『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所へ行きたい!

2001年に公開された『千と千尋の神隠し』。公開から10年以上たった今も、そこに描かれている風景のモデルとなった場所を訪れる人は後を絶ちません。 モデルとなった場所は諸説あり、一般にモデルとされていながら公式には認められていない場所もあります。ここではトンネルの先に広がる不思議の街とその中心となる「油屋」のモデルとして、公式に紹介されている3つの場所と、非公式ながら旅行者から根強く支持されている場所をご紹介します。

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

東京小金井市にある野外博物館。江戸時代から昭和初期までの建造物を移築復元し、展示しています。ここにある銭湯、子宝湯や古い時代の建物を参考に作画されたといわれています。 江戸東京たてもの園では『千と千尋の神隠し』に関する企画展なども開催され、多くのファンが集まります。

Gaikokujin Pさんの投稿写真

風情あるいろんな建物があります。ジブリの世界がそこには広がっていました。一眼を持ってまた行きたいですちょのこさんの口コミ
映画のセットのような懐かしい風景を楽しめます。その気になって面白写真をたくさんとるのも楽しいスポットです。桜のシーズンは少々混みますが、とはいえ、写真撮影には問題ない程度です鮎川しいなさんの口コミ

愛媛県松山市にある明治、大正時代に造られた共同浴場。日本最古の温泉とされ、夏目漱石の小説『坊ちゃん』にも描かれている由緒正しい温泉です。確かに温泉に浸からずとも、建物だけでも見に行ってみたい、趣のある造りです。

Doala1994さんの投稿写真

『千と千尋の神隠し』といわれる道後温泉本館。その雰囲気を十分に秘めています。館内に漂ういい意味での古めかしさに味を感じ、落ち着きますpikopikotototoさんの口コミ
松山市の道後温泉本館、古典的な日本の風景だと外国からのお客様に好評です。特に欧州やインドからのお客様はたくさんの人が一緒にお風呂に入る習慣が全くないそうで「アンビリーバブル!」を連発していました。欧州ではジャパニーズアニメ、特に宮崎駿の作品は人気があるそうで「この風景をアニメで見たことがある」と話していました。「千と千尋の神隠しのモデルになった建物です」と話したところ、大感激したらしくデジカメで写真を撮りまくり、スタッフの方に「ここは撮影禁止ですよ」と怒られることに…。くれぐれも、道後温泉本館の中に海外のお客様をお連れするときは事前に「No Photo!!」であることを徹底しておきましょう。 sararymanxさんの口コミ

油屋の内部は、目黒 雅叙園の百段階段がモデルといわれています。百段階段は昭和10年(1935年)に建てられた木造建築で、7つの部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。百段階段は、予約制のガイド・食事付きのツアーで楽しむのがおすすめです。

jinjin2357さんの投稿写真

雅叙園が現在のように改装される前、木造建てだった頃の建築が一部保存されています。この「百段階段」はぜひ見て欲しい!『千と千尋の神隠し』の舞台の参考にもなった部屋をはじめ、熟練の職人達が造り上げた、最高にキッチュな空間。“竜宮城”と呼ばれた豪華絢爛な内装こそ、庶民の夢そのもの。その証拠に、誰もがワクワクしてたもの。それを実現させた高い技術力にも感激mimi_hattifnattさんの口コミ

モデルと噂される場所

ほかにも長野県の渋温泉金具屋台湾の九份もモデルとなった場所と噂されています。確かにアニメの世界観が感じられ、その雰囲気を味わえる場所ですね。公式には認められていませんが、ひょっとしたら、制作陣もどこかでインスピレーションを受けているのかもしれません。

金具屋 施設より提供

ヒューマンスケールでとても心地のいい大きさの町にたたずむ、ひと際趣のある宿。宮大工による美しい仕上げだけでなく、旅館への改修以前に利用していた材をさまざまな箇所に再利用した遊び心のある内部空間となっている。1人でじっくりゆっくり気ままに探索するのもいいが、主人が宿を紹介するサービス(要予約)があり、建築当時の様子を思い浮かべながら館内を散策する事もできるkuchikomi_reviewさんの口コミ

九份 和弥 籔さんの投稿写真

『千と千尋の神隠し』のモデルになった地と噂された九份です。本当にモデルになったのかどうかは諸説あるようですが、幻想的な雰囲気を感じることができるため、一見の価値ありです。台北中心部から少し距離があるため、ツアーを利用して訪問しました。訪問する際は夜に行くのがオススメです麻布十番さんの口コミ

たとえそこがアニメの世界でなくても、その世界観を感じさせる場所はほかにもたくさんあります。世界を旅して、ぜひあなただけの『千と千尋の神隠し』の舞台を探してみてください。

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事