北欧に佇むノスタルジックな教会8選!“幸せ”を探す旅 へ

忙しいみなさんの中には、「非日常な体験をしたり、時間を贅沢に使ったりして、幸せの在処を確かめたい!」と考えている方もいるのでは? そんな心の旅人さんは、北欧に出かけましょう! “幸せ”立国の北欧で静かなひとときを過ごすと、その答えが見つかるかもしれないからです。今回は、次の旅行のテーマを“幸せ探し”にしたくなるような、ノスタルジックな教会をご紹介します。

ルンド大聖堂(スウェーデン)

約1000年の歴史を持ち、中世の町並みを残すスウェーデンのルンド。石畳の街に佇む、黒っぽい荘厳な外観が印象的なルンド大聖堂は、1145年に建造されました。風格漂う外観はもちろん、金色に輝くキリストの絵、地下室など、見所満載の教会です。15世紀から動いているという天文時計が設置されており、一日に2回、オルガンの音色と共に聖書の登場人物たちがキリストを胸に抱いたマリア様の前をまわります。

駅から10分程度とアクセス良好なこともあって、多くの観光客が訪れています。

Oscar1935さんの投稿写真

重厚感のある外観とは一変して、内部は明るくシンプルな印象です。

peopleperson8さんの投稿写真

大きくて迫力のあるキリストの絵画には、思わず手を合わせたくなりそう。

Natalie075さんの投稿写真

聖堂内の大時計。800年も動き続けているなんて、なんだかロマンがありますね。

hemligtさんの投稿写真

石造りの棺がある地下室では、異世界に迷いこんだ気分になれそう。

Morgan Oさんの投稿写真

ルンド駅から歩いて7分ほどのところにある大聖堂。重々しい石造りの外観が、歴史の堆積を感じさせます。中に入って目を引くのは、巨大なモザイク天井画や、精巧で大きなからくり時計、地下墓地の柱にしがみついた巨人フィンの像など。しばし、厳かな気分に浸れる場所です。MikahJayさんの口コミ
小さな町のルンドで、存在感のある大きな荘厳な建物です。大聖堂内では厳かな雰囲気を味わえます。無料で入場できます。大聖堂横は広場のようなスペースがありましたが、昼間は若者たちが日向ぼっこをしながら、のんびりしている光景もありました。Kaori Oさんの口コミ

外観は黒っぽく威圧的な感じですが,中に入るとスッキリとしたシンプルな作りで,広々としていました.偶然でしたが,中に入るとからくり時計が動き始めていました.すごく精巧に作られている時計で興味深かったです.tanakatwmuさんの口コミ

ニーダロス大聖堂(ノルウェー)

ノルウェーのトロンハイムに位置するニーダロス大聖堂の目玉といえば、正面の壁に施されたデザイン。楽器を持っている人やものすごい形相でこちらを見つめる人など、躍動感のある彫刻には思わず息をのみます。内部には2つの巨大なパイプ・オルガンが設置されており、実際の演奏を聴くこともできるのだとか。ニーダロス大聖堂は、中世から北欧圏のキリスト教信者が多く巡礼に訪れた、由緒ある教会でもあります。

トロンハイムの街並。水面にカラフルな家が映る光景は、日本ではなかなか出会うことはできません!

Brynoさんの投稿写真

建物は、緑豊かな環境にひっそりと佇んでいます。

Hannahdaumさんの投稿写真

この荘厳な建築のために、200年以上もの時間を費やしたのだとか。

Jan Eduard Mさんの投稿写真

彫刻ひとつひとつが持つストーリーやメッセージについて考えていると、無限に時間を過ごせそうです。

Rick61さんの投稿写真

新旧2つのパイプオルガンがそれぞれどんな音色を奏でるのか、とても気になりますね。

Vicente Jさんの投稿写真

あらゆる装飾技法を駆使していると思われる外観の彫刻の素晴らしさは一件の価値ありです。ファサードだけでなく、あらゆる角度から観ても窓や装飾1つ1つが素晴らしいです。Kacco178さんの口コミ
トロンハイムを訪れるなら是非とも訪問して欲しいお薦めの場所です。そして教会の中に入って椅子に座りしばらく目を閉じてみて下さい。何だかとても落ち着いた気持ちになれます。oza-hiroさんの口コミ

昼間はチケットを聖堂近くの売店で購入する必要がありますが、ぜひ中に入って見てほしいと思います。祭壇周りやその他小さい部屋などいろいろ見られます。時間をかけてゆっくりと巡っていると、とても落ち着いた気持ちになれると思います。mariko_ozさんの口コミ

ウプサラ大聖堂(スウェーデン)

ストックホルム観光のついでに少し足を伸ばして訪れたいウプサラの街。北欧最古の大学が建てられた場所としても有名で、博物館が充実した学生の都です。13世紀に造られたウプサラ大聖堂は、スカンジナビア地方の中で最大級の教会建築で、街のシンボルとなっています。中に入ると、西欧のきらびやかな彫刻やステンドグラスの輝きなどとはかけ離れたひっそりと落ち着いた装飾に、居心地の良さと穏やかな時の流れを感じることができるはずです。

空に突き出したような建物の高さはなんと120メートルもあります。

kanaeminaさんの投稿写真

内部には多くの芸術作品が展示されており、ゆっくり見て回っても物足りなさを感じることはありません。

Лилит Фさんの投稿写真

建物内に突如現れるこの女性、実は蝋でできているそうです!

Лилит Фさんの投稿写真

天井の装飾やあたたかい色味のシャンデリアは、レトロなホテルを連想させる雰囲気を醸し出しています。

274beckykさんの投稿写真

市街地を流れる川のほとりは、散策の途中に一休みしたいビュースポット。

AAAronssonさんの投稿写真

ウプサラのシンボルでもある大聖堂は北欧最大の教会です。西欧の教会とは違い、外観は豪華絢爛というよりも北欧らしく暖かみがあって個人的に気に入りました。中には無料では入れて、お土産なども買うことが出来ます。てっかまんさんの口コミ
ウプサラ大聖堂はとても大きな大聖堂で、周りには市庁舎やウプサラ大学があります。大聖堂の中には本物の人のような彫刻があり最初はビックリしましたが、色んな人が記念撮影していました。大聖堂の周辺はとても静かな所の印象を受けました。散歩するにも良い所です。torotororoさんの口コミ

ウプサラに着くと尖塔がそびえたっているので、すぐに見つかると思います。内部は天井が非常に高くとても荘厳な感じがします。個人的には、横を流れている川面に写った教会の姿がお気に入りです。SRC-FSさんの口コミ

ロヴァニエミ教会(フィンランド)

サンタクロースに会える街でお馴染み、フィンランドのロヴァニエミには、キリスト教徒でない人も、居心地の良さを感じられる教会があります。1950年に建てられて以来街のシンボルとなったロヴァニエミ教会(の魅力は、豪華すぎない、普段使い感にあるのでしょう。日本のお寺のような、何年も前から知っている雰囲気を味わうことができる教会です。

ロヴァニエミでは、オーロラの鑑賞や、美味しいサーモンを用いた食事、ログハウスでの生活など、一度はやってみたい憧れのアクティビティにたくさん出会うことができます。北欧でしか味わえない体験が、幸せ探しの答えを見つけ出すヒントになるかもしれません。

ポストカードのような佇まいに、寒さを忘れてカメラに夢中になりそうです。

y0landa_s_aさんの投稿写真

教会に所蔵されている絵画「生命の泉」を一目見ようと、遠方から訪れる観光客もいるそうです。

y0landa_s_aさんの投稿写真

あたたかなオレンジ色の光と、優しいタッチで描かれた壁画。外の寒さを忘れてしまう空間に、幸せを噛み締めます。

y0landa_s_aさんの投稿写真

行った時はクリスマスの前の日曜日で丁度ミサを行っていた時で厳粛な雰囲気のなかでパイプオルガンの音色と聖歌の響きが素晴らしかったです。参列者は地元の方々ですが結構若い人が多くなごやかな教会でした。イヴの父さんの口コミ
私は年末に訪問したので早くに日が暮れて、まだ時間は早いのに暗い中での訪問でした。他に誰もいなかったので一番前に座ってゆっくりとお祈りをすることができました。華美ではありませんが、趣きのあるとても落ち着く教会です。pengopengoさんの口コミ

癒されました。日常に溶け込んでいる感じや、包まれるような安堵感、固くなっていた心がほぐされる感覚。礼拝に参加できたのにしなかったことを後悔しました。宗教がどうこうを越えて、この協会が私は好きです。alucas_japanさんの口コミ

ウスターラース円型教会(デンマーク)

バルト海に浮かぶボーンホルム島は、北欧のセンスを肌で感じることのできる場所。大自然を駆け巡るサイクリングやキャンプを楽しむのが、人気の過ごし方です。さらに、のどかな港町の小さなギャラリーで、アートを堪能することもできます。

ウスターラース円型教会は、島で最も大きく古い教会で、ユニークな外観から訪れる人が絶えません。

絵本に登場しそうな可愛らしい外観。この教会からインスピレーションを受けた北欧雑貨も多いかもしれません。

angeleyes27さんの投稿写真

中に入ると、フレスコ画に囲まれた広場を発見。聖書に基づいた場面が描かれているので、事前に下調べをするとより楽しめるかも。

Haig Uさんの投稿写真

まるでかまくらの中にいるような気分になりますね。アーチ状の入り口に囲まれて、気分も丸くなりそう。

angeleyes27さんの投稿写真

島のロタンダ状の教会の一つ。平和と静けさの場所、精神的な旅行や建築の快楽をお探しの方には良いです。強くお勧めします。 Marcin Zさんの口コミ
間違いなく一見の価値 – それは美しく、印象的な建物です。 Morsing_D…さんの口コミ

本当にいい経験でした。それは、その外観を変更することなく、信じられないほど美しく、自然なスタイルに保管されています Jdamsgaar…さんの口コミ

カウパンゲルスターヴ教会(ノルウェー)

ノルウェーの教会の奥深さを知りたくなったら、雄大な山と湖が点在するフィヨルドの小さな農村・カウパンゲルへ。ここでは、元祖・北欧デザインを用いた歴史ある木造の教会に出会うことができます。12世紀に作られた建物の外壁は、虫除けや木の腐敗防止に効果がある“タール”で塗られているので真っ黒。茅葺きの屋根は直線を強調した様式で作られており、ちょっとミステリアスな印象です。

大自然の中にそびえる奇妙な建物は、ノスタルジックを通り越して、気高く神聖な雰囲気を醸し出しています。

DeGustibus67さんの投稿写真

ルネサンス期に作られた内装や聖壇の様子。窓が少ないので建物の中は薄暗く、落ち着いた時間を過ごせるはず。

Armininさんの投稿写真

荘厳な建物内部とはうってかわって、辺りにはフィヨルドらしいのどかな風景が広がっています。自然と教会を巡る旅で、心が洗われること間違いなしです。

JESUS Rさんの投稿写真

ガイドは、非の打ち所のない英語を話し、教会の詳細と非常に興味深い歴史を与えました。 scot221さんの口コミ
「アナと雪の女王」の作者が、この教会を訪れて、作品の参考にされたと聞きました。映画のどこかのシーンに、この教会がモデルになった建物が出てくるそうです。みやこさんさんの口コミ

雄大な山と湖が点在するフィヨルドは、ユネスコの世界遺産にまるごと登録されています。

トロムソ大聖堂(ノルウェー)

北極圏最大の街であるトロムソは、若者が多く華やかな活気があり、「北欧のパリ」とも呼ばれています。比較的暖かく宿泊施設も充実した地域のため、オーロラを見に行く拠点として活用すると便利です。そんなトロムソを散策していると出会えるのが、1861年に建てられたゴシック様式の美しい教会。ノルウェーの木造建築では最大級のサイズを誇り、街のトレードマークとして地元の人から愛されています。

真っ白な世界に鎮座する、ベージュとミントグリーンの建物を見ていると、ファンタジーの世界に入り込んでしまいそう。

linis_tripさんの投稿写真

夜は沿道の木にイルミネーションが灯り、ロマンチックな趣きです。

Shahar Pさんの投稿写真

内部にはキリスト教の絵画があります。

Detlef Pさんの投稿写真

トロムソの街を散歩していると必ず見れます。教会の前にベンチがあるのがゆっくり休憩できて良いです。junkoa602さんの口コミ
写真を撮る&静けさをお楽しみください。 、しかし音をクリックすることによって、他の人を邪魔しないでください ParichayM…さんの口コミ

教会は小さいが美しく、平和的に町の真ん中で、あなたはただ座って美しさに感心することができ立っています。 Vinpreadiさんの口コミ

リーベ大聖堂(デンマーク)

デンマークの最古の街リーベは、街の端から端まで1時間足らずで歩けてしまうほどコンパクトです。ひとつひとつの建物がとても可愛らしく、歩いているだけで、幸せな気分になれそう。街歩きのついでにフラッと足を踏み入れたいRibe Domkirkeは、飾り気が少なく気取らない、シンプルな外観をしています。

約900年前の建設当初にはもう1本の塔があったのですが、1283年のクリスマスに片方が崩壊してしまったそうです。

Hideyaさんの投稿写真

夕方になると、空から射すオレンジ色の光がリーベの赤レンガの町並みに反射し、うっすらとピンク色の世界に包まれます。

DanishTravelorさんの投稿写真

建物から見たリーベの街並み。背後に広がる広大な緑も美しいですね。

Annemarie Pさんの投稿写真

塔に上がって、リーベの町からはるか彼方まで見渡すのはとても気持ちがよかったです。小さな博物館も併設されています。ridikumariさんの口コミ

さやさやと 北欧の風が気持ちよく 静かで ホッとします。緑も多く小川が流れ、 家も古いながら歴史を感じ可愛い街です。駅前にはバイキング博物館があります。yumiko78さんの口コミ

寒さの厳しい北欧に住む人たちは、室内での過ごし方について工夫することが得意だそうです。それは自分の居場所をより素敵なものにするという意識が、自然に働いている証拠。それこそがまさに、幸せ探しの一歩ではないでしょうか。ゆったりとした時間の流れる教会で静かなひとときを過ごすことで、私たちが一番居心地のよい居場所の在処に気づくことができそうです。教会巡りの奥深さを感じながら、冬の北欧で“幸せ”探しに繋がるような体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事に関するタグ

話題の記事