真っ赤なトンネルが神秘的!千本鳥居が美しい東日本の神社6選

神域と人間を隔てる門であり、結界の役目を持つ「鳥居」。真っ赤な鳥居が連続して立ち並ぶ「千本鳥居」は、幽玄かつ存在感抜群です。千本鳥居といえば京都の伏見稲荷神社が有名ですが、東日本も負けていません。口コミで話題の神社を紹介します。

高山稲荷神社(青森県つがる市)

日本庭園のなかに、人の背丈ほどの可愛らしい鳥居のトンネルが。中を通っていく間に美しい庭園を臨めます。最後の鳥居をくぐり、来た道を振り返ると、眼下にはまるで精巧なミニチュアのような景観が広がります。

投稿者:moomein

 投稿者:Koetsu Norita

広すぎないスペースのなかに200本を超える朱塗りの鳥居と、よく手入れされた日本庭園が一望できたという点では、なかなか他にはない眺望だと感じた。(朱塗りの鳥居の代名詞である京都の伏見稲荷ほどの迫力はないが、こじんまりとしている本神社の鳥居群も悪くはないと感じる)rhiannon_m2さんの口コミ
派手さはなく絶景を期待すると拍子抜けするかもしれないですが、狐につままれたような?不思議な体験ができました。fiesvitaさんの口コミ

万蔵稲荷(宮城県白石市)

宮城県と福島県の県境、小坂峠の頂上に差し掛かる場所にある千本鳥居。静かな山中に数百メートルにも渡って続くのは、なんとも不思議な光景。鳥居の中には年季が入って色が落ちているものも。訪れる人が比較的少ない隠れスポットなので、神聖な雰囲気を独占できるかも。

投稿者:Koetsu Norita

投稿者:birdbeach1970

鳥居は地元の人々が昔から奉納しているようで、朽ち果てたものから名前の入った新しいものもあります。伏見稲荷ほど洗練されてはいないけど、地元の人に大切にされている雰囲気がありました。Alba_Luxuriansさんの口コミ
静かな山の中にあり、鳥居の数もかなりのものでした。私たちが行った時は人気も少なかったです。少し怪しい雰囲気ながらも空気が澄んでいて、心地良いところでした。MiyoMiyo44さんの口コミ

日枝神社(東京都千代田区)

赤坂にある日枝神社は正面の白い大きな鳥居も見所ですが、本殿の裏に連続して並ぶ千本鳥居も圧巻です。その荘厳な雰囲気をまのあたりにすると、違う世界に来てしまったかのような気分に。近隣に勤める会社員もよく訪れ、憩いのひと時を過ごしているそう。

投稿者:CHKRN

投稿者:Mienmien0001

鳥居は上部に三角形の破風が乗った形、山王鳥居と呼ばれる独特なもの。くぐるとエスカレーターがあって、嬉しいですね。美しい朱の社殿の両側には母猿と父猿が鎮座しています。隣接している山王稲荷神社の鳥居のトンネルも見事です。Extraordinary809292さんの口コミ
山王鳥居とエスカレーター付き階段の参道が有名な神社です。東京ではかなり広い境内の神社になります。この神社の見所はうらにある90本近い千本鳥居で東京では根津神社に次いで多い本数になります。外国人の人も千本鳥居の場所を探されています。FellowTraveler801407さんの口コミ

東伏見稲荷神社(東京都西東京市)

京都の伏見稲荷大社の分祀で、100基以上の鳥居が並んでいます。その並び方には規則性がまったくなく、一歩踏み入れれば自分がどこに向かっているのかもよくわからなくなるほど。点在する祠や狐の像が不思議な雰囲気を醸しています。

投稿者:ChaCha-Mau

投稿者:asaka19691216

正面には大きな鳥居社殿裏にたくさんの鳥居が並んでいます。そんなに広くないのになんだかとても広く感じます。すぐそばに大きな道路があるのに、とっても静かです。小さい鳥居の神様ごとにご利益が違うので、見て回るのが楽しいです。京都の伏見稲荷のように食べ物屋さんはないので、お参りついでにお食事はできないです。hunyohunyoさんの口コミ
京都の伏見稲荷大社の分社だけあって、本社程ではないが多くの鳥居が配置され朱色がとても綺麗である。厳かな雰囲気もあり心が洗われます。TimMiuraさんの口コミ

根津神社(東京都文京区)

ツツジの名所としても有名な神社。境内の奥にある乙女稲荷の両脇に「商売繁盛」「無病息災」などと書かれた鳥居が立ち並びます。1706(宝永3)年に創建された社殿に加え、夏目漱石や森鴎外が腰かけたという「文豪憩いの石」などの見所も。

投稿者:SopiNepi

投稿者:paulajeancraig

投稿者:fugui

住宅街に忽然と現れ、神社内は静かでとても都内とは思えません。小さいながらも参観者が絶えませんでした。Seaside806785さんの口コミ
境内の中にある乙女稲荷神社の両側に鳥居がたくさん並んでいます✨ここの鳥居は…北から南に通り抜けると邪気が払われるといわれており、都内とは思えないような厳かな雰囲気に心が洗われます✨根津神社から谷中銀座も近いのでお散歩にぴったりの場所でもありました‍morirenaさんの口コミ

佐助稲荷神社(神奈川県鎌倉市)

創建は平安時代までさかのぼり、鎌倉時代に源頼朝が再健したと伝わる由緒ある神社。参道から朱色の鳥居が幾重にも連なり、境内で狐の置物を購入して奉納すると、出世運や仕事運向上の後利益があるとされます。

投稿者:eiji21

投稿者:Katsu K

鎌倉駅からまっすぐ佐助まで出て、住宅街を抜けていくと山間に出てきます。赤い鳥居の列を抜けて階段を上がっていくとお社が。野鳥の声も聞こえ、とても気持ちのよい空間ですよ。Myakirasさんの口コミ
雨に濡れた鳥居はさらに赤く輝いて見えて圧巻。多数のお稲荷さんが緑の苔や木の中に置かれていて、身が引き締まる思いでした。stacyjpさんの口コミ

西の河原公園・穴守稲荷神社(群馬県吾妻郡草津町)

1907(明治40)年頃に、東京羽田の穴守稲荷の祭神を分祀したことが由来。境内の砂は「招福の砂」と呼ばれ、商売繁盛や仕事でのご利益があるとか。草津温泉からの湯けむりが参道にたちこめ、道中で足湯を楽しめます。

投稿者:heroicbeetle

投稿者:平成

西の河原公園は、草津温泉観光で欠かせない場所です。公園のあちらこちらで温泉が湧き出ています。きれいなエメラルドグリーンの色が目を引きます。滝のように流れる源泉も迫力が有ります。遊歩道が完備されているので、履きなれた靴で大丈夫です。又、足湯も有るので、手軽に草津温泉を楽しむことが出来ます。Evagundamさんの口コミ
湯畑から温泉街を抜けていくと賽の河原公園に着きます。神社などもあって、とてもゆったりとした時間を過ごせます。草津温泉に行かれた時は是非行ってみて下さい(*^^*)nobita0526さんの口コミ

京都に行かずとも、実は真っ赤な千本鳥居をくぐれる場所はこんなにたくさんあります。カメラを持ってフォトジェニックなカットを撮影しましょう。

この記事に関するタグ

話題の記事