幸福を呼ぶ魅惑のカラー 5つの〝赤い〟絶景

最新の脳科学研究によると、人間は赤色を見るとアドレナリンの分泌が促進されるとか。赤は古くから魔除けの色としても知られ、遺跡や壁画、神社の鳥居などに用いられてきました。洋の東西を問わず、〝赤〟に彩られた印象的な風景をご紹介します。

アンテロープ・キャニオン(アメリカ)

アリゾナ州の、先住民族ナホバ族の居住区域内にある聖地です。1990年代に入ってから、観光地として開放された場所。砂丘が固まって砂岩となり、それが長い年月をかけて鉄砲水や風に削られて形成されました。いくつもの渦を巻いたような真っ赤な地層が、訪れる人を魅了します。

madhuparna mさんの投稿写真

WorldTraveller1979さんの投稿写真

tdhatさんの投稿写真

isa140670さんの投稿写真

長年にわたる風や雨水による侵食によって出来た幻想的な渓谷です。 近くに行くまで、どこにそんな通路があるのか全くわかりません。 入り口から階段を下りていくと、そこには幻想的な自然の回廊が続いていました。 とても素敵です。 歩く距離はたいしたことなく、アップダウンも緩やかなので子供でも問題なく楽しめます。nicolina08さんの口コミ
幻の光が差し込むアンテロープキャニオン。本当不思議な場所でした。 あの光が差し込む感じは今でも忘れません。グランドキャニオンに行くツアーのセットで寄れますので、ここは必ず来た方が良いです。405shingoさんの口コミ

太陽が真上に来た時、すごく綺麗な光の筋をみる事ができます。 私はちょうどみる事ができ、洞窟を抜け、帰ってきたときには光は消えていました。 見えたらラッキー!! こあらのマーチさんの口コミ

ナスィーロル・モルク・モスク(イラン)

イラン南西部の都市・シーラーズにある、通称「ピンクモスク」と呼ばれるナスィーロル・モルク・モスク。ステンドグラスの美しさで有名なこちらのモスクを訪れるなら、午前中がオススメ。朝日が差し込むように設計されていて、赤を始めとしたカラフルな光が礼拝堂内のペルシャ絨毯を照らし、この世のものとは思えないほど美しい光景が広がります。

saeideh mさんの投稿写真

Dieter Dさんの投稿写真

rupanさんの投稿写真

このモスクの最大の魅力は、礼拝堂のステンドグラス! ステンドグラスを通過した太陽の光が絨毯敷きの床や柱に映し出され、思わず深い溜め息。。。 朝陽が差し込む10時前に行く事をおすすめします!hikarinekoさんの口コミ

シーラーズのバザール近辺にあるモスクです。東向きなので、早朝にいかないと美しいステンドグラスを見ることはできません。イランにはモスクはたくさんあっても、ここと同じようなタイプのモスクはないので、必見スポットです。朝8時くらいに行きましたが、人もそれほどおらず、じっくりと楽しむことができました。Nish29さんの口コミ

ペトラ・バイ・ナイト(ヨルダン)

ヨルダンの観光名所として有名なペトラ遺跡。月・水・木曜に限り、夜も入場することができます。キャンドルの明かりを頼りにエル・ハズネ宝物殿まで歩くと、遊牧民族・ベドウィン達の演奏する音楽が聞こえてきます。

AbdulDeJordaniaさんの投稿写真

K0lin0さんの投稿写真

paulwilkinsonさんの投稿写真

幻想的な灯火が2km先まで続いており、その2km地点には無数の灯火と共に昼間の姿とはまた違うエル・ハズネが堂々たる姿で迎えてくれた。早めに行くことで座れる場所の確保とチャイのサービスを受けられます!道中は灯火が足下を照らしてくれて、綺麗な星空と流れ星を見ることができました!yuichi1123さんの口コミ
赤く照らされたエルハズネを前に、幻想的な雰囲気の中で聴く音楽はとても贅沢だった。チャイのサービスもあって最高。konipanさんの口コミ

ゲートの入り口からシークを通ってエル・ハズネまで、真っ暗な中にキャンドルが置かれていて、幻想的な雰囲気です。エル・ハズネの前は先着順で座るため、絶対に早く行くべきです。遅く来た人は良い席がなく、遅くなればなるほど人ごみでいい写真も撮れません。
ナイトショーはベドウィンの伝統的な歌と楽器。砂漠のキャラバン商隊になって歓迎を受けている気分になります。ショーの最後はドラマチックな音楽とともに、エル・ハズネがライトアップされます。kimi493さんの口コミ

ペトラ バイ ナイト

バブル評価 5 段階中 3.5
27位:ペトラ / ワディムーサの観光スポット28件中

地獄の扉(トルクメニスタン)

1971年、地質学者によって発見された地下空洞には、豊富な天然ガスが眠っていました。しかし、調査中に落盤事故で大きな穴が開き、ガスが漏れ出す事態に。このままでは危険なため、やむなく点火し、燃焼させることでガスを消費させることに。そんな数奇な運命によって生まれた絶景は、40年以上経った今も燃え続けています。

Pier Giovanni Fさんの投稿写真

Dinnaahさんの投稿写真

Monica Bさんの投稿写真

憧れの地獄の門にいってきました!  何もない砂漠の中、突然ぽっかりとあいた穴。ガスが噴出しているのでそのガスが燃えているのですが、その風景はまさに”地獄の門”です。真っ暗な闇夜で見る地獄の門も幻想的で迫力がありましたが明け方に見た地獄の門も素晴らしかったです。shankoyomeiさんの口コミ

トルクメニスタンの中央部(ウズベキスタンとの国境近くのクフナ・ウルゲンチ、もしくは南部の首都アシガバートから5時間くらい)にある人工のガスクレーターです。日中はかなり近ずかないと見てもよくわからないのですが、夜間は遠くからでもクレーターの中から炎が燃え盛っているのが確認できます。神秘的な光景に魅せられて何時間でも観賞してしまうくらいです。Nish29さんの口コミ

元乃隅稲成神社(山口県長門市)

目の前に広がる日本海と、123基の赤い鳥居が延々と連なる風景が神秘的。アメリカのニュース専門放送局・CNNの「日本の最も美しい場所31選」にも選ばれた、国際的に知られる「赤い名所」です。鳥居のトンネルは全長100メートル以上。他にない個性的なスポットだけに、賽銭箱も意外なところに……。

tabigasuki08さんの投稿写真

megumi07さんの投稿写真

Masaki13さんの投稿写真

山口県民でもほとんど知らない、CNNが認めた絶景スポットがここです。 断崖の上にある朱塗りの鳥居と日本海の青い海のコントラストが外国人に人気の様です。 また日本で最も入れにくい賽銭箱が石でできた鳥居の上にあります。KazuNijmegenさんの口コミ
海外からの旅行者が着目の日本の人気スポットと逆輸入情報で訪問。長門市街からも30分程度車で走り小さな山越えを数回の後、目的地到着。非常に天気の良い日の夕刻についた為、素晴らしい夕陽も楽しめました。白狐由来のたくさんの鳥居を有し、海への連なりは壮観。また、鳥居の上部に賽銭箱が設けられ、日本一入りにくい賽銭箱とか。HIRO187さんの口コミ

半端なく神社の概念からはみ出している神社です。鳥居を登りきった奥にひっそりと通常の5分の1ほどの大きさの鈴と賽銭箱がありますがかなりの急勾配の階段を登った直後には見逃してしまいそうです。実際に素通りする方も多かったようすrakuda.1さんの口コミ

「赤い絶景」を堪能したいなら、訪れる時間帯も大切。心身ともにハッピーになれる〝赤〟い絶景に会いに、旅に出てみませんか?

 

この記事に関するタグ

話題の記事