もうすぐ見納めかもしれない小矢部のメルヘン建築6選

富山県小矢部市では、小中学校などの公共施設に、国内外の有名建築を模した「メルヘン建築」を採用してきました。その数、実に35棟。美しい建築物ばかりですが、老朽化や少子化により維持や再利用が難しくなったという事情から、2018年から徐々に取り壊してゆくことになったようです。まだ見られる今のうちに、ぜひ足を運んでみてください。

この記事で紹介している施設以外のメルヘン建築も、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

武道館(小矢部市泉町)

1階に柔道場、2階に剣道場、3階に弓道場が入ったスポーツ施設。外観は慶応義塾大学の三田図書館をモデルとし、建物正面に東大工学部のポーチを取り入れています。内部は海峡を横断する長大橋のピアノ線工法で建築されており、天井が高い造り。スポーツ教室や大会などの開催場所としても利用されています。

投稿者:トルネコ

小矢部市には、メルヘン建築と呼ばれる、公共の建物が35棟あります。武道館 (脩道館)もそのうちの一つです。外観は慶応大学三田図書館、正面に東大工学部のポーチ、内部は長大橋のピアノ線工法を取り入れ、ワンフロアーとなっています。Voyage807924さんの口コミ

武道館は慶應義塾大学の図書館をモデルにしています。あいの風とやま鉄道の石動駅から歩いて20分くらい。武道館なので駐車場は広く、車なら簡単にアクセスできます。眺めるだけですが、時間があればどうぞ。xanctumさんの口コミ

小矢部市の武道館は慶應義塾大学の図書館をデザインしたメルヘン建築です。
慶應ボーイの私は見た瞬間に慶應義塾大学の旧図書館(現三田情報センター)であることがわかりました。takashi714さんの口コミ

小矢部市 サイクリングターミナル(小矢部市浅地)

東京駅をモデルにしたルネッサンス様式の外観が特長です。名称から自転車旅の休憩所と思われがちですが、実は公共の宿泊施設。スポーツ合宿などにもよく利用されますが、一般客の宿泊も可能です。外観はメルヘンチックですが、内観はいたってノーマルというギャップも旅の思い出になるかも!? ちなみに客室は和室、洋室から選べます。

投稿者:jnr_485

自転車をレンタルして楽しむなら、やはり、加越線跡サイクリングロードしか見当たらず、石動周辺(ロードから外れるがクロスランド小矢部)から津沢、福野、井波、庄川温泉など。足に自信のある方は、福光、城端、砺波までも可能な距離です。富山県の南砺地方の古い町並みの散策にはおもしろいかもしれません。jnr_485さんの口コミ

車がないと現在は行けない不便な場所ですが小矢部インターのすぐ近くで富山県西部の砺波チューリップフェアー、城端麦屋祭りはもちろん金沢市内観光にもとなりのインターチェンジなのでとても便利です。takashi714さんの口コミ

東京駅をモデルにして作られた小矢部名物の「メルヘン建築」の一つですが、宿泊施設になっていて、誰でも泊まることができます。部屋からは眺めもよいし、2食付きでも6,500円くらいとリーズナブルで、実は利用価値が高いです。周囲は運動場になっています。xanctumさんの口コミ

北蟹谷保育所(小矢部市末友)

東京工科大学(現・東京工業大学)をモデルに、建物中央部は長崎の大浦天主堂を模しています。保育園として利用されてきましたが、2020年に新設されるこども園に統合されることが決定。役割を終えれば、解体されてしまうかもしれません。現役の保育園として活用されているため見学は外観のみですが、早めに足を運んでおきましょう。

投稿者:トルネコ

小矢部インターからすぐの国道の末友交差点に「北蟹谷保育所」と「北蟹谷公民館」があり一か所で2つのメルヘン建築が楽しめます。
また駐在所の裏にあるので駐在さんがお昼休みにもかかわらず場所を親切に案内してくれました。takashi714さんの口コミ

小矢部市には、西洋風の有名な建物を真似て建築した、メルヘン建築と呼ばれる公共の建築物が35棟あります。そのうちの1つが北蟹谷(かんだ)保育所です。
東京工科大学(現東大工学部)がモデルで、中央部分は長崎大浦天主堂だそうです。Voyage807924さんの口コミ

大谷中学校(小矢部市金屋本江)

小矢部市内にあるメルヘン建築の中でも、代表格とされる建築がこちら。本体の塔屋は東大・安田講堂、正面は東大・教養学部、塔の先端はオックスフォード大学の学生寮をモデルにしています。また、大阪中之島の中央公会堂の外観に国立劇場の内観を取り入れた体育館や、フィレンツェの大聖堂を模したクラブハウスもみどころです。

投稿者:トルネコ

公立の中学校です。小矢部市の田んぼのど真ん中にどんと立っています。数ある小矢部市のメルヘン建築の内の一つ。本体の塔屋が東大安田講堂、正面が東大教養学部、その他、迎賓館、オックスフォード大学学生寮、国立劇場、大阪の中之島中央公会堂。など。munechanさんの口コミ

本体の塔屋は東大安田講堂、正面は東大教養学部、高さ47mの塔の先端はオックスフォード大学の学生寮、体育館は大阪中之島の中央公会堂、内部は国立劇場、クラブハウスのドームは、フィレンツェの大聖堂だそうです。Voyage807924さんの口コミ

蟹谷小学校(小矢部市平桜岡山)

校舎と時計台に東大・教養学部を模した美しい建物です。一橋大学・兼松講堂をモデルにした体育館もみどころです。正門は、学習院女子短大の門がモデル。写真を撮るなら、閉門された状態をぜひ押さえて。

投稿者:トルネコ

北陸自動車道、上り線を走っていると小矢部ICを過ぎた左手に見えてきます。校舎と時計台は東大の教養学部、体育館は一ツ橋大学の講堂に似せて作ってあります。munechanさんの口コミ

は東大教養学部を模して造られ、体育館は一橋大学の講堂がモデルだとか。
周辺には東京駅を模したサイクリングターミナルなどメルヘン建築が多いので、好きな方はめぐってみてはどうかと思います。xanctumさんの口コミ

蟹谷中学校(小矢部市藤森)

田園風景の中に突如現れるメルヘン建築。オックスフォード大学をモデルにした高さ42mの尖塔をはじめ、ベルサイユ宮殿と迎賓館を模した校舎がなかなかに立派です。横に長い校舎には、125mの廊下が通り、体力づくりの場として利用されているのだそう。観光施設ではありませんが、週末にはライトアップも行われます。

投稿者:トルネコ

投稿者:トルネコ

北陸自動車道、上り線を走っていると左手小矢部ICのちょっと前位にオックスフォード大学、ベルサイユ宮殿、迎賓館に似せた建物が見えてきます。あくまでも公立中学校です。観光施設ではありません。munechanさんの口コミ

いろいろ意見はありがすが、すごく立派な建物です。中央の尖塔はオックスフォード大学(高さ42m)、校舎中央はベルサイユ宮殿、校舎の左右は迎賓館をモデルに建築されたそうです。Voyage807924さんの口コミ

小矢部市内に立つ35のメルヘン建築は、1976~86年に在任した松本正雄市長の時代に、町おこしの一環として建てられたもの。有名建築を部分的にコピーして組み合わせる、というアイデアが面白いですね。メルヘン建築の実物だけを見ても十分見ごたえがありますが、事前に元ネタの写真を用意して見比べてみるのもおすすめですよ!

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事