札幌だけじゃない! 2020年の日本の雪まつり7選

厳冬期に開催される大人気イベント、雪まつり。大規模な雪像や氷像は日中は迫力たっぷりに楽しめますが、夜のライトアップでは美しさに磨きがかかり、さらにフォトジェニックに。会場によっては、花火とコラボレーションもしています。どのエリアも夜は非常に冷え込むので、防寒対策をしっかりして楽しみましょう!

千歳 支笏湖氷濤まつり(北海道千歳市)

日本最北の不凍湖として知られる支笏湖。この透明で美しい水を湛えた絶景スポットを舞台に、大小さまざまな氷のオブジェが立ち並びます。昼の〝支笏湖ブルー〟に輝く姿も素敵ですが、夜には色とりどりのライトで彩られ、より幻想的な世界観が味わえます。期間中はカップルが氷上で永遠の愛を誓う「氷濤ウエディング」や和太鼓の演奏、花火大会などのイベントが目白押し。
◆開催日:2020/1/24(金)~2/16(日)

投稿者:mkstyle26

投稿者:UTIFSNMKY

投稿者:Keiko Suzuki

札幌の雪まつりよりも断然観光客の数が少なく、人ごみのストレスもそこまで感じなかった。
次回行くなら花火もあがるので早めに行きたい。氷がとても幻想的で素敵でした。
とても寒いので防寒対策は必須です。
休憩室があったので体が冷えてきたときに利用しました。設置されていた自販機の飲み物をいただきました。LAIfyy_84さんの口コミ

土日の花火の日だった為終了後帰る道でもまだ会場に着けない車の列が何キロも続いていました。定期観光バスはおすすめです。入り口では協力金として¥300を半強制的に徴収していましたが現在はあくまでも任意ということです。今後は層雲峡の氷瀑まつりのように必ず入場料として設定されるかもしれません。素晴らしい氷のお城やシャンデリアその他たくさん、ライトアップされとても綺麗、見事です。coralさんの口コミ

朝は日差しでブルーが際立ちますが、夜のがステキです。入場料300円です。支笏湖の温泉に宿泊して、温泉でゆっくりと観光できてとても良かったです。ただ、平日は交通手段がとても少ないので、個人で行かれる場合は路線バスをしっかり調べて行かれた方がいいです。千歳空港からは北海道中央バスで50分で終点の支笏湖から徒歩5分ほどです。mkstyle26さんの口コミ

おとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華(北海道音更町)

氷点下で凍てつく十勝川温泉を舞台にした、光と音のファンタジックショー。約600個の電球とLEDがコンピューターで制御され、音に連動してさまざまな色に切り替わります。LEDが象る「光の動物園」や、ビニールハウスを利用した「アイスプロムナード」といった、フォトジェニックで楽しい空間も。スノーラフティングや雪の滑り台などアトラクションも充実しています。
◆開催日:2020/1/25(土)~2/24(月・祝)

投稿者:ひで47

投稿者:すずとくっきー

投稿者:tonton2015

寒い中、光と音楽の融合した、数分のショーは、一見の価値があります。
他にも、スノーモービルのような乗り物や、暖かいドリンクなど、面白い内容でした。
中華圏の春節と絡んで多くの人が居て賑やかでした。きゅうべぇさんの口コミ

シンプルかつ素敵なイベントです。
派手ではないので、大きな期待をしていくと、残念かもしれませんが、些細な美しさを感じられる人であれば、その美しさに魅了されることと思います!すずとくっきーさんの口コミ

1月〜2月にかけて、約ひと月間行われる光と音のファンタジックショー♪
凍てつく寒さの中、真っ白な雪原で大小合わせて667台の光源が音楽に合わせて踊ります。幻想的な光景に息をのみました。
スタンプラリーや、無料のホットミルク、雪の滑り台などもあり、大人も子供も楽しめる。メッシさんの口コミ

横手かまくらまつり(秋田県横手市)

有数の豪雪地帯である横手市。雪室の中に神座を設けて水神様を祀った「かまくら」の中で、子どもたちからお餅や甘酒が振る舞われます。期間中は、人が入れる大きなものから無数に広がる小型のものまで、市内各所にかまくらが登場。ライトアップされた横手城ほか、レトロな建物との写真撮影スポットも多数あり、カメラを片手にめぐる人の姿も多く見られます。
◆開催日:2020/2/15(土)・16(日)

投稿者:こびと

投稿者:Visit Japan

投稿者:こびと

横手市内の各地に会場が多くあり、かまくらが作られていました。横手城や古民家等、それぞれ異なった雰囲気でかまくらを楽しめ、実際にかまくらの中に入らせてもらい、その暖かさを体験できました。
地元の主に子供達によって作られた約2,000個の「ミニかまくら」が、夜はろうそくが灯され幻想的で感動しました。
まつり会場は多く点在しており、主な会場を巡る巡回バスを利用しかまくら巡りをするのをオススメします。shiroikumoさんの口コミ

みちのく五大雪まつりのひとつ横手のかまくら。なまはげ祭りと違って物凄い人の数でした。かまくらは6箇所あり巡回バスが出ているのでそちらでまわることができます。甘酒とお餅がふるまわれ幻想的な雰囲気を楽しむことができました。Rinjo0529さんの口コミ

横手市内には、たくさんのかまくらが飾られている。その中でも、横手公園のお城の前と、羽黒町の武家屋敷通りのかまくらは、カメラマンにとっては、一番の撮影場所。町の中では、振る舞い酒を行っている場所もあるので、少しお酒であたたまってから観光に行くのもいい。hatabo1960さんの口コミ

湯西川温泉 かまくら祭(栃木県日光市)

市内6つの会場でさまざまな催しが行われ、メイン会場(有料)となる「平家の里」には、見学したり、購入した食事を味わったりすることができる大きなかまくらが立ち並びます。イベントのハイライトは、数百個のミニかまくらにろうそくの灯がゆらめく「沢口河川敷のミニかまくら」。日本夜景遺産に加え〝死ぬまでに一度は見たい絶景〟にも選ばれた、ロマンチックな風景が広がります。
◆開催日:2020/1/31(金)~3/1(日)※1/31は沢口河川敷ミニかまくらの点灯のみ

投稿者:Shantylee827

投稿者:hanadori

投稿者:hanadori

毎年1月から3月に、湯西川河川敷に数多くのかまくらが現れます。
街の人たちが心を込めて作った大小様々なかまくらがあり、河川敷には小さいかまくらが数百余り作られ、とても幻想的で、ロマンチックです。
交通の便が良くないので車は必須ですが、訪れる価値は間違いなくあります。korisu89さんの口コミ

会場は2か所あり、川沿いの場所は土曜日、日曜日になると無数の小さなかまくらにローソクの灯をともし、ライトアップするので幻想的な風景をみることができます。メインの会場には大きなかまくらが幾つかあり、中で焼き肉をしたり、子供はそりで遊んだりすることができます。OTTAMACHANさんの口コミ

夜になるのを待って歩いてみました。小さなかまくらが見えてきた時は感動ものです。数百のミニかまくらが暗闇に整列してるのを見た時は、思わず歓声が漏れました。一個一個にろうそくが灯り・・・少し離れて見るとほんと感動ものでした。ウインクさんの口コミ

白い愛の祭典 十日町雪まつり(新潟県十日町市)

ミュージックライブやきものショー、雪上花火をはじめ、市内各所に雪の芸術作品が登場します。また、市内20カ所以上に設置された「おまつりひろば」では、雪上茶席や郷土料理、もちつき大会といった雪国らしいもてなしも。市街地だけでなく山あいの集落にも開設されるので、あちこち立ち寄ってみるのもおすすめです。
◆開催日:2020/2/14(金)~16(日)

投稿者:deemacvee

投稿者:12maaaya30

投稿者:12maaaya30

街の中のいたるところに、小さな雪像から、普通の人が作ったものなど、色々とあって歩いていると楽しめます。会場となる十日町小学校は少し遠いのですが、よるイベントがある時間を避ければ大きな雪で作った舞台は見られますし、市内にある十日町高校では毎年巨大滑り台ができて子供も楽しめます。割と徒歩圏内に色々と収まっているので、便利です。stubzさんの口コミ

町中にたくさんの雪像がありますので、散策にぴったりです。数日にわたってステージで歌手のパフォーマンスがあるので、花火と共に楽しむことができます。良い席は有料チケットが必要です。雪上茶会は無料ですが先着順でした。12maaaya30さんの口コミ

雪上カーニバルもさることながら、街の至る所にある雪像や、各イベント会場でのイベント、すごく楽しめました。
新潟の美味しい食べ物、温泉も一緒に楽しめるので、超おすすめです。
ただホテルはどこも満室…早めの予約をおすすめします。AKK1121さんの口コミ

十和田湖冬物語(青森県十和田市)

氷と雪に覆われた十和田湖で、1か月にわたって開催。期間中は毎日20時から「冬花火」が打ち上げられます。メイン会場ではステージイベントが行われるほか、氷グラスやりんごグラスでカクテルを味わう「かまくらバー」、郷土食が揃う「ゆきあかり横丁」も登場。乙女の像までの道のライトアップや雪像プロジェクションマッピング、青色LEDを使った光のトンネルなど、フォトジェニックな仕掛けも充実しています。
◆開催日:2020/1/24(金)~2/24(月・祝)

管理者提供の写真

投稿者:Cristal D

投稿者:まえゆう

かまくらバーでお酒を飲めるとニュースで知り、急遽民宿を予約して十和田湖畔に一泊しました。大きなかまくらは地元の方々の手作りだそうで、観光客でごった返していました。ハイボールなどは手作りした氷のグラスで、梅酒やノンアルコールのジュースはりんごをくりぬいた器で飲むことが出来ました。楽しくて一度出た後、食事を終えて再び入りました。SaoriKishimotoさんの口コミ

雪と氷の雪像作品がとても印象的でした。寒くても我慢して夜暗くなってから行くと、ライトアップされているので、さらに綺麗さが増します。会場には食べ物系の屋台も出ますので、地元グルメ好きの方にもいいかもしれません。kanatecさんの口コミ

花火はすぐそばで発射されて躍動感がすごかったです。食べ物も郷土料理やら普通のお祭りフードやら沢山あり、楽しいです。防寒はしっかり、靴は雪用のにしてお出かけ下さい。でないと溶けた雪で道路がぐちゃぐちゃで、大変なことになります。かまくらバーはインスタ映えバッチリですねCou Lさんの口コミ

さっぽろ雪まつり(北海道札幌市)

カナダのケベックウィンターカーニバル、中国のハルビン氷祭りと並び、世界三大雪まつりのひとつに数えられる一大イベント。札幌中心部を東西に横切る全長約1.5kmの大通公園を中心に、複数の会場で雪像や氷像が造られるほか、スケートリンクも登場します。近年ではライトアップに加えて大規模なプロジェクションマッピングも実施。時間や天候によって異なる表情も魅力です。
◆開催日:2020/2/4(火)~2/11(火・祝)※つどーむ会場は1/31(金)~

投稿者:Seongho P

投稿者:japanguide

投稿者:karenmomomo

北海道のみならず、冬の一大イベントの「さっぽろ雪まつり」。
昼も夜も違った姿を見せてくれるので、どちらもお薦めです。イーヨー君さんの口コミ

腹が減ったら変わったものが食べられるし、無料で記念写真撮影してくれるコーナー(小さいサイズが無料で大きいのは有料)、飲み物などのサンプル品がもらえる場所など、雪像以外にも楽しむポイントがあります。寒すぎて足がガチガチに凍りそうでしたが、仮設の休憩所もあり助かりました。sararahchanさんの口コミ

プロジェクションマッピングと雪像のコラボレーション。とても綺麗でした。迫力満点のスキーのジャンプ競技も見れて興奮。美味しい北海道の食べ物や飲み物が盛りだくさんで心もお腹も満たされるしあわせな時間を過ごせました。昼の雰囲気と夜の幻想的な雰囲気と是非両方体験してほしいです。pomchamaさんの口コミ

ご紹介した以外にも、「さっぽろ雪まつり」「十日町雪まつり」と並んで日本三大雪まつりに数えられる「南魚沼市雪まつり」や、岩手山南麓エリア8会場を舞台に開催される「いわて雪まつり」など、たくさんのイベントやライトアップが楽しめる雪まつりがまだまだあります。冬の美しさと、その土地の文化を満喫しに出かけてみませんか。

この記事に関するタグ

話題の記事