新幹線の新型コロナ対策は? JR東海に聞く【コロナ後の旅アドバイス】

トリップアドバイザーでは、旅行者の皆様が正しい情報の元、新たな旅を計画し、旅を再開する後押しとなるよう「コロナ後の旅アドバイス」を特集いたします。まだまだ終わりの見えないコロナ時代の旅をどのように考えていくのか? 施設のリスクや対策はどうなっているのか? リスク軽減のために旅行者に何ができるのか? 公衆衛生や医療関係者、旅行に関係する事業者の皆様など幅広い方々にお話を聞きながら、ともに考えていきます。


▶︎ホテルの新型コロナ対策は? 三井ガーデンホテルズに聞く

▶︎飛行機の新型コロナ対策は?JALに聞く

新型コロナウイルスにより、これまで当たり前だと思っていた様々な行動を見直さなければならなくなりました。日常生活を営む上で、公共交通機関を使う機会は多いと思いますが、今回は東京から新大阪まで新幹線を運行するJR東海に、コロナ対策について伺いました。

東海道新幹線のコロナ対策ってどうなっているの?

東海道新幹線の東京~新大阪間を1日にどのくらいの人が利用するかご存じでしょうか。なんと、1日平均約47万人以上もの人が利用しています(2018年度実績)。これほど大勢の人が利用する東海道新幹線ですが、駅や車内ではさまざまな対策がとられていました。早速具体的にみてみましょう。

きっぷうりばでのコロナ対策

まずはきっぷうりばをみてみましょう。消毒液が設置されているほか、カウンターの前には並び位置の目安となるシールが貼られており、ソーシャルディスタンシングを保つための工夫がされています。

カウンターにはビニールカーテン等が設置されています。係員がこまめに消毒するよう心がけていました。

新幹線の車内はどうなっているのでしょうか。現在は車掌さんの車内巡回時にも消毒が行われているとのこと。トイレのドアノブなど、人の手に触れやすい箇所を消毒しているそうです。

座席に関しては、指定席を発売する際、可能な限り空席状況を案内の上、座席を発売しているとのこと。もし、購入時より混んでいたり、近くに体調が悪そうな人がいて気になる場合などは、車掌さんに相談してみましょう。できる限り希望を汲み取り、柔軟に対応してくれるそうです。

乗客ができる感染対策

多くの人が利用する新幹線。我々利用者が感染しない、させないためになにができるでしょうか。

まずは自身の体調管理。発熱や喉の痛み、倦怠感があるようなら利用を控えるのが大原則。きっぷの購入時や乗車前には、駅に設置されているアルコール消毒液で手指の消毒を。きっぷの購入は、駅の窓口ではなく、券売機や東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス、エクスプレス予約・スマートEXサービスを利用するのも一案です。

窓が開かない新幹線。車内は安全なの?

地下鉄や在来線が窓を開けて換気を励行するなか、窓が開かない新幹線の換気状態は気になるところです。

結論から言うと、新幹線の車内の空気は空調・換気装置により、計算上だいたい6~8分で車内の空気が新しい外の空気と入れ替わっています。もともと新幹線は、高速でトンネルに進入する際の気圧の変化などがもたらす不快感から乗客を守るため、高い気密性を維持するよう窓が開かなくなっています。しかし、車内に常に新鮮な空気が供給できるよう設計されており、窓が開かなくても新幹線の車内はいつも新鮮な空気に満たされているのです。

車内の整備についてはどうでしょうか。1時間に最大17本、1日に350本以上が運行する東海道新幹線。先ほども述べたように、新幹線は非常に多くの人が利用するので、コロナ前から車内の整備は念入りに行われていました。

車両基地において、背もたれカバー交換や座席・テーブルの清掃など、約45分かけて入念に整備が行われています。新型コロナの感染拡大防止のため、現在では乗客の手が触れやすいトイレのドアノブ等は消毒液を使用して、基本的に毎日消毒作業を行っているほか、座席やテーブルなども定期的に消毒作業を行っています。

乗客ができる感染対策

新幹線乗車時に我々ができることは何でしょうか。基本的なことですが、車内ではマスクを着用し、トイレの前後は手指の消毒を。車内での飲食は禁止されていませんが、マスクを外して楽しくおしゃべりに興じるのは少し我慢。グループの場合、シートを回転させて対面で利用するのも避けた方がよいでしょう。

“いつでも乗れる”輸送力を目指す新幹線

スマホやパソコンで東海道新幹線の予約サイトを見て空席表示が多いことに、他人事ながら心配になりませんか? 飛行機でもホテルでも、多くの場合、“満席”“満室”状態が好ましい状態でしょう。しかし、東海道新幹線は日本の大都市を結ぶインフラとして「いつでも乗りたいときに乗れる新幹線」を目指しているため、どの列車も“空席あり”となる輸送力であるべきという考えが基本にあります。

これまでものぞみは1時間に最大10本運行してきました。それでも金曜の夕方や、人気アーティストのコンサートライブがある日などは満席になってしまうことも。そこで、この春ダイヤ改正で、のぞみを1時間に2本増便し、のぞみ、ひかり、こだま合わせて1時間に最大17本の運行を実現しました。このダイヤ改正はコロナとは関係なく予定されていたものでしたが、輸送力の向上はコロナ禍において結果的に密にならない運行を可能にしたのです。利用客が減る中、安心して利用できるよう、今年のお盆も運行本数は対前年103%に増やしたとのこと。今後も利用客が多く見込まれる時間帯は増便し、安心して乗車できるようにしていくそうです。

乗客ができる感染対策

東海道新幹線では、密を防ぐよう対策をとっていることがわかりました。我々利用者も感染のリスクを下げるため、接触の機会を減らすことができます。例えば、きっぷの購入には先ほど紹介した東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス「スマートEX」がおすすめです。

スマートEX」は年会費無料。お持ちのクレジットカードと、Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカードなどを登録しておけば、改札でその交通系ICカードをタッチしてそのまま乗車可能。駅の窓口や券売機に並ぶ必要もありません。
※交通系ICカードの利用には各種条件があります。

シートマップで混雑状況を見ながら座席を選ぶことができ、予約の変更は、列車発車時刻前までなら何度でも手数料無料。接触機会を減らすとともに時間の節約にもなるのでおすすめです。

マスクを着用していると感情が伝わりづらいですが、JR東海ではマスクをしていても笑顔が伝わる接客を心がけているということ。我々利用者もポイントを押さえつつ、新幹線の旅を楽しみましょう。

下記の動画で、JR東海が取り組む新型コロナウイルス対策がわかりやすく解説されています。

さらにJR東海は、時間・場所・旅先での移動手段・行動などを「定番」から「ずらす」新たな旅のスタイル「#ずらし旅」を提案しています。「#ずらし旅」のホームページでは様々な「ずらし旅」のアイディアを紹介しているほか、アイディアを募集するキャンペーンも実施しているとのことです。新幹線を使った「#ずらし旅」は、安心して旅行するための新たな旅のスタイルになるかもしれません。

詳しくは >>「#ずらし旅」特設サイト

 

この記事に関するタグ

話題の記事