるっとまわることが出来てとても便利です。「水社碼頭 ShueiShe Wharf」は、遊覧船や交通船の発着地となっています。

earistさんの投稿写真

一周したければ遊覧船、水社から対岸の伊達邵に行く際は交通船に乗るのがベストです。湖上からの風景とローカルな雰囲気が楽しめます。ナオユミさんの口コミ

その6、絵画のような朝夕の景色を堪能する!

いかにも台湾らしい風光明媚な景色が見られるのが日月潭の最大の特徴。なかでも、蒋介石の避暑用別荘の跡地に建てられた日月潭の最高級ホテル「ラルサンムーンレイク(涵碧樓大飯店) The Lalu Sun Moon Lake」から見る景色は格別で、この朝夕の霞を見るために世界各地から旅行者が訪れます。蒋介石は小さなボートに乗って朝夕の景色を眺めるのが大好きだったとか。

エリア内でも一等地にある敷地内からはこの地の原住民・サオ族たちにとって聖なる地である湖の中ほどにある拉魯(ラルー)島という小さな島がちょうどいい具合に眺められます。

jennykao12さんの投稿写真

朝のベランダからの景色の移り変わりがすばらしいので、ぜひそのまま朝の時間をベランダで過ごすことをお勧めします。まちゃよさんの口コミ

日月潭を満喫するコツ、いかがでしたか? 台湾の中でも日月潭の自然はここでしか見られない貴重な風景でもあります。行かれた際にはぜひ思う存分満喫してくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。