わざわざ訪れる価値あり!文化財にも指定された絵になる駅舎5選

ショッピングモールが併設され、おしゃれなカフェやレストランが並ぶ……最寄駅としては便利でも、旅先ではちょっと味のあるレトロな駅を訪ねてみたいですね。今回は国の文化財にも指定されている、レトロで絵になる駅舎を紹介します。

嘉例川駅(鹿児島県霧島市)

1903(明治36)年に建てられた木造駅舎が現存する、鹿児島県最古の駅です。建物はもちろん、改札やベンチなど木製のインテリアも建造当時のままに残されており、その歳月を感じさせるものになっています。無人駅ながら、特急の「はやとの風」が駅舎見学のため約5分の停車するなど、観光価値に再注目「はやとの風」車内および、土日・祝日に駅舎で販売している「かれい川弁当」も大好評です。

佳苗 祝さんの投稿写真

たびネコさんの投稿写真

デラホーヤさんの投稿写真

happy_trip_725さんの投稿写真

JR肥薩線の自然に囲まれた静かな駅です。駅舎は木造で歴史を感じます。無人駅ですが、にゃん太郎と名付けられたねこがいて、人気者です。地元にこだわった駅弁があり、JR九州駅弁グランプリで3年連続1位を獲得しています。maconyaさんの口コミ
隼人の風にのって、鹿児島から霧島温泉まで行く
途中の駅。写真撮影などのためにとまってくれます。
とてもやさしく、きれいなお姉さん車掌さんが、運転手さんの帽子と日にち等がはいったプレートを貸してくれ、写真をとってくれました。いい思い出になります。ころころけんさんの口コミ
明治時代に建てられた築百年以上の郷愁を感じるレトロな無人の駅です。駅舎は国の登録有形文化財です。特に改札付近、待合室、駅名表示板には時代と風情を感じました。いつまでも肥薩線が存続しこのままの駅舎の姿で残ってほしいと願ってやみませんでした。aj268573さんの口コミ

琴平駅(香川県琴平町)

1922(大正11)年に建てられた、JR土讃線の駅。洋風の平屋木造建築で、有形文化財に登録されています。「こんぴらさん」こと金刀比羅宮の最寄駅で、それにちなみ軒飾りに「金」のマークが入っています。耐震および外装・内装工事を行っていましたが、2017(平成29)年3月に終了。きれいに復元された姿を見せています。

hirokuasakuさんの投稿写真

hirokuasakuさんの投稿写真

MMMMOKさんの投稿写真

琴参閣という旅館に宿泊した際に、ちょうど宿泊した部屋からこの駅が見えたので、散策がてらに見に行ってみました。レトロで懐かしい雰囲気の小さな駅でしたが、次は電車で訪れてみるのもいいなぁ、という気持ちになりました。Muscaritripさんの口コミ
琴平駅は土讃線の電化区間がこちらまでで、高松からの快速電車が折り返すターミナル駅。
金比羅さんの最寄り駅ですので駅舎も立派で美しい駅舎です。
金刀比羅宮のある町の雰囲気に合わせて作られていて味わい深い。都市伝説さんさんの口コミ
今回は四国デスティネーションキャンペーンで利用客の増加を見込んで改修しました。4月から運行が始まる観光列車四国まんなか千年ものがたりの乗客専用ラウンジTAIJUが駅舎中央に設置されました。喫煙室も設置されました。ひでーささんの口コミ

小樽駅(北海道小樽市)

1934(昭和9)年に建てられた道内初の鉄骨鉄筋コンクリート造りの駅で、駅舎とプラットフォームが有形文化財に登録されています。プラットフォームが2階にあり、階段を降りて改札口に出るという当時としては珍しい構造。4番線ホームは小樽出身の石原裕次郎にちなみ「裕次郎ホーム」と名付けられ、観光スポットとなっています。

Tinichanさんの投稿写真

kanzawa69さんの投稿写真

冬籠りの隠れ宿さんの投稿写真

1年ぶりに訪れた。
古くて懐かしさを覚える建物で、落ち着く。
改札口を出て建物の、右側は観光案内所と待合室・左側は土産物屋・売店・ファストフード店などがある。にっこうさんの口コミ
結構きれいな駅で、お土産屋さんやレストラン、喫茶店等が入っているので、時間つぶしもできます。
改札のすぐ外には観光案内のブースがあり、地図が載った冊子を無料でもらうことができます。
また石原裕次郎の記念写真がおいてあるところもありました。ふぃろさんの口コミ
現在の駅舎は1934年に上野駅をモデルにして作られた駅なので、中々趣きがある。改札口から地下道を通ってホームに上がるという少し変わった作りにになっている。4番フォームは石原裕次郎にちなんで裕次郎ホームの愛称がつけられている。asamiyさんの口コミ

萩駅(山口県萩市)

洋風でレトロな白い外観が目を惹きます。ここはJR山陰本線の駅で、1925(大正14)年に建造、その後1998(平成10)年に駅舎はもちろん、駅舎の前にある電話ボックスまで、当時の写真を元に復元されました。駅舎内には「萩市自然と歴史の展示館」があり、駅や町の歴史などに関する資料が展示されています。

不定期逃亡さんの投稿写真

385弁財天さんの投稿写真

町田の熊さんの投稿写真

hanesan101さんの投稿写真

萩観光で立ち寄りました。登録有形文化財です。大正14年(1925)建築、木造平屋建、スレート葺で、白地の壁に柱、軒先の薄い青色がいいですね。出雲の大舎駅を思い出しました。hanesan101さんの口コミ
萩駅は、今は無人駅になっていますが、1925年に開業した駅舎は、今は、登録有形文化財に登録されています。駅舎は綺麗に保存されており、観光案内所も併設されています。tadJapanさんの口コミ
映画のワンシーンのようだ。旅の記念撮影に最高のロケーション。この雰囲気にすっかり憧れてしまった。近代化が進む全国各地の駅は鉄骨鉄筋、萩駅は希少の木造駅舎、萩市観光協会に隣接しているので旅の情報収集をしながら覘いてみてはいかがでしょうか。385弁財天さんの口コミ

気賀駅(静岡県浜松市)

ノスタルジックな原風景が車窓に流れる、観光に人気のローカル線・天竜浜名湖鉄道。駅は浜名湖の北東部にそそぐ都田川のそばに建っています。駅舎は木造で、屋根はセメントを使った「スレート葺」。木製の年季の入ったベンチや改札口が旅情をかきたてます。

かめちゃさんの投稿写真

michelin_guide2011さんの投稿写真

こばじょんさんの投稿写真

天竜浜名湖鉄道の気賀駅舎、昔は、国鉄二俣線気賀駅だったのです。今は、無人駅になっています。しかし駅舎は、旧国鉄のままですから歴史が感じられます。活気に満ち溢れた時代を思い出されますね!訪れた日は、日曜日でしたので駅の待合室でプチコンサートが開かれていました。キャロットクラブ国際線旅客部さんの口コミ
天竜浜名湖鉄道は国鉄二俣線で東海道線を迂回して建設された鉄道で駅舎やレールなどが建設当時?のものが今も使われているようです。気賀駅の上屋・本屋・プラットホームが国の登録文化財になっています。かめちゃさんの口コミ
田園風景を走るローカル線では、のんびりと景色を眺めながらゆっくりと旅行する方におすすめのスポットが多く、その中に気賀駅があり、上屋及びプラットホームは登録有形文化財で、天竜浜名湖鉄道のHPでは、沿線の観光スポットなど載っているので参考にしてみてください。michelin_guide2011さんの口コミ

築年数が長い駅舎は地方を中心に多く、いずれも建てられた当時の姿を残し、その時代の風景や街並みをも想像させてくれます。ローカル鉄道に乗って歴史ある駅舎を訪ね、そのレトロで郷愁を誘う雰囲気に包まれてみませんか?

この記事に関するタグ

話題の記事