本場静岡のお茶スイーツに舌鼓♪ 製茶問屋の直営カフェ6選

日本一の茶所・静岡県では、地元の製茶会社や茶問屋が営むお茶専門カフェが人気を集めています。今回はお茶を知り尽くしたプロが手掛ける、静岡県内のお店6つをご紹介。コンビニやケーキ屋では手に入らない、本物のお茶スイーツがこちらです。

雅正庵(静岡市)

まずご紹介するのは、静岡市にある製茶問屋「小柳津清一商店」の直営店。静岡県産の高級抹茶を贅沢に使用した生クリーム大福「鞠福」が名物で、年間約73万個を売り上げるという人気ぶりです。併設のカフェレストランではその鞠福を丸ごと1個トッピングした「雅正庵鞠福パフェ」や「雅正あんみつ」などの抹茶づくしスイーツをいただくことができます。

抹茶の蜜をたっぷりかけていただく雅正あんみつ。鞠福のほかに、抹茶寒天、抹茶ソフトクリーム、自家製あんこ、白玉などが盛り込まれ、食べ応え十分です。

garthb22さんの投稿写真

手土産に人気なのが、バームクーヘン「CHIYOの和」。甘さ控えめの抹茶生地を一層一層丁寧に焼き上げ、外側になめらかなフォンダン(砂糖蜜のコーティング)を施しています。

253takashiyさんの投稿写真

静岡に来たので緑茶を!と思い立ち駅からタクシーで訪れました。和カフェ併設のお茶屋さんで、緑茶関係の商品がズラリ。パフェからあんみつまで、濃い抹茶ソース付き。とても安らぐお店でした。緑茶のお代わり付きが嬉しい!garthb22さんの口コミ
まず、バームクーヘンのスポンジ部分は、甘さ控えめのお茶のスポンジ。外側の砂糖部分が、かなり甘いため、バランス良いですっっ。甘すぎるバームクーヘンが多い中、大人の味がする堪能できます。是非お土産の1つの候補にしていただけたらと思いましたhiwo11さんの口コミ

 

ななや(藤枝市)

日本茶製造において全国トップクラスの実績を持つ「丸七製茶」がプロデュース。藤枝市の限られた土壌で作られる“静岡抹茶”を使った絶品スイーツを専門に販売しています。中でも凄いのが“世界一濃い抹茶ジェラート”。一般的なリッチタイプの抹茶アイスと同じレベルのNo.1から、“世界最濃”と謳うプレミアムNo.7まで7段階の濃さがあり、好きな濃さを選ぶことができます。

こちらが名物の「藤枝抹茶ジェラート プレミアムNo.7」。農林水産省受賞茶園の高級静岡抹茶を、毎日専用の工房で石臼挽きすることで、香り豊かなジェラートに仕上げています。

charmander3104さんの投稿写真

ショーケースに並ぶ藤枝抹茶ジェラート。いろいろ選んで、濃さの違いやお茶本来の風味を楽しんでみましょう。

なみりんごさんの投稿写真

No.4と1番濃い抹茶のNo.7の抹茶のジェラートを頼みました。4でも苦味を感じましたが、7は、さらに渋い!とても美味しかったです!人がたくさんだったので、待ちましたが、待っている間は、いろんな種類のお茶の商品を見ながらだったので、苦痛に感じることもありませんでした。nanahyさんの口コミ
最近メディアなどでも話題になった濃厚抹茶ジェラート。No.3でハーゲンダッツの抹茶アイスを思わせる味でした。No.7は本当に濃厚な抹茶。一人でワンカップ食べきるのはタフかもしれません。でもおいしいのは間違いありません。 robiririさんの口コミ

サングラム グリーンティー&ガーデンカフェ(菊川市)

100年以上続く老舗製茶メーカー「丸松製茶」が“本当においしいお茶を飲んで欲しい”という思いでオープンさせた体験型お茶カフェ。静岡県名産の“深蒸し茶”を中心に、国内外27種類もの茶葉を常時取り揃え、正しい淹れ方と飲み方で提供しています。ここではお茶そのものを主役として楽しむのがキホンですが、脇を固めるお茶受けたちもハイクオリティ。

3種類の日本茶を楽しめる「飲み比べセット」が人気。スタッフが客一人ひとりにおすすめのお茶や作法をレクチャーしてくれます。お茶受けに、羊羹などの季節の和菓子が付いてきます。

1DoohanOKさんの投稿写真

洋スイーツのイチオシは、愛知県西尾産の抹茶がふんわり香る「抹茶シフォンケーキ」と、同じく西尾の抹茶をたっぷり生地に練り込んだ濃厚「抹茶ガトーショコラ」。温かい日本茶との相性抜群です。

석영 이さんの投稿写真

新しく緑茶を楽しめる喫茶店が出来たという記事が新聞に載っていたので行ってみた。菊川駅前にあり、交通の便は良い。お店も広く明るい。たーちゃーんさんの口コミ
すごくおしゃれな雰囲気で店も綺麗です。店員さんがとても親切で、飲み方やメニューも丁寧に説明してくれたのが印象に残っています。お茶もスイーツも、どちらも美味しいです。석영 이さんの口コミ

和CAFE 茶楽(静岡市) 

静岡市興津に店を構える「和CAFE 茶楽」は、掛川や菊川などの深蒸し茶を中心に全国の厳選茶を扱う老舗茶問屋「山梨商店」直営の隠れた人気店です。古民家風の店内には店主こだわりのジャズやボサノバが流れ、大人の雰囲気が漂っています。こちらでぜひ頂きたいのが仏蘭西洋菓子の人気店「ラ・ローザンヌ」とコラボした「抹茶チーズケーキ」。本格派のケーキを、静岡の銘茶とともに味わってください。

抹茶チーズケーキは、ベイクドチーズとサクサクタルト生地の2層仕立て。厳選抹茶の風味を損なわないよう時間をかけてじっくり焼き上げています。

あんてなさんの投稿写真

甘味はほかにも和パフェや抹茶おしるこなどがあり、いずれも急須で淹れる緑茶がセット。食器や茶器の一つひとつにも店主のセンスとこだわりが見られます。

あんてなさんの投稿写真

緑茶は苦手でしたがせっかく静岡に来たのだからと入った和カフェ。お茶の種類が豊富で店長に飲みやすい緑茶を教えていただきました。お茶は大変美味しかった!食器も和風モダンな雰囲気で可愛く、購入もできます。あんてなさんの口コミ
茶所静岡らしく本場の日本茶とあんみつや和パフェなどの甘味を楽しめます。日本茶は種類豊富で、茶葉の香りを嗅がせてもらった上で選べます。その上、お茶は柄杓でお湯を注いで淹れています。まさに和カフェ。又三郎さんの口コミ

茶町 KINZABUROU(静岡市)

江戸時代からお茶問屋が立ち並ぶ茶町通りに店を構えて100年以上、茶町の中心的存在として親しまれる「前田金三郎商店」。店主は、“TVチャンピオンお茶通王”にも輝いた日本一の茶匠です。店は2010年に「茶町 KINZABUROU」として生まれ変わり、茶匠自らが鑑定、選別、火入れ、ブレンドをした静岡茶を販売。さらにお茶に合うスイーツ作りにも力を入れており、自家ブレンド茶を使用したお茶菓子「茶っふる」を流行らせました。

ショップのオープン当時、何か新しい名物をと考案したのが看板商品の「茶っふる」。懐かしい味わいのワッフル生地に、産地の異なるお茶を使ったクリームやあんこをサンドしています。天竜茶や川根茶、季節限定などラインナップは約10種類。

Kristel Kさんの投稿写真

2階には畳の喫茶スペースを設けており、11種類のブレンド茶を無料でサービス。1階で購入した茶っふるをいただきながら、のんびりティーブレイクを楽しみましょう。

Kristel Kさんの投稿写真

ワッフルをお土産として購入しました、地元のお茶屋さんがやってるスイーツなのでお茶との相性も良いスイーツです。価格も手頃でお土産に最適です。Yoshito Fさんの口コミ

ぐり茶の杉山(伊東市)

最後は、伊東温泉街に本社を置く「杉山製茶工場」の直営ショップ。渋みが少ない飲みやすさが特長の「ぐり茶」を専門に扱う製茶会社で、生の茶葉を芯まで蒸す深蒸し製法にこだわっています。主力商品はやはり「ぐり茶上級一番茶葉」ですが、1番の人気は自社のぐり茶パウダーをふりかけて食べるショップ限定の「ぐり茶ソフト」。北海道直送の搾りたて牛乳を使った無添加ソフトクリームです。

無添加にこだわっているため、ぐり茶をアイスに混ぜるのではなく、パウダーにして食べる直前に振りかけます。ぐり茶の風味をしっかりと感じられる逸品で、子どもからお年寄りまで安心して食べられます。

トリップアドバイザー チャイナの会員さんの投稿写真

ぐり茶ソフトを注文すると、温かいお茶がセットで付いてきます。店内では、お茶の試飲も常時行なっているので、運が良ければ普段なかなか味わえないような高級ぐり茶をいただけるかもしれません。

sweet2929さんの投稿写真

ぐり茶自体が美味しいので、伊豆高原に泊まりに行くたびに寄ります。お茶を買ったあと、ソフトクリームを食べました。いわゆる抹茶ソフトではありません!投稿されている写真を見ても分かるのですが、バニラのソフトクリームにぐり茶粉末がかかっています。甘さは控えめ。さっぱり食べれると思いますよ淑子 保さんの口コミ
以前からぐり茶のファンで、伊東近辺に旅行に来た際は、いつも旅館の売店等でお土産に買っておりました。こちらにも、お茶目当てで行きましたが、ソフトクリームがあってびっくり!抹茶とは趣が違い美味しかったです。moraleja2014さんの口コミ

 

茶摘みシーズンを終え、新茶が出回り始めるこの季節、今しか味わえない魅力的なメニューも揃っているようです。ぜひ本場・静岡県に出かけてお茶スイーツを味わってみてはいかがでしょう。

この記事に関するタグ

話題の記事