本当は魅力たっぷりの茨城・大洗を巡る一日観光プラン

茨城県は、ブランド総合研究所が発表する「47都道府県の魅力度ランキング」にて5年連続で全国ワーストを記録……ですが、首都圏から電車で約1時間という好アクセスなこの地は、ランク最下位とは思えないほど観光スポットが盛りだくさんなのです。

そのなかでも海水浴場やあんこう鍋で有名な港町『大洗』に注目。一年中楽しめる観光スポットを巡る「まるまる1日大洗ツアー」をご紹介します!

大洗海鮮市場(茨城県東茨城郡大洗町)

旅のはじまりに、まずは朝食。大洗漁港のすぐ目の前にある観光市場で、新鮮な海鮮料理を堪能してよう。

大洗沖や鹿島灘の沖合で水揚げされたばかりの新鮮な地魚や貝類が並ぶ市場では、6種類の具材がのった豪華海鮮丼などが味わえる食事処「海鮮どんぶり亭」や、ハマグリやホタテ、エビなどを浜焼きするコーナーを併設。朝から贅沢な食事を楽しむことができると、週末には遠方からも訪れる人が多い、人気の観光市場です。

kazuhi-wさんの投稿写真

sato0107hsさんの投稿写真

mo mさんの投稿写真

大通りに面しているのでわかりやすいです。平日だったので駐車場もあいていてスムーズに入ることができましたが、休日は大変かも。市場には、いろいろな種類の魚介類が売られていますし、浜焼きをしていたりで楽しく遊んできました。りっけ720さんの口コミ
新鮮な魚介類のお土産が買えます。お値段もお得でおすすめ。外には屋台的なものがあり、その場でも食べられます。シーズンを合わせればアンコウ汁などの郷土料理もあり、小腹を満たすにはここで充分です。tothezionさんの口コミ
大通りに面した市場、駐車場はあまり広くないので埋まっていることが多いです。 市場の中は大洗らしく海の幸を中心に商品が並んでいます。店頭では浜焼きをしていたり、レストランも併設されているのでゆっくりと楽しめるよい施設でした。kazuhi-wさんですさんの口コミ

めんたいパーク(茨城県東茨城郡大洗町)

朝食のあとは、休憩がてらに周辺散策へ。

市場のすぐ近くには、明太子の老舗メーカー『かねふく』の直営工場と作りたての明太子が楽しめる直売店を併設した、明太子のテーマパークが隣接。直売店にはフードコーナーもあり、名物のひとつ「明太子ソフトクリーム」が食べられます。一度食べたらクセになる甘じょっぱい味わいを、ぜひ一度試してみて。

にいやんさんの投稿写真

phophochangさんの投稿写真

MinnieChanPaPaさんの投稿写真

明太をつかったいろいろなものが売ってたり 食べたりできます 明太子ソフトクリームなんてのもありました。KEN Gさんの口コミ
大洗の港のすぐそばにありました。連休中に行ったので、すごく混んでいました。それでも、明太子の工場見学が出来、試食や買い物と楽しめるので良かったです。明太子入りのおにぎりやソフトクリームが食べられるフードコートもありました。そーみんちゃんぷるーさんの口コミ
大洗に来たら、必ず立ち寄りますね。 なんてたって、明太子の試食ができるんですから。 やっぱり美味いですね。 工場見学もあり、楽しめます。MinnieChanPaPさんの口コミ

大洗磯前(おおあらいいそさき)神社(茨城県東茨城郡大洗町)

甘いもので休憩したあとは、地元の名所へも足を運んでみよう。

地元で「大洗さま」と呼ばれパワースポットとしても有名な神社を散策。こちらは古くから家内安全、海上交通の守り神として信仰されてきました。神社前の岬の岩礁に、御祭神・大己貴命(おおなむちのみこと)と、少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀った白い石の鳥居「神磯の鳥居」が鎮座。江戸初期の建築様式そのままの本殿は、茨城県指定の文化財となっているなど、由緒ある名所も大洗にはあるのです。

negisunさんの投稿写真

papaiya2015さんの投稿写真

コナパッチョさんの投稿写真

交通の面では、車で行くのがいいと思いますすぐ近くに駐車場もありしかも無料です!Takehito Nさんの口コミ
大きな鳥居から坂道を上るか、もう一つの大きな鳥居の下から階段を上がるか、それほど大変ではありませんが、小高い山にあるので、海岸とは少し違って荘厳な雰囲気があります。FrenchTomatoさんの口コミ
波打ちつける岩場の鳥居が有名な神社です。アクセスは町内循環バス「海遊号」を利用しました。先ずは岩場の鳥居を見て、その後石段を登り参拝しました。鳥居と石段が非常に美しい神社です。また、境内には駆逐艦那珂の忠魂碑もあります。創建は856年ということですので、ちょうどシャルル2世の治世の頃になります。infra-redさんの口コミ

アクアワールド茨城県大洗水族館(茨城県東茨城郡大洗町)

地元の名所散策のあとは、日本でも屈指の規模を誇る水族館で、水中散策にも出かけてみよう。

こちらは、日本一の飼育数を誇る50種以上約400尾のサメや、日本最大級の専用水槽で泳ぐ全長3mのマンボウなど、熱帯系から寒帯系まで、約580種68,800点の世界中の海の生き物に出会える大型水族館。なかでも入ってすぐ展示されている「出会いの海の大水槽」では、サメやエイをはじめ、数千匹のイワシなど、20,000匹の魚がお出迎え。キラキラ光り輝くイワシの大群の美しさは必見です。

さすらいのとんしゅけさんの投稿写真

また1日4回開催されるイルカ・アシカショーも大人気。太平洋をバックに演技する生き物たちのダイナミック&コミカルなパフォーマンスは注目です。

mo mさんの投稿写真

MARIE Tさんの投稿写真

入場料が安くない(大人:1,850円、小中学生:930円)ので、ホームページにある各種割引、最低でも前売り券(大人:1,670円、小中学生:830円)を利用すべきです。入場料金の支払いにはクレジットカードが使えます。駐車場は約750台。でも夏休み等、かなり混みます。totoro03さんの口コミ
ご存知の方は多いと思いますが、この水族館のアシカは泳ぐオキゴンドウ上に乗ってくれます。また、調教師の方は、お客さんを喜ばすポイントを良くご存知の様でイルカのショーは一見の価値はあると思います。Wolpertinger16さんの口コミ
アクセスは町内循環バス「海遊号」を利用しました。休日でしたので、かなり人出が多い状況でしたが、イルカ・アシカショーや水母、カピバラ、マンボウなどいろいろな生き物を見ることができました。中でも鮫の水槽は迫力があり、非常に楽しめました。infra-redのクズさんの口コミ

ちゅう心(茨城県東茨城郡大洗町)

旅の後半は、品のある店でちょっとリッチなディナーはいかが。

老舗の活魚店「魚忠」の裏に店を構えるこちらの店では、大洗や那珂湊漁港で仕入れた鮮魚を使ったお造りや、名物のあんこう鍋などを提供。活魚店直営ということもあり、自慢の刺身に地元茨城の常陸牛もついた「お造り御膳(1,680円)」をはじめ、豪華な料理の数々がリーズナブルに味わえるのも人気の秘訣。カウンターのほか、個室もあるので家族でも利用できます。

tory-satoさんの投稿写真

佐藤均さんの投稿写真

茨城KHさんの投稿写真

メニューにはいろいろな料理がのっていたが、あんこう鍋を食べに行ったので、まずあんこう鍋、それと岩ガキ、牡蠣フライ、ウニを注文。どれもとても美味しかった。
あんこうのプリプリ食感と弾力がすごかった。ishiroBさんの口コミ
海鮮丼は、貝類まで新鮮でおいしく、ネタも大きめで男性でも十分な量、常陸牛の入った定食にも刺身の盛り合わせが含まれていて、量も質もすばらしいものでした。BlackJackal2013さんの口コミ
東京で食べると、値段は多分倍以上。何より食材の新鮮さが違います。最高レベル。Minamikuさんの口コミ

大洗マリンタワー(茨城県東茨城郡大洗町)

旅の締めくくりは、太平洋に沈む美しい夕景を眺めて、思い出に浸ってみるのもおすすめ。

町のシンボルにもなっているこちらの最上階にある展望室からは、360度の大パノラマで広がる太平洋が一望できます。天気がよければ富士山の姿を拝めることもできるとか。とくに夕暮れ時は、水平線に沈む夕陽が時間を忘れるほどロマンチックで美しいと評判でカップルにも人気のスポットなんです。

大洗ならでは絶景は、旅のしめくくりにふさわしい体験になること間違いなしです。

keikyou iさんの投稿写真

投稿者:ヨネ

晴れた日には綺麗な海や星空を眺める事が出来ますよ。Mega 1さんの口コミ
最上階に上がるのには300円かかりますがその下の喫茶店までは無料です。お土産品も多くはないですが売られています。りっけ720さんの口コミ
展望室は開放感があり、雄大な太平洋、大洗の街並みや筑波山など360度見渡せることが出来ました。mii12さんの口コミ

いかがでしたか? ここ数年は、人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の街としても人気ですが、アニメファン以外にも、絶景が楽しめるスポットにアクティビティやグルメなど、1日まるっと遊べるプランがこんなにも充実!一度は訪れて、大洗の魅力を改めて発見してみませんか?

この記事に関するタグ

話題の記事