次の京都旅のお楽しみ。珠玉の厚焼き系たまごサンドはどこで食べる?

皆さん、たまごサンドの具ときいて、どんな形状を思い浮かべますか?関東ではゆでたまごをつぶしてマヨネーズなどと和えたものというイメージが強いですが、関西、とくに京都ではオムレツ風であり半熟スクランブルエッグを固めたものでもあり、関西のだし巻きのような…とにかく厚めにたまごを焼いたものが主流。数年前には関東でこのタイプのたまごサンドが話題になったりもしましたよね。元よりサンドイッチは喫茶店の軽食メニューの定番ですが、喫茶店文化の息づく京都にはおいしいたまごサンドを軽食として出す名店がいっぱいあります。今回は地元の人も通う、厚焼き系たまごサンドが人気の6店をご紹介します。

喫茶 la madrague(マドラグ)

まずは厚焼き系たまごサンドが注目されるきっかけになったともいえる、喫茶マドラグ。厚焼き系たまごサンド界での知名度はナンバーワンでは?烏丸御池の京都マンガ博物館から一本入った静かな通りにある喫茶店です。2011年に開業し、それほど古いわけではありませんが、佇まいは完全に昭和の純喫茶です。それもそのはず、この場所で50年以上営業していた喫茶セブンを引き継いで営業しており、看板はセブン時代のまま、内装もほとんど手を加えずに往年の雰囲気を残しています。

投稿者:MokeyMok

ここで提供している「コロナの玉子サンドイッチ」の持ち味は、何と言ってもその厚み。1人前でたまご4個に牛乳と昆布だしを加えて作ったたまご焼きが同じくらいの厚みのある食パンに挟まっています。かなりのボリュームですが、たまごもパンもふわふわでぽわーんとした食感。重さやしつこさは感じられません。パンの片面にマヨネーズソース、もう片面にデミグラスソースが塗られています。ここのたまごサンドはとにかくしっとりジューシーなのですが、これはマドラグ店主の2回蒸らしのオリジナルテクによるもの。たまごを焼くときとパンに挟んだときと2回蒸らすことでしっとりし、パンと具が一体化してやわらかい風味が出るんだとか。

投稿者:Masaki13

さて、なぜ「コロナの」サンドイッチなのでしょうか?このたまごサンドのレシピは、かつて木屋町にあった人気洋食店コロナのもの。その後惜しまれつつ閉店した同店のレシピを受け継いだのがマドラグの店主なんです。喫茶セブンとコロナ、京都名物の味を伝承し、合体して生まれたのがマドラグなんですね。

京都に行ったら一度は訪れたい、ボリューム感満載の玉子サンドイッチが胃袋を満たしてくれます。店内は昭和レトロな純喫茶の雰囲気です。11:30の開店時間は事前予約が可能、他の時間は当日予約が必要。特に週末は2-3時間前には予約が必要なので予約してから近隣を散策するのがベスト。Masao Yさんの口コミ
甘さ控えめの熱々でふるふるの出汁巻き玉子。パンに挟んだまま口に運ぶのが難しい。イメージままの関西的な玉子サンド。出汁巻き玉子の存在感が半端ではない。実物を目にして思わず笑ってしまった。自分の中での一般的な玉子サンドは白身と黄身混在でクラッシュした玉子にマヨネーズを加えたものをパンで挟んだスタイル。それはそれで好きなのだが、これはこれで美味しく、見た目も含め満足度が高い。Nomane_Cityさんの口コミ

喫茶 le GABOR(ガボール)

コロナ秘伝のたまごサンドを食べられる店が京都市内にもう一軒あります。喫茶マドラグの姉妹店の喫茶ガボールです。「コロナの玉子サンドイッチ・元味」と名付けられた同店のたまごサンド。マドラグは蒸しが入るなどオリジナルの調理法も足されていますが、ガボールは本来のレシピを一切変えずに作っており「元味」と名乗っているわけです。マドラグのものよりもたまご焼きの食感がぷるっとしていて堅めなのが違いだそう。

投稿者:のぶぽん

京都三条木屋町のビルの地下にある同店は、パリのキャバレーの楽屋を意識しており、雑多でどことなく妖艶な雰囲気があります。

投稿者:のぶぽん

ガボールのもうひとつの名物はプリンアラモード。ガラスの器にアイスやフルーツが盛り合わせられた「クラシックプリンアラモード」は一番人気。子供の頃憧れた好きなものだらけ!な、何とも多幸感あふれるビジュアルですよね。ほかにプチシューをプリンの上に積み上げた「モンマルトル」や、数種類のベリーソースがかかった「ロシュフォール」などプリンアラモードの可能性を感じるメニューも揃っています。

投稿者:ぴかーる

あのコロナの卵サンドを引き継ぐお店。懐かしい分厚い卵サンドです。話を聞くと、コロナのご主人が店を閉めてから、その技を直接伝授してもらったのだそう。ところで、店内の装飾は前衛的。そのギャップも面白いです。Explore808835さんの口コミ
三条通に面したビルの地下。映画のポスターがたくさん貼られたムードある階段を下りるとありました。扉を開けるとそこには赤を基調とし、ボールライトが煌めく妖艶な空間。フランス映画のポスターや写真などが飾られた、内装がアーティスティックでした。ロシュフォールは、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーと真っ赤なカシスシロップがあしらわれた、ガーリーなプリンアラモード。いつまでも眺めていたいような美しさ。Destination806305さんの口コミ

スマート珈琲店

京都には味わい深い喫茶の名店がいくつもありますが、スマート珈琲店もそのひとつ。1932年(昭和7年)創業の歴史を持つ同店は、イノダコーヒと並んで、京都を代表する喫茶店といえるでしょう。三条と御池の中ほど、寺町通りに面した同店は、入り口を見ただけでも純喫茶好きにはたまらないアイテムが勢揃いです。ビルのレトロなタイルも素晴らしいし、看板やコーヒー豆の缶のフォントもしゃれています。ガラスドアのノブの形も懐かしいですよね!

投稿者:待兼山

同店の「タマゴサンドウィッチ」は、パンにマスタードとバターをうっすら塗り、ふんわりまとめたたまご焼きを挟んだシンプルイズベストな王道のたまごサンド。だしを加えず、ほんのりバターの風味がするのが特徴です。

投稿者:ねこあん

ほかにデザート系も定番人気。ホットケーキ、プリン、フレンチトーストといった喫茶店デザートの定番が揃います。いずれも昔からのレシピを踏襲したたまごの味を大事にしたオーソドックスなタイプで、ほっとする味です。

投稿者:Linda L

当店の名物「タマゴサンド」は、甘さ&塩加減とも絶妙。出来立てをいただけるので、両サイドを固めるパンもほんのりと温まっていてまさに至高の味。自家製プリンは、昔お母さんが作ってくれたような懐かしい味。これも合わせていただきたいです。SeraHideさんの口コミ
朝早くても混んでいます。見かけは普通の喫茶店。今時のホイップごってり、アイスクリームもガンガンのってます系ではないシンプルなホットケーキやフレンチトーストが食べられるのでお気に入りです。落ち着いた雰囲気でゆっくりできますよ。755rienさんの口コミ

喫茶アマゾン

続いては東山の老舗喫茶を。京阪七条の駅を出てすぐのところにある喫茶アマゾン。1972年の創業からこの場所で営業を続けています。朝7時30分の開店とともにモーニングセットを目当てにやってくる常連客も多い、地元に根づいた喫茶店。京都国立博物館や三十三間堂へと向かう道に面しているので、観光客にも便利な立地です。

投稿者:Julie S

喫茶アマゾンはサンドイッチのバリエーションが豊富なことで有名。たとえば、同じ厚焼き系たまごサンドでも3種類あるんです。通常のパンで挟みケチャップとマスタードを塗った「玉子サンド」と、トーストしたパンで挟んだ「玉子トースト」、そして海苔と梅かつお、きゅうりとだし巻き玉子を挟んだ「和風トースト」があります。とくに和の食材とサクッとしたトーストとの相性がばつぐんの和風トーストは変わり種ながら人気が高い一品です。

投稿者:masahi

そのほか、「ヘレカツサンド」や「エビカツサンド」、チキンやハンバーグのホットサンドなどのボリューム系も。いずれも高くても800円と良心的な価格がうれしいです。

投稿者:Wei L

近くの町家ハウスに宿泊していたので、朝ごはんしに行きました。昔ながらのいい雰囲気の喫茶店で、常連さんと思わしきお客さんもたくさんいました。たまごサンドが美味しくて、4歳の息子もホットケーキ食べた後なのに何個か食べるくらいでした。saicosalamさんの口コミ
七条駅から歩いてすぐ、昔ながらの雰囲気の良い喫茶店です。地元の方が集う場所のようです。3度伺いましたが、ミックストースト(ハーフサイズ500円)が美味しくて3回とも同じメニューを注文してしまいました。パンはサクサク卵はふわふわです。Adventurer804797さんの口コミ

切通し進々堂

祇園の名店も忘れてはいけません。1960年創業で、芸妓さん舞妓さん御用達の切通し進々堂。四条通りから一本脇に入ったところにあるのですが、一本入っただけで観光客でごったがえす大通りとは打って変わって静かな雰囲気が漂います。「あかいーの」「みどりーの」など変わったネーミングのカラフルなゼリーがよく知られていますが、たまごサンドも絶品です。

投稿者:みやっち

同店の「玉子サンド」は、スクランブルエッグをまとめたタイプ。きれいに切り揃えられた断面からはたまごのレースのように細かいひだが見え、挟まれた薄切りきゅうりも上品な佇まいです。たまごもパンも、とにかくふんわり柔らか。塩加減も絶妙です。他店のたまごサンドと比べると、それほど厚みはなく、一見地味に見えますが、やはり老舗だけに実力派のたまごサンドなのでした。トーストタイプの「上玉子トースト」もあり、こちらはしっかり焼いたオムレツタイプのたまご焼きが、これまたこんがり焼いたトーストに挟まれています。「玉子サンド」とはまったく違うビジュアルと食感が楽しめますよ。

投稿者:みやっち

以前、テレビの番組で紹介されていて、舞妓さんもよく食べに来る、切り通し進々堂の、タマゴサンドを食べてみたくて、ようやく来れました。店内カフェは、レトロな感じで、舞妓さん、芸子さん達のたくさんの千枚札が飾られていました。タマゴサンドが美味しかったので、テイクアウトで1人前追加注文し、浜松まで持ち帰り、妻と一緒に食べましたが、冷めても美味しいタマゴサンドでした。DayTrip802835さんの口コミ
桜見物で大混雑の四条通りから、少し入った処の喫茶店です。なかなか気付かないお店だと思います。ゼリーをテイクアウトした事は有ったのですが、喫茶を利用したのは初めてです。ゆっくりコーヒーとケーキを頂きました。居心地の良いお店でした。Go807674さんの口コミ

やまもと喫茶

知恩院から歩いてすぐ、白川沿いにあるやまもと喫茶。店の前には大きなアンティークのコーヒーミルが置かれ、立て看板のメニューには「レスカあります」の文字。店内に入ると、新聞が置かれていたりして、いかにも昭和の雰囲気を残した喫茶店といった風情です。老舗喫茶かと思いきや、2011年オープンと意外にも新しめ。といってレトロをことさらに気取っているわけでもなく、最新鋭の焙煎機が導入されていたりして、バランスのよさが感じられる喫茶店です。朝7時からオープンし、平日は地元の人がモーニングを楽しんでいる姿がみられます。

投稿者:shake_shi_za_tabi

やまもと喫茶の名物は、モーニングセットにも入っている「焼たまごサンド」。空気を含んだふわっふわの柔らかさが持ち味。サンドイッチのエッジのきいた切り口から、だしを入れた重みのあるたまご焼きを想像するのですが、まったく異なる食感。たまごのみを弱火でゆっくりかきまぜながら作るスクランブルエッグ方式だそうです。バターとマスタード、マヨネーズを薄く塗り、薄切りきゅうりを挟んだたまごサンドは、シンプルながら飽きのこない味わい。モーニングセット目当てに通う地元客が多いのも納得です。

投稿者:福井402

八坂神社の帰りに行きました。コーヒーはドリップで落としてました。お目当はふわふわたまごサンドです。からしが聞いたマヨネーズにきゅうりと厚焼きたまごがマッチング!美味しかった!shake_shi_za_tabiさんの口コミ
知恩院前、雨が降ったので吸い込まれました。関西でよく見るタマゴサンドは、お店ごとに個性があって面白いメニューの一つです。フワフワの卵焼きが入った独特のサンドウィッチは東京では見かけないスタイルでした。修一 川さんの口コミ

knot café(ノット・カフェ)

ニューウェーブのたまごサンドもご紹介しましょう。梅で有名な北野天満宮から歩いてすぐ、上七軒の住宅街にあるノット・カフェは、ニューヨーク・ブルックリンと京都を結ぶカフェとして2015年にオープン。古民家をリノベーションした店舗は、コンクリート打ちっぱなしの無機質な空間に和のテイストがほどよく残ったスタイリッシュな雰囲気です。

投稿者:MokeyMok

同店の名物メニュー「出し巻きサンド」はまずビジュアルにインパクトあり。バンズに分厚い出し巻きたまごが挟まれています。コラボレーションを得意とするカフェらしく、京都の有名ベーカリープチメックのバンズと、出し巻きたまご専門店にオーダーしているたまごをサンドイッチに仕上げたもの。バンズはしっかりした食感の中にほのかな甘みがあり、ジューシーな出し巻きとよく合います。

投稿者:trip_blue_lotus

ブルックリンのチョコファクトリーnunu chocolatesのチョコを長五郎餅本舗の餅で包んだ「チョコレート大福」や、同じくnunu chocolatesのチョコを千本玉壽軒の「すてぃっくぼうろ」にかけた「CHOCO BOURO」など、絶妙な組み合わせのデザートもぜひ試したいメニューです。コーヒーはブルックリンのカフェ・グランピーと山科のGARUDA COFFEEの豆を使っています。

投稿者:MokeyMok

北野天満宮からもほど近い古風でモダンな居心地の良いカフェです。厚焼きのだし卵のサンド、パンに卵は普通だけど、だし巻き!?半信半疑でしたが、これが合います。あんバターサンドもバターの塩気と上品なあんといい塩梅。trip_blue_lotusさんの口コミ
北野天満宮の参拝時に立ち寄りました。気になってただし巻き卵サンドは見た目のインパクトはさながら、小ぶりながらも美味しいパンと美味しいだし巻き卵がとてもマッチします!静かで落ち着く空間でゆっくりできました☆limlim77さんの口コミ

Songbird Coffee(ソングバード・コーヒー)

二条城を北に上り、堀川通り沿いのビルを上がった2階にあるのはソングバード・コーヒー。同じビルに入る家具デザイン事務所が運営しているカフェで、店内に置かれているテーブルや椅子もオリジナル。雑貨やインテリアグッズも販売しています。

投稿者:영은 김

同店の「EGG SAND」は、半熟に近いスクランブルエッグをまとめた厚焼きタイプ。たまご4つを使ったボリューミーなたまごサンドです。だしは使っておらず、バターの風味が強い洋風系。ふんわりしっとりした弾力のあるパンはプチメックのものだそう。同店のたまごサンドは、京都では珍しい耳つきなのですが、耳の部分が香ばしくよいアクセントになっています。サンドイッチは、ニンジンのラペとヨーグルトがセットで付いたワンプレートで提供されます。

投稿者:jessiesoon

もうひとつの名物はカレー。カレーの上に温泉卵がトッピングされ、フライドオニオンがこんもりとかかっています。鳥の巣のようなビジュアルは店名ゆえでしょうか。店内を見渡すと、両方を注文してシェアしている人が多数。やはりこのふたつは外せないようです。

投稿者:mabuzo39

インテリアがおしゃれで、ゆったりくつろげる空間です。鳥の巣をイメージした個性的な見た目のカレーが有名ですが、個人的には分厚い卵がサンドされたサンドイッチのランチがお気に入り。パンより卵の方が厚いんじゃないかというぐらいのボリュームです。コーヒーも食事もおいしいすてきなカフェです。yuma61さんの口コミ
日曜日お昼に伺ったところ、30分ほど並びました。2名で卵サンド、カレーを1つずつ注文。卵サンドはとてもボリューミーで、4切れ入っていました。カレーもフォトジェニックなだけではなく、甘めのルーでおいしかったです。Exploration809296さんの口コミ

京都で食べられる個性豊かなたまごサンド、お好みのものはあったでしょうか?次の京都旅では、観光の合間にたまごサンドをほおばってみてくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。