失われた幻の都!南インド・ハンピをめぐる

南インド、カルナータカ州にあるハンピは、遺跡と巨岩に囲まれた不思議な光景が広がる街。14世紀から16世紀にかけて、周辺一帯を支配していたヴィジャヤナガル王朝の都として栄え、今も多くの遺跡や寺院が残っています。1986年に世界遺産に登録されましたが、あまり観光地化が進んでいないためか、とてものんびりした雰囲気のハンピ。かつて栄華を誇っていた時代の姿をイメージしながら、オススメのスポットを回ってみましょう。

ヴィッタラ寺院

ハンピにある遺跡群でもっとも規模が大きく、ヴィジャヤナガル芸術の最高傑作と称されています。細部にまで至る繊細かつ豪華な彫刻は必見。石でできた山車の車輪は、かつては実際に回ったというエピソードにも驚きです。

trotter_abhiさんの投稿写真

tn_kishore_reddyさんの投稿写真

Sergey Nさんの投稿写真

ハンピでもっともみごたえのある遺跡で、柱の彫刻と その並び方がすばらしいです。 正面には山車形の建築もあり、見飽きません。lodekさんの口コミ
ハンピの中で最も有名で見応えのある寺院です。中でもStone Chariot(戦車)は有名で、他のインドの地でこのような遺跡を見たことがありません。また見逃してはいけないのはMusical Pillars of Hampi。なんと柱を叩くと音が出るんです。幾つかの柱を叩く(演奏)することにより音楽を奏でます。 cooltraveler2015さんの口コミ

山車型の建物、彫刻がとても印象的。乾季に行くと青空に立派な雲と、茶褐色の遺跡のコントラストが素晴らしいです。 michi123456さんの口コミ

ヴィルーパークシャ寺院

入口にある高さ52mのゴープラム(塔門)が見事なヴィルーパークシャ寺院は、1442年に建てられ、現在も多くの巡礼者が訪れます。ラクシュミーという名の象による祝福の儀式も人気です。

look4Sachinさんの投稿写真

Vengetsさんの投稿写真

Reisefreund33さんの投稿写真

ハンピのバススタンドから西に数百メートルの距離にある大きな寺院。高いゴープラム(塔門)があり、また広い一本道なのですぐに分かります。遺跡が多い中で、ここは現在も僧侶がいる生きた寺院です。 cooltraveler2015さんの口コミ

遺跡散策というよりかは神聖な寺院ですので、巡礼者の方々も多くいらっしゃいます。夜など特に周囲は静かになり、住民の方々は10pm頃には就寝しますので、静かになります。 Kokeshimaruさんの口コミ

トゥンガバドラー川

川の中に巨岩がゴロゴロ転がっているトゥンガバドラー川は、地元の人の暮らしには欠かせない場所。川で洗濯する女性や、水遊びに興じる子どもたちの姿を眺めてひと休みしましょう。お椀型の小舟に乗せてもらって、川を渡ることもできます。

theresageorgeさんの投稿写真

PraNeh_Explorersさんの投稿写真

Rojo_e70さんの投稿写真

ハンピバザールのそばの河原は、選択や沐浴をする人たち、遊ぶ子供たち、そして対岸に渡る人たちでいつもにぎわっています。静まり返っている朝、日差しの強い昼もいいですが、やはり格別なのは夕暮れでしょう。 michi123456さんの口コミ
ハンピ市街に着いてホテルに行くのに、必ず渡らなければならないこの川。2分程度で渡れてしまうのですが、ここで船を待つ時間、渡る時間が大好きでした。何より景色が素晴らしいです。 shitake86さんの口コミ

ヴィルーパークシャ寺院の側から渡し舟が出ています。川を渡るだけなので数分で着くのですが、これが舟というよりお椀型のカゴみたい乗り物で面白いです。例えて言うと一寸法師のような気分が味わえます。cooltraveler2015さんの口コミ

モンキーテンプル

ハンピの市街地からトゥンガバドラー川を渡った先にある、アンジャナドリ地区。ここの丘の上にある白壁の寺院がハヌマーン寺院(通称モンキーテンプル)です。猿神ハヌマーンの出生地といわれていて、寺院へと続く階段のあちこちにサルがいます。

kesa2106さんの投稿写真

Jennifer Rさんの投稿写真

kesa2106さんの投稿写真

名前の通り、頂上に行くまでにサルと出くわす。頂上にはお寺があり、ここからの眺望も素晴らしい。 masahimamaさんの口コミ
川を背に、メインの1本しか無い道をひたすら東方向へ進みます。
すると大きな丘と看板が左側に出てきます。
売店があり、そこにバイクを停めて長い階段を登ると、
ハンピを見渡せる高い場所に小さなお寺とサルがいます。
サルは非常に危険なので、うかつに食べ物を与えない方が良いです。 428ak428さんの口コミ

ハンピに来て無数の階段を上りますが、ここもなかなかの段数です。インド人は裸足で進みますが、コンクリが陽に焼かれて熱いので旅行客は靴のまま登らないとほんとうに修行になってしまいます。kutsuhimoさんの口コミ

ヘーマクータの丘

ヴィルーパークシャ寺院の脇の道を進んだ先が、ヘーマクータの丘。巨岩の大きさを間近で体感しながら、眼下に広がる市街地を眺めることができます。気軽に美しい夕日が見られるスポットとしても人気。ジャイナ教の寺院や、一枚岩から彫られたナラシンハ像(ヴィシュヌ神の人獅子の化身)などの遺跡も点在しています。

IndophileWorcesterさんの投稿写真

IndophileWorcesterさんの投稿写真

Vinay Aさんの投稿写真

ヴィルパークシャ寺院を見下ろせ、ハンピ村一帯を眺めることができます。日中は岩石地帯で陽が強く焼ける思いのする場所ですが眺めは抜群です。 Kokeshimaruさんの口コミ
ヴィルーパークシャー寺院の南側に広がる寺院群です。丘になっているのでアップダウンもあり探検のし甲斐があります。kutsuhimoさんの口コミ

寺院群を一望できるので昼に登るのもいいですが、やはり夕日の時間帯は見逃せません。マータンガから見る夕日も絶景でしょうが、こちらのほうが手軽。また夕日目当てで来る人がたくさんおりハンピバザールに近いので治安的にはずっと安心です。 michi123456さんの口コミ

遺跡の素晴らしさと、ゆったりとした時間の流れが旅人を魅了し続けるハンピ。主だった遺跡だけなら1~2日で回ることも可能ですが、ここはぜひ余裕を持ったスケジュールでの滞在をオススメします。のんびりした街の雰囲気こそ、ハンピの最大の魅力。南インドでいちばん好きな街! と答える人も多いハンピへ、ぜひ足を運んでみてくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。