小さな船旅で別世界へ!瀬戸内海に浮かぶ穴場の離島7選

日本最大の内海である瀬戸内海は、遠浅の穏やかな波と700以上の島々が連なる風景から、「多島美」と讃えられる他にはない美しさを誇ります。2019年に大成功に終わった瀬戸内芸術祭の影響もあり、近年、瀬戸内海の離島が世界から注目されていることをご存じでしょうか。今回は、そんな瀬戸内海の島々の中から、まだあまり知られていない穴場の離島を厳選しました。

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

仙酔島(広島県福山市)

ジブリアニメ『崖の上のポニョ』のモデルとなった鞆の浦の目と鼻の先に位置します。島内には、五色の岩や海食門などの奇岩が点在。手つかずの雄大な自然を感じられるハイキングや海水浴などのレジャーを楽しめます。島内は国民宿舎や温泉などの施設もあるので、快適な離島リゾートを気軽に楽しみたい人におすすめです。鞆の浦港から渡船で約5分、往復240円。

撮影者:モウモ

撮影者:きなこ

撮影者:Mineyrvam

撮影者:marikos841

周囲わずか5kmほどの小さな島ですが、自然がとても豊かで、パワースポットに溢れています。又、ハイキングコースが整備されています。中でも、「五色岩」が有名なパワースポットです。太古の昔に地球のマグマが隆起して地上に突出したエネルギーの高い場所「ハレの地」と言われています。遊歩道の横を青、赤、黄、白、黒の岩が延々と1kmに渡って続いています。他にも、大地の鼓動を知ることが出来る場所が在ります。又、展望所から眺める瀬戸内海の景色も見事です。Evagundamさんの口コミ
鞆の浦→仙酔島は、平成いろは丸で渡りました。
坂本龍馬ファンなら一度は乗るべし!
船ね内装や、歴史について触れているので、いろは丸が沈んだ時代を想像して。その気分に浸れます
名前の由来は、仙人もその美しさに酔ってしまうとか。Jacaranda3maさんの口コミ
鞆の浦から5分でいける離島です。便も多く、“ほどよい離島感”を味わうことができます。宿もいくつかありました。遊歩道が島には整備されており、めずらしい地層を見ながら、ダイナミックな海の風景を味わうことができました。rem8808さんの口コミ
仙酔島の島内は、散策路が整備されていますので、ゆっくり島内を散歩することができます。渡し船は約20分間隔で発着していますので、時間がなければ、船乗り場近くの展望台や砂浜をみて、すぐに戻ることも可能です。
展望台もいくつかありますが、船乗り場近くの展望台からは、弁天島や対岸の福禅寺や山の中腹にある医王寺など、鞆の浦一帯を眺めることができ、とても良かったです。taro_saanさんの口コミ

大久野島(広島県竹原市)

戦時中は毒ガスの製造工場が稼働していましたが、現在は自然豊かな「うさぎの楽園」として、海外からも多くの観光客が訪れています。1000匹ほどの野生うさぎが生息する島は、世界でも稀に見るスポット。島内には宿泊施設やキャンプ場が整っており、ハイキングやサイクリングなどのレジャーも楽しめます。忠海港からフェリーで約15分、往復620円です。

撮影者:rei

撮影者:neminskii

撮影者:鶴田 直己

撮影者:ベンタイン市場

ウサギは人間がしゃがんで餌を与え始めると、そこらじゅうから走って寄ってきます。その姿がめちゃくちゃ可愛い。私は理屈っぽいので、「飼育されてたウサギが野生化して増えただけだろ」と思っちゃうのですが、天然ウサギでないことを頭で判っていても、それを超越して癒されちゃいます。ウサギ達の癒しパワーは破壊力抜群です。Tommy19710401さんの口コミ
大久野島のうさぎは旧日本軍の毒ガス関連施設があり動物実験用として飼育されて、戦後放し飼いなったと言うのは都市伝説らしい。戦後、近隣の学校で飼育できなくなったうさぎが大久野島に放たれて繁殖し現在に至ると言うのがどうやら真相のようです。
うさぎたちは人がたくさん餌をあげる休暇村やフェリー桟橋の辺りより展望台と言った山の上の方がたくさん食べてくれていい表情をしてくれました。Scenic809534さんの口コミ
ウサギとふれあう機会がほとんどないのでどんなものかと思っていましたが、可愛すぎました。そんなに広い島ではないので自転車を借りて1時間で一周して戻れるかな?と思ったら可愛すぎて全然進めず時間が足りなかった…動物好きでそういった遺跡が好きな方は時間を多く取ってゆっくり島を一周と資料館に行く事をオススメします。Voyager808020さんの口コミ

日生諸島(岡山県備前市)

諸島内で最も人口が多い頭島、雄大な自然と古代遺跡が残る鹿久居島、古くから港町として栄えた大多府島をはじめ、13の個性豊かな島々から成ります。瀬戸内海の多島美を体感できるクルージングも人気! 2015年には本土―頭島―鹿久居島を結ぶ「備前♡日生大橋」が開通し、車でも気軽に行くことができますよ。日生港から旅客線で約15分~1時間20分、往復620~1220円。

撮影者:タカカズ

撮影者:18961896

撮影者:秀樹春

撮影者:しゅう37

備前大橋から鹿久居島を経由して、さらに頭島大橋を渡ると頭島まで車で行かれます。
全て無料です。
頭島まで行くと都会の喧騒から離れられます。
せっかくなので、車を100円の有料駐車場に止めて、自分の足で島内を散策すると楽しめます。
一周で約3kmです。jinfujiさんの口コミ
日生港は備前市役所日生総合支所の西側にあり魚市場の近く。日生諸島への旅客船はほとんどここから出航します。日生諸島に行きたい方、要注意です。島の人々のための定期船なので、料金も格安、牡蠣の養殖筏や島のミカン山、日生諸島を結ぶ橋を見ながら、瀬戸内海の多島美を身近に味わえます。鴻島・・・皇の居た島・・落人がたどり着いた藤原性の多い島・・・など 船でのガイドも楽しい。大橋や海中道路が整備され、フェリーに乗る人も減ったそうですが、まだ地元の方に愛されている島の足です。nikaanzyoさんの口コミ
すてきな風景が連なる島々でした。
風光明媚な瀬戸内の風景に癒やされます。橋や道路も整備されていて、アクセスが思ったよりも良かったです。たくさん写真を撮りました。夕景、とてもおすすめします。Vacationer810824さんの口コミ

白石島(岡山県笠岡市)

大小31の島から成る笠岡諸島の中で2番目に大きい離島です。国指定天然記念物の奇岩、鎧岩や、弘法大師が修業で立ち寄ったとされる開龍寺など、自然と歴史が寄り添う古き良き港町の面影を残しています。ハイキングコースが整備されているので、自然・歴史散策を存分に楽しめます。笠岡港からフェリーで約45分、往復1080円。

撮影者:しん ご

撮影者:ChunMiTrecking

撮影者:NaoG

トレッキングルートが整備されており、
とても歩きやすかったです。
途中から見える景色も素晴らしく気持ち良かったです。
ハードではないですが岩場ぽいところやロープがついてるところ、大きな岩に登れるところなど、様々な楽しみがありました。OTHERSOTHERさんの口コミ
笠岡市からフェリー等で1時間以内の行ける離島・白石島。ヨットで訪ねましたが、人口450程の離島で、島民の皆さんもとても親切で良い感じの滞在に為りました。宿泊施設も数軒かあり、ビーチでの夕日が、とても綺麗でした!!mark-t0521さんの口コミ
シーズンオフになると、島一帯はひっそり静まりかえり、車も多く走らないこの島で音がするのは、時々近くを通り過ぎる船の汽笛くらいで、ああ、瀬戸内に来たなと思わせてくれます。島のはずれの立石山に登り、夕暮れ時で運がよければ空模様によっては、雲の切れ間からしまなみや行き交う船に落ちる太陽の光に、恍惚とさせられます。koso88さんの口コミ

男木島(香川県高松市)

2019年の瀬戸内国際芸術祭の主要会場として近年有名になりました。平地はほとんどなく、山の斜面を縫うように集落が点在している独特の景観が特徴です。島内各所は現代アートと融合した建物やオブジェが点在しており、観光客を楽しませてくれます。カフェや民宿が多いため、食べる場所にも困りません。古き良き港町での暮らしを体感してみたい人におすすめです。高松港からフェリーで約40分、往復1020円。

撮影者:ねこぱぱ

撮影者:Neko4515

撮影者:ねこぱぱ

撮影者:じゃま川

瀬戸内芸術祭の期間中は、かなり、賑わいますが、催し物などがない場合は、とても、静かな島で、島の傾斜に、へばりつくように家屋が建てられています。最近は、都会に出られている家屋もあり、廃屋のようになっている家も、ところどころにあります。しかし、今も人々の営みは、かなりゆったりと流れてるような感じで、都会とは全然違う雰囲気を醸し出しています。人々も、昔ながらの暖かく人のつながりを感じられます。Road809147さんの口コミ
動物写真家の岩合光昭さんが撮影で訪れた島ということで興味を持ち、訪れました。
猫は一気にたくさんいるという感じではなく、小さな島特有の迷路のように入り組んだ路地や集落、小さな神社の鳥居や石段、漁船が並ぶ海辺などに、風景に溶け込むように数匹の猫が点々と佇んでいる感じで、とても風情がありました。greedy_wombatさんの口コミ
1895年に建設され120年以上がたっている灯台です。無塗装の石造り灯台は日本に2つしかないそうです。映画「喜びも悲しみも幾年月」の主要な舞台となった灯台の一つです。
灯台に併設された資料館もあり、灯台の仕組みなどが丁寧に解説されています。
フェリー乗り場から島の反対側まで30分弱ありますが、歩く価値は十分あります。
灯台をいくつも見てきていますが、個人的には一番好きな灯台です。Jamakawaさんの口コミ

本島(香川県丸亀市)

かつて江戸幕府の天領として海運や造船業で栄え、高い技術力を誇る塩飽大工を輩出してきた島です。全国で唯一残っている貴重な歴史遺産「勤番所」も見どころの1つ。織田信長や徳川家康からの朱印状をはじめ、大岡越前守の印のある「八判」と呼ばれる判決書などが展示されています。港で電動自転車を借りてサイクリングもおすすめ。児島観光港から高速艇で約30分、往復1210円。丸亀港からフェリーで約35分、往復1050円。

撮影者:すずらんすずらん

撮影者:すずらんすずらん

撮影者:しんどく

撮影者:oece

この塩飽本島は塩飽諸島の中心地で、廻船業で最も栄え、高い造船技術を持った船大工が、家の建築にも優れた能力を発揮して各地の神社仏閣の宮大工として活躍しました。彼等は塩飽大工と呼ばれました。
その塩飽大工の力のこもった建築が町ごと残っているのがこの笠島まちなみ保存地区です。
連絡船の港から笠島へ行くと、丘を越えた向こうに美しい町並みが見えるのは感動的ですNovember_Windsさんの口コミ
秋会期スタートの日に丸亀港からフェリーに乗って上陸しました。歓迎のフラッグに感動!塩飽諸島は水軍の活躍の地と聴いていたこともあり、漸く秋会期のみ開催のこの地にくることができたのだと実感。瀬戸芸のインスタレーションだけでなく、大好きな絵師である伊藤若冲の作品が残る吉田邸に行くこともできました。その吉田邸を含む重要伝統建築物保存地区をはじめ、歴史的に大きな意義のある土地であることを知りました。kirataroさんの口コミ
人口400人足らずの瀬戸内の島です。塩飽水軍の本拠地として栄えた時代もありますが、今は静かな漁村です。眼前に瀬戸大橋が走り、近代といにしえが自然に溶け合った風景です。今は瀬戸内国際芸術祭の舞台ともなりアートも加わっています。風景、塩飽勤番所などの過去の遺産、そして現代アートを見て回るにはレンタサイクルが便利ですが、台数に限りがあります。のんびり歩いても3時間もあれば主要部分は十分楽しめますし、歩くことで見える、感じられるものもあると思いますよ。kkashiさんの口コミ

北条鹿島(愛媛県松山市)

かつてこの一帯を支配していた河野氏が屋島の戦いに赴く際に戦勝祈願した「伊予の二見」や、神功皇后が朝鮮出陣の際に戦勝祈願した「鹿島神社」などを有しており、古くから神聖視された場所であったことが伺えます。また、島の名前が表すように島内には天然記念物に指定されている野生のニホンジカが棲み、鹿園ではえさやり体験も楽しめます。北条港から渡船で約3分、往復420円。

撮影者:Duncan F

撮影者:HS_YEOH84

撮影者:HS_YEOH84

撮影者:sakurako2014

舟に乗る前に予約すると、鯛めしが食べられます。とてもおいしいですよ。来られたら、ぜひお召し上がり下さい、おすすめです。全国美味しいものを召し上がられたフーテンの寅さんの渥美清もこの鯛めしがお好きで、ちょくちょく食べに来られていたとのこと。店は鹿島の船着き場にあり、目の下は透き通った海で、気分が晴れやかになりました。kasutoriさんの口コミ
海はどこまでもすけるように透明で魚が群れており、島には野生のシカが繁殖しています。ぽカ~ンとして過ごすのに最適ですよ♡♡泳いだり、寝そべったり、大田屋でご飯を食べたり。田舎を楽しみたい人にお勧めです♡大きな遊具がありますから。お子様連れにも最適だと思います♡mikanpockyさんの口コミ
鹿島は北条港から約400メートル、フェリーでなんと約3分位で着いちゃう、周囲1.5k位の小さな無人島で野生の鹿が住んでます。島には瀬戸内海国立公園の看板もあり、透明度が高いビーチやキャンプ場、鹿島神社、標高 約113m山頂には展望台からは瀬戸内海を一望出来て、山道では野生の鹿に出会える時もあるそうです。そして、島の近くには伊勢の二見浦の夫婦岩は有名ですが、伊予の二見と呼ばれる夫婦岩もあります。shake_shi_za_tabiさんの口コミ

個性豊かな瀬戸内の島々の中でも、本土からのアクセスも良い離島をご紹介しました。宿泊して存分に楽しむも良し、日帰りでちょっとした離島旅気分を味わうも良し。リゾート地とはひと味違う、どこか懐かしい日本の原風景と独自の文化を楽しめるのも瀬戸内の離島ならではの魅力です。

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事