自然の合わせ鏡が美しい!日本のリフレクションスポット

風景写真のなかに「リフレクション写真」というジャンルがあるのをご存じでしょうか?リフレクション=反射、つまりリフレクション写真とは水面などに映った、合わせ鏡のような風景を撮った作品のことです。海外では真っ白な大地に空や人物が反射するボリビアのウユニ塩湖が有名。日本でも湖や池をはじめ、さまざまな場所でリフレクション写真を撮影することできます。条件が揃うと、絵画のようなドラマティックな美景が目の前に!

御射鹿池(長野県)

池に映る緑濃い木々と、池畔を歩く一頭の白馬。日本画家、東山魁夷の代表作「緑響く」は水面に映った風景を描写したリフレクションアート。そのモチーフとなったのが、長野県の奥蓼科にある御射鹿池(みしゃかいけ)です。
春から夏にかけては緑一色のカラマツ林が水面に映り、まさに東山魁夷の絵画の世界。

投稿者:t_takayou

葉が黄やオレンジに色づく秋、カラマツが雪に覆われる白い冬と季節ごとに異なる表情を見られるのも魅力。特に秋は林がさまざまな色に染まり、どこを切り取るかでまったく雰囲気が変わってきますよ。

投稿者:Tomonori I

こちらはうっすらと雪が降った冬の朝。ツーンと冷たい空気が伝わってくるような写真です。
御射鹿池は一年を通してリフレクション写真が撮れるスポットですが、どの季節も風がなく水面が静かな早朝が狙い目です。

投稿者:苔庭

芸術的な風景が広がる御射鹿池ですが、自然にできたものではなく、農業用のため池だそう。八ヶ岳から湧き出る冷たい水を温め、稲作に利用するために昭和初期に造られたものです。

長野県茅野市豊平にあるため池。八ヶ岳中信高原国定公園の奥蓼科温泉の入口に位置し、湯みち街道沿いにあります。農林水産省のため池百選に選定されるだけあり美しい池でした。池の水面に映る周辺の景色がキレイです。asaka19691216さんの口コミ
紅葉シーズンに訪問。近くの明治温泉に宿泊して夕方、早朝、日中と三回行きましたが、陽の光が弱い時間帯か曇天の日がこの池の魅力を引き出すように思いますます。一番のお勧めは晴れの早朝の時間がベストだと思います。ちびandしょこらさんの口コミ

白金青い池(北海道)

北海道中部の美瑛町にある白金青い池は美瑛観光のハイライト。名称どおり青く染まった池に立ち枯れたカラマツが連なる、幻想的な光景が見る人を魅了します。この池も自然にできたわけではなく、十勝岳の防災工事にともない設けられた堰堤に水がたまったもの。湧き水に含まれる微粒子の影響で白みがかったミルキーブルーになるそうです。
枯れたカラマツやシラカバが映る池は、水面下に別の世界があるような錯覚を覚えさせます。

投稿者:UTIFSNMKY

この池も撮影によいのは風のない日の早朝。水面が鏡のようになり、きれいなリフレクション写真が撮れます。池の色は季節や天候によって変化します。ミルキー感が薄れると空まで映り込み、雰囲気の異なるリフレクション写真に!

投稿者:bara650

幻想的。北海道の札幌から車で3時間。最初はめっちゃ遠いなーと思っていましたが現地についてその想いはふっとびました。3時間とかむしろ全然近い。3時間かける価値以上の感動があります。ブルーの水面がキラキラで素晴らしい景色でした。また行きたい。莉子りこさんの口コミ
アップル社の壁紙の画像に採用されてから有名になった池のようです。池は想像以上にキレイな青で、とても幻想的でした。にわか雨直後の曇天でも、青く見えましたよ。9時までに行けば、比較的空いています。nooooootさんの口コミ

田貫湖(静岡県)

富士山の麓に点在する湖は湖面に富士山が映る「逆さ富士」が見られることで知られています。古くから絵画のモチーフにされることが多く、小説や俳句などに登場することも。もちろん撮影スポットとしても人気です。
千円札の裏面に逆さ富士が採用された本栖湖をはじめ、山梨県にある山中湖や河口湖などの富士五湖が有名ですが、ここで紹介するのは静岡県側の田貫湖。風がなく晴れた日は、多くのカメラマンが湖畔に集まります。

投稿者:おでかけマニア

クリアに映った日中の逆さ富士もよいのですが、朝日に染まった逆さ富士もおすすめ。これぞ早起きは三文の徳!ご利益がありそうなリフレクションスポットです。

投稿者:k-nagae

田貫湖は富士山頂に太陽が重なるダイヤモンド富士が見られるスポットとしても有名で、条件が揃えば湖面にリフレクションするダブルダイヤモンド富士が見られることもあります。

春には桜、秋には紅葉といっしょに富士山をみることができます。休暇村前からは、湖に映る逆さ富士がきれいに見えます。特に夕方は夕焼けの富士山が湖面に映り美しいです。Mari Mさんの口コミ
国民休暇村に泊まり、朝散歩をしました。そこには逆さ富士の姿がすっきりと映っていました。一生に一度は目にしたいと思っていたものに出会えてとても嬉しかった。ぜんこうじさんの口コミ

鏡池(長野県)

自然豊かな妙高戸隠連山国立公園のなかにある戸隠は、古くから修験者が山籠もりをした信仰の地。その中心となる戸隠神社の近くにリフレクションスポットがあります。その名も鏡池。名称どおり、鏡のような水面に池畔の樹木が映ります。広めの構図にすると、背後にそびえる戸隠連峰まで映りダイナミックな作品に。
シンメトリーの構図は、誰が撮っても絵になります。最大のポイントは風がない日を狙うこと!

投稿者:hanako_12

春夏秋冬、さまざまな表情を見せる鏡池ですが、人気はやっぱり紅葉が美しい秋。木々をクローズアップしたり、戸隠連峰まで入れ込んでみたり、さまざまな構図のリフレクション写真を撮ってみてください。

投稿者:Natsuki T

鏡池は早朝、気温差により水面に霧がたつことがあり、幻想的なリフレクション写真が撮影できますよ。

戸隠連山を映し込む、灌漑用の人工池です。中社から奥社へ向かう道路を左折して山道を進むと突然現れてきて、自由に停められる駐車場があります。混雑する時期はシャトルバスの運行となりますので(道が狭い)、一般車両は入れません。天気さえ良ければ、戸隠連山が湖面に写り込んで、大変良い景色です。駐車場側のところが堰堤になっていて、ここからの眺めが一番いいようです。Macのオッサンさんの口コミ
九頭竜山など戸隠連山を水面に映し、新緑の季節も紅葉の季節も素晴らしい。遊歩道があるのでぜひ歩くことをお勧めします。outou0141さんの口コミ

父母ヶ浜(香川県)

香川県三豊市にある父母ヶ浜(ちちぶがはま)は、日本のウユニ塩湖とも呼ばれる話題のリフレクションスポット。約1㎞の海水浴場でリフレクション写真が撮れると人気を集めています。
リフレクション写真が撮れるのは砂浜が広がる干潮時。潮が引いた後にできる水たまり(潮だまり)がリフレクションスポットになります。日の入り前後の30分間の光で水たまりが鏡のようになるそう。もちろん風が吹いていないことも重要です。

投稿者:えっつん

日本の夕日百選に選ばれているだけあって、鮮烈なサンセットを入れ込むとドラマティック!みんなで思い出写真を撮るのもよいでしょう。カメラは水面近く、なるべく低く構えるのがポイントです。

投稿者:William Kao

動きのあるカットや小物を使ったカット、一人でたたずむ雰囲気のあるカットなど、工夫しだいでオリジナリティあふれる作品が撮影できます。躍動感を表現するならやっぱりジャンプでしょ!

投稿者:William Kao

日の入り30分前の西日によって逆光となり、人のシルエットが鏡のように写り、思い思いのポーズで決めると、最高の写真が誰でも気軽に撮れます。海よりも、あちこちにできた水たまりのほうがキレイに鏡になります。yuyo2013さんの口コミ
素人のスマホでも絶品な写真が撮れるのが、父母ヶ浜のいいところ!雨上がりの夕日をバックに写真を撮りに、早めに場所を取るのがポイント。masamitsuさんの口コミ

濃溝の滝・亀岩の洞窟(千葉県)

次に紹介するのは千葉県君津市の清水渓流広場にあるリフレクションスポット。広場内の洞窟から差し込む光が水面に反射しハートを象ります。ハートがきれいに見られるのは、3月の春分と9月の秋分の日前後。しかも朝日が斜めに差し込む早朝6時30分から7時30分くらいまでがベストだそう。

投稿者:John S

このリフレクションスポットは「濃溝の滝」という名で有名になりましたが、実は濃溝の滝は洞窟の近くにある小さな滝のこと。光のアートが見られるのは亀岩の洞窟のほうです。高さ15mほどの人工の洞窟は、ハートにならなくても光が差し込めばアーティスティック。早起きして見にいってみましょう。

投稿者:nabe3

ハート形の影で千葉の名所になりました。早朝が良いそうですが着いたのが昼前でした。川に洞窟があるとは妙だな、と思ったら、千葉県内には水害対策のために江戸時代に水脈を変えたところが多数あるそうで、この洞窟もその時代に掘削されたものだそうです。Saepapaさんの口コミ
濃溝の滝(亀岩の洞窟)のハート写真も有名ですが、森の中にあり、とても気持ちいい場所です。木道では夏にホタルも見られます。でるでるくんさんの口コミ

清津峡渓谷トンネル(新潟県)

新潟県十日町市にある清津峡(きよつきょう)は、日本三大渓谷に数えられるダイナミックな景観が魅力。清津川を挟んでそり立つ断崖は大自然の造形美。その清津峡を安全に鑑賞できるように造られたのが清津峡渓谷トンネルです。
約750mのトンネルには3ヶ所の見晴所が設けられ、終点のパノラマステーションとともに美しい渓谷を望めます。
パノラマステーションには水が張ってあり、渓谷の景色がトンネルの半円型に反射。自然と人工物とが織りなすリフレクションアートを撮影できます。

投稿者:Masaki13

人を入れると、また違った雰囲気のリフレクション写真が完成!ちなみに渓谷側にはアクリル板が張ってあるので落ちる心配はありません。

投稿者:artneko

紅葉の時期に行きました。トンネルの終点までに峡谷を見学できる横穴があります。途中にトイレがあるのですが、近未来的ですごかったです。トンネル終点には水が張ってあり、峡谷が水面鏡に反射しており、きれいな景色でした。水の上は歩けますが、靴を履いたままで行きたい場合は、中まで濡れる覚悟でどうぞ。junisさんの口コミ
長いトンネルを進むと最終地点にアート作品があります。正面の景色が手前の水面とトンネル内の壁面に映り込んでとても幻想的な空間が広がっています。紅葉の季節だったので赤や黄色が加わりとても綺麗な空間でした。ぶぶちゃんさんの口コミ

弘前公園(青森県)

ここまで紹介したリフレクションスポットからも分かるとおり、リフレクション写真は鏡のようになった水面に映る景色を撮るのが定番。流れがないほうがよく、例えば石や樹木で囲われた城の濠でもよく撮られます。青森県弘前市の中心にある弘前公園もそのひとつ。弘前城を守る濠は、可憐に咲く桜を写し込んだリフレクション写真がおすすめです。朱塗りの橋を一緒に、ここだけのリフレクション写真を撮影。

投稿者:ひよりみ

水面がより鏡のようになるのは日没後。風がおさまったタイミングを狙いましょう。ライトアップされた桜並木が美しい!

投稿者:gotoh0324

弘前公園は紅葉の名所としても知られており、木々の葉が色づく秋もリフレクション写真に最適です。

外堀の桜とお城の中では桜の時期が少しずれているが、外堀に散った桜の花が綺麗にひろがり、お城の近くは満開で見応えありました。どこ歩いても素敵で、良い写真もたくさん撮れました。あかちゃんさんの口コミ
桜は日本一の呼び声が高いですが、紅葉の時期も素晴らしいものです。ちょうど桜の紅葉が盛りの時期で楓や銀杏などの木々の紅葉もあいまって、本当に息を飲むような美しさでした。城門も風格があり、これも日本有数のすばらしさだと思います。lilikotetsuさんの口コミ

松本城(長野県)

もうひとつ、城のリフレクションスポットとして長野県松本市にある松本城を紹介します。現存する五重六階の天守のなかで、日本最古の国宝の城です。風がない日は白と黒のコントラストが美しい天守が濠の水面に映り、逆さ富士ならぬ逆さ城の威厳のある光景が。天守を正面からとらえたり、朱色の橋を入れ込んだり、さまざまな角度からリフレクション写真が撮れます。

投稿者:ワカナちゃん

天守がライトアップされる夜は、水面も黒くなり映り込みもきれいに。周りが真っ暗なので、天守が幻想的に浮き上がります。

投稿者:Warks

数少ない現存天守であり、国宝に指定されているお城です。お城の周囲はお堀になっていて、ぐるりと歩いて回るとお城を色んな角度から見ることができます。どんな角度から眺めても、カッコ良くて美しいお城だなと感じました(^^)水路を見るとお城が逆さまに映り、写真撮影も楽しかったです☆鶴田 直己さんの口コミ
晴れた日の夕方に行きました。夕日をバックに、池に逆さにうつった城とあいまって、非常に幻想的で美しかったです。charabaggioさん

金閣寺(京都府)

寺や神社は池の畔に建てられていることが多く、リフレクション写真には最適。なかでも代表的なリフレクションスポットといえば京都にある金閣寺でしょう。
黄金に輝く三層の舎利殿はもちろん、庭園の木々も水面に映り神々しいばかり。庭園を含めた金閣寺は極楽浄土を現しているといわれており、リフレクション写真ではダブル天国を表現できることに。なんとも縁起のよいスポットです。

投稿者:worldwonder805

金閣寺は非常に映える寺ですが、それ以外の寺も水面が静かならリフレクション写真が撮れることが多いです。寺社巡りの際は水面を意識して好スポットを探してみてください。

京都を代表する名所。晴れた日の金色に輝く金閣は特に素晴らしい。また、池に映る逆さ金閣も美しい。金閣に目を奪われがちだが、世界遺産の回遊式庭園は見事だ。愛宕山さんの口コミ
金色に輝くお寺、これ程までにきれいで素晴らしいとは思っていませんでした。入口から参道を数分歩いた場所にあります。池に映り込んだ金閣寺は殊の外素晴らしい。撮影スポットは混み合いますのでマスク着用が良いかと。西グッチさんの口コミ

晴海埠頭 風媒銀乱(東京都)

最後に紹介するのは東京の海の玄関口、晴海埠頭。大型客船が発着する晴海客船ターミナルに隣接する晴海埠頭公園に、リフレクション写真のためにあるようなオブジェがたたずんでいます。風のオブジェとも呼ばれる、風媒銀乱というオブジェ。風が吹くと銀色の立方体がクルクルと回るモダンアート作品です。

風媒銀乱は浅い人工池に造られており、風がない日はリフレクション写真にぴったりなスポットに。特に夕方から夜にかけては、レインボーブリッジや構想ビルなどの夜景も広がり幻想的。多くのカメラマンが撮影に訪れます。

投稿者:けん0304

遮るものがないレインボーブリッジの眺めは圧巻です。晴れた日の夕方は、たくさんのカメラマンが夕暮れの写真を撮りにきています。chimu365さんの口コミ
ここは東京タワーやレインボーブリッジが見えるスポットです。特に夜景がとても綺麗なので家族連れやカップルなどにはオススメのスポットです。takさんの口コミ

日本のリフレクションスポットをまとめましたがいかがでしたか?水面だけでなく、きれいに磨かれた床に周辺の景色が映り込むこともあります。リフレクションが期待できそうな場所があったら、合わせ鏡のアート写真にチャレンジしてみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事