天守よりもこっちに注目!全国の“石垣”がスゴいお城7選

城というと天守閣に目がいきがちですが、石垣も見逃せません。加工や積み方で時代がわかったり、武将の個性が発揮されていたり……。重機のない時代、すべてを手作業で築き上げたというのもオドロキです。全国に数多ある城の中でも、特に石垣が個性的な場所を紹介します。

高取城(奈良県)

日本三大山城のひとつ。標高583mの高取山の山頂に築かれた連郭式の山城で、往時は白漆喰塗の天守や櫓など29棟が立ち並んでいました。城郭全域の総面積は約6万㎡、周囲は約30㎞に及びます。建物は残っていませんが、遺構はほぼ完全な状態をとどめ、今も石垣は健在。山上で巨大な迷路のように立ちふさがる様子に圧倒されます。

投稿者:政和 矢

投稿者:花月吾平

投稿者:旅好きのくまさん

「石垣の石を運び上げた当時の人々の気持ちになって」と、宗泉寺前の看板にありましたが、石がなくても想像以上に本格的な山登りでした。。。登城は大変でしたが、遺構の素晴らしさは息をのむものでした。山上と思えないほど広大な敷地を持つ本丸跡に、苔むした立派な石垣が聳え立っています。天守閣は無いものの、日本一の山城という謳い文句通りの立派な城跡でした。Kakky68さんの口コミ

かなり高所で、道が細い所もあるので車で行ける所まで行って、駐車場も5、6台しか置けないが、そこから先は急な登り坂を100m程上れば立派な石垣が見えてくるので石垣好きにはたまらない世界が待ってる。平日だったが来城者があまり途切れず人気の山城跡と認識できる。Go808892さんの口コミ

南北朝時代に築かれ、その後は主を変えながら改修が加えられ、明治維新まで生き残った城です。大規模な石垣遺構が広範囲に残っており、その様は圧巻です。城の破却時に捨てられた瓦片もあちらこちらに散らばっており、まさに廃城の趣がある城跡です。とは言え、建物遺構は全く残っていません。「城=天守閣」という方には、お勧めしません。chirowankoさんの口コミ

竹田城(兵庫県)

雲海に浮かぶ石垣の幻想的な姿から「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれ、人気を集める竹田城。標高353mの古城山の山頂に築かれ、南北に400m、東西100mの縄張りを守るように、近江の穴太衆(あのうしゅう)が築いたといわれる野面積みの石垣がそびえます。本丸を中心に階段状に広がる曲輪に注目しながら、縄張りを巡ってみましょう。

管理者提供の写真

投稿者:shun4942

投稿者:こばじょん

朝の雲海を見たくて早起きを頑張りました。道のりはそこそこきついものがありますが、その先に待っている景色のことを考えると頑張る価値があります。雲海はそこそこ長くみることができます。USG48さんの口コミ

城跡はあまり木々が鬱蒼としておらず、しっかりと石垣が見る事ができて、山の上にある城跡がそのまま見る事ができます。その山の上で堂々としている石垣の様に、とても味わいを感じました。また、山の上から見る但馬の山中の景色も良かったです。Discover809775さんの口コミ

こんなに立派な石垣群、城跡が高い山上にあることが珍しい。しかも、しっかりとした曲輪の作りが完全な形で残されている。
すばらしい城跡です。
天空の城とか、日本のマチュピチュだとか、色々な見方をされています。それもいいですけど、城跡としてきちんと見るべきです。hsgwkinさんの口コミ

丸亀城(香川県)

現存12天守のひとつで、日本100名城にも選ばれた美しい城。江戸時代初期の建築で、高さ20m以上にもなる高石垣で築いた三の丸(2018年に大雨の影響で一部崩落し修復中)や、2mを超える鏡石を用いた〝魅せる〟石垣など、すぐれた技術で施工された石垣が、建物とともに現存します。大手門から見上げる天守は圧巻!

投稿者:MS男爵

投稿者:1998V70

投稿者:よっしいぃー

勾配に一瞬ギョッとしますが、それも全て忘れさせてくれる景色が待っていますよ。とにかく城山からの街の眺望は最高です。一国一城の主になった気分が味わえます。季節柄、新緑が美しかったです。Seryon2015さんの口コミ

石垣がきれいなことが有名なお城です。いちぶ崩壊しているとのことで立ち入り禁止になっていましたが、観光するには影響がありませんでした。結構な坂を上がっていきますが石段を見ながら上るとそれほど気になりませんでした。Sunshine813511さんの口コミ

石垣や現存する天守も見ものですが大手一ノ門も現存する建物の一つで内部に入ることもでき見応えがあります。本丸からは讃岐富士のそびえる讃岐平野、瀬戸大橋などを望めます。fibonacci2014さんの口コミ

熊本城(熊本県)

築城の名手・加藤清正が築いた難攻不落の名城。上に行くほど垂直に立ち上がる石垣は、敵が侵入を試みても登り切れず、末広がりのため普通の梯子では届かない「扇の勾配」が特徴です。2016(平成28)年の熊本地震では大きな被害を受けましたが、少しずつ復旧が進み、今秋からは天守の特別公開が予定されています。復旧へ向けた取り組みを見守っていきましょう。

投稿者:のり君

投稿者:Peter H

投稿者:1494faNY

現在は復旧工事中で、城内には一切入る事は出来ません。二の丸駐車場から見学エリアを回って見ることが出来ます。この場所から加藤神社までが大体のコースになります。まだまだ工事は続いており、2037年復旧完了を目指しています。Vacationer807233さんの口コミ

城内は立ち入り禁止との情報でしたので、隣接する市役所の展望台から眺めるだけでもと思ってましたが、観光タクシーの運転手さんが加藤神社へ連れて行って下さいました。
そこからは、修復途中のお城や、黒壁が凛々しい熊本城を間近に見ることができました。napanaさんの口コミ

熊本地震の爪痕がくっきり残る熊本城。その無残な姿にショックを受けたと同時に、修復のプロセスを展示で学び、気の遠くなるような作業に感動もした。大切なものを守ろうと地道に努力する地元の人たちに頭が下がります。崩れた石垣に一つひとつ番号を振って、組みなおす作業は圧巻。ubud123さんの口コミ

岩村城(岐阜県)

標高721mと、日本三大山城でもっとも高い場所に位置する近世山城。築城当初は一段の高石垣でしたが、崩落防止の補強を繰り返した結果、現在の姿になったという「六段壁」の石垣で知られます。建物は廃城の際に解体されてしまいましたが、土岐門跡、三重櫓高石垣、大手門跡、菱櫓跡などの遺構も状態良く残存。石垣ファンの心をくすぐります。

投稿者:une-deux

投稿者:龍RON

投稿者:チョイワルオヤジ

有名な六段壁を味わいに行ってきました。途中まではほぼ登りっぱなしの道が続き、途中から枡形、虎口を通るとほぼ平坦な曲輪が見えてきます。有名な六段壁は岩村城の最奥にあります。六段壁は、不安定な石垣を何度も補強していくうちにこの形になったそう。JourneysJrさんの口コミ

朝ドラの半分青いで有名になった岩村のふくろう商店街を抜け岩村藩主邸跡横に登城口があります。車は、ここに止めると便利です。時間は往復1時間ちょっと見ておくとよいでしょう。登りはちょっとした登山と思った方がよいかと。ハイヒールでは無理です。Navigator803103さんの口コミ

車で本丸のあるすぐ手前まで行けます。駐車場のすぐ目の前に本丸のすぐ下にある細長く続く見事な石垣が見え、数分で本丸にいきなりたどり着けます。そこで満足せず、ぜひとも反対側の北東部にある六段壁は見ましょう。その姿はとても美しいです。asaka19691216さんの口コミ

岡城(大分県)

音楽家・滝廉太郎が『荒城の月』の着想を得たとされる近代山城。雲海に包まれる幻想的な姿から〝天空の城〟として人気を集めていますが、城跡そのものも見どころがいっぱい。半円状の「かまぼこ石」や、石垣で作られた螺旋階段など、西洋の古城を彷彿させる意匠に、当時の最新デザインが垣間見られます。他の城の石垣にはない特徴を、じっくり観察してみましょう。

投稿者:Tatsuya Oono

投稿者:yunyunchan

投稿者:kojya

荒城の月の舞台でお城のイメージが強く、天守閣も何もないですが、城跡とこの城下町全体を一括りとして見て旅を感じ取ることが必要だなと思いました。城下を歩く基点にもなります。4068kasshysayakenさんの口コミ

広大な山城で、石垣の美しさ、 楠木を始めとした木々の緑、阿蘇、湯布岳、九重などの四方の山々、周囲のあらゆる環境を借景に作られたこの城は滝廉太郎の荒城の月のストーリーも相まって、名城の中の名城と言えます。hidakaさんの口コミ

入城は有料ですが、その価値はあると思います。景色がとてもきれいですし、滝廉太郎の像もあります。歩く距離もそんなに長くないのがうれしい。駐車場は広大で、ここに車を置いて竹田観光に出かけるのも良いと思います。kumabrotherさんの口コミ

今帰仁城(沖縄県)

琉球王国成立以前に存在した琉球三大勢力のひとつ、北山王の居城跡。ユネスコ世界遺産に登録され、日本100名城にも選ばれた名城です。見どころは、万里の長城を彷彿させる全長1.5kmの長い城壁。屏風型に波打つように築かれた美しい石積みの城壁により、7つの郭を守っています。城壁内部に築かれた平郎門や、断崖の上に立つ主郭も必見。

投稿者:zeroonem

投稿者:nuinui東京

投稿者:待兼山

有料なので入るのをためらいましたが、入って良かったです。想像以上に広くて、上り詰めると壮大な自然の中にあった、孤立した城だとわかります。琉球王国時代に想いを馳せながら、見て回るとよいですね。sherbet_lemon0608さんの口コミ

敷地は4ヘクタールと首里城と同じくらいの規模ですが、万里の長城のように堅牢な造りをした城壁は全長1.5キロにわたり、城壁越しにマリンブルーの海の見える絶景ポイントもあって見事な景色でした。Expedition802957さんの口コミ

世界遺産の城の中では、ここが一番規模が大きいでしょうか。ボランティアガイドさんがいて、一緒に回るとよい勉強になります。数年前に比べると観光客が増えたように感じます。isimoto5さんの口コミ

高低差があればあるほど、その城は攻められにくくなります。つまり、石垣をどのように築くかが、城造りの要だったわけです。日本一の高さを誇る大阪城の高石垣や、「石垣の博物館」の異名を持つ金沢城など、ここでご紹介した以外にも、まだまだ見るべき石垣はたくさんあります。ぜひその場に足を運んで、1/1スケールの迫力をじっくり堪能してください。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。