ぬる湯に炭酸泉…夏にぴったり“涼しい”温泉7選

2016年も、早くも30度超えのニュース。梅雨空と蒸し暑い日々が続く中、今年も夏の足音が近づいてきました。温度が低めで長時間のんびりできたり、泉質がさっぱり系で、スッキリ爽快な気分になれたり。そんな、猛暑や湿気を忘れされてくれる温泉はこちら。

低温の湯でじっくりつかれる〜ぬる湯〜

駒の湯温泉 駒の湯山荘(新潟県魚沼市)

秘境の一軒宿が守る鄙びた情緒満点の温泉宿です。毎分2000ミリリットルもの豊富な湯が、湯船に掛け流されています。泉質はやわらかく、化粧水にように肌にやさしくなじみます。加温した湯船と交互に入って楽しみましょう。

川沿いの露天風呂は泉質、雰囲気、景色とも最高。どばどばオーバーフローする掛け流し湯は本当に贅沢です。kazuringoさんの口コミ
温泉はぬる湯で、ぬる湯好きの私には最高でした。 広い貸し切り風呂も2カ所あり、子供も大喜びでした。混浴野天風呂の湯量にも驚きました。 Akiha Mさんの口コミ

新潟の山奥とは言え、真夏は暑いことに変わりはなく、そんな時に駒の湯のぬる湯に浸かるのが気持ちよく、何時間でも入っていられるくらいの温泉です。GUCCI☆さんの口コミ

貝掛温泉(新潟県湯沢町)

鎌倉時代に開湯されたと伝わる、700年の歴史がある温泉です。全国でもめずらしい「眼の温泉」としても知られ、湯で眼を洗う人も多いです。湯温は37度とぬるいため、のぼせず、長湯が楽しめます。木々に囲まれた岩造りの露天風呂では、自然との一体感が味わえます。

まだ目に鮮やかな緑を眺めながら、冷たくもなく、熱くもない、掛け流しの源泉に長いこと浸かっていられるのは贅沢だ。シャム猫ココアさんの口コミ
温泉は37度ぬるま湯のため1時間はあっと言う間で、いつもは出たり入ったりを繰り返すのですが、石を枕に寝てしまいました。shinhhhさんの口コミ

目にいいと言う温泉ですが、ぬる湯でとっても気持ちよくいつまでも入っていられる感じです。なかなか出たくなくなるのでご夫婦やカップルでいかれる場合は、あらかじめ何分に待ち合わせにしましょ。と決めておかれることをおすすめします。alohalohasさんの口コミ

シュワシュワの泡でリフレッシュ~炭酸泉〜

白骨温泉 泡の湯(長野県松本市)

炭酸泉のぬる湯が楽しめます。特に内湯では、湯に含まれる炭酸ガスが、きめ細かな泡となって体中をまといます。混浴の大露天風呂も人気です。飲むこともできる源泉は、酸味があり、少し癖のある味わいです。

特に気に入ったのは、内湯のぬる湯です。炭酸ガスの硫黄泉で、泡が体にまとわりついて気持ちがよく、熱湯もあったので、ぬる湯と交互に入りました。いくらでも入っていられそうでした。トリトン1109さんの口コミ
自分は開放感のある野天風呂も好きですが、生まれたてのぽこぽこと泡を立ててながら掛け流されてる内湯のお風呂がのんびりつかっていられて、しばらく使っていると肌に泡がびっしりついていていい意味で驚かされました。fragola0504さんの口コミ

内湯の炭酸泉は体中に細かい気泡がびっしり付きサイダーに身を浸しているようでした。norikokさんの口コミ

和の宿 ホテル祖谷温泉(徳島県三好市)

宿より約170メートル下の谷底にある、渓流沿いの露天風呂へは、ケーブルカーでたどり着きます。白い湯の花が浮く、ぬるめの湯に浸かれます。気泡が全身を包み込み、肌に心地よい刺激を与えてくれます。

とにかく、温泉がとろとろですばらしいです。炭酸泉で、体に泡がまとわりついて、美肌の湯という感じです。HanaKantaさんの口コミ
絶景とシャンパンのようにキメの細やかな泡に包まれ、家族皆が絶賛していました。確かにぬるめの湯温ですが長めに浸かってものぼせず、湯上りはほこほこと暖かでした。アツアートさんの口コミ

露天風呂は39度のぬるめのお湯で、源泉かけ流しの温泉にはガスが含まれていて、身体中に泡がつき肌はつるつるになりました。富沢康昌さんの口コミ

ラムネ温泉館(大分県竹田市)

昭和9年、文豪・大仏次郎氏に「これぞ、ラムネの湯だぜ」と言われたことからラムネ温泉と呼ばれるようになったのが、この長湯温泉。中でもラムネ温泉館は、2種類の源泉を有し、それぞれ内湯と外湯で楽しむことができます。館内には、飲泉所があり、胃腸の働きを活発にすると言われている炭酸ガスが含まれた温泉を飲むこともできます。

どろっぴぉさんの投稿写真

密林黒兵衛さんの投稿写真

宮崎隊長さんの投稿写真

大分出身の知人にオススメだと聞いて行きました
入り口で金券を買って中に入ります。
スーパー銭湯なんかにたまにある炭酸泉とは比べ物にならないくらい高濃度の炭酸泉でした
体がポカポカになり気持ちよかったです英玄 奥さんの口コミ
長湯は湯の温度が低いので、長く入らねば身体が温まらないので長湯と言うそうな。
ラムネ温泉館の湯は本当に温度が低い。
だから炭酸泉のシュワシュワがすごい!!
低い温度の湯船と、熱目のお湯とサウナ、長い時間かけて出たり入ったりしてください。Sayuri Nさんの口コミ
ラムネ温泉が好きなので何度も通っています。
お湯の温度は32℃と低めですが、炭酸の泡で体が包まれて妙な暖かさを感じます。30分とかゆっくり浸かれます。だから″長湯″温泉って言うのでしょうか。お芋さんの口コミ

本当にラムネなんですね!シルバーに見える気泡がドンドン!それはもう凄まじい勢いで身体に付着します
発泡スチロールのクズが静電気で纏わりつくようなカンジです温泉渡世人17さんの口コミ

たっぷり発汗でデトックス~砂蒸し風呂〜

山川砂むし温泉(鹿児島県指宿市)

伏見海岸の砂浜にある、温泉の地熱を利用した天然の砂むし風呂です。穴を掘って仰向けになり、上から砂をかけ、頭だけ出して埋めてもらいます。砂の熱と重みにより、サウナに入ったかのように全身から汗が噴き出します。砂から出たあとは、爽快感抜群です。

砂蒸し温泉は初めてでしたが、その気持ち良さは格別でした。適度な温度と快適な砂の重量感は格別です。妻は、もうとりこになったようで、また行きたいと言っています。砂蒸し・・皆さんお勧めですよ。オノサトさんの口コミ
海沿いにある温泉のため、波の音を聞きながら砂蒸し風呂に入れます。浴衣に着替えて下りていくと、お兄さんが砂をかけてくれます。
砂の重みも心地よく、あったかい砂がだんだん熱くなってきて、汗がダクダク出てきます。yochiimさんの口コミ

とてもパワフルです。
体中の血液が激しく流れているのが実感できて、けれど聞こえるのは心地よい波の音という不思議な空間です。
終わったあとなんとも言えない爽快感が押し寄せてきます。nasumi7さんの口コミ

番外編 まさかの湯温14度!?〜日本一の冷泉〜

寒の地獄旅館(大分県九重町)

その名前はダテではありません。源泉温度はなんと14度! 数分間じっと我慢をして浸かった後は、ストーブで暖まるという、世にも珍しい温泉です。入浴は7〜9月の期間限定、というのも納得です。

圭2014さんの投稿写真

ぽてとさらだ大好きさんの投稿写真

初回から6分の入浴。最初こそ冷たいのですが、じょじょに身体の周りに、体温であったまった水の層が出来てきて1枚羽織っているような気分。高温のストーブの部屋で12分(入浴時間の倍の時間を温泉の成分を肌に擦り込んでいくのがシキタリ)。ぽてとさらだ大好きさんの口コミ

今回は前々から行ってみたかった冷泉に挑戦!
台風間近の時で外気温は18℃、これで13~4℃の水はハンパなかったですが、ストーブを当たり終えると体がスーッと軽くなってました。
こんなに即効性があるとはビックリ! でしたが、入口にある温泉水を流すところにびっしりと湯の花が貯まってて(あんな量は初めて見ました)なるほど、効果の高さを実感できます。亜夜さんの口コミ

いずれ劣らぬ個性的な、一風変わった温泉ばかりでしたね。温泉は日本の宝。暑い夏こそ、温泉に浸かってリフレッシュしましょう!

この記事に関するタグ

話題の記事