一瞬で標高2000メートル級の山々へ。ロープウェイでラクラク・アルピニスト気分

巷では登山ブーム真っ盛り。そんなに楽しいものならば、ちょっと登ってみたい・・・と思っている方も多いのでは?でも、足かせとなっているのが、登山の辛さ・・・。そんな方にお勧めなのが、頂上付近まで一気に行けてしまうロープウェイで味わう「登山気分」です。文明の利器を享受するとはまさにこのこと。

汗ひとつ流すことなく登山気分に浸れる、絶景ロープウェイをご紹介いたします。

中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ(長野県)

中央アルプスの最高峰木曽駒ヶ岳の麓、「しらび平駅」から標高2612メートルの「千畳敷駅」まで一気に上るロープウェイ。「千畳敷駅」周辺には、氷河の浸食によるダイナミックな景観が特徴の「千畳敷カール」が広がり、初夏には高山植物が彩ります。ここから木曽駒ヶ岳山頂まで行きたければ、片道2時間ほど。登山装備で臨んで。

兵庫県神戸市Cb750さんの投稿写真

booskanoririさんの投稿写真

新穂高ロープウェイ(岐阜県)

標高2909メートルの西穂高岳の入り口となる、「西穂高口駅」と麓の「新穂高温泉駅」を結ぶロープウェイ。「西穂高口駅」は標高2156メートル。展望台からは、西穂高岳、槍ヶ岳、笹ケ岳などの北アルプスの山々の絶景が望め、ミシュラングリーンガイドの2つ星に選ばれています。

orangemuffinさんの投稿写真

KENKEN3さんの投稿写真

日光白根山ロープウェイ(栃木県)

関東以北で最高峰の日光白根山(2578メートル)の登山道へと続く山頂駅までは、ロープウェイを使えば約15分。標高2000メートルの山頂駅には展望台と足湯があり、絶景を眺めながらのんびり足湯でくつろげるのもポイント。ただし、山頂駅から山頂までは単純往復でも5時間かかり、初心者は迂闊に手をださない方が無難な中級レベルの山。

静香丸さんの投稿写真

静香丸さんの投稿写真

北八ヶ岳ロープウェイ(長野県)

八ヶ岳の北端に位置する北横岳と縞枯山を結ぶロープウェイ。山頂駅は標b高2237メートル。山頂駅周辺には1周約30分の坪庭が広がり、初夏には高山植物が咲き乱れる美しい景色が楽しめます。様々なトレッキングルートがあるのでレベルに応じて山歩きが楽しめるのも魅力。ロープウェイを上っていくと左に見える北横岳山頂(2480メートル)までは片道1時間20分ほど。

かめちゃさんの投稿写真

かめちゃさんの投稿写真

谷川岳(群馬県)

群馬県、新潟県の県境に位置する百名山のひとつ谷川岳。最高部のオキの耳でも1977メートルと2000メートルには満たないけれど、複雑な地形や急峻な岸壁などダイナミックな景観が多く、登山愛好家に絶大な人気を誇る山。山頂駅周辺の天神平を歩くだけなら初心者でもOK。5月~8月にかけて様々な高山植物が楽しめます。

ななぼうさんの投稿写真

kaz.h-1210さんの投稿写真

 

これから登山シーズン。ロープウェイをうまく使って、気軽に登山気分を味わってみてはいかがですか?

旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。