目の前は空&海の大パノラマ! 冬こそ行きたい海辺の露天7選

寒い季節のご褒美的過ごし方といったら、やっぱり温泉ですよね。空気が澄んでいるこの時期は、オーシャンビューの露天風呂でのんびりするのが最高に気持ちいい! ということで、遮るものなく大海原が目の前に広がる日帰り天然温泉をご紹介します。潮風を感じながら、全身で絶景を満喫しちゃいましょう!

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

水無海浜温泉(北海道函館市)

函館市の東端、恵山岬にある無料の露天風呂は、源泉が海岸に湧き出していて、海水と混じり合うことでちょうどいい湯加減になります。ただし、入浴できるのは干潮時の数時間のみ。ゆえに、訪れる際には函館市役所のウェブサイトで入浴時間をチェックしてから向かうことをおすすめします。脱衣所もありますよ。

投稿者:ふくうめちゃん

投稿者:fumika121

投稿者:Kenichi I

満潮だと海に浸かっているので、干潮ではないと入れない温泉。
本当に入りたい方は、函館市役所のホームページで入浴可能な時間を見る事が出来ます。
ちゃんと、男女別の更衣室もあって、ワイルドながらも整えられている感じがしました。
私は入浴可能時間の2時間前に伺いました。
試しに手を入れてみたら、暖かかったです。かなり、足元が滑るので(岩についた苔で)注意が必要です。tamorisanさんの口コミ
どういう感じの場所かもわからずに辿り着いたので、テンション上がりました!
誰もいなくて潮の加減もいい感じのタイミングだったと思います。
誰もいないし、来る気配もなかったからお風呂に入りたかったけど、さすがに全裸で滑って頭打っても恥ずかしいかなと思い遠慮しましたが、入りたかったなーーー。だから足だけ!Vacationer649017さんの口コミ
入れる機会があるのなら必ず入って下さい
最高です
函館市のホームページに入浴可能時間乗ってます
それ以外の時間は海の中ですKenichiI37さんの口コミ

不老ふ死温泉(青森県深浦町)

青森の日本海側に位置する不老ふ死温泉は、海岸ぎりぎりにある露天風呂が自慢。水平線を眺めながらの入浴は、日頃の疲れをゆっくりと癒やしてくれるでしょう。とくに人気なのが、海に沈む夕日を眺めながらの入浴。ただ、立ち寄り入浴だと16時(受付は15時30分)までしか利用できないため、太陽が沈む瞬間は見られません。宿泊すれば日没はもちろん、早朝も絶景を満喫できますよ。

投稿者:大白肉兔

投稿者:豊田牧師

投稿者:loveteresa

本館の内風呂より、露天風呂に向かいました。日本海に向かい視界を遮るものがなく、気持ちが良いです。お風呂は鉄分があるためか、茶褐色です。BackPacker803612さんの口コミ
温泉を満喫するために宿泊しました。夕暮れの露天風呂は宿泊客だけに許される特権。そして、星空もきれいでした。流れ星もみちゃった。
施設も思ったより快適で食事も美味しかったです。jalanworldさんの口コミ
混浴と女性専用風呂の2つに分かれれています。こちらの温泉にたどり着くには少し時間が掛ります。まず内風呂で体を洗い、浴衣を着て建物を一回でなくてはなりません。混浴に入る女性は専用の湯あみ(無料貸出有)を着て出ます。出口で脱衣かごを1つ持ち履物を履き替えて外に出ます。そして階段を下りて30~40m位寒い中を歩いてやっとたどり着くのです。OOAKARIさんの口コミ

崎の湯露天風呂(和歌山県白浜町)

有馬温泉、道後温泉とともに「日本三古湯」のひとつに数えられる白浜温泉。その中でも、もっとも古い歴史を持つのが崎の湯です。太平洋が一望できる露天風呂は、岩に打ち付ける荒波を感じられるほどの近さ。硫黄の香りを感じながら、大海原を眺めて疲れを癒せるなんて、とても贅沢です。

投稿者:旅人01

投稿者:のんびりいこうぜ

投稿者:bea250501

岩場の中に露天風呂が2つあります。海に近い方は、豪快な波の音をききながら、海をながめて入浴できます。すばらしいロケーションです。手前の方は1400年も昔からあるという露天風呂。岩場がそのまま浴槽になっています。手前の方が泉質はよく、温泉パワーがあります。海に近い方は、やや温度が低く、いい温度です。歴史ある露天風呂。Venture806823さんの口コミ
波打ちぎわの大きな湯槽と手前の石造りの湯槽があり、両方とも42℃くらいの設定になっているようです。しかし、波打ちぎわの方は、大きな湯槽の為か、波も入っていないのに、先の方になるとやや温くなるようです。maxmaxtomさんの口コミ
大きくないお風呂場ですが、お風呂を入りながら、目の前に広がる海の景色。
これ以上の贅沢がありません。
おすすめスポットです。kanasonic74さんの口コミ

平内海中温泉(鹿児島県屋久島町)

自然の宝庫、屋久島にあるこの温泉は、岩場に囲まれた野趣あふれるロケーションが魅力。ただし、入浴できるのは干潮前後の約2時間のみ。また、男女混浴ですが水着の着用はNGということで、女性にとっては少しハードルが高いかも……? ただ、夜の干潮時であれば周囲の視線があまり気にならないという話もあります。天気がよければ満天の星を眺めながらお湯に浸かれるので、最高の思い出になることでしょう。

投稿者:Daniel P

投稿者:discover-k

投稿者:トリップアドバイザー チャイナの会員

干潮時前後2時間限定の露天風呂。地元の人曰く源泉は46度ほど。岩の底からもプクプク湧き出してます。風呂は数ヶ所ありますが中心の風呂が一番暖かく気持ち良く入れました。個人的には42度くらいの感じでした。周囲に脱衣場がなく雨天時は利用しづらいと思います。露天風呂に入りすぐそこに迫る海を眺めてボーっとするのは最高に贅沢な時間です。Venture806277さんの口コミ
波打ち際ギリギリの岩場にある開放感抜群の温泉です!ただし、満潮時は水没してしまいます!入浴できません!干潮時間を必ずチェックしてから行きましょう!脱衣所はありません!もちろん男女混浴です。入浴される方は覚悟をしましょう!でも、入浴すれば、必ず一生の思い出となる温泉です!discover-kiさんの口コミ
地元の方がほとんどで世話好きの方が観光客には説明してくれます。着替える場所は隔離されていません。女性は車から浴衣を来ているようです。なかなかできない温泉体験ですよ。haji0707さんの口コミ

松が下雅湯温泉(東京都新島村)

伊豆七島のひとつ、式根島の南部にあるこの温泉は24時間いつでも無料で入浴できます。夜にはほんのり明かりが灯って雰囲気抜群。水着を着て入る温泉なので、家族連れやグループでワイワイ過ごすのにピッタリです。水着がない方は足湯コーナーでゆったりおくつろぎを。駐車場がすぐ近くにあり、更衣室とシャワールームも完備という至れり尽くせりの設備が自慢です。

投稿者:Gaikokujin P

投稿者:machaminmin

投稿者:Gaikokujin P

海辺にある露天風呂。無料で入れます。茶色い泉質でとってもあったまります。朝の6時、地元のおじいさんが入ってました。整備されてるので安心して入れます。Paradise808928さんの口コミ
なんと!!!料金無料の温泉です。
混浴水着は着用のままでいいので近場のビーチで遊んでから最後はここにきて温泉を楽しんで帰るのがお勧めです。
温泉の脇には足湯もありますが私が行ったときはとてもじゃないけど入れない位熱かったです…!machaminminさんの口コミ
海に面した温泉です。式根島の温泉の中では入りやすい方だと思います。
足湯のみのコーナーと、水着で入れるコーナーがあります。小さいですが更衣室もあります。
海水があまり入り込まないため、湯温が高い時には全く入れませんが、足湯のテーブルセットのところでのんびり過ごすくらいは出来ます。GrandTour808788さんの口コミ

東温泉(鹿児島県三島村)

鹿児島市から定期船で約3時間。硫黄島(いおうじま)には温泉ファンの心をくすぐる絶景露天風呂があります。港から海沿いを30分ほど歩いたところにある東温泉は、肌にピリピリくる強酸性の硫黄ミョウバン泉。古い皮脂や角質を溶かす作用があると言われています。湯船にザッパーンと打ち付ける波を眺めれば、お肌の老廃物だけでなく心のもやもやもキレイさっぱり落としてくれるでしょう。

投稿者:ふくろう

投稿者:ヤエヤマホタル

海の横にある秘湯です。3つ自然の湯船があって、温度が熱い、普通、ぬるいという感じです。簡単な更衣の場所はありますが、女性には難ありかも。
強酸性の泉質です。目に入らないようにしないとです。onthesky2018さんの口コミ
3つの浴槽があり段階的に熱さが異なります。満潮の時に入った方が波が近くまで来るのでより雰囲気がいいです。入浴スタイルは全裸で入っている人、水着の人、タオルを巻いている人様々でした。簡易脱衣所あり。trip55worldさんの口コミ
日本中の海辺にある温泉に行きましたが、やっぱりここが一番かな。まさに“野趣溢れる”という言葉がピッタリで、単に海辺にあるというだけでなく、周辺の男性的な海岸線が見物です。そもそもこの島まで来るのにハードルが高い上、島の僻地にあるからか、春休み期間にもかかわらず2時間くらい一人での~んびり過ごせました。simamura-yunikuroさんの口コミ

黒根岩風呂(静岡県東伊豆町)

「アメリカが見える野天風呂」というユーモラスなキャッチフレーズを掲げるのは、伊豆・北川温泉の海岸沿いに位置する黒根岩風呂。かつては混浴の露天風呂として営業をしていましたが、現在は男女別の湯船に分かれています。ちなみに、肉眼ではアメリカを見ることはできませんが、その代わり、晴天時には伊豆諸島や房総半島がくっきりキレイに見えます。

投稿者:Defense85

投稿者:rika2525

投稿者:ATSUKO1973

公営露天風呂。目の前が海。以前は建物もボロボロで男性風呂の前を通らないと女性風呂に辿り着けなかったのですが、建物を改築してその問題も解消しました。海とお風呂が一体になった感じです。ただし入浴時間を調べてから行かないと入れない時間帯があるので注意です。Vacationer811965さんの口コミ
混浴ではありません。手前2つが男風呂。奥が女風呂。
着替えも一応男性のところは見えないようになっています。
女風呂への通路も壁もできて女性に優しくなったようです。
男風呂から女風呂は全然見えませんので、女性の方安心してください。
海の前のお風呂が気兼ねなく男女ともに気持ちよく入れて
最高です。浩 田さんの口コミ
洗い場などはないので浸かるだけです。
でも目の前の海を眺め、波の音を聴きながらの温泉は最高でした。
少し離れたところに釣り人が沢山いるのが見えるので見えてるだろうな…とちょっと心配でした。
あとで知ったのですがバスタオル巻いて入ってOKだったみたいです。Tour808127さんの口コミ

海に面した露天風呂は、旅館の敷地内にあるものとは違って、ちょっぴりワイルドな雰囲気が漂っているのも非日常感を味わえる大切なポイントではないでしょうか。おでかけの前には営業日時のチェックをして、タオルや水着をお忘れなく!

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事