絶景の日南海岸から神秘の高千穂峡まで、宮崎1泊2日観光モデルコース

年間の平均気温が17.5度と、穏やかな気候に恵まれた宮崎県。亜熱帯性の植物が茂り、色とりどりの花が咲く南国感あふれるエリアです。 ダイナミックな峡谷や陽光にきらめく海、神話が伝わるパワースポットなど、見どころのバリエーションは豊富。なかでも宮崎に行ったら絶対におさえておきたい高千穂と日南エリアをめぐる、1泊2日のモデルコースを紹介します。

この記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

宮崎空港

宮崎の空の玄関口は、宮崎ブーゲンビリア空港の愛称で知られる宮崎空港。愛称にあるブーゲンビリアをはじめ、一年を通して色とりどりの花に彩られたトロピカルな空港です。
宮崎空港までは、羽田空港から1時間40分~1時間45分、中部空港から1時間15分~1時間25分、伊丹空港から1時間5分~1時間10分ほど。
空港周辺にはいくつもレンタカー会社があります。予約をしておいたレンタカー会社のオフィスで手続きをして、いざ出発!

青島

初日はレンタカーで海岸沿いを南下します。窓の外に真っ青な海が広がる爽やかなシーサイドドライブ。ヤシの仲間、フェニックスを見ながら気分は完全に南国リゾート!
最初に目指すのは、宮崎空港から車で約15分の青島。周囲1.5㎞ほどの小さな島は、ビロウ樹など亜熱帯性植物が繁茂する華やかな雰囲気です。

投稿者:olafoomes

島は「鬼の洗濯岩」と呼ばれる凸凹の岩に囲まれています。これは2400万年~200万年前に堆積した海床が露出したもの。交互に重なった砂岩と泥岩の地層が波に浸食され、堅さの違いによってこんな不思議な形になりました。

投稿者:Annerose B C

島の中央には縁結びの社として知られる青島神社が鎮座します。祭神は神話「海幸彦・山幸彦」に出てくる彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)、豊玉姫命(とよたまひこのみこと)、塩筒大神(しおづつのおおかみ)の三神。鮮やかな緑に覆われた境内には厳かな空気がただよっています。
こちらは木々に守られるようにたたずむ元宮。小ぢんまりとしたファンタジックな雰囲気です。

投稿者:amichama

宮崎市にある青島は縁結びのパワースポットとしても知られる島で、その中心部には弥生時代に起源がある青島神社があります。青島の特徴は、隆起波食台と呼ばれる砂岩と泥岩がミルフィーユのように交互に重ね合わさった大地の上に貝殻が堆積してできた地形で、日本では珍しい地質的特徴があり、観光のみならず地質学的にも興味深い所です。azul_windさんの口コミ
島内には、ビロウジュを始めとして亜熱帯植物など200種類以上の珍しい植物が生息しています。見どころは島を取り囲む、のこぎりの歯のような奇妙な波状岩。巨大な洗濯板のように見えることから「鬼の洗濯岩」と呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。おやぢさんの口コミ

堀切峠

青島から車で15分ほど走った堀切峠は、日南海岸を代表するビュースポット。展望所に立つと、水平線まで広がる紺碧の海の美しさに感激するはず。周辺には宮崎県の県木、フェニックスが連なりトロピカルムード満点です。眼下には青島にもあった鬼の洗濯岩が延びています。

投稿者:裕幸 坂

堀切峠から南へ1㎞ほど行くと「道の駅フェニックス」があり、その前の展望所からも日南海岸らしい壮大な眺めを堪能できます。

宮崎市内から車でカーブが多い坂道を登っていくと、視界が開け眼下に太平洋が広がります。視界が開ける瞬間が気持ちいい。標高60mほどの展望台からは、雄大な太平洋と青島から続く鬼の洗濯板(波状岩)を見下ろすことができます。miyazaki love mmさんの口コミ
青島を抜けて日南方面に車を走らせると、堀切峠のカーブに差し掛かるところにビューポイントの駐車場があります。車を停めて海の方に歩くと広ーい太平洋が見えて、絶好の撮影場所。Kenjiroさんの口コミ

サンメッセ日南

堀切峠を過ぎて20分ほど行くと、海に面した高台にテーマパーク「サンメッセ日南」があります。芝生が広がる園内で目を引くのが、海をバックに立つ7体のモアイ。これは日本のモアイ修復チームがイースター島のモアイを修復したことに対し、島の長老会が感謝の意として世界で初めてモアイを復刻することを許可したことから造られたもの。福島県白河村の凝灰岩を使ったモアイは、高さが5.5m、重さは18~22トンもあります。

投稿者:Ruby

「サンメッセ日南」にはほかにもモダンアートのようなオブジェや昆虫標本の展示、温泉施設、レストランなどがあるので、のんびり散策してみるとよいでしょう。

投稿者:onomi

 
モアイ像で知られる日南市のサンメッセ日南ですが、モアイだけではなくアート作品がいくつか点在しています。天気も良かったので楽しめました。narutoさんの口コミ
 
一度は誰もが見てみたいモアイ像。イースター島まで行かなくても、日本で実物大のモアイ像が見られます。イースター島住民から許可されたのも素晴らしい。toroppeさんの口コミ

鵜戸神宮

「サンメッセ日南」を出たら南へ約12分、海に突き出した鵜戸崎岬へ向かいます。岬の先端にたたずむのは景勝地としても知られた鵜戸神宮(うどじんぐう)。日向灘の美景を楽しみながら石段の参道を進むと、朱塗りの門や橋が見えてきます。

投稿者:n_a-ikawa

御本殿は岬の突き当りにある洞窟の中に鎮座しています。薄暗い洞窟に鮮やかな朱色の本殿というインパクト。青島神社に祀られた豊玉姫命がここで出産したと伝わり、御子の日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)が祀られています。

投稿者:631kitl

子宝や安産、縁結びなどのご利益があり、本殿の裏では豊玉姫命が母乳代わりに残したというお乳岩からお乳水が滴ります。

投稿者:チョモランマ豆子

この神社ではちょっと変わった運試しをしてみましょう。粘土でできた運玉を投げ、海岸にある亀石のしめ縄の中に入れば願いがかなうとか!男性は左手で、女性は右手で投げてくださいね。

投稿者:のり君

せり出した岩の中にあるお宮で、お宮の裏も回れる。おちち水と運玉が有名な子宝関連の神様だが、病気平癒や満願成就の御利益もあり。神宮は海っぺりに建っており、周りには波に浸食された変わった形の岩がたくさんあって面白い景色が広がっている。アヤセさんの口コミ
鳥居のすぐそばにある駐車場から海沿いの参道を歩いていくと洞窟内に本殿があります。海沿いの景色も素晴らしいですし、洞窟内の本殿も神秘的で趣があります。崖の上から石を投げる運試しもあり、意外と難しいながらも楽しめます。しろくまもんさんの口コミ

魚料理 びびんや

ランチは油津港にある「魚料理 びびんや」へ。「びび」とは日南地方の言葉で魚を意味し、その名のとおりおいしい魚料理を味わえると評判です。油津漁にあがった新鮮な魚を使う料理はなんと100種類!自慢のマグロ料理をはじめ、旬の魚介を存分に味わえます。

マグロ料理と並んで人気なのが、七輪でカツオを炙って食べる「カツオ炙り重」。一本釣りカツオの水揚げ量が日本一の日南市の名物です。カツオはオリーブオイルをベースにカツオの酒盗と生ワサビで和えたものと、ゴマ油をベースにコチュジャンと味噌で和えたものという個性的な2種類を味わえます。

投稿者:nichinan-jikan

カツオ炙り重のセットにも入っている「魚うどん」は、青魚や白身魚のすり身を麺にしたこれまた日南市の郷土料理。うどんから出汁が染み出し、旨味たっぷり。

投稿者:nichinan-jikan

魚介料理、特にマグロ料理の種類が多いです。それ以外でも地元の郷土料理である魚うどんやチキン南蛮などもありました。セットや定食メニューも豊富、季節によってカツオの炙り重、伊勢海老などもあります。yama-traさんの口コミ
税込1100円のカツオ丼が有名です。6切れぐらい、タレにつけ込んだ分厚い身が乗っています。ただの丼と、出汁をかける丼の2種類あります。机の上に、甘口・辛口2種類の醤油もあり、味を変えながら食べました。takechiiiさんの口コミ

都井岬灯台

おいしい魚を満喫したら、約1時間のドライブで宮崎県最南端の都井岬まで行ってみましょう。日向灘と志布志湾に挟まれた岬の先端には、高さ15mの都井岬灯台(といみさきとうだい)が立っています。

投稿者:Evagundam

九州では唯一、参観できる灯台として知られ、塔に上ると水平線まで広がる美しい海を望めます。敷地内には灯台資料展示室があり、都井岬灯台の歴史はもちろん、各地の灯台についての展示が。
都井岬には日本の在来馬のひとつ御崎馬が放牧されており、緑の草原でのんびり草を食む馬に癒されます。

投稿者:オガサハラケイ

都井岬灯台は、日本の灯台50選の一つです。そして、九州で唯一の参観可能な灯台です。灯台から眺める景色は、素晴らしいの一言です。海の青さ、緑の美しい岬や島々の美しさは絶品です。沖を航行する船舶を見ていても飽きません。白い灯台と空の青さのコントラスも見事です。Evagundamさんの口コミ
展望は、全国にある見学ができる灯台の中でも3本の指に入る。駐車場から灯台の展望所まで、時間があまりかからないのも良い。運がよければ種子島は勿論、年に数回程度、屋久島も見えるそうだ。ojzさんが口コミ

道の駅なんごう

宮崎県の最南端からは来た道を戻ります。途中、都井岬から車で40分ほどのところにある「道の駅なんごう」へ寄り道。日南海岸国定公園のちょうど真ん中にある道の駅は、高台から日南海中公園の海と島を望む美景スポットでもあります。

管理者提供の写真

ショップには日向夏やデコポンなどのフルーツをはじめ特産品がそろい、お土産探しにぴったり。なかでも日南市の名産、マンゴーを使ったお菓子がおすすめです。夏は濃厚な食感の完熟マンゴーが人気。シーズン中は道の駅の名称が「道の駅マンゴー」になるほどイチオシのお土産です。

レストランではマンゴーパフェやマンゴーパンケーキなどマンゴーを使ったスイーツが充実しています。甘酸っぱい香りが漂うマンゴーソフトもおすすめ!

投稿者:かなゆりり

レンタカーで都井岬、日南から宮崎市内に戻る途中で休憩のため立ち寄った。道の駅の建物から道路を渡って海側の、展望台から見える太平洋の景色が素晴らしく、気分が爽快になる。店内には地元のお土産などがたくさん並んでいて、ここで買いそろえることができた。出発前に食べたマンゴーソフトが特に美味しく、おすすめ。七兵衛さんさんが口コミ
ここから観る空の青と海の青さが素晴らしい!道の駅手前の道路に段差があるので、スピードは落とした方が良いです。都井岬と幸島のセットで観光をオススメします(^^)Yasu Sanaさんの口コミ

地鶏専門店 粋仙

「道の駅なんごう」を出たら、宮崎市内まで約1時間15分。ホテルにチェックインし、ひと休みしたらディナータイムです。宮崎市内には地元グルメを味わえる食事処がたくさんありますが、今回選んだのは「地鶏専門店 粋仙」。宮崎駅から徒歩約5分の地元でも人気の居酒屋です。

店名にあるとおり、宮崎の地鶏「みやざき地頭鶏」を使った料理が充実。噛めば噛むほど旨味が増すブランド鶏は、もも焼きやチキン南蛮などの郷土料理で味わえます。新鮮な地鶏の刺身は、砂肝、えんがわ、心臓、ささみ、レバー炙りの5点盛りで!

管理者提供の写真

もも焼きは備長炭で焼き上げた香りがポイント。もも肉のほかに、ハラミや希少部位のフリソデの炭火焼も好評です。地鶏以外には、ふっくらジューシーな揚げ天も宮崎の名物料理。棚にはずらりと焼酎のボトルが並び、宮崎焼酎や地ビールなどが150種類以上そろうとか。店員さんに好みを伝えるとおすすめを教えてくれますよ。
シメはさらりといただける冷汁が定番。飲みすぎた胃腸に染み渡る爽やかな旨味、素晴らしい♪

投稿者:華ちゃん

知人に宮崎地鶏のオススメを聞いて、平日の夜に行きました。お店は、開放感があり「みやざき地頭鶏(じとっこ)もも焼き」は、こりこりしていて、また、炭火が素材を最大限に引き出していて、美味しかったです。チキン南蛮も柔らかくてオススメです。JALJTAusers20001900さんの口コミ
友人のおすすめでコース料理を堪能。チキン南蛮もたれが甘くて私好み。最後のマンゴーデザート、ほんとにおいしかった~。na0b00さんの口コミ

国見ヶ丘

2日目は宮崎市内から北上して、神話に登場するスピリチュアルなスポットが集まる高千穂エリアへ向かいます。高千穂までは車で2時間以上かかるので、朝食はささっとすませ7時過ぎには出発です。

最初に訪れるのは標高513mの国見ヶ丘。展望所からは緑鮮やかな高千穂盆地や阿蘇外輪山、阿蘇五岳など連なる山々を一望できます。

投稿者:Sayaka M

秋から初冬にかけては、早朝に雲海が見られることも。快晴で風がない、冷え込んだ朝が狙い目。神武天皇の孫にあたる建盤龍命(たていわたつのみこと)が九州統治の際に国見をしたという伝説にも納得の、神秘的な光景が広がります。

投稿者:torik r

朝食後、高千穂の宿の主人から8:30頃までであれば雲海を見ることができますよの一言で、さっさとチェックアウトし、車で国見ヶ丘へ。約15分で到着。太陽が既に昇っているため、高千穂方面は逆光でしたが、綺麗な雲海を眼下に見ることができました。山頂の駐車場は広く、トイレもあります。ノリ0908さんが口コミ
国見ヶ丘の碑を過ぎて尾根の先端に立つと遠くに阿蘇五岳の雄大な景色を見ることができた。90度右を向くと高千穂峡の橋を見下ろすことになり、この場所から見る雲海のスケールの大きさが想像され、抜群の眺めとなった。okiraku2013さんが口コミ

高千穂峡

国見ヶ丘で絶景を堪能した後は、今回の旅のハイライトとなる高千穂峡へ。国見ヶ丘からは車で10分ほどで到着です。五ヶ瀬川を挟むように切り立つ断崖は、かつて阿蘇山の噴火により流れ出た火砕流が冷え固まり、浸食されて生まれたもの。高さ80~100mの断崖が約7㎞にわたって続きます。

投稿者:888まさまさ

高千穂渓谷では手漕ぎボートを貸し出していて、ダイナミックな断崖を間近に見ることができます。水面を漂いながら木々に覆われた渓谷を見上げる極上の時間。

約17mの高さから流れ落ちる「真名井の滝」は、周りに水しぶきが舞い身も心も清められるよう。美景の中に溶け込む贅沢な体験です。
この滝は天孫降臨の際に、天村雲命(あめのむらくものみこと)が水種を移した「天真名井」が水源と伝わっています。

投稿者:エムナイン

ボートからの絶景を楽しんだら、約1㎞の遊歩道をのんびり散策。観光案内所があるので地図をもらっておくとよいでしょう。

滝見台から望む真名井の滝のほか、神話にまつわるスポットや貴重な地質スポットを見ながら歩きます。石造りの「神橋」、鉄鋼製の「高千穂大橋」、コンクリート製の「神都高千穂大橋」という高千穂三段橋を一度に見られる、橋好き垂涎の景観も!

投稿者:冬彦香山

宮崎といえば高千穂峡といっても過言ではない美しい自然の造形美でした。滞在時間は2時間あれば十分だと思いますが、ボートを楽しみたい人はできるだけ早い時間帯に行った方がいいです。平日でも観光客が多かったです。SargThompsonさんが口コミ
高千穂に行ったら、是非行きたいと思っていたスポット。美しい情景に感動しました。12万年前の火山噴火の溶岩でできたものとタクシーの方に伺いました。本当に神秘的で、癒されました。Chihoさんが口コミ

高千穂神社

高千穂峡の次は、車で約5分の高千穂神社を訪れます。約1900年前の創建という由緒ある神社は、高千穂八十八社の総社。農業、厄払い、縁結びの神様を祀っています。
1778年に再建された本殿は、正面に5つの柱間を備えた五間社流造りが特徴。所蔵品の鉄造狛犬一対とともに、国の重要文化財に指定されています。

投稿者:LondonTell

境内には2本の杉の幹がつながった「夫婦杉」が立っています。大切な人と手をつないで夫婦杉の周りを3回まわると、縁結び、家内安全、子孫繁栄の願いがかなうとか。夫婦や恋人はもちろん、友達どうしで回る人も多いとか。

投稿者:埼玉温泉人

高千穂で一番有名な神社であり、参拝客が多く訪れますが、平日の午前中は参拝客も少ないため、ゆっくりと境内をまわることができます。非常に大きな御神木も多く、見応えがあると思います。Kazさんの口コミ
高千穂に旅行に行った際に、たまたま「夜神楽」というものがあると聞き観に行きました。観る価値あり‼神々の伝説を目で見ることができるのは、文字で読むよりも分かりやすく、何よりも伝統を体験でき、とても良いと思いました。Chihoさんが口コミ

高千穂レストラン和

高千穂エリアにはいくつもの食事処が集まっていますが、今回は「高千穂がまだせ市場」にある「高千穂牛レストラン和」をチョイス。JA高千穂地区の直営レストランの名物は、名称にもあるとおり高千穂牛。祖母連山の湧き水とミネラル豊富な草で育てられた黒毛和牛です。

軟らかく甘味のある肉は、第9回全国和牛能力共進会でグランプリとなる内閣総理大臣賞を受賞しています。芳醇な肉の旨味をステーキや焼き肉で堪能!

投稿者:khimiko

投稿者:Mauro P

「高千穂がまだせ市場」には、高千穂牛の直売所が併設されているほか、特産品や農産物も買えるので、お土産探しによさそうです。

宮崎の中でも高千穂牛は特に美味しいと思います。ランチは2000円以上しますが、お値段以上の感動を味わうことができます。また、お肉を買うこともできますので、是非オススメしたいお店です。no-hop-no-lifeさんの口コミ
品評会で日本一になった高千穂牛を、超お得に食べられます。焼肉、ハンバーグ、鉄板焼き、すべて試しましたが、どれも美味しかったです。お肉はもちろんですが、ドリンクも安くておすすめです。ソフトドリンクの「白ブドウ」「日向夏」は安くておいしいですよ。Footprints805042さんの口コミ

天岩戸神社

高千穂のスピリチュアルスポットめぐりはまだまだ続きます。ランチの後は車で15分ほど北上し、天照大神(あまてらすおおのかみ)を祭神とする天岩戸神社へ。社殿は岩戸川を挟んで東本宮と西本宮の2ヵ所にあります。西本宮の御神体は『古事記』や『日本書紀』に書かれた天岩戸伝説で、天照大神が隠れたと伝わる天岩戸。威厳も備わる西本宮にお参りします。

投稿者:たびネコ

御神体の天岩戸は、西本宮から渓谷を挟んだ対岸の壁にあります。西本宮拝殿の裏には天岩戸が見られる遥拝所があり、1日に十数回、神職の案内で参拝させていただけます。

天岩戸を見るためには案内ツアーに参加する必要があります。お祓いを受けた後、天岩戸が見える場所(撮影禁止)に案内されます。木が生い茂り、どこが天岩戸かよくわかりませんが、人が立ち入れず整備されていないところが、むしろ古代のロマンを感じさせます。本殿横の能楽堂の荘厳さも必見です。TSUBUさんの口コミ
天照がお隠れになったという天岩戸を祀る神社。神話の世界になんだか厳かな気分になりました。普通の参拝だけでは御神体の天岩戸を拝見できないのですが、約30分毎に神職の方による案内があり、拝殿の裏側に入ることができます。そこからは渓谷の対岸にある天岩戸を拝めます。Angelさんの口コミ

天安河原

次は天岩戸神社の西本宮から、天安河原(あまのやすかわら)という洞窟まで10分ほど歩きます。緑豊かな遊歩道は気持ちのよい散策ルート。石造りの太鼓橋もありよい雰囲気です。

投稿者:rupan

天安河原は天照大神が天岩戸に隠れた際、八百万の神が集まって神議したと伝わる聖地。別名、仰慕窟(ぎょうぼがいわや)と呼ばれる間口40m、奥行き30mの洞窟に社が造られています。社殿は参拝客が積んだ小石に囲まれ、薄暗い洞窟は厳かな空気に満ちています。

投稿者:長秀 吉

恐らく以前の天岩戸はこんな形だったのではないか?と思わせる場所です。そして目を見張るのは石積の数です。自分が新しく積む場所なんてほぼないに等しいほどひしめきあっています。これぞ高千穂を感じられ、神話の神様について考えさせられる場所です。ちばまさこさんの口コミ
天岩戸神社に参拝後、奥の方へ進んで行くと、川に向かって降りる道が出てきます。そして川沿いまで降り、橋を渡ってしばらく歩くと、いきなり空気感が変わり冷気が押し寄せてきます。その方向を見てみれば、その光景に驚くこと間違いないでしょう。是非、お勧めしたい場所の一つです。Kazさんの口コミ

日向岬 馬ヶ瀬

高千穂エリアの観光は天安河原で終え、東海岸の日向方面へと車を走らせます。1時間15分ほど走ると、紺碧の日向灘を望む日向岬に到着。ダイナミックな断崖絶壁が続く海岸線は、火山の噴火で噴出した溶岩が急に冷えてできた柱状節理が圧巻。なかでも馬ヶ背と呼ばれる高さ70mの断崖は、その迫力に圧倒されます。

投稿者:都市伝説さん

遊歩道は岬の先端へと続き、海と空が溶け合う絶景が目の前に!自然の雄大さを実感できるスポットです。

投稿者:doobiewow

車でいきましたが、駐車場から8〜10分程度歩きます。道は舗装されていますが、少し歩きにくいのでスニーカーをおすすめします。晴れていたので綺麗な景色を堪能できました!myanchu85さんの口コミ
宮崎県の中ではここが一番の絶景スポットだと思います。まるで海外にでも来たかのようなダイナミックで独特の海岸線で、世界自然遺産と言っても良いと思います。youeatitさんの口コミ

願いが叶うクルスの海

馬ヶ瀬の近くには、訪れると願いがかなう、その名も「願いが叶うクルスの海」というスポットがあります。展望台に立つと、眼下には「クルス」の名称が表す通り十字の形の海。これは巨大な岩礁が波の浸食により東西200m、南北220mにわたって裂けたものです。
隣の岩場と組み合わせると漢字の「叶」にも見えることから、願いがかなうと言われるようになったそう。

投稿者:hifu2014

展望台には言い伝えの象徴として「願いが叶うクルスの鐘」が設置されています。不思議な形状は、人間がいたわりあい思いあう姿を表現しています。

管理者提供の写真

宮崎から高千穂に向かう時にちょっと寄り道。確かに十字架に見えます。解説看板を見たら「叶う」と見える理由もあり納得。高台の展望台から見える太平洋そのものも絶景です。pingsong726さんの口コミ
日向市にはいくつも不思議な風景があるなと思いました。さすが神話の国、宮崎ですね。綺麗な海に十字が現れ不思議な風景ですね。叶うの口の部分は少しわかりにくいですが絶景です。hifu2014さんが口コミ

おぐら本店

帰りの飛行機の時間まで、まだ少し余裕があるので最後まで宮崎を満喫しましょう。宮崎市内にある洋食レストラン「おぐら本店」で夕食をいただきます。この店はチキン南蛮+タルタルソースという黄金の組み合わせを生みだした名店。サクッと揚がった鶏の胸肉に、甘酢がきいたタルタルソースをたっぷり。これは、やみつきの旨さ!

投稿者:あき坊

秘伝のデミグラスソースを味わいたい人には、チキン南蛮とハンバーグのハーフサイズを合わせたビジネスセットがおすすめ。ボリュームもたっぷり。

投稿者:ちょこぼーる

チキン南蛮発祥の地らしいです。ハンバーグも付いているビジネスセットをいただきました。南蛮も柔らかくて美味しいし、ハンバーグもジューシーでこちらも非常に美味しくいただきました。piburuさんの口コミ
橘通りから少し奥に入ったところにお店があります。少しわかりにくいですが、列ができてるのですぐわかります。回転は早いので思ったより早く食べれるかな。肝心の味は、タルタルソースがとても美味しかったです。AkiraI1986さんの口コミ

宮崎のソウルフードを満喫したら、レンタカーを返却して宮崎空港へ向かいます。宮崎空港にもレストランやカフェがあるので、時間がないときは宮崎空港で夕食というのも選択肢のひとつ。買い忘れたお土産は、空港のショップをチェックしましょう。

宮崎を全力で楽しむ1泊2日のモデルコースはいかがでしたか?絶景あり、パワースポットあり、グルメありの宮崎は誰もが楽しめる旅先です。次の旅行は宮崎旅で決まり!

この記事に関するタグ

話題の記事