青い海の上をドライブ! 沖縄本島から車で行ける離島6選

本島から離島へ行くとなると、移動手段は船や飛行機を思い浮かべますが、実は車で気軽に行ける島がいくつもあります。より透明度の高い穴場ビーチや、昔ながらの素朴な雰囲気、歴史を感じられるスポットのほか、近年では海辺にオシャレなカフェやレストランも増えてきました。ゆったりと流れる時間を味わいに、ドライブがてら訪れてみるのはいかがでしょうか。

瀬長島(せながじま)

那覇空港から車で1.5kmとアクセスが良いにも関わらず、離島らしいのんびりとした空気を感じられる周囲1.8kmの小さな島。2015年にオープンした「瀬長島ウミカジテラス」は、沖縄の野菜や果物を中心としたグルメやスイーツが絶好のロケーションで楽しめる、オシャレで人気の商業施設。空港が近いため、飛行機の離着陸を間近に眺めることができ、飛行機好きの間では聖地としても知られています。

chiharu1961さんの投稿写真

英玄 奥さんの投稿写真

north_jpさんの投稿写真

那覇空港の離発着を近くで見られる島です。 以前の記憶では、野球のグランドと海の家っぽい売店がある 程度の島だったのですが、海沿いにカフェとかが並ぶ オシャレな島に変わっており とても驚きました!snowman36さんの口コミ
那覇空港すぐ傍の小さな島で、ウミカジテラスや展望台、温泉ホテルからビーチまで、小さくまとまって揃っています。赤嶺からの無料シャトルバスですぐ来れますし、飛行機までの時間潰しに最適です。何より楽しいのは、大型旅客期の離着陸がすぐ傍で眺められること。今にも墜落するのではという位地上近くを飛んでいる姿が見られます。日によっては、戦闘機のスクランブル発進なども見られるそうです。Tanaken00さんの口コミ
大きな芝生の広場もあり、護岸の岩場ながら足をつければ砂とサンゴビールと泡盛と天ぷら持ち込んで、ぐだぐだするのがここの最高の楽しみ方 飛行機見たり、最高のサンセットも見られます お酒飲んでも無料のシャトルバスがあるから安心tapbeer-loverさんの口コミ

奥武島(おうじま)

本島南部、南城市から伸びる全長150mの小さな橋を渡った先にあるこの島は、沖縄天ぷらの島として有名。できたての天ぷらが1個60円前後で楽しめます。オススメのネタは、島で採れたもずくやアーサー。店によってネタや衣を工夫しているので、お気に入りのお店を見つけてみては? また、2014年に「奥武島体験交流施設・奥武島いまいゆ市場」がオープンし、採れたばかりの新鮮な海産物が堪能できます。

naonaoppeさんの投稿写真

まきっこさんの投稿写真

takashi225さんの投稿写真

奥武島の宿に1泊しました。急なスケジュールだったのでまるまる1日もいられなかったのですが、とても小さな島ですが時間がゆったり流れていてとっても気持ちが良い。雨の日でしたが、静かに外を眺めるだけで癒しでした。晴れると海がとってもきれいで、きれいな色の魚がおよいでいるのもみれるそうです。有名なてんぷら店で買ったてんぷらをおやつにつまみながら歩くのもいいですよ。tawa3さんの口コミ
市場は綺麗で、お刺身が安く美味しい。 買ってその場で食べました。アカニシガイとシャコ貝。 天ぷら屋さんも行きました。グルクンやエビ、アーサなど 65円位です。街並みをのんびり散歩しました。 10月はまだまだ日差しが痛く、サングラスは必要です。まおれおさんの口コミ

島一周を車で回ると数分で回れてしまうこともあり、また島内の道路は複雑に入り組んでいるため、歩いて回ることをお勧めします。沖縄でありながらなにか違う印象を受ける奥武島、一度ハマるとリピートすることは間違いありません(笑)。hirobeeさんの口コミ

浜比嘉島(はまひがじま)

本島中部にあるうるま市から、海中道路を車で約30分ほど走らせ平安座島へ。そこから浜比嘉大橋を渡った先に位置しています。一周約7kmの島には3つのビーチがあり、離島ならではの人の少ない穴場ビーチが楽しめます。琉球をつくったといわれる神様、アマミキヨとシネリキヨの居住跡とされるシルミチューと呼ばれる場所も存在し、神聖な島としても知られています。

すいかとまとさんの投稿写真

noribeeさんの投稿写真

Goodtimes1104さんの投稿写真

晴天にも恵まれ「海中道路」のあやはし館を目標に来たのですが、その先の島(この時点では解らなかったのですが)綺麗そうということで行ってみました。行ってみると平日ということもあるんですが、殆ど人もおらずビーチを見ると本当にクリアで水際に魚も見えるほどの海岸です。普段から静かなんでしょう。何か上質のプライベートビーチのような気がします。YousukeTakasuさんの口コミ
民家が立ち並ぶ小さな島です。ペーパードライバーには狭い道もあるので注意ですが、私の運転の時は現地の方々は優しくて助かりました。パワースポットのシルミチューもここにあります!!旧正月と旧盆にだけ、中の洞窟を開放してくれるみたいです。普段は鍵かかってます。yoappiさんの口コミ
伊計島から浜比嘉島へ向かいまだ行ったことのなかったアマミチューの墓へなんとなく神聖な気持ちになり、ゆっくりと階段を上る小さな島で、一歩道に入れば道路も細く入り組んでいて島全体が神聖な空気に包まれている感じでした。静かなので、時間に追われずゆっくり散策できます。にょろモンさんの口コミ

瀬底島(せそこじま)

本島の西側に位置する、周囲約7kmの島。美ら海水族館から約5km、車で10分程で行くことが可能です。自転車でも1時間くらいで一周できるほどの大きさ。白い砂浜が広がる瀬底ビーチは、海に沈んで行く夕日を眺望できるポイントしても有名です。「セソコ」という地名は「遠くから神がやってきた聖なる地」という説があり、島の中には神を祀って拝む「拝所」(うがんじゅ)や、「御嶽」(うたき)がところどころに点在し、神秘的な雰囲気を感じられる場所でもあります。

旅行好き87さんの投稿写真

TOMBE87さんの投稿写真

茜 eさんの投稿写真

本土から移住する人も多く、離島の雰囲気の中に、小洒落たお店がちらほらとある、気楽に楽しめる離島。橋を渡るだけで、すごく穏やかな島の空気感を感じられます。瀬底ビーチ・アンチ浜と2つにビーチがあるので、マリンレジャーも楽しいけれど、そのためだけに島を素通りしたら勿体無い。島の中央にある史跡も、島の静かな時間の中だと、ちょっと神秘的な雰囲気を感じます。metaboooさんの口コミ
本島から、伸びている長い橋を渡ると、そこは別世界?? 海の色がまた一段と綺麗。車で橋を渡るだけでも圧巻です。青い青い海と白い砂浜。大きく広がる大空。もうそこは天国。きりんちゃん86さんの口コミ
瀬底ビーチは本島でも一位二位を争う綺麗なビーチです。 島自体はこじんまりしていますが、雰囲気はとても良く、ビーチの近くに隠れ家的なオシャレなカフェもあります。taroKen877さんの口コミ

屋我地島(やがちじま)

本島北部、名護市に位置する周囲16kmの島。サトウキビ畑に赤い屋根の家など、沖縄らしい風景が広がります。島の入り口にある屋我地ビーチでは、干潮になると「ピュアロード」と呼ばれる道が出現し、先にある島に渡ることが可能。歩くと幸せが訪れたり、縁結びの道としても有名な人気スポットです。ビーチにはキャンプ場やバンガローもあり、昼間はアクティビティやバーベキューを満喫。月のない晴天の夜では満天の星空が頭上に広がり、丸一日、自然と一体になって楽しめるでしょう。

naonaoppeさんの投稿写真

なっちゃんまんぼうさんの投稿写真

suylenさんの投稿写真

羽地内海の穏やかさと外海のコバルトブルーが同時味わえ、昔ながらの沖縄が残る離島。離島と言っても本島につながり、アクセスも抜群!サトウキビ畑の間を縫うように走る道、大きな干潟、遮るもののない空、瞬く星、時間の流れから取り残された感覚に陥ります。kobatty54さんの口コミ
屋我地島は車で渡れる島です。キャンプ場があります。海の前の芝生でキャンプを楽しめます。行ったのが11月でシーズンオフで人もまばらでしたが、暑すぎず寒すぎず快適なキャンプができましたmofshidさんの口コミ
内海なので、高い波もなく、シーカヤックで漕ぎ進んでいくには楽しいフィールドです。ただ、湾の中は、干潮になると干潟になるところが多いので注意しましょう。今は、橋で結ばれているので、あまり「島」という感じがしませんが、一周してみると、ハッキリ島だとわかりますよ。運天港付近の浜はキレイで、シュノーケリングしたくなります。のっぽ1973さんの口コミ

古宇利島(こうりじま)

先ほどの屋我地島から、全長1960mの古宇利大橋を渡った先に位置します。大昔、島にアダムとイブが暮らしていたという伝説から別名「恋島」とも呼ばれており、恋にまつわる「ハートロック」は島内でも有名な観光スポット。また、透き通る海でのスノーケリング、ダイビングも人気です。自転車のレンタルがあるので、のんびりサイクリングをしながら巡るのもオススメ。

hideki_a_787さんの投稿写真

ソンタムさんの投稿写真

Rina Uさんの投稿写真

本当に感動しました。青い空,青い海,白い砂浜。わたしはとても辛いことがあって,それを忘れるために,一人できました。スクーターを那覇で借りてここまで来ましたが,本当に来てよかった。生きていてよかったと思いました。本当に素晴らしいと思います。シマウマさんの口コミ
目の前に広がるエメラルドグリーン色の海が何ともいえずすばらしいです。
小さな島なので、車で15分ほどで一周できます。特に何があるというわけではないですが、美しい海とサトウキビ畑の中ををドライブしていると、沖縄のんびりした雰囲気が感じられます。美ら海水族館のほうへ行く機会があれば、ぜひ行ってみていただきたいです。aketomoさんの口コミ
古宇利大橋は渡っている時より、その手前の上から見下ろすタイミングのワクワク感がたまりません。渡ったところの古宇利ビーチは遠浅で家族連れに最適なビーチですが、カップルはティーヌ浜かトケイ浜をお勧めします。嵐のCMで有名なティーヌ浜は「ハートロック」と呼ばれる見る角度で2つの岩がハートに見えるメジャーな場所ですが、トケイ浜は丸い穴の開いた岩が浜辺に点在する穴場的な場所です。mokumemokumeさんの口コミ

自然と一体になってのんびり過ごす旅は、日常ではなかなか味わうことのできない体験です。車で気軽に行けるので、離島ホッピングを目的とした旅を楽しむこともできますね。空気感や文化、景色など、1つ1つの島の違いを感じながら、より深く沖縄を知り、満喫してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するタグ

話題の記事