ミャンマーの仏教遺跡、バガンの荘厳すぎる素顔

2012年にANAの成田~ヤンゴン直行便が就航してから、日本での注目度が急上昇しているミャンマー。所要約8時間の直行便は毎日運航しているので、自由にスケジュールを立てられるのが魅力です。
そんなミャンマー随一の観光スポットといえばバガンの仏教建築群。世界三大仏教遺跡と称される荘厳な古都の魅力を、クチコミとともに探ります。

パゴダのテラスから眺めるパノラマビュー

knd1205さんの投稿写真

バガンには何と3000以上のパゴダ(仏塔)があるといわれています。広大な敷地にいくつものパゴダが林立するダイナミックな景観はバガンの代名詞。階段で上れるパゴダがいくつかあり、そこから見渡す絶景はため息もの。

ビューポイントとして人気なのは、シュエサンドー・パヤー(Shwesandaw Paya)。5層のテラスを持ち、上部から周囲を一望できます。日中はかなり暑いので、朝か夕方がおすすめ。特にサンライズとサンセットの時間には多くの観光客が集まります。

山の向こうに太陽が沈むサンセット。刻々と表情を変えていく建築群が美しい。

Hug02さんの投稿写真

サンライズは静から動へ。太陽が上ると遺跡群に命の炎が灯ったようです。

kimnkim2016さんの投稿写真

早朝、霧が出るとこんなに幻想的な光景が見られることもあります。

Martin Cさんの投稿写真

ちなみにサンセット、サンライズのシュエサンドー・パヤーはこんな感じ。かなりの人が集まっています。

Razia Aさんの投稿写真

サンセットの定番という事で行って来ました。正面から登ろうとすると大変混んでいるので、側面に回って登った方が空いています。それと、一番上段は人気ですので一段下の階層で見るのも良いと思います。
サンセットは夕日にパゴダのシルエットが写り込むのが良いと思うのですが、最上段へ行ってしまうと、パゴダの上でサンセットが切れる感じになってしまうので、2段か2段下くらいからが良いかもしれません。KーROCKさんの口コミ

人であふれますが、それでも美しいサンセットに魅了されました。広大な土地に広がる遺跡群を一望でき、ゆっくり沈む夕日に心奪われました。最低でも一時間前に行かないと場所を確保するのが難しいですが、遺跡群を眺めているとあっという間に時間が過ぎるので問題ありません。Aki19さんの口コミ

シュエグーチー寺院(Shwegugyi Temple)も眺望のよさで人気のスポット。こちらは日中、訪れる人が多いようです。

シュエグーチー寺院のテラスから見えるタビィニュ寺院(Thatbyinnyu Temple)は、65mというバガンでいちばん高い寺院。

Tart777さんの投稿写真

広大な敷地に点在する仏塔という、バガンらしい景観を眺められます。

Esteban Sさんの投稿写真

オールド・バガンの城壁域内にあり、超大型の寺院であるタビィニュ(Thatbyinnyu)寺院のそばにある中規模のお寺です。このお寺の値打ちは、寺院そのもの(堂内の仏像や漆喰彫刻を含む)のほか、そのテラスからの周辺の眺めでしょう。
地元の人からの信仰を集めているとみえ、堂内の回廊の仏像は人々が貼り付けた金箔で素朴な輝きをみせています。Chuzaaさんの口コミ

2階に登る事ができ、バガンの遺跡群を一望できます。特にここから見るサンセットはシェーサンドより個人的には好みでした。サンセット前は人で溢れるので、早めの時間に行き、場所を確保した方がいいです。Aki19さんの口コミ

絶対に見逃せない、パガンを代表する寺院&パゴダ

バガンへ行く旅人が必ず立ち寄るのが、バガン最大のアナンダ寺院(Ananda Tempe)。黄金の塔を中心とした雄大な建築美に圧倒されます。

吹風酔花さんの投稿写真

本堂には過去4仏と呼ばれる4体の仏像が安置されています。東西南北を向いて収められ、南と北の2体は創建当時のまま残されています。

なんだか微笑んでいるような北の拘楼孫仏(Kakusandha)。

isabella pさんの投稿写真

壁に彫られたレリーフや仏像、壁画など見どころはいっぱい。

Chuzaaさんの投稿写真

寺院内の通路にも、大小様々な仏像がありました。この通路はじっくり見て回りたくなります。南側の仏像は遠く(国民が参拝する場所)からは優しく微笑んだ顔に、近く(王様や役人が座る場所)からは厳しい顔に見えるように細工されています。これは仏像の近くに座る王様にしっかりと国を治めるように、との理由があるそうです。HappyChappyHoppyさんの口コミ

バガンの中でも大きな寺院で、人が多い。敷地が広く、屋内は問題ないが屋外は裸足で歩くと辛いので、午前中の熱くない時間がいいと思います。中には4方向を向いた4つの仏像があり、熱心にお祈りしている人が多い。バガンの中でもここは外せない場所だと思います。rikupapaさんの口コミ

アナンダ寺院とともに、観光客が必ず訪れるのがシュエズィーゴォン・パヤー(Shwezigon Paya)。陽光にきらめく黄金の塔は圧倒的な存在感を放っています。

Erindel66さんの投稿写真

堂内にも黄金の像がいくつも収められ、とってもきらびやか。

きゅうさんさんの投稿写真

夜はライトアップされロマンティックな雰囲気を醸し出しています。

きゅうさんさんの投稿写真

ニャウンウーのバスターミナル近くにあるミャンマーらしい金ピカの仏塔。私が行った夜にはちょうどミャンマー人がろうそくで飾りつけをしており、とても幻想的、神秘的で良かった。shuichinagaoさんの口コミ

黄金の仏塔です。典型的なミャンマー様式の仏塔であり、人々の信仰の対象となっている場所であることから、定期的(約7~8年ごと)に金箔が修復されることで、このような見事な姿を保っているのだそうです。Chuzaaさんの口コミ

きらびやかではないのですが、11世紀の人々の生活がわかるのがスラマニ寺院(Sulamani Temple)。壁に描かれたフレスコ画がきれいに残っていて、歴史に興味があるなら楽しめるはず。

レンガ造りの外観は味があります。2層構造になっていてバランスが美しい。

Conuさんの投稿写真

堂内にはフレスコ画がいっぱい。バガンで最も保存状態がよいと言われています。

Conuさんの投稿写真

当時の生活風俗を知るうえで貴重な史料。歴史の知識がなくても興味深い!

Paco37000さんの投稿写真

寺院内に残っているフレスコ画が美しく、ゆっくりと眺めてしまいました。赤や緑の色も鮮やかに残っており、また描かれている範囲も広く、とても見応えがありました。ここは絶対に訪れるべきスポットだと思います!HappyChappyHoppyさんの口コミ

仏像、建物だけでなく、フレスコ画の美しさも一流の寺院です。ここ以外はほとんど残っているところはないので、バガン観光なら外せないですし、私はここが一番美しいと思いました。sana617さんの口コミ

気球に乗って、優雅に上空からのバガン観光

バガン観光は寺院やパゴダを巡るのが基本スタイルですが、少し違った角度からパガンの仏教建築群を眺めたい…という人には気球ツアーがおすすめ。幻想的な早朝と鮮烈な光に包まれる夕方が人気です。

シーズンは10~3月。遺跡の上空にいくつもの気球が浮かぶ、不思議な光景を見るだけでも楽しめます。

LYSANDERMuenchenさんの投稿写真

幻想的な光景にうっとり。お値段は張りますが、最高の思い出になりそうです。

heleneandfamilyさんの投稿写真

たった8人で気球に乗り込み、朝日に照らされた素晴らしい景色に感激。今回の旅で間違いなく最も素晴らしい体験でした。パイロットのビルが寺院の説明をしてくれ、満足感の高いツアーになりました。 Debiazeさんの口コミ
上空からバガンを眺める…そんな魅惑的な体験ができるなんて! 気球に乗っている間はずっと興奮しっぱなしでした。パイロットのマットは素晴らしく、安全に私たちを楽しませてくれました。サンドバンクへの着陸も楽しくって、シャンパンで乾杯しちゃいました! therese89…さんの口コミ

経済成長著しいミャンマーではありますが、どこか懐かしい素朴な風景や優しい人たちとのふれあいが魅力。荘厳なバガン観光はもちろん、ミャンマーの素顔に触れられる旅ができるといいですね!

この記事に関するタグ

話題の記事