旅先で王族気分!アジア各国の豪華な宮廷料理の店6選

各地から取り寄せた最高の食材を使って、手間暇をかけて調理された宮廷料理。贅を尽くしたメニューは、美しい見た目と素材の味を活かした味付けが特徴です。当時の王や王妃がいったいどんなものを召し上がっていたのか、胃袋で追体験する旅にでかけてみませんか?

チファジャ(韓国・ソウル)

ソウルを代表する観光名所、景福宮(キョンボックン)にほど近いこの店では、化学調味料や添加物を使用せず、素材本来の味を活かした宮廷料理がいただけます。とくに人気なのが、韓国ドラマ『チャングムの誓い』に登場した料理を再現したコース。銀杏や栗などが美しく盛り付けられた前菜の乾き物や、肉や魚介類、野菜を盛りつけたあとにスープを注いで煮ながら食べる「神仙炉鍋」など、全12品が宮廷で行われた宴会と同じ順番で提供されます。

管理者提供の写真

投稿者:PuPuiii

管理者提供の写真

トリップアドバイザーで検索して韓国伝統料理(宮廷料理)を頂きました。マネージャーが日本滞在の経験があるそうで…素晴らしい日本語をはなされ、料理の説明から背景まで理解出来て、一層美味しく頂けました。fvgh8460さんの口コミ
ここはまさにピンの韓定食を出す店、というか 宮廷料理と言って良いかな。チャングムの世界や首脳会談の席に出て来る料理。店の造りもサービスも立派です。料理ももちろんきれいで繊細 味付けも上品。京都の高級料亭と思っていただければイメージできるでしょうか?syongololoさんの口コミ
ソウルに行くたびにネットで予約して寄ってしまいます。日本語で料理の説明をしていただけます。
韓定食というより、懐石料理のイメージです。味もこまやかで優しく、おいしいです。MichikoK111さんの口コミ

アンシエント・フエ(ベトナム・フエ)

ベトナム中部の古都フエは、ベトナム最後の王朝であるグエン王朝の都として栄えたところ。フエの伝統建築様式を再現したこちらのレストランは、豪華なインテリアに囲まれて、贅沢な気分で食事ができると評判。皇族の衣装を着ることもできますよ。鳳凰や孔雀に見立てたカービング野菜を前にすると、食べる前に写真を撮りたくなること必至。コース料理とアラカルトがありますが、迷ったら断然お得なコース料理を選ぶのをオススメします。

投稿者:Manu Hidalgo

投稿者:kenl461

投稿者:kenl461

宮廷料理のコースに興味があったのですが、食べ切れないとの口コミがあったので、4名で宮廷コースを2つとアラカルト料理を3品とのわがままなオーダーにも、感じ良く対応して下さいました。
飾り付けられたインスタ映え?の宮廷料理を目で楽しみながら、上品で優雅なランチタイムとなりました。Seiko0901さんの口コミ
中心街からタクシーで10分。喧騒から離れた隠れ家的レストラン。14品のフエ宮廷料理コースが650ドン。料理は抜群に美味しく、雰囲気は非常に良く、スタッフも親切丁寧。また再訪したいです。DoctorYGOさんの口コミ
屋内・屋外の席が選べますが、屋内は、王宮の装飾が施されており楽しめます。コース料理とアラカルトがありますが、旅行で訪れた方ならコースがオススメです。料理は、美味しく、手の込んだ料理は目でも楽しむことができます。Shig1970さんの口コミ

アシターネ(トルコ・イスタンブール)

世界三大料理のひとつ、トルコ料理。トルコの前身となるオスマン帝国時代の宮廷料理は、ナッツや香辛料、ハーブや乳製品をたっぷり使った、見た目に美しく、複雑な味わいの料理がたくさん並びました。かつてトプカプ宮殿で食べられていたメニューを提供しているアシターネは、ぜひ訪れたい名店。文献に登場した年のメニューを再現したディップ4種盛りや、メロンをくり抜いた中にひき肉の詰め物が入った「カウン・ドルマス」など、ほかの店では食べられないメニューばかりですよ。

投稿者:Marco V

投稿者:Fazila M

投稿者:christinewG474MT

「カーリエ博物館」の隣、カーリエホテルに併設するオスマン宮廷料理レストランで、電車を乗り継いで行きました。かつてトプカプ宮殿で食べられていた豪華料理を当時のレシピや厨房の仕入帳などを基に再現し、時の権力者スルタンの食卓に供された料理が堪能できます。BackPacker804427さんの口コミ
レストランを有名にしているのは、歴史あるオスマントルコ時代のレシピを、文献に忠実に再現したとされる宮廷料理の品々。それぞれの料理の説明には、最も古いレシピの西暦年号も表示されており、メニューを眺めながらも色々と想像したりと楽しめます。提供された料理自体はさすが宮廷料理だけあり、盛付けも見目麗しく素敵でした。easilyamused515さんの口コミ
宮廷料理を復刻したメニューは盛り付けも美しく、塩味やスパイスの強すぎないマイルドな味付けで美味でした。
アーモンドのスープやラム肉とドライフルーツを煮込んだシチューなど、日本では食べられないような珍しい料理がとても新鮮でした。murata2266さんの口コミ

タラトン(タイ・バンコク)

バラエティに富んだメニューがお手頃価格で食べられる、グルメ大国タイ。そんなタイの宮廷料理はいったいどんな料理が並ぶのでしょうか。実は、これと決まったレシピはなく、辛さが控えめな上品な味わいのメニューを、一皿ずつ提供するスタイルだったようです。オススメは、宮廷料理以外にもいろいろ食べられる、ロイヤルオーキッドシェラトンホテル内のレストラン、タラトン。辛さも控えめで、日本人の口に合うと評判です。タイ伝統舞踊のショーも見事ですよ。

投稿者:Lan Z

管理者提供の写真

投稿者:瑜亮 彭

ロイヤルオーキッドシェラトンホテル内の一階に有るタイ料理専門店。タイ宮廷料理というカテゴリーになるそうです。格式がただよう店内で上品な味と盛り付けが見事な料理が楽しめました。tom0772さんの口コミ
タイセットメニューはクオリティが高く、雰囲気がとても良かったので落ち着いて食事ができました。また演奏は生演奏で素敵ですし、接客も丁寧だったのでタイ語が話せなくても安心して食事ができます。Trail810346さんの口コミ
コース料理を頼みましたがどれもとても美味しかったです。注文時に辛さを聞かれ、辛くない料理も注文できるので、辛いのが苦手な人でも大丈夫だと
思います。また30分に一度楽器の演奏や躍りがあり、とても楽しむことができました。 Vacation826193さんの口コミ

クラバン(カンボジア・プノンペン)

9世紀から15世紀まで栄華を極めていたクメール王国の宮廷料理なら、このレストランへ。タイ料理と似たメニューが多いクメール料理ですが、マイルドな味付けのものが多く、辛いものが得意ではない人も満足の味です。ハーブやピーナッツを甘辛いソースとともに葉っぱに包んで食べる前菜、ミアンカムや、淡水魚をココナッツミルクで煮込んだアモックなど、味はもちろんのこと、盛り付けも美しいので、現地在住の外国人にも人気なのだとか。

投稿者:Bluessp

投稿者:Jang-miiya

投稿者:shinchan-in-pp

他の高級クメール料理のお店は比較的ウェスタナイズされたクメール料理が提供されますが、こちらのお店のものはそこまでウェスタナイズされておらず、伝統的な味付けにこだわったクメール料理が楽しめます。su_uztさんの口コミ
生姜と海老のサラダとかBeef Saraman (ビーフの煮込み料理)とか他のレストランではあまり食べることのないクメール料理などが美味しく食べれます。落ち着いた雰囲気のなか、洗練されたサービスで食事が楽しめます。shinchan-in-ppさんの口コミ
6時には空いていた店内も七時前には満席。人気が伺えます。
塩味が薄味ですのでたくさん食べられます。
珍しい料理が多いですがどれも日本人の口には合ってました。カエル料理おススメ。アモックも美味しかったです。TOMOYUKIさんの口コミ

仿膳飯庄(中国・北京)

世界最古の皇室庭園がある、北京の北海公園。この公園内のレストランでは、清の時代の宮廷料理「満漢全席」が食べられるんです。といっても、本物の満漢全席は134種の料理と48種のオードブル、それにデザートや果物を2~3日かけていただきますが、こちらではハイライトとも言うべき精選メニューを提供。宮廷らしさを感じされるインテリアに囲まれて、フカヒレやアワビといった豪華食材を心ゆくまで堪能しましょう。

投稿者:Greg J

投稿者:mptan2015

投稿者:Soxblue

北海公園の中にある中国宮廷料理レストラン。公園に入場するには通常入場券が必要なのですが、入場券窓口でこの店に入る旨を伝えると無料で入場することが出来ます。ただし、中国語以外は通じないようなので若干難しいかも。Linus0425さんの口コミ
100年近い歴史がある宮廷料理店です。店自体が宮廷のようで、なおかつ皇族の衣装を着た女性が給仕してくれます。値は張りますが、ここでは満漢全席を是非オーダーしてみて下さい。Taka510さんの口コミ
北京で行った中で味・サービスともに一番良かったです。もちろんその分高かったですが。食前フルーツが出てきたり、食事中、食事後にデザートが入ってきたり、中国ではなかなか味わえないサービス。料理も大皿でなく個人単位で出てきました。Tommytototokyoさんの口コミ

宮廷料理は豪華だから、きっとインパクトの強い贅沢な味わいのオンパレードかと思いきや……。実際には、塩分控えめで辛さやにおいの強い味付けは避けて、できるだけ食材本来の味を引き立てるよう、薄味で仕上げられていることが多いといいます。その国のルーツが垣間見える宮廷料理、ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事