口コミで高評価! 一度は訪れたい日本の個性派スタバ

いまや日本の全都道府県に点在する「スタバ」ことスターバックス・コーヒーですが、通常の店舗とは趣の異なる、個性的な店舗があるのはご存知でしょうか? 「コンセプトストア」と呼ばれるそれらの店は、「メニューはほぼ同じなのに、わざわざ足を運びたくなる」、「写真を撮ってSNSにアップしたくなる」と巷で話題なのです。そんな観光地化されたスタバのなかでも、口コミ評価の高い店舗をピックアップしてみました。

太宰府天満宮表参道店(福岡県太宰府市)

学業の神様で知られる太宰府天満宮の表参道には、ひときわ目を引くフォトジェニックなスタバがあります。こちらは建築家、隈研吾氏による“作品”。そのため観光客のみならず、多くの建築ファンも訪れては写真を撮る風景がみられます。店舗は「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトで設計され、入口だけでなく店内までも、伝統的な木組み構造を用いたデザインが最大の特徴。さらに店の奥庭には、太宰府のシンボルである梅の木が植わっているので、そちらも要チェックです。

トリップアドバイザー会員さんの投稿写真

96eeyore00さんの投稿写真

入り口からわかるように、角材を天井から壁にかけて斜め格子に配置したインパクトのある斬新なお店となっていました。新国立競技場の採用の有名建築家のこともあり、そこそこの混み様でした。myhy_yさんの口コミ
作品としての店舗であるのは間違いなく、随所に散らばるこだわりの構造の建物の中でリラックスできます。伝統的な木組み構造は間近で見ると本当にすごいです。木組みで怪我しないよう、座席近辺は透明なカバーで木を覆っています。dokinTokyoさんの口コミ

和風な雰囲気の街ですが、頭ひとつでてモダンな印象があります。世界各国のトラベラーがそのおしゃれな外観の前で写真をとってます。立地もいいし、梅ヶ枝餅しかない太宰府で、世界共通の味が楽しめるのは安心です。torisaraさんの口コミ

神戸北野異人館店(兵庫県神戸市)

「北野異人館街に来てまでスタバ!?」と思う人もいるかもしれませんが、ここには木造2階建ての洋館が丸ごと店舗になった、なんともノスタルジックなスタバがあります。建物自体は1907(明治40)年に建築されたもので、文化庁より登録有形文化財に指定されています。部屋ごとに異なる調度品が設えてあり、どこに座るかによって違った雰囲気が楽しめるのがポイント。眺めのいい窓際の席が人気なので、席を確保してからレジに並ぶのが正解でしょう。ちなみに、店舗に掲げられたロゴマークは、景観を壊さぬよう特別に木でできているとか。

ungsoongeさんの投稿写真

ふみさんさんの投稿写真

shereenboeyさんの投稿写真

震災後に取り壊す予定だったようですが、神戸市が寄贈を受けて移築、再建、スタバとして活用しているアイデアは素晴らしいです^ ^ ラップサイディングとグリーンのケーシングの外観で本当のアメリカンスタイル、内装も赤いカーペットやシャンデリア、暖炉やアンティーク調の家具やテーブルなど、レトロな雰囲気で居心地が良いです。Shiggy129さんの口コミ
店内は全部で6部屋あって、椅子などがすごくおしゃれで、優雅なティータイムを楽しめます。ただ、混んでいることが多いので椅子とりは争奪戦です。あさみるくさんの口コミ

1階と2階の両方に席があるが、2階の窓側の席がベスト。gyaktさんの口コミ

京都三条大橋店(京都府京都市)

京都の夏の風物詩として知られる鴨川の納涼床。川べりに組まれた木造テラスでのひとときは、他では味わえない貴重な伝統体験です。そんな特別な空間は高級料亭やレストランにしかない、と思いがちですが、実はスタバで気軽に楽しめます。三条大橋のたもとに位置するこの店舗では追加料金なしで納涼床が利用できることから、特に夏場は大盛況。盛夏(6~8月)は暑さが和らぐ夕刻から床での営業を始めるため、時間前から“床待ち”の行列ができるとか。もちろん、空調のきいた場所でくつろぎたい人向けに、店内にはソファ席もあります。

ティース君さんの投稿写真

JMpapaさんの投稿写真

レストランに入れば何千円もかかるのに、数百円で川床が楽しめるのでお得です。ただし、みんな考えることは同じなのか、大行列でした。夕暮れのベストタイムに行くのならば、行列を覚悟したほうがよいです。Deen33さんの口コミ
床は、6月〜8月は熱中症対策のため夕方以降しか利用できませんが、5月、9月は日中も利用できます。rocknumber69さんの口コミ

1階部分はカウンターが窓側の席にあり一人でもリラックスできそうですが、地下階はゆったりしたソファがあるので席が確保できればまったりできそうです。red700587さんの口コミ

鎌倉御成町店(神奈川県鎌倉市)

漫画「フクちゃん」で知られる漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられたのが、シックな平屋の鎌倉御成町店。旧邸宅は漫画家たちが集まるコミュニティの中心地でもあったそうで、その遺志を受け継ぎ、地元の人々が集まりやすい心地よい空間を目指したそう。天井高く開放的な店内もさることながら、ここの人気はプールに面した軒の長いテラス席。横山氏が愛した桜の木と藤棚をそのまま残し、四季のうつろいを感じられるスペースになっています。

yamazyさんの投稿写真

chihanekoさんの投稿写真

店内の広さ、天井の高さ、そして、プールがあるテラス側の抜け感。どれをとっても、開放感があり高級感さえも感じられる希少なスタバです。落ち着けることはもちろんですが、色んな発想も浮かびます。駐車場も横にあり割引が効くのは嬉しいですね。miwa1970さんの口コミ
こちらのお店の特徴は、何と言っても大きな窓からの素晴らしい眺め。 緑豊かな庭の桜や藤など季節の花々や、夏の陽射しを受ける真っ青なプールなどを楽しむ事ができます。もんぺとくわさんの口コミ

此処では「席取り」がきわめて重要です。できれば、入り口を入って右手奥、庭を前にゆっくり座れる席を狙いましょう。入り口附近は厳禁です。mastonerroさんの口コミ

出雲大社店(島根県出雲市)

オープンしてまだ間もない島根県のスタバ。出雲大社参道入口の「勢溜(せいだまり)の大鳥居」の前に位置するこの店は、日本でも数少ないコンセプトストアで話題を呼んでいます。縁結びの神様らしく、店舗コンセプトは「和と洋の縁結び」。出雲大社の注連縄の垂れをイメージして制作された照明や、出雲勾玉の形をした大きなテーブルなど、この土地ならではのデザインが目を引きます。また、縁側風のベンチシートや窓に面した2階席など、眺望を意識した席のレイアウトが秀逸です。

taktaktakさんの投稿写真

daisuk-laboさんの投稿写真

setoh-travelerさんの投稿写真

出雲大社の真向かいにあり、建物も和風で雰囲気のある作りでした。座席数も多く、出雲大社を眺めるように座りながらお茶が出来ます。スマーフさんの口コミ

外観のみならず、店内も広くてコンセプトショップと言うだけあって他店とは一線を画すステキな作りです。二階の窓側の席から縦格子越しの出雲大社を見るのも風情がありよかったです。妻への土産に出雲大社限定のマグカップを購入しました。lanikai_lanikaiさんの口コミ

熱烈なスタバファンのなかでも、コンセプトストアは特に注目度の高い場所。近年は海外からの観光客も多く訪れるため、多少の混雑は覚悟の上ですが、話のタネに一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関するタグ

話題の記事