雪景色をトコトコ行くよ!スルメも焼ける津軽鉄道のストーブ列車

青森県の西部から北海道を望む津軽地方。津軽弁に津軽三味線、津軽海峡と、全国に知られる文化や名所は数あれど、冬の風物詩といえば、津軽鉄道が運行するストーブ列車。客車内を柔らかな温もりで満たしながら、雪景色の中をトコトコと進んで行きます。

昭和レトロなダルマストーブでほっこり

Bob L さんの投稿写真

列車名の由来となっているのが、各車両に2台ずつ配置されたダルマストーブ。開業した昭和5年の冬から採用され、現行列車で4代目。燃料は石炭で、乗務員が定期的にくべに来てくれます。電気や石油式のヒーターとは違った、じんわりと柔らかな温もりが体を包みます。

初発のストーブ列車に乗車するべく駅へ出向くと乗客はだれもおらず、古びた待合室でひとり。ただ、駅舎の中は懐かしさが詰まっていて飽きません。古き良き昭和の時代にタイムスリップしたかのようでした。入線時間が近づくと改札が始まり、ホームへ。気動車につながれたストーブ客車が入線し、いよいよ出発。車内にはアテンダントの方も乗車していて、地元の話や沿線の情報などを津軽弁で教えてくれます。darl600さんの口コミ
吹雪の時にストーブ列車に乗りました。吹きっさらしのホームは寒いけど、だるまストーブの焚かれた列車内は、ポカポカ暖かです。長靴履いてカッパ着た車掌さんが、だるまストーブの様子を見てます。石炭くべたり大忙し。satoumitsuさんの口コミ

車窓に広がるのは一面の銀世界!

maru-rundさんの投稿写真

エンジャさんの投稿写真

沿線に古き良き日本の原風景が続く津軽鉄道。ストーブ列車が運行する冬期は、美しい雪景色に包まれます。真っ白に覆われた山や田園を眺めていると、不思議な懐かしさがこみ上げてきます。

津軽五所川原駅から津軽中里駅を往復しましたが、あっという間でした。雪景色も堪能でき、東北のあたたかさを感じました。台湾や韓国からの観光客もいて、国際色豊かでした(^^)maru-rundさんの口コミ
左右に開ける雪景色を楽しみながらストーブ列車でするめを焼いてもらい、カップ酒をいただきながらの贅沢な時間が楽しめます。早起きふくろうさんの口コミ

旅のおともにスルメはいかが?

バルちゃんさんの投稿写真

エンジャさんの投稿写真

ストーブと冬景色ときたら、恋しくなるのは……。あぶったイカ! 車内ではスルメが販売されていて、アテンダントさんが絶妙の焼き加減に仕上げてくれます。津軽弁の観光案内を聞きながら、お腹も心もあったか。安心してください、お酒も購入できます!

雪景色を見ながら分かりやすい津軽弁の軽快なトークを聞きながらの楽しい時間でした。ダルマストーブは、とても温かくその上で焼くスルメイカは絶品♪日本酒がすすみました。スルメイカは、係りの人が焼いてくれます。にゃんきちさんの口コミ
だるまストーブで焼いたスルメイカに、ワンカップ日本酒。外は一面銀世界ですが、車内はポカポカです。地元のかわいいガイドさんの案内もアットホームで、レトロな車内販売も風流でした。moraleja2014うさんの口コミ

鉄道ファン垂涎のポイントはココ!

こじおちゃんさんの投稿写真

maru-rundさんの投稿写真

ダルマストーブがあしらわれたヘッドマークや、線路の雪を排除するためのブレード、津軽鉄道のロゴマークと行先版など、マニア好みの設備や装飾も忘れずに確認を。ストーブ列車の運行は例年、12月1日から3月31日まで。津軽五所川原〜津軽中里間を3往復(12月の平日は2往復)しています。

乗客はみんな、初対面ではありますが、同じ車両をともにした仲間として一緒にアテンダントさんの説明に耳を傾けて笑いました。五所川原から金木間の20分程度の乗車をされる方が多いようですが、中里までの40分を楽しむことをオススメします!くまちさんの口コミ
12月ー3月の「ストーブ列車」、4月29日ー5月5日の「芦野公園さくらまつり号」、7月ー8月の「風鈴列車」、9月ー10月の「鈴虫列車」などのイベント列車を運行しています。沿線には太宰治ゆかりの「金木」、桜で有名な「芦野公園」、吉田松陰も訪れた「津軽中里」など見所も多いです。ぜひ乗ってみてください。rokutetsuさんの口コミ

津軽の冬を象徴するストーブ列車を紹介しました。車窓に流れる雪景色を眺めながら、石炭ストーブにあたって地元のアテンドさんの話に耳を傾ける……。想像しただけで、心も体もポカポカしてきますね。

 

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。