ニューオープンから穴場まで、美景&絶景自慢の東京の展望スポット10

観光やデートはもちろん、ふと日常から離れたくなったときに行きたくなるのが展望台。高所にいるという高揚感や、日頃生活している街並みを見下ろす非日常感・・・、様々な感覚を味わえることも、人々が展望台に惹かれる理由のひとつかもしません。今回は東京にある、有料、無料の展望スポットを、その特徴とともにご紹介します。

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

SHIBUYA SKY

2019年11月1日にオープンした東京で一番新しい展望台。渋谷再開発プロジェクトの一貫として「渋谷スクランブルスクエア」の最上階に誕生しました。約230mと渋谷一の高さを誇る展望台は、屋外に出られる展望デッキが話題です。展望台の入り口は14階。45階までは高速エレベーターで一気に移動し、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」へ。そこからエスカレーターでさらに上がると屋外展望空間「SKY STAGE」に到着です。

「SHIBUYA SKY」の最大の魅力は周囲の景色との一体感。ご覧のように展望デッキの周囲を仕切るのは透明なガラスなので、開放感が半端ありません。

投稿者:鶴田 直己

柵が低めに設定されている部分もあり、写真撮影の邪魔にならないのも好ポイント。眼下に広がる東京の街が、手に届きそうなほど近くに感じられます。

投稿者:Lorenzo T

デッキを回ると東京の景色を360度ぐるりと楽しむことができます。こちらは代々木公園越しに見える新宿副都心の眺め。

投稿者:travelholic99

日中も良いのですが、おすすめは夕暮れどき。街に徐々にともる灯りはまるで宝石のよう。きらめく都市のスカイラインの向こうに富士山のシルエットが見えたらラッキーですね。

投稿者:Cheng Po Lee

こちらは「SKY EDGE」。その名の通りコーナー部分に立つと空の端にいるような感覚に。眼下に渋谷のスクランブル交差点を望む絶景スポットです。夜にはこのように眼下に大都市東京の街が迫ります。

投稿者:TS.ct

楽しい仕掛けもいっぱいです。こちらは「CLOUD HAMMOCK」。ネットに寝そべって空を見上げれば、ふわふわの雲に乗っているかのような浮遊感。

投稿者:ikeuchimasato

日没後にはサーチライト18台が音響に合わせて空を彩る「CLOSSING LIGHT」が開催され、日中とはまたひと味違うロマンティックな演出が見所です。

投稿者:OldBallonist

屋内には渋谷の時の流れを視覚化した映像が流れる「TIME RIVER」、ミュージックバー「Paradise Lounge」や、日本、東京、渋谷のカルチャーを体験できる土産物店「SHIBUYA SKY SOUVENIOR SHOP」などもあり、知的好奇心が刺激されます。料金は大人2000円。ウェブで購入すれば1800円と少し割安です。

屋上は持込制限があり、手荷物はロッカーに預けて見学しました。屋上全面が展望施設になっていて、地上約230mの屋上は解放感と東京の街を一望でき、ハンモックで寝ながら空を見上げられる施設もあり、楽しめました。46階はスカイギャラリーになっていて、ガラス越しの景色が楽しめ、カフェや休憩スペース、お土産店などあり楽しめました。ビンゴ0403さんの口コミ
天気が良かったので夜景がすごくきれいでした。周りがガラス張りになっていて遮るものがなく360度楽しめます。やはり夜はカップルが多かったです。入場料が少し高めなので少し安いウェブで購入するのがおすすめ。内田奈々さんの口コミ
展望台はソファ席がたくさんあり、たくさんの家族やカップルでくつろいでいた。中央には人工芝の広場があって、一緒にいった子供も喜んでかけまわっていた。展望台の囲いが低いためか、子供の抱っこは禁止。決まった時間にビームライトが天に向かって投光されて、SFっぽい感じになる。角のところが撮影スポットになっていてたくさんの人が並んでいた。また行きたい。PolkaDotsさんの口コミ

東京シティビュー

続いてご紹介するのは六本木ヒルズの最上階にある「東京シティビュー」。「森美術館」「森アーツセンターギャラリー」が併設され、全体的にアーティスティックな雰囲気が漂います。「東京シティビュー」のチケット1800円を購入すれば「森美術館」にも入館できるのでアートと景観の両方を楽しむことができます。

展望台があるのは54階。海抜250mの「屋内展望回廊」には足元から天井まで一面ガラス張りのスペースが多く、空中散歩をしているかのよう。回廊をぐるっと回れば、東京タワーやお台場、横浜の市街地や富士山を望むことができます。

投稿者:Ellie H

窓際のカウンター席を陣取ればもう2人だけの空間。デートにぴったりですね。

投稿者:818LaurentY

500円の追加料金を払うと屋上の「スカイデッキ」に出ることも。荒天時には封鎖されるので注意してください。

投稿者:学問のすゝめ

こちらの展望台の見どころはなんといっても目の前にそびえる東京タワー。今や東京にはいくつもの展望台がありますが、1958年の完成以来、東京タワーが今なお東京を象徴する建築物のひとつであることは間違いありません。屋上デッキに出れば、この通り東京タワーとのツーショットも写真におさめることができますよ。

投稿者:Uriel Santiago

やはりオススメの時間帯は夕暮れ時。東京タワーやレインボーブリッジ、大観覧車が輝く夜の東京は息をのむ美しさ。

投稿者:lobaker1

そうそう。スカイデッキでは毎月第4金曜日に星空観測会を開催しています。星のソムリエによる星空解説を聞きながら、都会の夜空に輝く星や月を眺めてみてはいかがでしょうか。

投稿者:Taicii

花火大会の日は観覧の特等席。間近で上がる大輪の花火は圧巻です。

投稿者:rokutetsu

東京No.1の景色じゃないかな?昼間と夜で全然違う表情も魅力的。森美術館に行くと、フリーで入れるのも嬉しい〜。有料の写真サービスも楽しいし、良い記念になるのでオススメ!katie_Amber86さんの口コミ
昼もいいですがやっぱり、都心の夜景を楽しむスポットとしてお勧めです。特に東京タワーの眺めがよく、ぜひ、立ち寄ってもらいたいところです。Johnny Leeさんの口コミ
凍えるくらいに寒いけれど、冬のきれいな空気の時に夜景を見ると、東京の夜の景色が本当にいちばん綺麗に堪能できる場所だと思います。ダウンジャケット2枚重ね、ニット帽、マスク等、皮膚が見えるところを隠すくらいにして行くと良いです。息をのむような美しい写真を撮ることができます!SushiIsland90403さんの口コミ

東京スカイツリー

634mと東京一の高さを誇る「東京スカイツリー」。展望台は下のリング部分の350mの展望デッキと、その上の450mの天望回廊の2ヶ所があり、初めてならば両方のフロアにアクセスできるセット券3100円(平日)がおすすめです。

投稿者:ProJ09

まずは350m地点にある展望台へ。こちらにあるのは展望台定番のシースルーの床。ガラスがあるとわかっていてもスリル満点!

投稿者:Didier B

エレベーターでさらに100m上り、450mの展望回廊へ。360度ぐるりと周りながら東京の景色を眺めることができます。

投稿者:MasCabron23

展望回廊はガラス面がやや張り出す設計のため、頭上と足元が広く開けているのが特徴。

投稿者:Claes B

屋外デッキはありませんが、天候や気温に左右されずにダイナミックな景観が楽しめるのが魅力です。

投稿者:Roberto G

誕生月に行くと、チケットカウンターでソラカラちゃんのイラストのバースデーステッカーがもらえます。家族が服につけて歩いていると、それを目にしたスタッフさんから「おめでとうございます」と声を掛けていただき、とてもハッピーな1日になりました。誕生月を証明するものが必要です。kurasan171さんの口コミ
冬だと気温が高いときに霞むのでいい景色が見れるかは運が絡んできます。それでも地上から見上げた時の高さ、そして展望デッキからの景色は相変わらずの絶景です。浅草寺、東京タワーと周辺のビル群、東武線や京成線、少し遠めの総武線がジオラマに見えます。また、雲の影やスカイツリーの影が移っていく様子も面白いです。電車旅人さんの口コミ
地上350mの天望デッキからは関東を一望することができ、天気の良い日はさらに遠くの富士山を眺めることができます。地上450mの天望回廊からは、関東一円を見渡す広大なビューが楽しめます。
夜になると、淡いブルーの「粋」と江戸紫の「雅」、橘色を基調とした「幟」に美しくライティングされる他、特別ライティングを楽しむことができます。Satoru Nさんの口コミ

東京タワー

1958年にオープンし、東京の象徴として君臨し続ける高さ333mの赤い塔「東京タワー」。150mの地点にある「メインデッキ」と250mの「トップデッキ」、2つの展望フロアがあります。「メインデッキ」への入場料は1200円。「トップデッキ」へ行くには「トップデッキツアー」3000円(メインデッキ含む)に申し込みます。

「メインデッキ」はこれまで紹介してきた、東京シティビューや東京スカイツリーよりも低いため、東京の巨大なビル群を間近に感じる迫力ある光景が魅力。左手にあるビルは六本木ヒルズ。その屋上にある展望台からは今も人々が東京タワーを眺めているはずです。

投稿者:yakiyakijijii

晴れた日には富士山もくっきり。東京タワーから富士山を眺めるなんて、なんともめでたい感じがしますね。

投稿者:yakiyakijijii

こちらは東京タワー名物「スカイウォークウィンドウ」。約150m下の道路を行き交う人々を見下ろしてみましょう。

投稿者:LizDelSol

トップデッキを訪れるツアーには、音声ガイドや無料の双眼鏡レンタル、ドリンクサービスやフォトカードのプレゼントなどが含まれており、少し特別なひとときを過ごすことができます。

展望台へのエレベーター終了間際に、子供連れで登りました。何十年ぶりかの東京タワーでしたが、夜景がとても綺麗でした。ライトアップや展望台内部のイルミネーションが、夜景とマッチしていて家族で楽しむことができました。スカイツリーもいいですが、やっぱり東京タワーはいいですね。hasikko55さんの口コミ
昨年末、18時過ぎにメインデッキ初体験。日も落ちた時間だったこともありエレベータが開くと同時に目の前に広がる夜景に驚きました。とにかくカッケー!!ぐるりと一周してみましたが、東京駅方向とお台場方向は格別でした。おすすめです。ぴっぴぃさんの口コミ

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

池袋にある高層ビル「サンシャイン60」の最上階にある展望台。開業は1978年で、展望フロアの高さは269.8m。東京スカイツリーができるまで、都内の展望台では1位の高さを誇りました。展望台からは窓越しに、新宿高層ビル群、横浜ランドマークタワー、六本木ヒルズ、東京タワーなどを見渡すことができます。入館料は1200円。2016年4月にVRなどの最新技術を取り入れた「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」としてリニューアルオープンし、遊べる展望台と評判です。

投稿者:happyday8

こちらがそのアトラクションのひとつ、ブランコ型コースターに乗って池袋の街を上空を疾走する「スウィングコースター」。見た目の優雅さとは裏腹に、ゴーグル内ではスピード感溢れる世界が繰り広げられ、スリル満点です。訪れる時間帯によって日中モードと夜間モード、景色が変わるのも楽しいですね。 

投稿者:メロパパ

こちらは「TOKYO弾丸フライト」。大砲型のマシンに乗り込んだらいざ発射。展望台を飛び出して未来の東京の名所を巡ります。「スウィングコースター」と「TOKYO弾丸フライト」は500円で体験できます。

投稿者:メロパパ

そのほかにも巨大な万華鏡のような光りと鏡のトンネルに入って不思議な体験でができる「無限スケープ」、

投稿者:Alejandro Montoya

2人で手を繋いで左右のパネルにタッチすると窓の向こうの夜空に2人の相性が占える「フォーチュンウィンドウ」など楽しい仕掛けが目白押し。同じくサンシャイン60のなかにある水族館と合わせて、家族連れにもカップルにも人気のスポットとなっています。

投稿者:Fran S

水族館とのセットチケットを購入しました。まずは水族館を楽しみ、ランチを食べ、その後展望台へ。14時すぎだったと思います。冬休みでしたがそれほど混んでおらずゆっくり歩けました。眺めを見るだけでなく、ところどころ仕掛け遊びがあって子供も飽きずに楽しめました。さゆあまなさんの口コミ
行く前は展望台でわざわざVR?と思っていたけれど、実際に高いところにいて、そこから落ちるかのようなVRを体験すると臨場感がなお高まる。昼間はかなり並ぶのだろうが,夜だったのでどのVRもすぐに体験することができた。落下しているかのような感覚が非常にリアルで、若干気持ち悪くなった。食事直後は避けた方がよい。夜景ももちろんきれい。夜景+VRでなお楽しめる場所になった。chakichanさんの口コミ

球体展望室「はちたま」(フジテレビ本社ビル)

お台場にあるフジテレビ本社25階に位置する展望室。丹下健三氏による印象的な設計の建物は、オープン当初建築ファンからも注目を集めました。展望室があるのはこの球体部分で入館料は700円。

投稿者:Throwingpots

地上123mの展望台からは眼下に東京湾とそこを行き交う船、レインボーブリッジを一望。

投稿者:fergh90

反対側には、お台場の観覧車や東京ゲートブリッジなどを望むことができます。

投稿者:mnr2001

眺望を楽しんだあとは、カフェやショップがならぶフジテレビモールで、おなじみのキャラクターたちのグッズを手に入れるのも楽しみですね。

投稿者:ひでじいさん

球体の展望台がある建物、お台場のシンボルのような存在になっているという印象。テレビ局の建物ですが、展望台や売店、見学のコースもあります。売店では現在開催しているバレーボールワールドカップのキャラクター、バボちゃんグッズがありました。うめのやさんの口コミ
お台場にあるフジテレビの本社です。一般の人でも局内を見学できます。番組収録をやっている様子も見られて、とても楽しかったです。SHIN1015さんの口コミ

シーサイドトップ(世界貿易センタービルディング)

こちらは浜松町にある「世界貿易センタービルディング」の40階、地上152mにある展望台。周りには高いビルが林立しているので視界がそう良くないのでは・・・なんていう心配は無用です。東京タワーや六本木ヒルズ、富士山までくっきり。特筆すべきは、個人の趣味の範囲の撮影に限っては、三脚の持ち込みが自由ということ。夜景撮影にはとっても重要なポイントなのです。

投稿者:kumiiiii

入場料は620円と展望台の中ではリーズナブル。昼間は比較的空いており、このようにデスクが用意されているので、東京の景色を楽しみながら仕事をするという使い方もできそうです。

投稿者:Wayne N

飛行機に乗るのに少し時間が空いたので寄ってみました。テーブルや椅子がほどよく配置されていて、のんびり見ることも、色々写真を撮ることもできて、とてもいい時間が過ごせました。kinako10さんの口コミ
360度の展望を楽しめます。西側はビルが邪魔していますが、東京タワーはぎりぎり見える範囲なので問題ないです。北西〜北方向の眺めが最高で、芝〜八重洲方面の夜景が素晴らしいです。展望室の内装もシックな大人な雰囲気があります。机や椅子、自販機の設備もあるので、夜景を見ながらPC作業…なんてこともできます。syodo278さんの口コミ

ここからは無料の展望台をご紹介します。

東京都庁展望室

無料の展望台の代表格といえばこちら、西新宿にある東京都庁の展望室。第一本庁舎の45階に位置し、高さは202m。都心方面はもちろん、西新宿のビル群の端に位置しているので、多摩など東京西部の眺めが楽しめます。晴れた日には富士山も。

投稿者:Michela M

夜11時までオープンしているので夜景観賞もOK。どこまでも続く街灯に、東京の広さを実感することができるでしょう。

投稿者:Caveman_Lee

北展望室と南展望室の2つがありますが、眺めはほぼ同じ。どちらにもレストランとみやげ物屋があるのですが、南展望室のレストランはフロアの内側にあり、景色を眺めながらの食事ができないよう。ショップの規模も北に比べて小さいので、食事やお土産探しも目的ならば北展望室がおすすめです。一方南展望室には、草間彌生監修の思い出ピアノが置いてあり、誰でも自由に演奏することができます。

投稿者:RTJC

新宿にある東京の観光名所です。東京の絶景を一望できます。この展望台から見る景色は本当に格別です。綺麗な景色を見たい時にお勧めです。小山蘭さんの口コミ
珍しいことに無料で入れる展望台がある。展望台からは東京の様子が一望できる。羽田新ルートにも近いので時間帯を選べば飛行機もよく見えるはず。Kei Wilsonさんの口コミ
東京を見渡せる無料の展望台。眼科に代々木公園やハイアットホテルなど東京の名所を無料で見ることができます。混み具合もそんなに悪くなく、海外からお客さんが来たときは必ずここにお連れしています。Hannah Iさんの口コミ

文京シビックセンター

文京区役所が入る区の施設の25階、地上105mにある展望台。こちらも無料で入ることのできる展望台です。展望ラウンジは東、西、北側にあり、スカイツリーもくっきり。

投稿者:253SA

夕暮れ時の富士山もきれいです。実はこの展望ラウンジは、ダイヤモンド富士が見られるスポットとしても有名。ダイヤモンド富士とは富士山頂と太陽がぴったりと重なった瞬間に、ダイヤモンドのように輝く現象。これが見られる日は多くの写真愛好家でにぎわいます。

投稿者:オガサハラケイ

ゆったりとした展望スペースにはホテル椿山荘が運営するレストランがあり、都心のパノラマを楽しみながら名店の味を満喫することができます。

投稿者:tyapatsuD

文京区の施設。展望台が併設されており、晴れていれば関東平野を一望できる。展望台にはカフェがあり、そこからも景色が見れる。Kei Wilsonさんの口コミ
文京区シビックセンターの最上階には自由に出入り可能な観光スポットがあり、ガラス張りで360度見渡せる東京都の各ランドマークが写真で表示されている。天気が良ければ、林立の高層ビルから富士山も顔を出してくれる。heroesjapanさんの口コミ
展望台と展望レストランがあるとのことで訪問。ちょうど夕暮れ時で、さすが山手線の内側というか都内が360度見渡せ、東京駅などの都心、新宿、渋谷、池袋といった副都心の高層ビル群も見ることができる。レストランはやはり区役所の上層階だからか、コース料理も3500円程でリーズナブル。Yuji Nさんの口コミ

恵比寿ガーデンプレイス スカイラウンジ

恵比寿ガーデンプレイスにも無料の展望スペースがあるのをご存知でしたか?展望施設があるのは「恵比寿ガーデンプレイスタワー」の37階と38階部分。レストランフロアの一角にあり、誰でも利用することができます。高さは150mほどなのですがもともと高台にあるため、かなりの高所から都心のビル群を見下ろすような感覚。

投稿者:Memories_pink

23時までオープンしているので、食事のあとに立ち寄って夜景を眺めるのもおすすめです。

投稿者:2ji3

38階のレストランを利用しましたが、眺めが最高でした。写真には写っていませんが、浦安の東京ディズニーランドの打ち上げ花火も見れました。mileagepointさんの口コミ
恵比寿ガーデンプレイスに建つ地上40階建ての超高層ビルが、恵比寿ガーデンプレイスタワーです。38階39階にはレストランが入居していて、眺望を楽しみながら食事をすることのできるスポットとなっていて、数年前に食事をしたこともありました。また食事をしなくてもエレベーターには乗れるので、無料で展望スペースへ行くことも可能です。ラーメン食べ比べさんの口コミ

東京には、探せばまだまだ穴場展望スポットがあります。ぜひお気に入りの展望台を見つけて、トリップアドバイザーにクチコミを投稿してくださいね。

旅リストを見る >>

関連記事

1010は銭湯の日!地元民に愛される都内の下町銭湯10選

肌寒い季節になると、温かいお風呂に浸かって1日の疲れを癒したくなりますね。10月10日は数字を並べると「1010」(せんとう)となり、語呂合わせで「銭湯の日」。...

この記事に関するタグ

話題の記事