日本最古の巡礼路!西国三十三所巡礼ガイド ①(第一番から第十一番)

養老2年(718)に、大和国(現在の奈良県)の長谷寺の開山、徳道上人が閻魔大王からお告げを受けて三十三の宝印を授かり、その宝印に従って三十三カ所の観音霊場を設けた。これが、日本最古の本格的な巡礼路とされる西国三十三所の開創伝説です。三十三というのは、観音菩薩が33の姿に変化し衆生を救うとされることに由来します。

2018年は、この巡礼が始まってから1300年にあたる年で、各札所では、普段非公開のお堂や諸尊の御開帳などが実施されています。この記念すべき年に、お参りに出かけてはいかがでしょうか。和歌山県、大阪府、奈良県、京都府、滋賀県、兵庫県、岐阜県に点在する三十三所のうち、今回は、第一番から第十一番の寺院を紹介します。第六番「南法華寺(壷坂寺)」、第七番「岡寺」、第八番「長谷寺」、第九番「興福寺 南円堂」では、今年に限り江戸時代の御朱印が復刻再現されています。

第十二番から第二十二番はこちら

第二十三番から第三十三番はこちら

第一番 青岸渡寺/和歌山県

和歌山県那智勝浦町にある天台宗の寺院で、本尊は如意輪観世音菩薩です。熊野三山のひとつである熊野那智大社に隣接し、本尊を祀る本堂は豊臣秀吉が再建したものです。本堂後方にある那智の滝と三重塔が織りなす絶景は必見。3月24日~5月7日に那智山経塚出土仏像が公開される特別拝観が行われます。

投稿者:お遍路さん京都市

投稿者:ワンダラー

1300年記念の印が押された御朱印をいただくことができました。ご詠歌の御朱印もいただけました。五重塔の御朱印も本殿でいただけますのでご注意ください。yamazyさんの口コミ
とても落ち着いた寡黙なお寺です。三重塔の背後に見える大滝も厳かでとても癒されました。レレ姉さんの口コミ

 

第二番 金剛宝寺(紀三井寺)/和歌山県

和歌山県和歌山市にある救世観音宗の総本山で、正式名は紀三井山金剛宝寺護国院といいますが、紀三井寺の名で知られています。境内には約700本の桜が植えられ、和歌山県の桜の開花宣言の目安となる標本木があることから「近畿地方に春を呼ぶ寺」とも呼ばれています。3月24日~4月8日の毎日と4月14日~5月6日の土・日曜、祝日に本堂内陣の特別拝観が行われます。

投稿者:t2byson

投稿者:t2byson

ここの桜は和歌山における気象庁の標本木です。そして、西国33所観音霊場巡りの2番札所。厄除け坂を上ると海も見えて景色が素晴らしい。Shigeharuさんの口コミ
京都は観光客が多すぎて、ゆっくり花見ができない(ToT)という人にはかなりオススメ。満開の桜を、心行くまで堪能できます‼猫蘭さんの口コミ

 

第三番 粉河寺/和歌山県

和歌山県紀の川市にある粉河観音宗の総本山で、本尊は千手千眼観世音菩薩です。3万5000坪の広大な境内には、大小20以上の堂宇が立つほか、本堂前のダイナミックな造形の枯山水庭園は、国の名勝に指定されています。3月24日~5月6日に薬師堂ご本尊の御開帳があります。

投稿者:TAK1963

投稿者:t2byson

有名なお寺ではありませんが、立派な大門や中門があります。とくにお勧めなのが庭園で、石組みになっていて見ごたえ十分ですmasakomasakoさんの口コミ
どの堂宇もどの景色も素晴らしいの一言の寺院です。手水舎の鉢までが文化財です。お遍路さん京都市さんの口コミ

 

第四番 施福寺/大阪府

大阪府和泉市にある天台宗の寺院で、本尊は十一面千手千眼観世音菩薩です。春はベニシダレザクラ、秋は紅葉の名所として人気ですが、本堂までは1kmほどの急な階段を登らなくてはならず、西国三十三所でも難所とされています。3月24日~5月6日に槇尾七福神の特別拝観を行います。

投稿者:お遍路さん京都市

投稿者:きじとら12

観音正寺と並ぶ難所といわれる札所。バスとオレンジバス(8人乗りくらいで、ルート上に青年の家みたいのがあるので、その催事があるときは注意)を乗り継いで向います。Kazunori Kさんの口コミ
時間は思ったほどかからなかったのですが、ずっと急阪と野積み状態の石段が続いていますので、意識してゆっくり目の速度であがるほうが結局楽に上がれると思います。Kazunori Kさんの口コミ

 

第五番 葛井寺/大阪府

大阪府藤井寺市の真言宗の寺院で、本尊は十一面千手千眼観世音菩薩です。この本尊は、文字通り千の手をもつ珍しい姿をしています。大阪府で唯一の天平仏であり、国宝に指定されていて、毎月18日に御開帳されます。4月21日~5月6日、5月29~31日、11月28日~12月2日に通常非公開の寺宝が公開されます。

投稿者:mandegan

投稿者:4355928357

月に一度のご開帳の日を狙って参拝しました。こちらの千手観音は実際1000本の手が備わっていて、芸の細かさに驚かされます。tnosakaさんの口コミ
近鉄南大阪線藤井寺駅から南に続く商店街のアーケードを抜けたところにある葛井寺は中はかなり広く由緒を感じる。oranger.03さんの口コミ

 

第六番 南法華寺(壷阪寺)/奈良県

奈良県高取町にある真言宗の寺院で、本尊は十一面千手千眼観世音菩薩です。壷坂山という山号が由来の壷坂寺という通称と、総高15mの大釈迦如来石像で知られています。この如来石像をはじめ、境内にはインドからもたらされた高さ20mの大観音石像や、全長8mの大涅槃石像など、インドゆかりの仏像やレリーフが安置され、ほかの観音霊場とは趣が異なります。3月1~31日の大雛曼荼羅公開など、複数の特別拝観を実施します。

投稿者:チョモランマ豆子

投稿者:お遍路さん京都市

インドとの交流のあるお寺で、大きな石仏と涅槃像がとても魅力的でした。お寺の敷地も広く、眼病封じや、夫婦円満の伝説もあり、見応えのあるお寺でした。mameko2017さんの口コミ
眼が少し悪いのでお参りに行ってきました。桜の花も満開で大変きれいで、三重塔への参道も風情があります。また沢山の石仏があり眼を楽しませてくれます。ポンポンボーイさんの口コミ

 

第七番 岡寺/奈良県

奈良県明日香村にある真言宗の寺院で、本尊は如意輪観世音菩薩です。本尊は、塑像(土でできた仏像)としては日本最大で、日本三大仏のひとつとして知られています。また、鎌倉時代初期に成立した歴史物語『水鏡』に、厄除けなら龍蓋寺(岡寺の古い寺名)へお参りするとよいといった内容が書かれていることから、日本で最初の厄除け霊場とされています。特別拝観は4月1日~5月31日、10月20日~12月2日の本堂内々陣お扉特別開扉と、10月21日の三重宝塔扉絵壁画特別開扉です。

投稿者:katsuyukit

投稿者:こがらす

お寺の内部には大仏様がいますが、非常に優しい顔が印象的でした。周囲の木々はお手入れもちゃんとされていますし、お掃除もされていて気持ちの良いお寺でした。ishirockさんの口コミ
花付きが良いとホームページで知り、3000株のしゃくなげ目当てで行きましたが、素晴らしかったです。静かなお寺でしたし、しゃくなげの花と新緑に包まれ、下界のことをしばし忘れさせてくれる別天地でした。ビッグファイブさんの口コミ

 

第八番 長谷寺/奈良県

奈良県桜井市にある真言宗豊山派の総本山で、本尊は高さ約10m、日本最大の木造仏である十一面観世音菩薩です。平安時代には貴族の崇敬を集め、『枕草子』や『源氏物語』をはじめとする多くの古典に登場し、江戸時代には徳川家の庇護を受けて栄えるなど、西国三十三所有数の大寺であり、西国三十三所巡礼参拝はこの寺なくしては始まらなかったともいえます。また、四季折々に多彩な花々が咲く花の寺としても有名です。3月1~31日、4月1日~6月30日、10月13日~12月2日の本尊大観音尊像特別拝観ほか、複数の特別拝観を実施します。

投稿者:UTIFSNMKY

投稿者:浩二 十

花の寺としても有名で、紅葉の時期は毎年行っています。回廊や懸造りの本堂など、建物自体も素晴らしいお寺です。太志 中さんの口コミ
国宝の本堂の舞台から五重塔と紅葉が素晴らしかったです。桜の季節も訪問したいですね。hifu2014さんの口コミ

 

第九番 興福寺 南円堂(興福寺)/奈良県

奈良県奈良市にある法相宗大本山興福寺の建物のひとつです。9世紀に藤原冬嗣が創建した後、江戸時代に再建され、国の重要文化財に指定されています。内部に、本尊で国宝の不空羂索観音菩薩像や、法相六祖坐像、四天王像を安置しています。南円堂は例年、10月17日の大般若経転読会という行事の日のみ特別開扉されます。

投稿者:burtal

投稿者:健一 飯

観光客の半数は外国人かな。但し、納経所に並んでいるのは全員日本人でした。納経所には3人の方がいましたが、結構並んでいました。kopapaさんの口コミ
南円堂の御本尊、不空羂索観音様は年に何回しか直接御目に掛かれない為、いつも外から参拝しています。naohisas2017さんの口コミ

 

第十番 三室戸寺/京都府

京都府宇治市にある本山修験宗の別格本山で、本尊は千手観世音菩薩です。枯山水、池泉、広庭からなる5000坪の大庭園を有し、「花の寺」として有名です。春には桜やツツジにシャクナゲ、夏にはアジサイやハス、秋には紅葉の名所となり、見ごろの時期には多くの参拝者が訪れます。特に6月中旬から下旬に盛りを迎える約1万株のアジサイは圧巻。11月中の土・日曜、祝日に宝物館の特別拝観が実施されます。

投稿者:T2349YTadam

投稿者:ichirotjmr

春はつつじ。初夏は紫陽花。夏は蓮。秋は紅葉と色々な季節で美しい景色が楽しめます。kyotoーmomiji2015さんの口コミ
紫陽花で有名なお寺です。境内に入ると、一面紫陽花が迎えいれてくれます。壮観です。ichirotjmrさんの口コミ

 

第十一番 上醍醐 准胝堂(醍醐寺)/京都府

京都府京都市にある真言宗醍醐寺派の総本山、醍醐寺の建物のひとつで、醍醐寺の開山、聖宝理源大師が建てたと伝わります。創建後、焼失と再建を繰り返してきましたが、2008年に落雷により焼失。そのため、現在は下醍醐の観音堂にて西国三十三所観音霊場巡礼の納経、御朱印を受け付けています。11月3日~12月2日に三宝院純浄観にて絹本箸色准胝観音像の特別拝観が行われます。

投稿者:223hide

投稿者:nao7029

本来なら山上の上醍醐寺にある准提堂へ行くべきところ、落雷で2008年に焼失したままで、まだ再建されていません。お遍路さん京都市さんの口コミ
山麓にある下醍醐寺から険しい山道を1時間ほど登って行きました。西国三十三霊場の難所のひとつでちょっときつかったです。2ji3さんの口コミ

 

まずは、和歌山県、大阪府、奈良県、京都府に点在する11の寺院を紹介しました。次は十二番から二十二番札所を紹介します。

この記事に関するタグ

話題の記事